『1クラス上の質感と先進機能』 メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル W2032005さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > メルセデス・ベンツ > Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル

『1クラス上の質感と先進機能』 W2032005さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:100人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
10件
デジタル一眼カメラ
0件
6件
ドライブレコーダー
2件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
1クラス上の質感と先進機能

【総評】
満10年のS203 C230Kの調子が悪くなり、急遽見積もり→契約、ワゴンはオプション選択肢がほとんど無いことから希望に合った仕様の国内在庫車を確保、即納(ボディコーティングなど込みで契約後約10日)となりました。

エアサスや安全装備など電子デバイスが盛りだくさんで、それ故、耐久性の不安はありますがすが、できればまた10年乗りたいと思います。そう思えるくらい良い車です。

些細なところで気になる部分はありますが、全体的な満足度は星5つで間違いありません。

【エクステリア】
ボディカラーはオブシディアンブラックです。
フロント周りのデザインと少し派手な大径ホイールのおかげで、前や横から見ると少々強面な印象を与えてしまいます。
リアスタイルは丸みを帯びており、前車S203の流れを少しだけ感じるデザインで親しみやすく感じます。
セダンがコンパクトに見えるのに比べて、ワゴンはボディ後半のボリューム感から一回り大きなクルマに見えるようです。

全体的には高級感と先進性を感じられる纏まったデザインで、これまでのCクラスから1クラス上がった印象を受けます。

【インテリア】
ボディカラーがブラックなので、シートカラーはクランベリーレッドを選択しました。
インテリアトリムは木目調ではなく本物の木であり高級感を感じられます。また、Burmesterサラウンドサウンドシステムのシルバーのスピーカーグリルとブラックアッシュウッドトリムのコントラストも鮮明で高級な印象です。
Burmesterは使い込んでいくうちに良い音を奏でてくれるものと期待しています。

前席シートの調整幅は大きく、座り心地もなかなか良いのですが、座面の硬さがもう少しある方が疲れにくいかも知れません。

グローブボックスは小さすぎます。ETC本体とパヒュームアトマイザーの取り付け位置をもう少し工夫して、少なくとも車検証と取説がすべて収納できる容量の確保をしてほしいところです。

センターコンソールボックスは容量十分で、中にUSBポートが二つついておりなかなか使い勝手のよいものです。

BurmesterのせいかC200/180にあるカーゴルーム右側のくぼみがありませんので、ゴルフバッグを横向きに積むことができません。

付属のAMGフロアマットには後席中央部がありません。中途半端にせず、是非付けてほしいです。

カタログに記載されているか不明ですが、CDは6連装チェンジャーになっています。また、まだ試していませんがHDDへの保存もできるようです。

【エンジン性能】
まだ慣らし中のため高回転域の体感はできていませんが、低回転域はターボの恩恵を十分に受けています。
時々運転するE350のガソリンNA3.5Lに匹敵するような力強いトルク感です。

【走行性能】
さまざまな安全や自動化の先進装備がついている中で、特筆すべきはステアリングアシスト付きディストロニック・プラスです。半自動運転といっても過言ではなく、クルマというよりロボットという感覚です。

アジリティセレクトは、走行シーンや好みによって走行性能とまでは言いませんが特性を変えることができますので、色々な意味で楽しみが増すと思います。

最近のクルマは皆同じ傾向かも知れませんが、ボディのウエストラインが高く窓の上下方向が小さいため、見切りが悪くなっています。特に助手席側Aピラー方向の視界が悪く、左折時には前車よりも神経を使います。

【乗り心地】
エアサスはアジリティセレクトで特性が変わります。Confort、Sport、Sport+の3段階の選択が可能です。
もちろん乗り心地の違いは明白です。

タイヤはPirelli P-Zero RFT 19"が装着されていました。
ロープロファイルランフラット特有の硬さがあるのでしょうが、特に不快に感じるほどの突き上げ感はありません。
しかしながら、ロードノイズは大きめです。車自体の遮音はしっかりされておりエンジン音を含めて外部の音があまり聞こえない分、タイヤによるロードノイズが目立ってしまうのかも知れません。前車がBS Regnoを履いていたせいもあり、いままでロードノイズを意識することはなかったため少々気になってしまいます。

【燃費】
慣らし運転中はアイドリングストップをオフにしています。また、このところの猛暑で停車中もエアコンを付けっぱなしのためか9.8km/L程度です。

【価格】
明記できませんが、このクルマでここまでの値引きは聞いたことがないくらい担当営業さんが頑張ってくれました。
絶対的な価格が高価であることは間違いありませんが、営業さんの頑張りで値ごろ感のあるものとなりましたので契約しました。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年7月
購入地域
神奈川県

新車価格
753万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

Cクラス ステーションワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
1クラス上の質感と先進機能

Front view

Side view

Rear view

   

Interior view

   

【総評】
満10年のS203 C230Kの調子が悪くなり、急遽見積もり→契約、ワゴンはオプション選択肢がほとんど無いことから希望に合った仕様の国内在庫車を確保、即納(ボディコーティングなど込みで契約後約10日)となりました。

エアサスや安全装備など電子デバイスが盛りだくさんで、それ故、耐久性の不安はありますがすが、できればまた10年乗りたいと思います。そう思えるくらい良い車です。

些細なところで気になる部分はありますが、全体的な満足度は星5つで間違いありません。

【エクステリア】
ボディカラーはオブシディアンブラックです。
フロント周りのデザインと少し派手な大径ホイールのおかげで、前や横から見ると少々強面な印象を与えてしまいます。
リアスタイルは丸みを帯びており、前車S203の流れを少しだけ感じるデザインで親しみやすく感じます。
セダンがコンパクトに見えるのに比べて、ワゴンはボディ後半のボリューム感から一回り大きなクルマに見えるようです。

全体的には高級感と先進性を感じられる纏まったデザインで、これまでのCクラスから1クラス上がった印象を受けます。

【インテリア】
ボディカラーがブラックなので、シートカラーはクランベリーレッドを選択しました。
インテリアトリムは木目調ではなく本物の木であり高級感を感じられます。また、Burmesterサラウンドサウンドシステムのシルバーのスピーカーグリルとブラックアッシュウッドトリムのコントラストも鮮明で高級な印象です。
Burmesterは使い込んでいくうちに良い音を奏でてくれるものと期待しています。

前席シートの調整幅は大きく、座り心地もなかなか良いのですが、座面の硬さがもう少しある方が疲れにくいかも知れません。

グローブボックスは小さすぎます。ETC本体とパヒュームアトマイザーの取り付け位置をもう少し工夫して、少なくとも車検証と取説がすべて収納できる容量の確保をしてほしいところです。

センターコンソールボックスは容量十分で、中にUSBポートが二つついておりなかなか使い勝手のよいものです。

付属のAMGフロアマットには後席中央部がありません。中途半端にせず、是非付けてほしいです。

カタログに記載されているか不明ですが、CDは6連装チェンジャーになっています。また、まだ試していませんがHDDへの保存もできるようです。

【エンジン性能】
まだ慣らし中のため高回転域の体感はできていませんが、低回転域はターボの恩恵を十分に受けています。
時々運転するE350のガソリンNA3.5Lに匹敵するような力強いトルク感です。

【走行性能】
さまざまな安全や自動化の先進装備がついている中で、特筆すべきはステアリングアシスト付きディストロニック・プラスです。半自動運転といっても過言ではなく、クルマというよりロボットという感覚です。

アジリティセレクトは、走行シーンや好みによって走行性能とまでは言いませんが特性を変えることができますので、色々な意味で楽しみが増すと思います。

最近のクルマは皆同じ傾向かも知れませんが、ボディのウエストラインが高く窓の上下方向が小さいため、見切りが悪くなっています。特に助手席側Aピラー方向の視界が悪く、左折時には前車よりも神経を使います。

【乗り心地】
エアサスはアジリティセレクトで特性が変わります。Confort、Sport、Sport+の3段階の選択が可能です。
もちろん乗り心地の違いは明白です。

タイヤはPirelli P-Zero RFT 19"が装着されていました。
ロープロファイルランフラット特有の硬さがあるのでしょうが、特に不快に感じるほどの突き上げ感はありません。
しかしながら、ロードノイズは大きめです。車自体の遮音はしっかりされておりエンジン音を含めて外部の音があまり聞こえない分、タイヤによるロードノイズが目立ってしまうのかも知れません。前車がBS Regnoを履いていたせいもあり、いままでロードノイズを意識することはなかったため少々気になってしまいます。

【燃費】
慣らし運転中はアイドリングストップをオフにしています。また、このところの猛暑で停車中もエアコンを付けっぱなしのためか9.8km/L程度です。

【価格】
明記できませんが、このクルマでここまでの値引きは聞いたことがないくらい担当営業さんが頑張ってくれました。
絶対的な価格が高価であることは間違いありませんが、営業さんの頑張りで値ごろ感のあるものとなりましたので契約しました。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年7月
購入地域
神奈川県

新車価格
753万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

Cクラス ステーションワゴンの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Cクラス ステーションワゴン 2014年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
良い車だけどエアサスが・・・  4 2019年10月7日 11:53
びっくりするほどオーディオがショボい!(驚愕)  4 2019年9月24日 16:38
なるほど、売れる理由が分かる。  5 2019年7月31日 20:32
正味2日間使用しました  3 2019年5月24日 00:42
数百キロの試乗ですのでご参考までに。  3 2019年5月21日 20:49
満足度95%  5 2019年4月5日 16:11
1人でゴルフに行くのに最適  5 2018年12月23日 16:48
W204とは別もの!  5 2018年12月8日 22:02
安定のメルセデスCクラス  5 2018年9月30日 17:30
初輸入車、初メルセデス  4 2018年9月27日 23:07

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルのレビューを見る(レビュアー数:40人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

Cクラス ステーションワゴン
メルセデス・ベンツ

Cクラス ステーションワゴン

新車価格帯:488〜640万円

中古車価格帯:158〜605万円

Cクラス ステーションワゴン 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <220

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意