メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > メルセデス・ベンツ > Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
C200 STATIONWAGON AVANTGARDE 2019年2月15日 マイナーチェンジ 2人
C180 STATIONWAGON Laureus Edition 2017年7月25日 特別仕様車 2人
C200 4MATIC STATIONWAGON AVANTGARDE 2017年7月25日 マイナーチェンジ 1人
C220 d STATIONWAGON Laureus Edition 2017年7月25日 特別仕様車 1人
C220 d STATIONWAGON Sports (本革仕様) 2017年2月1日 マイナーチェンジ 1人
C220 d STATIONWAGON Sports 2015年9月28日 マイナーチェンジ 3人
C220 d STATIONWAGON Sports (本革仕様) 2015年9月28日 マイナーチェンジ 2人
C180 STATIONWAGON AVANTGARDE 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 2人
C180 STATIONWAGON Sports 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 5人
C200 STATIONWAGON AVANTGARDE 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 3人
C200 STATIONWAGON Sports 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 8人
C200 STATIONWAGON Sports (本革仕様) 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 5人
C250 STATIONWAGON Sports 2014年10月1日 フルモデルチェンジ 1人
満足度:4.52
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:37人 (プロ:1人 試乗:4人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.61 4.34 76位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 4.66 3.93 59位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 4.22 4.13 85位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 4.33 4.21 100位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 4.25 4.05 101位 乗り心地のフィーリング
燃費 4.00 3.89 117位 燃費の満足度
価格 4.06 3.89 64位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「乗車人数:2人」で絞込んだ結果 (絞込み解除

二度揚げとんかつさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格3

愛用のCLS・SBが初回車検の為、C200ステーションワゴン(AMGパッケージ)を代車として数百キロ乗り回させて頂きました。長期間保有というわけでは無いのでご参考までに。

エクステリア
好みの問題なので何とも言えませんが、個人的にはもう少し特徴が欲しいですねぇ。「マジメな箱」という印象です。

インテリア
機能は必要にして十分以上、質感は価格相応といったところでしょうか。ただ、標準のオーディオは一寸期待外れ。音楽にこだわる人ならオプションは必須でしょうか。

エンジン性能
BSG+9速ミッションのおかげで過不足無し、と、言いたいところですが、追い越し加速などは若干トルク不足。
ギヤが落ちて回転が上昇するのを待たねばなりません。恐らく220dの方が押し出しは強いかと。
また、回生ブレーキと主ブレーキの折合いが宜しく無いようで、停止寸前に「カックン」となるのも気になります。

走行性能
ハンドルの座り、直進の安定感はメルセデス一門の血脈です。
しかし、AMGパッケージで付いてくるエアサス、これは消化不良!
アップテンポでコーナー駆け抜けようとすると接地感に乏しく、特にうねりのある路面では怖い思いをします。Sports+を選択すれば若干改善されますが、コンベサスの様な自然な感じとは遠い位置にあります。評論家の皆さん、紳士なのでココはあんまり触れてないですね。ま、限界×60%レベルなら問題出ませんが。

乗り心地
エアサスと言えど、Sクラスの様なフラットライドにはなりません。
上下動の周期がSクラスや昔のシトロエンハイドロよりも短いんです。人によっては車酔い起こすのでは?と思います。多少硬かろうが、この面でもコンベサスが良いかもしれません。
また、AMGパッケージではスポーツタイヤのせいなのでしょうか、ロードノイズもやや大きめです。

燃費
最良で14km/L、お借りしていた期間の平均で12km/L。まぁ、こんなもんでしょう。

価格・総合
この価格帯になるとメーカーによる個性の主張もハッキリ出てくると思います。この車の主張は「メルセデス流の操安はこれだ!」ということと、数々の安全装備に集約されると思いますが、エアサスは残念です。

個性の主張と言えば、例えばプジョーやアルファロメオ等、ラテン系のクルマは、乗ると「あっ、そーきますか!」となるので、クルマ好きの方はいろいろ試乗されることをお勧めします。(ラテンも最近は壊れませんよ、笑)

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

オフェリアさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:195人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
16件
レンズ
7件
7件
プリメインアンプ
3件
7件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

新車はちょっと無理、中古でW204->W205と乗り継ぎました^^;
ステーションワゴン(エステート)が好きなので、2台ともそれです。
前のW204(C200アバンギャルド)は、初ベンツで、乗りますと何故か走りたくなり、ついつい攻撃的な走りをしていました。
運動性能やパワー、短いホイールベース・・などスパルタンなテイストがそうさせたのかもしれません。

先日、車検が近づいたので、ショップに行ったところ、C200スポーツ(本革、白)が私に手招きを・・
帰りにサインしていました~~;

ようやくハンドルを握り、帰り道に思ったのは、「これって福祉車両!?」
エアサスで、ロングホイールベース、至れり尽くせりの快適装備・・
特にシートの出来がよく、W204で不足していたサイド方向もしっかりしています。
(W204の標準シートって、価格に見合わぬレベル)
W205はスポーティな外観、18インチホイール、低い車高など一見スポーツテイストに溢れていますが、
乗ってみると、快適で何か満たされてしまい、飛ばす気がしない自分が・・

品質などW204とは別物で高級感に溢れており、それはそれで素晴らしいですが、ことスポーツ走行という点ではW204か と。
乗りはじめで、アジリティコントロールなどこれからですが、果たしてロングボディでエアサスのスポーツはありか?

追記
W205のオーディオですが、なぜなの?と思うほどチープです。
乾いた、紙っぽい音質は軽以下?(NBOX)
これは残念なところ。

追記2
福祉車両 というのは言い過ぎでしたm(_ _)m
(ECOモードだったようです。)
E,C,S,S+とありますが、E,Cモードは乗り心地がよく、フラットで滑らかな走りです。
S以上はスポーティな走行感が体験できます。
W204はSに匹敵すると思われます。
要は一台で2通りの走行モードを切り替えることが出来、なかなか楽しいところ。
(BMW的な路面に張り付いたような走行感と、仏シトロエン的な浮揚したような走行感がスイッチ一つで切り替えできます。)
Iモードは自分で走行モードを設定できますが、取敢えず、ダンピングはC,パワーはS,ハンドルはS,Iストップは無し・・
順送りでモードを切り替えるのが手間。
燃費は300km走行後、12.6km/Lで大変結構^^ 因みにタイヤはノーマル新品です。

追記3
Cクラスは大き過ぎず、都会に行っても何とか使えます。
これ以上大きいとかえって不便かも。
パワーも必要十分ですが、スポーツというと?がひとつつきます。
(かといってAMG仕様には手がでません)

ステーションワゴンとしての使い勝手は、W204より大きく向上しています。
ハッチ開閉は電動になり、後席を倒すのがボタンを押すだけでできます。
(再セットはハンドで起こす必要があります)
トノカバー(荷室のカバー)もハッチと連動しています。
こういったユーザーの視点に立った細かい改良はいいですね。
完成度高いです。









乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった9人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヤクルトファン@さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:204人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格3
   

さらにもう一つ横に置きその上に一つ置けます。

   

住宅状況から車幅1800mmぐらいで趣味のゴルフのためゴルフバック横置き3つ載せられる条件でいろんな候補から最後に一番高価なメーカーに(記念)試乗してみました。
購入を考えている新型フォレスターとポイントごとに比べてみます。
ちなみに普段は前タイプのプリウスです。

【エクステリア】
引き締まったボディで車体感覚がつかみやすいデザインですね。
セダンをワゴンタイプにしたというより、初めからステーションワゴンのデザインのようにバランスがいいですね!
狭い日本の道でも利便性が高いサイズで実際取り回しもよかったです。

【インテリア】
フォレスターと比べて無駄なボタンがなくエアコン以外はタッチパネル・ボタンか、ハンドルのボタンでコントロールできます。
シートは国産のシートとは全く作りが違う!重厚で人間工学に基づくフィット感があるシートです。
これなら高速で長時間移動も可能でしょうね。後述しますが、加速した時にこのシートでなければいけない理由がわかりました。

後部座席は・・チェックし忘れました(泣)

【エンジン性能】【走行性能】
ステーションワゴンなので勝手にトルクのあるディーゼル希望でしたが、お店にある試乗車は2.0ガソリンエンジンでしたが、杞憂というかメルセデスを侮って反省ですね。
試乗でバイパスにカーブを駆け上がりながら加速して合流するシチュエーションがあり、2人乗車+ゴルフバック2つで走りましたが、全く非力さを感じず一気に加速してスピードメーター見て慌てて減速しました。

気持ちよく吹き上がり圧倒的余裕で目標以上のスピードに到達しました。ちなみにカーブではハンドル切ってそのままラインを保ち全く負荷なく加速しました。

このモデルでこのレベル・・メルセデスおそるべし。これがメルセデスでは普通なのかと思っていたら同乗のディーラーさんはとてもスマートな方でしたが「メルセデスの本気はEクラスからです、よかったら乗りますか?」と不敵なコメント(笑)・・あとブレーキめちゃ効く!

【乗り心地】
路面の凹凸を思ったより拾うなという印象がありランフラットタイヤの影響かとは思いますが、不快には感じないのはなんだろう〜?

40〜80km走行においてフォレスターと車体剛性は大きな差は感じませんでした(もちろんメルセデスの圧倒的剛性感は感じましたが差がでる・本気になるのは100kmオーバーかと)が、足回りと言うかエンジンパワーを駆動タイヤを通して放出する強度が国産と比べるというか国産では感じたことない出力です。しかもパワーがあるってだけでなく官能的ですらある。

道路表面の情報を感じて加速する感覚はちょっと異次元の快感でした。だから道路の情報をドライバーに伝えていたんですね。
あと凹凸を拾いますが跳ねずに「車体とサスで一発で収める!」これが不快感がない理由と先出のディーラーさんにお教えて頂きました!納得。

加速のパワーをボディ剛性と完璧なシートで受け止めながらドライビングするのはとても気持ちいい感覚で、可能ならばそのまま高速道路に乗って走り出したくなりました。

スバルはおそらく剛性とエンジンが日本でトップクラスとは思いますが、車にうるさくない自分でもはっきりその差を感じました。

【燃費】
およそ8ー10でした。
ディーラーさん曰く高速走行でのガソリンエンジンの伸びはベストとのこと(高速巡航はディーゼル)・・乗ってみたいorz

【価格】
試乗なんで割愛ですがオプション入れればフォレスター二台分(笑)

【総評】
フォレスターと比べるつもりで乗りましたが、比べるというかそもそも車の設計コンセプトから別次元な感じでした。

自分はプリウスを次の地点に効率よく移動する手段として満足して乗っていましたが、メルセデスはその考えとは違うレベルで車が作られていることがCクラスから明確に伝わりました。
ただプリウスもフォレスターもメルセデスも日本で走ることにおいてはどれも正解な気がします。むしろメルセデスの性能を遺憾なく発揮して乗れてるドライバーは日本の道路事情でどれだけいるのだろう。

あとメルセデスがステイタスや関税のためだけに高い値段設定でないのはよくわかりました。あの分厚いドア開け乗り込んでエンジンをかけて走り出せばすぐわかります!

今回は初の試乗で完璧におのぼりさん状態でいささか興奮気味のレビューですが伝えたいことは伝わったかと(笑)
たまにメルセデスやBMW のレビューを読んでいると「買うつもりはなかったが試乗したら結局買ってしまった」みたいなレビューがあって「っなことあるかい!」と思っていましたが今は納得!本当予算がなんとかなるなら買いたかった。
ディーラーさんもおそらくこちらの買う気は分かってはいたものの新型Cクラスのことなど説明して頂きいい勉強になりました。いつかはクラウンもといメルセデスになりました。


レビュー対象車
試乗

参考になった8人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぱぱ55さん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:254人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
456件
デジタルカメラ
3件
116件
Mac ノート(MacBook)
3件
84件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

   

   

レビュー

C200ステーションワゴンSports所有です。BMW750L->R230 SL55->R231 SL350に次いで購入しました。ダイビングが趣味なので、E・CL・CLAのワゴンやGLAと比較して選びました。

【エクステリア】
SLに比較して幅がかなり小さく運転はし易いですが、クラウンくらいの幅なのでどこへでも入っていける大きさでは無いです。特に1cm広すぎて入れない立体駐車場が多い。エクステリアデザインは最近のベンツで統一されていますので、質感高く違和感はありません。Sports系じゃないと色の選択肢が少ないです。2本のエグゾーストエンドが本物なのはSportsのみで、アバンギャルドはダミーです。Sクラスのハイブリッドも同じダミーですし、デザインとしての割り切りかと思います。パノラミックルーフは日本でもオプションにして欲しい。

【インテリア】
インテリアは非常に良く処理されていて、照明を含めてSLより最新モデルとしての高級感があります。フロントパネルにもステッチが入っているSports系だと、人工皮革でも本革と変わらないというか、香りも含めて判別できません。私自身はシンプルなところが好きなのですが、レクサスとかから乗り換えた人はそっけない内装と感じるかもしれません。ステーションワゴンとしての機能性は、さすがベンツと唸るほどの使い勝手です。私はシートの造りでGLAを候補から落とし、インテリアの古さでEを落とし、ワゴンとしての使い勝手でシューティングブレークを落としました。

【エンジン性能】
上り坂や高速域での加速も力強く、街中・高速ともに不足に感じたことはないです。エンジン音はSL350よりこちらが気持ち良い響きですが、室内にはそれほど音が入ってこないです。

【走行性能】
7ATが良い仕事をしているのか、十分な走行性能です。Sportsモードのサスは適切な硬さです。路面状況によりランフラットが少しドタバタしてるのかなと感じることもありますが、エアマチックが吸収しているようです。エアマチックは車高を上下できるし、ランフラットを良くコントロールしている感じがあります。ATは乗り出し直後に2速からのシフトショックをドスンと感じることがありますが、温まると無くなるので乗り出しのときだけかもしれません。。ハンドルが軽すぎると思われる方はカスタムモードでSportsを選ぶと重めになります。

【乗り心地】
剛性が高いせいか、Comfortモードでは空気が一緒に移動している感じ、柔らかくゆったりとSクラスや7シリなど大型サルーンと同様の乗り心地を味わえます。しかし、エアサス特有のふわっとした感じもあり、SLのABCやSのMBCのような絨毯の上を走るような吸い付き感覚はありません。
Sportsのシートは非常に良くできていて、SLより疲れないです。ただ、電動で自由に動く幅が大きい分、自分用にピッタリの位置を決めるまでにいろいろ悩みました。前席はヘッドレスト部分が前後に動きますので、Aクラス系の一体型より全然良いです。助手席はフルオートではなく半自動のものであればヘッドレストを簡単に外すことができるので、長尺物を載せる時に便利です。例えばルーフボックスを車内に載せることができます。
後席を倒すと荷室からの長さが180cm以上あるので、不便なく横になって寝ることもできます。

【燃費】
自分の運転だと高速と街中ミックスで15km/l前後くらいでしょうか。

【価格】
安全装備はベンツ上位クラスと同じもの、いや一歩先の自動走行ばりの機能が付いています。レーダーやソフトウェアが共通なので、上位クラス車よりオトク感があります。走行性能と高級感も考慮すると適正価格ですが、競合を意識するなら100万円高い感じです。

【総評】
性能、乗り心地、使い勝手、機能性、高級感、安全性を高次元でバランスしていると思います。このクルマはベンツ内での序列が長らく低かったせいか、いろんな意味で目立つことも話題の中心になることもない感じですが、かわいらしさを感じれて気に入ってます。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
月数回以下
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年9月
購入地域
千葉県

新車価格
628万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

Cクラス ステーションワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

DelMar2さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
2件
カーナビ
1件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4

納車後約一週間経ちましたのでレビューします。

【エクステリア】先代よりも若干サイズアップしたS205ですが、日本の道路事情を考えたらこれくらいが丁度扱い易い大きさで女性やお年寄りにもオススメ出来ます。

【インテリア】ドアを開けた瞬間からこれがベンツか!?っと言うほど洗練されたデザインに変わりました。インテリア全てにおいて高い質感、細部まで作り込みがなされていてメルセデスの本気を感じます。そしてシートの出来が素晴らしく疲れ知らずです。細かくポジション調整でき調整幅も広いのであらゆる体型にフィットすると思われます。また運転席の腿部分が前後に長さ調整出来るので楽な姿勢をとる事が出来ます。ちなみにこの装備は通常のアバンギャルドには付いていないと思われます。たぶん…(^^;;

【エンジン性能】C180のエンジンは1.6Lターボ、走り始めの低速域がとても軽快。C200エンジンのショートストロークなので当然アクセルレスポンスに優れていて、もたつく感じは一切なし。またひとたびアジリティボタンをスポーツプラスに変えるとかなりの加速を味わえます。ワゴンと言う車の性格から考えればC180のエンジンで必要にして十分。もしも100km以上の速度でもうすこしパワーを求めるならC200。この辺は運転の仕方によって選べば快適なドライブが楽しめるかと思います。また、4気筒ならではの安っぽいエンジン音を納車されるまで気にしていましたが、しっかり防音されいるので特に気になりません。

【走行性能】購入前に何度か試乗した新型Cクラスセダンのスポーツと比べて全く別物と言うくらいワゴンの方が乗り心地が改善?されてます。もちろんスポーツサスなのでそれなりに硬さはありますが許容範囲です。そしてこの車がワゴンであるのを忘れてしまう程ボディー剛性が高いのでどんなに路面が荒れていようがきしむ事はありません。とても高級感ある走りを楽しむ事が出来ます。また個人的にはエアサスの動きよりもバネの方が慣れているぶん違和感がなく好みです。

【各種機能】インテリジェントライトシステム、アダプティブヘッドライトシステムともにかなり優秀です。ロー、ハイを自動で切替してくれ常に最大限の視界を確保。まだ霧の中などは未体験です。ディストロニックプラスは半自動運転システムで高速で試しましたが自動で車間距離を保ち、カーブも自動で車線をキープしようとしてくれます。これに1度慣れてしまうと病みつきです。ナビですが画面がかなり大きくなり地図が見やすいです。ナビ機能は普通です。
     
【燃費】街中7〜10、郊外10〜14km、高速14km〜18kmっと言った具合です。11月からハイオクガソリンの値段が下がったので満タンにしても1万でお釣りがきます。現在慣らし運転をしていて平均11km弱です。この先エンジンに当たりがついて、だんだんと燃費が良くなっていく事に期待です。

【価格】ワゴンモデルは全てがパッケージングされていて、全く選べるオプションがありません。優柔不断な私としては選ぶ手間が省けて助かりました…(^^;;

【総評】ひと昔前のベンツは重厚感と安心感が他メーカーと全く違いこれぞベンツってイメージでしたが、今回のCクラスは軽いな〜って印象です。個人的には昔のベンツの乗り味の方が好きでしたがこれも時代だと受け入れていくしかありませんね。またこの新型が凄く良いと思えるのが静粛性が非常に高く、ドアを閉めた瞬間から周りの騒音から解放され心が落ち着きます。今回の新型Cクラスワゴン買って本当に良かったと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年12月
購入地域
愛知県

新車価格
596万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

Cクラス ステーションワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

Cクラス ステーションワゴン
メルセデス・ベンツ

Cクラス ステーションワゴン

新車価格帯:479〜613万円

中古車価格帯:179〜628万円

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <213

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意