『低音の質が凄い』 パイオニア TS-WH500A [ブラック] カレットさんのレビュー・評価

TS-WH500A [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥18,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥18,800〜¥23,926 (17店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥25,000

店頭参考価格帯:¥22,800 〜 ¥22,800 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:パワードサブウーファー スピーカーサイズ:18×10cm TS-WH500A [ブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • TS-WH500A [ブラック]の価格比較
  • TS-WH500A [ブラック]の店頭購入
  • TS-WH500A [ブラック]のスペック・仕様
  • TS-WH500A [ブラック]のレビュー
  • TS-WH500A [ブラック]のクチコミ
  • TS-WH500A [ブラック]の画像・動画
  • TS-WH500A [ブラック]のピックアップリスト
  • TS-WH500A [ブラック]のオークション

TS-WH500A [ブラック]パイオニア

最安価格(税込):¥18,800 (前週比:±0 ) 発売日:2014年11月下旬

  • TS-WH500A [ブラック]の価格比較
  • TS-WH500A [ブラック]の店頭購入
  • TS-WH500A [ブラック]のスペック・仕様
  • TS-WH500A [ブラック]のレビュー
  • TS-WH500A [ブラック]のクチコミ
  • TS-WH500A [ブラック]の画像・動画
  • TS-WH500A [ブラック]のピックアップリスト
  • TS-WH500A [ブラック]のオークション

『低音の質が凄い』 カレットさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

TS-WH500A [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:70人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
14件
レンズ
3件
3件
デジタルカメラ
1件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
設置しやすさ5
音のバランス5
低音の質が凄い

設置した者のハードユニットと調整により評価は必ず分かれますね

どういうことかというとハードユニットにスピーカーの出力調整機能とスピーカー信号に時間差を与えるタイムアライメントまたはコレクト機能とカットオフ周波数というかローパスフィルター(LPF)機能があるかないかで評価は変わります

※LPFが無くてもwh500aの付属リモコンでカットオフ周波数を設定出来ます(50Hz〜125Hz -18dB)
勿論自分は挙げた3つの機能を持ったハードユニットを使用しているので同じ人は参考に聞いてください

まずwh500aの出力音圧レベルは他のサブウーファーに比べ水準以上と高いのですが50Hzあたりの音圧はかなり小さいです
しかしユニットの周波数特性をみれば分かりますが簡易型パワードサブウーファーでは他を見比べれば優秀です
本当ならユニット型サブウーファーが欲しいのですが車のリアにエンクロージャーを置きたくないのでこういったタイプを選びました

当然理由の通り設置場所は運転席と助手席の間です、座席の下でも出来ましたが音圧の抜けを考慮してここです
そしてドアのデッドニングは割と出来ているので簡易型のパワードサブウーファーの得意なレンジの80Hzから200Hzより自分は50Hzあたりが欲しかったのでこの機種を選びました
しかしその50Hzは周波数特性を見ればわかると思いますが小さいです
だからどうするのかと言うとスピーカーの出力調整を利用してサブウーファーの出力以外を下げます
するとこの50Hzが表れます勿論50Hzが聞こえるとオモチャのパワードサブウーファーでは80Hzが強烈に目立ちます
そこでローパスフィルターにより60Hz以下を出す用にします

お勧めはクロス値50Hzそして減衰スロープは-12dBでやや他の各スピーカーよりわざと音圧を上げてやります、スパッと切れる-18dBで不自然だと思ったら-12dBを試してください
サブウーファーの調整は狙う波長の一往復での到達距離などで奥が深いので繋がり具合、またはその鳴り方を決めるのも自由です
重低音、低音から中音へなだらかに音圧を下げ、車の中で聞きやすいハイクオリティなパワーhi-fiな音が欲しいなら
-18dBが絶対に良いとはならないので、拘らずにいろいろ試してください

50Hzなど周波数が低い音を出すと当然位相が大きく回るのでタイムアライメントやコレクト機能で時間差を調整してやります

そうして出来た環境での感想ですが
低音の輪郭が恐ろしく際立ってます、重低音が引き締まったので中低音の80Hzから400Hzの音がしっかりとした余韻を奏でるようになりました
ギター音のビリビリするのがキッチリ聞こえます
自分のフロントスピーカーはV172Aですが中音はしっとりしててある意味元気はありません
ですがしっとりとした中に芯の太い音を描くようになったのが満足ですね
CDの録音の良し悪しを判断出来るレベルです

あとズンドコは出来ませんがカットオフ周波数を80Hzにしてそこをゲインで上げてやれば聞いてられないほどの音を出すことが出来ます
(各スピーカーの音圧調整後)
上位のwh1000aなら最も上品に50Hz以下を鳴らしそうですがその機種の幅は結構大きいので見送りました
ただし取り付け場所とお金に困らなければwh1000aを買いましょう
レスポンスの話は無視して重低音は振動板の面積が大きい程優秀です

このバスレフ型には出せない低音の質はプロショップが提供するのも分かる気がします

車タイプ
ミニバン・ワゴン

参考になった5人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
音質5
設置しやすさ5
音のバランス5
低音の質が凄い

設置した者のハードユニットと調整により評価は必ず分かれますね

どういうことかというとハードユニットにスピーカーの出力調整機能とスピーカー信号に時間差を与えるタイムアライメントまたはコレクト機能とカットオフ周波数というかローパスフィルター(LPF)機能があるかないかで評価は変わります

※LPFが無くてもwh500aの付属リモコンでカットオフ周波数を設定出来ます(50Hz〜125Hz -18dB)
勿論自分は挙げた3つの機能を持ったハードユニットを使用しているので同じ人は参考に聞いてください

まずwh500aの出力音圧レベルは他のサブウーファーに比べ水準以上と高いのですが50Hzあたりの音圧はかなり小さいです
ユニットの周波数特性をみてください、しかし簡易型パワードサブウーファーでは他を見比べれば優秀です
それが購入の決定になりました

自分は本当ならユニット型サブウーファーが欲しいのですが車のリアにエンクロージャーを置きたくないのでこういったタイプを選びました、当然理由の通り設置場所は運転席と助手席の間です、座席の下でも出来ましたが音圧の抜けを考慮してここです
そしてドアのデッドニングは割と出来ているので簡易型のパワードサブウーファーの得意なレンジの80Hzから200Hzより自分は50Hzあたりが欲しかったのでこの機種を選びました
しかしその50Hzは周波数特性を見ればわかると思いますが小さいです
だからどうするのかと言うとスピーカーの出力調整を利用してサブウーファーの出力以外を下げます
するとこの50Hzが表れます勿論50Hzが聞こえるとオモチャのパワードサブウーファーでは80Hzが強烈に目立ちます
そこでローパスフィルターにより60Hz以下を出す用にします
お勧めはクロス値50Hz

あとはそこまで周波数が低い音を出すと当然位相が大きく回るのでタイムアライメントやコレクト機能で時間差を調整してやります

そうして出来た環境での感想ですが
低音の輪郭が恐ろしく際立ってます、重低音が引き締まったので中低音の80Hzから400Hzの音がしっかりとした余韻を奏でるようになりました
ギター音のビリビリするのがキッチリ聞こえます
自分のフロントスピーカーはV172Aですが中音はしっとりしててある意味元気はありません
ですがしっとりとした中に芯の太い音を描くようになったのが満足ですね
CDの録音の良し悪しを判断出来るレベルです

あとズンドコは出来ませんがカットオフ周波数を80Hzにしてそこをゲインで上げてやれば聞いてられないほどの音を出すことが出来ます
(各スピーカーの音圧調整後)
上位のwh1000aなら最も上品に50Hz以下を鳴らしそうですがその機種の幅は結構大きいので見送りました
ただし取り付け場所とお金に困らなければwh1000aを買いましょう
レスポンスの話は無視して重低音は振動板の面積が大きい程優秀です

このバスレフ型には出せない低音の質はプロショップが提供するのも分かる気がします

車タイプ
ミニバン・ワゴン

参考になった1

満足度5
デザイン4
音質5
設置しやすさ5
音のバランス5
低音の質が凄い

設置した者のハードユニットと調整により評価は必ず分かれますね

どういうことかというとハードユニットにスピーカーの出力調整機能とスピーカー信号に時間差を与えるタイムアライメントまたはコレクト機能とカットオフ周波数というかローパスフィルター(LPF)機能があるかないかで評価は変わります
勿論自分は挙げた3つの機能を持ったハードユニットを使用しているので同じ人は参考に聞いてください

まずwh500aの出力音圧レベルは他のサブウーファーに比べ水準以上と高いのですが50Hzあたりの音圧はかなり小さいです
ユニットの周波数特性をみてください、しかし簡易型パワードサブウーファーでは他を見比べれば優秀です
それが購入の決定になりました

自分は本当ならユニット型サブウーファーが欲しいのですが車のリアにエンクロージャーを置きたくないのでこういったタイプを選びました、当然理由の通り設置場所は運転席と助手席の間です、座席の下でも出来ましたが音圧の抜けを考慮してここです
そしてドアのデッドニングは割と出来ているので簡易型のパワードサブウーファーの得意なレンジの80Hzから200Hzより自分は50Hzあたりが欲しかったのでこの機種を選びました
しかしその50Hzは周波数特性を見ればわかると思いますが小さいです
だからどうするのかと言うとスピーカーの出力調整を利用してサブウーファーの出力以外を下げます
するとこの50Hzが表れます勿論50Hzが聞こえるとオモチャのパワードサブウーファーでは80Hzが強烈に目立ちます
そこでローパスフィルターにより60Hz以下を出す用にします
あとはそこまで周波数が低い音を出すと当然位相が大きく回るのでタイムアライメントやコレクト機能で時間差を調整してやります

そうして出来た環境での感想ですが
低音の輪郭が恐ろしく際立ってます、重低音が引き締まったので中低音の80Hzから400Hzの音がしっかりとした余韻を奏でるようになりました
ギター音のビリビリするのがキッチリ聞こえます
自分のフロントスピーカーはV172Aですが中音はしっとりしててある意味元気はありません
ですがこれがしっとりとした芯の強くなった音を描くようになったのが大満足ですね

あとズンドコは出来ませんがカットオフ周波数を80Hzにしてそこをゲインで上げてやれば聞いてられないほどの音を出すことが出来ます
(各スピーカーの音圧調整後)
上位のwh1000aなら最も上品に50Hz以下を輪郭を描きそうですがその機種の幅は結構大きいので見送りました

このバスレフ型には出せない低音の質はプロショップが提供するのも分かる気がします

車タイプ
ミニバン・ワゴン

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「TS-WH500A [ブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
EQ補正が必要  4 2019年8月11日 23:07
本当の意味での「サブ」ウーファー  5 2019年7月7日 22:38
この価格、サイズでこれだけ出れば大満足  5 2018年6月23日 12:42
シート下に設置  3 2018年3月23日 22:16
低音の質が凄い  5 2018年3月16日 12:14
SRV250から本機に交換しましたが、費用対効果に満足です。  4 2018年3月15日 13:30
弁当箱サイズでは理想の音  5 2017年12月29日 13:56
サブウーファーとして買うと後悔するかも  2 2017年5月2日 22:00
期待していましたが…  3 2017年2月10日 18:39
クロスオーバー設定3ヶ月目(1/18更新)  4 2017年1月19日 00:08

TS-WH500A [ブラック]のレビューを見る(レビュアー数:23人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

TS-WH500A [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

TS-WH500A [ブラック]
パイオニア

TS-WH500A [ブラック]

最安価格(税込):¥18,800発売日:2014年11月下旬 価格.comの安さの理由は?

TS-WH500A [ブラック]をお気に入り製品に追加する <136

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[カースピーカー]

カースピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(カースピーカー)

ご注意