『「本当にいいスマートフォン」だと思います。』 ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Z3 SO-01G docomo [Black] モリゾーに似ているらしい(笑)さんのレビュー・評価

Xperia Z3 SO-01G docomo [Black]

ISO12800を実現したスマートフォン

公式オンラインショップ購入時の端末代金

価格情報の登録がありません

発売日:2014年10月23日

格安SIMへのりかえで毎月のスマホ代を節約できます

スマホの回線をキャリアから格安SIMに変えると、月額料金を半額以下に下げることができます。MNP(番号ポータビリティ)で今の電話番号もそのまま引き継げます。

キャリア:docomo OS種類:Android 4.4 販売時期:2014年冬春モデル 画面サイズ:5.2インチ 内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB バッテリー容量:3100mAh データ通信サービス:Xi(クロッシィ)/FOMAハイスピード Xperia Z3 SO-01G docomo [Black]のスペック・仕様

ドコモ光とセットでドコモスマホの月額料が割引に!

ご利用の前にお読みください

『「本当にいいスマートフォン」だと思います。』 モリゾーに似ているらしい(笑)さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Xperia Z3 SO-01G docomo [Black]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:137人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
6件
114件
ラジオ
2件
19件
デスクトップパソコン
2件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ無評価
「本当にいいスマートフォン」だと思います。
別機種「Xperia Z3 Compact SO-02G」(白)と、「Xperia Z3 SO-01G」(黒)」
   

「Xperia Z3 Compact SO-02G」(白)と、「Xperia Z3 SO-01G」(黒)」

   

レビューにあたり、初めての携帯電話から今日までの愛用していた携帯端末を思い出してみました。
ノキアDP151→ソニーSO206→NECP501i HYPER→富士通F900i→ソニーSO505iS→ソニー premini-U→ソニーW44S→ソニーW61S→Xperia SO-01B→Xperia acro SO-02C→Xperia Z SO-02E→Xperia Z3 SO-01G。今までも、「ドコモ」で「ソニー」が多かったです。
今回の機種変更のきっかけは妻が愛用していた、富士通ARROWS V F-04Eが動作不安定に至った事で、機種変更を検討していました。
妻は、最近の流行でもある「iPhone」がいいかなと思っていた様子ですが、『「Xperia Z3 Compact」vs「iPhone6」比較』というweb上の情報や友人のiPhoneを操作した経験から、「Xperia Z3 Compact SO-02G」を推奨していました。
私の端末「Xperia Z SO-02E」については、特に不具合もなく、これからも愛用したいと思っていましたが、機種変更時に「家族まとめて割」キャンペーン(2015年3月31日まで)の存在を知り、後日私が単独で機種変更するより、今同時に機種変更する方がお得なので、私も機種変更した次第です。
もうそろそろ、「Xperia Z4」の噂もちらほらネット上で見かけられますが、現在の実質負担金額が安い時期に、「フラッグシップモデル」に機種変更してみました。
【キャリアについて】
今では、殆どの地域で、NTTドコモ・KDDIau・ソフトバンクの3社については、通話品質も同じような感じだと思うのです。
過去、仕事やレジャーで、郊外、山間部、観光地など、色んな場所で、KDDIau・ソフトバンクは圏外でも、NTTドコモなら圏内だった経験が多かったので、私は今後もNTTドコモを継続したいと思っています。携帯電話はやっぱり、いつでもどこでも、確実につながることが大切な品質です。
ただ、NTTドコモからソニー端末が発売されなかった時期には、KDDIauのW44S、W61Sを使っていた時期もありました。
もっと時代が進化して、好きな端末を好きな通信事業者で自由に使える時期が来てほしいと思います。
現時点では、「VoLTE(ボルテ)」「「Xi」対応周波数帯の中、2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHzに対応(700MHzはXperia非対応)」という観点で、NTTドコモを継続使用を決めました。)
「MVMO」ということも考えましたが、今回は、キャリア継続で新しい機種を使うことに決めました。
「VAIO」ブランドのスマートフォンが「MVMO」で販売された様子ですが、期待外れでした。
【デザイン】
大変満足しています。「docomoX」iのロゴが正面ではなく背面になった事がとても嬉しいです。
【携帯性】
Xperia Z SO-02Eに変更した当時は「大き過ぎる」イメージがありましたが、慣れると不満はありませんでした。
Xperia Z SO-02E → Xperia Z SO-01G 殆ど大きさは変わらず、不満はありません。
【ボタン操作】
アルミ素材の特徴的な電源キーが一つだけです。画面の操作も不満はありません。Xperia Z SO-02Eを愛用してくましたので、違和感はありません。
【文字変換】
ソニーソニーモバイルコミュニケーションズ独自の日本語・英語予測変換・入力アシスト機能「POBox Touch」。今までXperiaを愛用してきたので、変換に関して、特に問題や違和感は感じられません。
【レスポンス】
AndroidOS 4.4.4 快適で、スムーズに動作し、反応も早いです。
【メニュー】
相変わらず全く使わないプリインストールアプリがたくさんあるので、新しい端末の初期設定とお気に入りのアプリをインストールした後、直ちに、無用なアプリの無効化を行い、自分の使いやすい端末に今後は変えています。
もちろんUIはドコモではなくxperiaUIに変更しています。
アプリを「無効化」することで、裏で勝手に通信したりリソース消費を防ぐためことができるので、自分が使わないアプリ/サービスは無効化して更に快適な端末にしています。
【画面表示】
大変綺麗です。保護シートを張り付けるのが勿体ないので、表裏なにも付けていません。保護シートやケースの類は一切使っていません。
Xperia Z SO-02Eも同様でなにもつけませんでした。じっくりよく観察すれば解る様な微小の細かい傷は発生しましたが、綺麗でした。
【通話音質】
特に不満はありません。今回は、「VoLTE」で、更に音質が良くなるといいなと期待しています。
【呼出音・音楽】
呼出音は個人的に「着信メロディー」は嫌いでわざわざ追加する事はありません。Xperiaのプリインストールされた呼出音などセンスも良く満足です。
“WALKMAN”アプリケーション、通勤電車の中で音楽を存分に楽しんでいます。ハイレゾ対応との事ですので、対応ヘッドセットやイヤホンの準備ができれば、ハイレゾも体験してみたいと思案中です。
【バッテリー】
待ち受けの時は消耗は少ないと思いますが、やはり色々操作していると消費が早いと思います。
「STAMINAモード」Xperia独自の省電力機能。まだ活用していませんが、これから活用してみたいと期待している機能です。仕事中、スマートフォンに触れる機会のない時間帯に設定してみようと思います。
【総評】
Xperia Z SO-01G Xperia Z SO-02Eと同様に「本当にいいスマートフォン」だと思います。
ドコモ謹製アプリは詰め込まれているのでそこだけが不満です。アプリの無効化など工夫はしていますが、root化など特殊な事をしなくても、ユーザー自身で自由にアンインストール出来る様に改善を望みたいです。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「Xperia Z3 SO-01G docomo [Black]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Xperia Z3 SO-01G docomo [Black]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

Xperia Z3 SO-01G docomo [Black]
ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia Z3 SO-01G docomo [Black]

発売日:2014年10月23日

Xperia Z3 SO-01G docomo [Black]をお気に入り製品に追加する <309

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ViiBee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意