メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > メルセデス・ベンツ > Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
C200 STATIONWAGON AVANTGARDE 2019年2月15日 マイナーチェンジ 2人
C180 STATIONWAGON Laureus Edition 2017年7月25日 特別仕様車 2人
C200 4MATIC STATIONWAGON AVANTGARDE 2017年7月25日 マイナーチェンジ 1人
C220 d STATIONWAGON Laureus Edition 2017年7月25日 特別仕様車 1人
C220 d STATIONWAGON Sports (本革仕様) 2017年2月1日 マイナーチェンジ 1人
C220 d STATIONWAGON Sports 2015年9月28日 マイナーチェンジ 3人
C220 d STATIONWAGON Sports (本革仕様) 2015年9月28日 マイナーチェンジ 2人
C180 STATIONWAGON AVANTGARDE 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 2人
C180 STATIONWAGON Sports 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 5人
C200 STATIONWAGON AVANTGARDE 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 3人
C200 STATIONWAGON Sports 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 8人
C200 STATIONWAGON Sports (本革仕様) 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 5人
C250 STATIONWAGON Sports 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 1人
満足度:4.52
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:37人 (プロ:1人 試乗:4人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.61 4.34 76位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 4.66 3.93 57位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.22 4.13 83位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.33 4.21 98位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.25 4.05 100位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.00 3.89 115位 燃費の満足度
価格 4.06 3.89 64位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「乗車人数:3人」で絞込んだ結果 (絞込み解除

junsanさん

  • レビュー投稿数:143件
  • 累計支持数:277人
  • ファン数:3人
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

【エクステリア】一見Eクラスと区別がつかないほど重量感と高級感を感じる

【インテリア】木目柄のプラスチックがちょっと安っぽいが、BMWに比べると高級な雰囲気が高い

【エンジン性能】1500ccガソリンと考えると十分以上にパワフル
9速ATとマイルドアシストのおかげでどんくささはほとんど感じない
不自然さも全く感じないメルセデスらしい仕上がり

【走行性能】ボディー剛性は思ったより高く、ブレーキの効きも割と良い
高速の伸びは排気量が小さいのでそれなりだが、一般的には十分

【乗り心地】少々固めだが乗り心地は良い Aクラスと比較してもゴツゴツ感はかなり少なく快適

【燃費】街乗り10km以上確保するので良い方だが、ディーゼルのF31が14kmで加速・トルク感も2段階上手なので、この車種もディーゼルに期待

【価格】最近の日本車もそれなりに高いのでそれほど高くは感じない

【総評】ステアリングのスイッチ類の数が尋常じゃない位多く、扱い入れる人はごくわずかと思われます。
手放しで走れるのは楽だが、道路のラインが途切れると途端にアシストが切れ、赤いハンドルの警告灯が心理的に嫌
パーキングアシスト機能は、一見便利ではあるが、慣れた人よりずっと遅く、何より線の引いていないパーキングスペースは苦手で、思ったように機能しない。
一番怖かったのは、駐車場を出るときに、道路反対側にラインが無い狭い道路で、空き地が奥にある場所では、道を大きくはみ出して退出し、ちょっとした穴にタイヤが落ちて驚いた。

この機能は、まだまだで、任せっきりだと必ずぶつけると確信しました。
アップデートにやや期待

レビュー対象車
試乗

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sunny-cruiserさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
56件
自動車(本体)
1件
48件
スマートフォン
0件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5
   

夜間の空いているバイパス4割、首都高6割の走行時燃費

   

C180 STATIONWAGON Laureus Editionを2018年第一四半期に購入しました。2019年第一四半期にAMG C43 sedan に代替したので1年乗った評価をします。
なお、社用車で使用しているクラウンアスリート2リッターターボ(先代型)との比較評価が一部に存在します。

【エクステリア】
AMGラインが装備されており、ホイールは18インチの5スポークでリア周りもディフューザー調のボディ同色のバンパーが装着されているため、派手ではないが引き締まった印象を感じます。ワゴンにはパノラミックスライディングルーフも装備されるため、選択するボディ色によってはツートーンカラーとなりラグジュアリーさを引き立てる見た目になっています。

【インテリア】
Cクラスの下位グレードではありますが、そうは思えない程しっかりとした内装に思えます。具体的は、サイドパネルはヘアライン入ったのアルミパネルでダッシュボードはソフトパッド。シートは合皮ですが質感は高く、センターコンソールはピアノブラック仕様で艶があり高級感があります。ハンドルは左右の握りの部分がディンプルレザーで滑りにくく加工されており、フラットボトム形状と相まってスポーティな印象を受けます。
パノラミックスライディングルーフのガラス天井は後席まで届いているため、後部座席に乗車する人も開放感を感じることができます。

【エンジン性能】
1.6リッターターボで156馬力、250ニュートンのトルクを発揮するエンジンは、バイパス等を含む一般道を走行する日常使いにおいて力不足を感じる事はまず無い優れたエンジンです。特に最大トルクを1200回転から発揮できるためターボ特有のラグもほとんど目立たず、一般道を走る限りにおいては発進時だけでなく50キロから60キロ程度の合流や加速も不足なくこなします。ターボラグを感じさせない調整の仕方はクラウンより上です。
普段使いの日常使いの足としては十分な実力を持っていますが、しかし高速道路特に首都高速の様な加減速が多く実勢速度の高い道を走る場合には小排気量の限界を感じます。首都高の様に右側車線からの合流や4車線あるジャンクションでの車線変更、短距離での追い越しや加速車線の殆ど無い進入路からの進入等をしなければならない場合には、継続した瞬発力が必要になり明らかに役者不足になります。
とはいえ高速におけるマイナスポイントはその部分だけで、一度速度に乗ってしまえば高速域での巡航は素晴らしい安定性により何のストレスもなく乗っていられます。

【走行性能】
最小回転半径5.1mというコンパクトカー並の小回りの良さは取り回しに決定的なアドバンテージを与えますし、FRによる操作性の良さは運転の不安感を感じさせないものです。ディストロニックによるクルーズコントロールも実用的で、車線維持機能は長距離走行時の負担を減らしてくれます。

【乗り心地】
18インチのランフラットタイヤにもかかわらず、段差を超えたときには感じがちな腹に響くような突き上げ感はこの車では感じません。ランフラットタイヤとバネサスの乗り心地が悪いと言う評価を比較的目にしますが、高速走行時の安定性とのバランスを考えればむしろ好ましい引き締まり具合と感じます。エアサス仕様のC200に比べればタイヤからの入力の緩和具合が一段低いことは事実ですが、エアサス特有のふわふわした乗り心地が苦手な人にとっては不満が出る乗り味ではないと思います。逆にやわらかい足回りを好む方はエアサスを選択しなければ満足できないでしょう。

【燃費】
1年で約1万キロ走行し、車両表示での実燃費は9.8キロ程なので、1.6リッターという排気量から受ける印象からすると余り低燃費な車ではありません。
とはいえ、首都圏都市部住まいで一般道と首都高の走行割合が半々程度の使用実態では明確に不満が出るほどではありません。
ちなみに私はアイドリングストップ機能は常時オフにしていますが、ストップ・アンド・ゴーの多い一般道の燃費は体感で8-9キロ位で、流れの滞っていない首都高の場合は12-13キロ位の体感です。都市高速ではない高速道路であればもっと燃費は伸びるでしょう。

【価格】
車両本体価格540万円で乗り出し600万円という価格は決してアフォーダブルとは言えませんが、同価格帯のトヨタ・クラウン(先代型)と比べると私には遥かにドライバーズカーとしての満足度や安心感が高く感じられます。

【総評】
首都高を頻繁に利用する環境のため、パワーと瞬発力を求めてAMG C43に乗り換えましたが、一般道主体の使い方であれば買い替えることは無かったと断言出来る程満足度の高い車でした。
マイナスポイントは首都高での瞬発力不足のみのため、満足度は95%です。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年2月
購入地域
埼玉県

新車価格
540万円
本体値引き額
45万円
オプション値引き額
15万円

Cクラス ステーションワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Bianchi Riderさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:84人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
0件
掃除機
1件
0件
サイクルコンピューター(サイコン)・GPS
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

BMW3シリーズと比較検討した結果、メルセデスのCクラス(黒)にしました。
これまでは、15年ほど日本車を3台乗り継いできました。
購入して間もないレビューです。
※1は2017/10で走行1,000kmで再レビューしたものです。
※2は2018/9で購入後1年5,000km走行で再レビューしたものです。

【エクステリア】
これまでメルセデスの中でも一番いいデザインと感じます。
前モデルはリアが若干商用車っぽく見えてしまいましたが、今回はいいデザインだと思います。
今回のパッケージではサンルーフがついてきましたが、個人的には不要なオプションでした。
※1. エクステリアは相変わらず飽きません。サンルーフもまあアリと思ってきました。
※2. エクステリアにはまだ飽きません。サンルーフがフルオープンすることを最近知りました。あまり使いませんが。

【インテリア】
BMWと内装を比較するのはナンセンスかもしれませんが、高級感を感じます。
オーディオの音質は悪くはないものの、低音に弱い感じです。
合成皮革のシートの感触もとても良いです。
※1
後席について
試乗時に、後席の座面が少し短いかな?と思っていました。
やはり短いです。私の場合、後席には家族(女性155cm以下)しか乗りませんので問題ありませんが
おおむね165cm以上の方を頻繁に乗せる場合は、一度確認してみることをお勧めします。
この点は、BMW3シリーズに軍配が上がります。
170cmの私が座ると、安定感に欠ける気がします。
メーターパネルについて
中央についているインフォメーションディスプレイはいいと思います。
ただ、スピードメーターとタコメーターは、Aクラスのスポーティさが好きです。

【エンジン性能】
1.600ccですが、まったくそんな感じがしません。
排気量で選ぶ時代はすでに終わっているのだなと実感しました。
多段化もエンジンの小ささを補っているのかもしれませんが、不足を感じません。
ただ、まだ山道などを走っていないので、その辺りは今後どう感じるかというところです。
※2. 山道を走っても不満はなく、ライントレース性が良く楽しいです。

【走行性能】
キビキビ走ります。
想像以上に小回りが利くことに驚いています。

【乗り心地】
C200のエアサスにも乗りましたが、個人的にはフワフワしすぎていて、こちらのフィーリングの方が好きです。
決して硬すぎることもなく、締まった感じです。
※1. しばらく走ってみるとランフラットタイヤのせいなのか、ザラザラ感を感じるようになりました。
しかし、1,000km到達するころには少しずつ良くなった感じです。
ランフラットではないラジアルタイヤにしてみたいという気持ちも出てきました。
ちなみに、日本車ではクラウンが乗り心地がいい車と認識されています。
ロードからのインフォメーションを遮断したマイルドな乗り心地を好む方はクラウンがいいと思います。
後席の乗り心地はクラウンの方がいいと思います。
Cクラスの乗り心地は、クラウンと考え方が異なるように感じます。
どちらが好みかは乗ってみて感じた方がいいでしょう。
※2. 乗り心地はかなり良くなって来ました。サスペンションの慣らしができた感じがします。ただしクラウン系の乗り心地ではありません。静粛性はクラウンの圧勝です。

【燃費】
まだわかりませんが、距離を走る方ではないのであまり気にしていません。
※2. 街乗りメインで10km/l程度です。

【価格】
やはり高いですね。
値引きを含む価格的にはBMWを選択するでしょうが、そういう問題ではないのかと。

【その他】※1
ワイパーを動かしたらいきなりビビりました。
ドイツ車は高速巡行でもしっかり機能するように、日本車よりも強く密着しているのが原因らしいですが
そういう問題ではないと思います。何せリアワイパーもビビりますから。
対策としては、モリワイパーというビビり止めを定期的に塗ることで比較的スムーズに動いています。
今後、bellofワイパーも購入しようか検討しています。
※2. bellofに変えたら、ビビりは無くなりました。
ただ、そんなにスムーズでもないです。

【総評】
自動車に対して何を求めているか、これによって評価が異なるのは当然です。
「高級感」「安心感」「乗り心地」「実用性」「憧れ」。これらが私のキーワードです。
今のところすべてにおいてこれらのキーワードを満たしています。

ディストロニックプラスは本当に便利です。
高速道路ではほぼ使っています。
信号は認識しませんので、一般道では使わないようにしています。
※1 先日高速でひどい渋滞に巻き込まれましたが、かなり役に立ちました。
一旦停止すると、アクセルを踏むかレバーを手前に倒すかしないと発信しないので、
欲を言えば、3秒程度の停止は再発信してくれるとよりストレスがなくなると思います。
※2. やはりいい車ですね。この1年で故障は全くありません。1年点検は無償ですが、不具合もないので点検、オイル交換とワイパー交換程度でした。ワイパーはbellofにしたので交換せず交換予定のものを受け取りました。購入する前は輸入車なので故障を心配していましたが、今のところ全く問題ありません。

値引きはありましたが、伏せさせていただきます。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車

参考になった22人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

こっこのパパさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
5件
46件
デジタル一眼カメラ
1件
22件
デジタルカメラ
1件
18件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格3

エクステリア
全体的に見た目はかっこいい。ベンツと言えば、8〇3か親父しかイメージが無かったが、204からは若い年齢層でも興味が湧くスタイリング。特に205はさらに格好良くなったと思う。

インテリア
エアコンルーバーが丸く、センターコンソールも流れるようなデザイン。BMWとかアウディに比べるとはデザインはスポーティ。

エンジン性能
1600ccターボではありますが、このボディでも特に不満無く走ります。

走行性能
以前乗っていたBMW E90 323に比べると、やはりベンツは親父車なのかな…官能的な感覚は全くない。
街乗りも、高速もまったり安定してます。まあ、これがベンツなのかな?
運転してて楽しくない。駆け抜ける歓び…無いですw

乗り心地
フワフワゴツゴツって感じ。BMWのように張り付いた、しっかりした安定な走りは出来ない。
足回りの交換を考えてる…でも、いじればいじるほど最悪になるような気もする…
シートは思ったより疲れる。レカロも経験したけど、BMWのシートが最高に良かった。

燃費
街乗りで10km前後、そんなもんかな。以前のBMWよりははるかに良いです。E90は7kmほどだった

価格
価格相場はこんなもんでしょう。

満足なところ
ベンツというネームバリュー
スポーティなインテリア
ディストロニックプラスなどの自動運転

不満なところ
内装からの異音
いきなり壊れたレーンキープアシスト
意外と疲れる純正シート

総評
正直中古でも無理して買ったけど、乗って1ヶ月ほどですが、既に後悔…
一度はベンツに乗りたかったので買いましたが、次買うとしたらBMWにします。ベンツは買わないと思う。
このような気持ちが変われば良いな〜と、密かに思ってます…

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
レビュー対象車
中古車

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ティーペさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

現行ハリアー2.0NAからの乗換えです。
2.0ターボのワゴンタイプであまり大きくないクルマを探してました。
日本車ではレヴォーグを検討していましたが、このクルマに試乗したらめちゃくちゃ気に入ってしまい、ほぼ即決で決めてしまいました。
レヴォーグも試乗くらいはしてみたかった(笑)

【エクステリア】
どの角度から見ても美しいデザインです。実物を見るまではホイールのデザインがイマイチかと思っていましたが、実物を見ると高級感があって全く問題ありませんでした。
【インテリア】
これも実物を見るまでは、あまり期待してませんでしたが、高級感があって使い勝手もよく素晴らしいです。
【エンジン性能】
ハリアーの2.0NAのパワーに物足りなさを感じていたため乗換えたのですが、パワーは全く問題ありません。
もう少し高回転まで回ると、さらに気持ちいいとは思うのですが、ダウンサイジングターボなので仕方ないのでしょうか?
【走行性能】
ハンドリングが素晴らしいです。ハンドルを切った時の反応が早く気持ちいいです。小回りも効いて街中でも困りません。ディストロニックをはじめとした安全性能も素晴らしいです。
【乗り心地】
ハリアーはフワフワだったので、ちょうど良い感じで段差の収め方が気持ちいいです。メカサスですが、ランフラットタイヤで固めの乗り心地と言われてますが、自分はもう少し固くてもいいくらいです。
【燃費】
まだよくわかりませんが、カタログ値ではハリアーよりもいいので期待しています。でも気持ち良くてつい回し気味に(笑)
【価格】
価格に見合った性能だと思います。あとは故障がなければ最高です。
【総評】
何も妥協することなく決めた最高のクルマです。輸入車はメンテナンスにお金がかかるといいますが、お金をかけてでも乗り続けたいと思わせるような素晴らしいクルマだと思います。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年5月
購入地域
福岡県

新車価格
581万円
本体値引き額
50万円
オプション値引き額
20万円

Cクラス ステーションワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

selection.stさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
5件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5
 

 

ちょうど一年前にレガシィB4から乗り換えて一年が経ち、家庭の事情で新型カムリに乗り換えのため思い出にレビューしようと思います。

【エクステリア】
カッコいい割に落ち着いていて、嫌味のないエクステリアで気に入っています(^^)
特に横から見たときの流線型は見ていて惚れ惚れします。

【インテリア】
スイッチ類がレクサスなどに比べ少ないためかスッキリしている印象です(レクサスを選択しなかった理由でもあります)。また、マウスのような操作が出来るのも他にはない為、良いです。
また、ナビもiPadのようでEクラスなど奥に入った感じのナビよりも見やすくiPad を多用して居る自分にはとてもシックリきたナビ等の配置ですね。

【エンジン性能】
いわずと知れた外車ですが、ディーゼルということもありパワーはガソリン車の比になりません。日本では宝の持ち腐れという表現が正しいと思います。

【走行性能】
坂も山もエコモードであれストレス無くスイスイと走れます。
ただ、ディストロニックプラスで時々、加速と減速を繰り返す事が有るので機械に頼りすぎもダメという事ですね。。。

【乗り心地】
申し分ないですが、走り初めに加速した時に「グワングワン」とするのが少し頂けないですが、ほとんど問題ありません。というか上等過ぎてカムリに乗り換えするのが嫌な位です。

【燃費】
燃費は写真に出したように、郊外であればリッター17kmで走ります。
2万キロ走行して今までの燃費がリッター15kmなので凄いの一言です。

【価格】
値段相応の装備とエクステリア、インテリアと走行性です。
新型のカムリが500万円のため、150万出してメルセデスが帰ると思えば安いです。

【総評】
新車で1年間、乗りましたが日本車に無い走行性能などを実感したため、カムリを乗り終わったら次はメルセデスに戻ります。
そんな車に会えて良かった一台です。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
三重県

新車価格
654万円
本体値引き額
70万円
オプション値引き額
0円

Cクラス ステーションワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

優佑さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
9件
エアコン・クーラー
0件
4件
スマートフォン
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格5

【エクステリア】Sportsの外観はインパクトがあり必須ですね。 前モデルはBMWだったので今回も検討しましたが、外観面で変化、目新しさが少なく感じます。 今回のCワゴンの外観は目新しさ、インパクトを感じます。 特に夜間のリアの見た目が他車とは異なり目新しく好きです。 アルミはもう少しシンプルで綺麗な物が希望です。 0

【インテリア】 Sportsの木目や、丸形のエアコン吹き出し口のデザイン、ナビの画面など綺麗で高級感があります。助手席の前後の調整が電動でないのが不思議なのと、ナビの性能を国内の最高レベルに更新して欲しい。 大きな不便はないが、満足感は異なる。 ドアの重厚感もBMWの方がしっかりした感じはある。コマンドシステムはタッチできる機能など、凝っているが、ダイヤルだけで充分。
【エンジン性能】もともと、加速の良いディーゼルが希望でしたが、燃費で挽回できないほどの価格差でしたので致し方なくガソリン車にしました。 ディーゼルはBMWより加速感は劣るものの音は静かで気になりません。 ガソリンのエンジン音はからからとやや軽くうるさい音が鳴ります。 

【走行性能】  加速性能はディーゼルとは比べものにならず、ややものたりない感じ。踏み込めば充分加速するのとSPORTSモードでは明らかに変化を感じるが、Eクラスのゆったりとした加速感とは別物。ハンドリングはBMWのダイレクト感がある方が楽しいが低速では柔らかく優しい。  

【乗り心地】  エアサスは段差を乗り越えるとき、独特の感触で心地よい。しかしゆったりとしたEクラスとは比べられない。

【燃費】     まだ1回目の給油でよくわからない。

【価格】     同月登録の未使用車を、新車から約130万引きで購入したが、その価格なら先進の安全性能が装備された車として
納得感はあるが、新車ではすこし高いのではないか。

【総評】     180 Sportsとも迷ったが、エアサスにこだわり、新車と同じ物を安く購入でき200にして良かった。
加速感は少なく、乗り心地も軽い感じだが、これだけの安全性能や秀逸な内外観でこの価格はベストチョイスではないか。


乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ミヤポンXさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4
   

   

【エクステリア】
最近のベンツらしい統一感のあるフロントデザインですが、ワゴンのデザインはさらに優美でスタイリッシュです。個人的にはデザインだけであればCLAシューティングブレークの方が同じワゴンでも更に若々しくスタイリッシュと思いますが、長く乗るならCクラスワゴンは落ち着いたバランスの良さが魅力かと思います。現行のEクラスワゴンは、後ろのデザインが少し商業車っぽく候補から外しました。

【インテリア】
アバンギャルドシリーズは内装がプラスティックが多く、やや年配の方に向いた様な質感と雰囲気です。シートのファブリックも布が使われており、高級感に欠けます。スポーツグレードになるとブラックの木目になり、若々しくなりシートも合皮ですがかなり質感が上がりカッコよくなります。内装にこだわる方はスポーツグレードをお勧めします。

【エンジン性能】
C200とC180の両方を試乗しました。コンフォートモードにしていると両方ともダイレクト感の少ないフンワリとした加速であまり違いが分かりません。比較すればC200の方が何と無くフィーリングがモッサリしており、180のチューニングの方が日常領域では俊敏で軽やかな印象で扱いやすく感じました。絶対性能はC200の方がトルクがありますが、C180でもスポーツモードではかなりのトルク感で充分スポーティです。ダウンサイジングが時代の流れとして考えれば、1.6リットルと言うエンジンの選択は過不足のない道具としてのインテリジェンスも感じます。

【走行性能】
低速でも高速でも絹の様な柔らかな絨毯の線を描く様な品位のある走行感覚です。反対にSクラスの様なドッシリ感は無く、BMWの様なダイレクト感もありません。あくまで軽やかで適度な柔らかさを感じる優しい感覚です。しかし、カーブでばFRらしいハンドリングと特徴であるアジリティ感は気持ち良い走りを見せてくれます。

【乗り心地】
CLAシューティングブレークやAクラスとの最も大きな違いは乗り心地です。静かで品位があります。私のC180はエアサスではないですが、段差もコトンコトンと柔らかく乗り越えてくれますし、コンフォートモードでは家族や同乗者に緊張感を与えことなく快適です。しかし、Cクラスの後席はAシリーズより背もたれに角度があり、落ち着いて腰を降ろせますが男性が座るにはやや小振りなCサイズです。後席に多くの機会、人を乗せる人はEクラス以上がお勧めです。

【燃費】
高速では17.5km迄平均燃費が伸びました。ディストロニックプラスとエコモードで自動運転をするとドンドン燃費が伸びて楽で良いです。街乗りではコンフォートモードで10km程度です。スポーツモードで踏み込んで走ると7から8km前後迄落ちます。平均燃費はドライバーが乗り方から自分で決めるというイメージです。

【価格】
トップレベルの安全性とブランドを重視する洗練された大人の方には、同クラスの他社と比べても値段の価値はあるのではないでしょうか。特にこのCクラスはメルセデスベンツのイノベーションと新しいトレンドに一役買った傑作だと思います。走りの絶対性能や個性を重視する方は、他の選択肢になってくると思います。

【総評】
はじめてのメルセデスですが、都内で扱うには大きさも丁度よく高次元で総合バランスの取れた良いクルマだと思います。クルマに趣味性を求めれば、少し普通な感はありますが、クルマを道具として捉えれば信頼出来る相棒としてこれ以上無い高い評価が出来ます。子供が大きくなるまで、じっくり大切に乗ろうと思います。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年3月
購入地域
東京都

新車価格
596万円
本体値引き額
50万円
オプション値引き額
0円

Cクラス ステーションワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シンゴカメラさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:12人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
3件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格5
 

 

【エクステリア】
素直にカッコイイデザインです。

【インテリア】
少し奇抜かと思いますが、高級感があり、シートに座ると少しワクワクするほど気に入っています。
【エンジン性能】
自分の車は、180なので、小さい方のエンジンとのことですが、高速、街乗りとも不便は感じません。
良いと思います。
【走行性能】
知的で俊敏な動き、正しくその通りです。
乗るほどにそう思わせてくれます。
【乗り心地】
少し硬めではありますが、カーブや段差など、安心して運転ができます。
【燃費】
12キロ前後です。
高速では、燃費に気を使って走ると17キロまで伸びました。
【価格】
一般的に高額な車ですが、満足度や安心感、など、様々に考えると、妥当な価格だと思います。
【総評】
仕事で常に使うものなので、相棒として、大切にしております。
タフに長年付き合っていきたいと思える、心を満たしてくれる素晴らしい車です。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年12月
購入地域
静岡県

新車価格
596万円
本体値引き額
50万円
オプション値引き額
0円

Cクラス ステーションワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

W2032005さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:93人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
10件
デジタル一眼カメラ
0件
6件
ドライブレコーダー
2件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

【総評】
満10年のS203 C230Kの調子が悪くなり、急遽見積もり→契約、ワゴンはオプション選択肢がほとんど無いことから希望に合った仕様の国内在庫車を確保、即納(ボディコーティングなど込みで契約後約10日)となりました。

エアサスや安全装備など電子デバイスが盛りだくさんで、それ故、耐久性の不安はありますがすが、できればまた10年乗りたいと思います。そう思えるくらい良い車です。

些細なところで気になる部分はありますが、全体的な満足度は星5つで間違いありません。

【エクステリア】
ボディカラーはオブシディアンブラックです。
フロント周りのデザインと少し派手な大径ホイールのおかげで、前や横から見ると少々強面な印象を与えてしまいます。
リアスタイルは丸みを帯びており、前車S203の流れを少しだけ感じるデザインで親しみやすく感じます。
セダンがコンパクトに見えるのに比べて、ワゴンはボディ後半のボリューム感から一回り大きなクルマに見えるようです。

全体的には高級感と先進性を感じられる纏まったデザインで、これまでのCクラスから1クラス上がった印象を受けます。

【インテリア】
ボディカラーがブラックなので、シートカラーはクランベリーレッドを選択しました。
インテリアトリムは木目調ではなく本物の木であり高級感を感じられます。また、Burmesterサラウンドサウンドシステムのシルバーのスピーカーグリルとブラックアッシュウッドトリムのコントラストも鮮明で高級な印象です。
Burmesterは使い込んでいくうちに良い音を奏でてくれるものと期待しています。

前席シートの調整幅は大きく、座り心地もなかなか良いのですが、座面の硬さがもう少しある方が疲れにくいかも知れません。

グローブボックスは小さすぎます。ETC本体とパヒュームアトマイザーの取り付け位置をもう少し工夫して、少なくとも車検証と取説がすべて収納できる容量の確保をしてほしいところです。

センターコンソールボックスは容量十分で、中にUSBポートが二つついておりなかなか使い勝手のよいものです。

BurmesterのせいかC200/180にあるカーゴルーム右側のくぼみがありませんので、ゴルフバッグを横向きに積むことができません。

付属のAMGフロアマットには後席中央部がありません。中途半端にせず、是非付けてほしいです。

カタログに記載されているか不明ですが、CDは6連装チェンジャーになっています。また、まだ試していませんがHDDへの保存もできるようです。

【エンジン性能】
まだ慣らし中のため高回転域の体感はできていませんが、低回転域はターボの恩恵を十分に受けています。
時々運転するE350のガソリンNA3.5Lに匹敵するような力強いトルク感です。

【走行性能】
さまざまな安全や自動化の先進装備がついている中で、特筆すべきはステアリングアシスト付きディストロニック・プラスです。半自動運転といっても過言ではなく、クルマというよりロボットという感覚です。

アジリティセレクトは、走行シーンや好みによって走行性能とまでは言いませんが特性を変えることができますので、色々な意味で楽しみが増すと思います。

最近のクルマは皆同じ傾向かも知れませんが、ボディのウエストラインが高く窓の上下方向が小さいため、見切りが悪くなっています。特に助手席側Aピラー方向の視界が悪く、左折時には前車よりも神経を使います。

【乗り心地】
エアサスはアジリティセレクトで特性が変わります。Confort、Sport、Sport+の3段階の選択が可能です。
もちろん乗り心地の違いは明白です。

タイヤはPirelli P-Zero RFT 19"が装着されていました。
ロープロファイルランフラット特有の硬さがあるのでしょうが、特に不快に感じるほどの突き上げ感はありません。
しかしながら、ロードノイズは大きめです。車自体の遮音はしっかりされておりエンジン音を含めて外部の音があまり聞こえない分、タイヤによるロードノイズが目立ってしまうのかも知れません。前車がBS Regnoを履いていたせいもあり、いままでロードノイズを意識することはなかったため少々気になってしまいます。

【燃費】
慣らし運転中はアイドリングストップをオフにしています。また、このところの猛暑で停車中もエアコンを付けっぱなしのためか9.8km/L程度です。

【価格】
明記できませんが、このクルマでここまでの値引きは聞いたことがないくらい担当営業さんが頑張ってくれました。
絶対的な価格が高価であることは間違いありませんが、営業さんの頑張りで値ごろ感のあるものとなりましたので契約しました。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年7月
購入地域
神奈川県

新車価格
753万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

Cクラス ステーションワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

Cクラス ステーションワゴン
メルセデス・ベンツ

Cクラス ステーションワゴン

新車価格帯:479〜613万円

中古車価格帯:179〜628万円

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <213

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意