『ディーゼルはかなり良いですね。』 プジョー 308HB 2014年モデル 10年寝たろうさんのレビュー・評価

このページの先頭へ

『ディーゼルはかなり良いですね。』 10年寝たろうさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:434件
  • 累計支持数:8288人
  • ファン数:22人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
ディーゼルはかなり良いですね。

【エクステリア】
スタイルは最近のモデルでいうと208や2008などのように大胆かつスタイリッシュなものではなく、フランス車としては物足りない感じで、ゴルフのように良く言えばアクの少ない万人受けするデザインですが、かなり平凡な感じで個人的には退屈に感じてしまいます。

ライバルのゴルフと違い、308は全グレードフルLEDヘッドライト標準装備なので、外観上の新しいクルマらしさを演出するLEDポジションランプも全車標準装備です。

最近308をみかけるようになりましたが、このLEDポジションランプのおかげで地味な外観にかなり華をそえることに成功しています。このあたりが、LEDポジションランプも未装備で地味を極めるゴルフのコンフォートラインとの差異です。

【インテリア】
室内空間はそこそこ確保されていますが、頭上空間はタイトで特にリヤシートの頭上空間はミニマムで身長が175cmくらいの男性だと頭がつかえることもありそうです。同じプジョーの208と比べては広いですが、2008と比べると頭上空間が狭い感じです。

トランクルームはインプレッサやゴルフなどのライバルと比べてもトノカバー下で350L程度の十分な広さが確保されています。

インテリアも十分な質感を備え、左右独立エアコン温度調整機能、オーソドックスな二眼メーターもいい感じですし、シートの出来もなかなか、室内もよく遮音されて乗り心地もなかなかです。

ただし、エアコンの温度設定までタッチパネルに収めるのは使い勝手がかなり微妙です。

オーディオはラジオとCDにUSBオーディオが標準装備で、ナビ不要なら、イマドキの音楽を楽しむのに何もオプションは要りませんし、見た目にも大型タッチパネルディスプレイが標準装備なので、オーディオレスでナビを買わなけれは格好がつかない多くの国産車と比べると予算面でも有利です。

【エンジン性能】
エンジンパワーは1200の三気筒ターボで先代の1600の4気筒ターボと比較すると、トルク、馬力ともに多少控えめとなりますが、1200という割には、十分なトルク感があり、静粛性も十分でアイシン製という6速ATもシフトはスムーズで208シリーズのETGと違い違和感のない万人向きの快適なものです。

これが1.6Lのディーゼルとなるとさらにスムースかつ強大なトルクで、静粛性も高く、ガソリンターボよりもさらにスポーティなドライブを楽しめます。2.0Lは日本では要らないと感じます。


【走行性能】
走り始めてまず感じるのはボディ剛性の高さ。サスは無駄な動きをせずに足回りは柔らかめでもしっかりとコーナーで踏ん張り、思い通りのラインをトレースしてくれる気持ちの良いハンドリングは相変わらずのプジョーの良さがさらに進化した感じです

パドルシフトも全グレード標準で積極的に走りの楽しさをアップさせています。
体感的には軽量化やロスの少ないATの性能もあって先代の308よりむしろ少しパワフルにすら感じました。
動力性能は必要にして十分なもので、高速から一般道までストレスを感じさせることはなさそうです。

スポーツモードという、パワーモードがあり、メーターパネルが赤くなり、静粛性が高いので、合成音でエンジン音の高まりを表現する機能はお遊びではありますが、楽しい気分にさせてくれます。

【乗り心地】
固めでしっかりした足回りのため、乗り心地も良好です。

【燃費】
自動車雑誌とのコラボで燃費コンペをしたようですが、21km/lというカタログ燃費は軽く超えたようです。カタログ燃費をプジョーのモデルが超えるのは地方のドライブでは珍しいことではありません。

燃費計での記録のようですが、プジョーの燃費計つきモデルをニ車種を所有した経験上は満タン法と1km/l未満の誤差しかなく、かなり信用出来るので実燃費はかなり期待できそうです。

【価格】
ディーゼル1.6Lで約300万円です。
基本的にプジョーはVWやアウディのように姑息なオプション商法ななくフル装備なのでフロアマットにETC付ければ装備は十分です。
オプションのナビは使い勝手もイマイチらしいので、スマホで割り切ればなかなかのコスパです。

もちろん割安感のあるマツダアクセラの1.5ディーゼルにはコスパでは負けますが。

【総評】
この車は、これまでの307からのプラットフォームを一新した新世代のプジョーとしてかなり力の入ったモデルだと感じます。
発売時は割高感があった価格も競合車と比べて割安感さえ出てきました。ディーゼルは減税にも対応しています。

ゴルフは物凄いタタキ売り状態のようなので、プジョー308の方が購入価格は高くなるかもしれませんが、ランプ類もLED化されており、ナビやETCはオプションですが、ナビ無しモデルも普通に買えます。ナビ無しは日本に在庫が全く無いというVWあたりの姑息な価格設定もプジョーには存在しません。

総合的に考えたら、地味目なクルマ選びはゴルフから308にオススメは変わってしまったようです。
メーカーのイメージも良く、308はオススメのクルマですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった52人(再レビュー後:34人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3
とても良い車ですがライバル車と比べてしまうと......

スタイルは最近のモデルでいうと208や2008などのように大胆かつスタイリッシュなものではなく、フランス車としては物足りない感じで、ゴルフのように良く言えばアクの少ない万人受けするデザインですが、かなり平凡な感じで個人的には退屈に感じてしまいます。

室内空間はそこそこ確保されていますが、頭上空間はタイトで特にリヤシートの頭上空間はミニマムで身長が175cmくらいの男性だと頭が使えることもありそうです。同じプジョーの208と比べては広いですが、2008と比べると頭上空間が狭い感じです。トランクルームは十分な広さが確保されています。

インテリアも十分な質感を備え、左右独立エアコン温度調整機能あったり、オーソドックスな二眼メーターもいい感じですし、シートの出来もなかなか、室内もよく遮音されて乗り心地もなかなかです。
残念なのは基本グレードのプレミアムではエアコンがなんとマニュアルであること。今時のCセグメントカーで280万を超える車がマニュアルエアコンとは正直驚きます。ちなみに208はプレミアムで左右独立温度設定可能なオートエアコンです。

走り始めてまず感じるのはボディ剛性の高さ。サスは無駄な動きをせずに足回りは柔らかめでもしっかりとコーナーでは踏ん張り、思い通りのラインをトレースしてくれる気持ちの良いハンドリングは相変わらずのプジョーの良さがさらに進化した感じです。

エンジンパワーは1200の三気筒ターボで先代の1600の4気筒ターボと比較すると、トルク、馬力ともに多少控えめとなりますが、1200という割には、十分なトルク感があり、静粛性も十分でアイシン製という6速ATもシフトはスムーズで208シリーズのETGと違い違和感のない快適なものです。
パドルシフトも全グレード標準で積極的に走りの楽しさをアップさせています。
体感的には軽量化やロスの少ないATの性能もあって先代の308よりむしろ少しパワフルにすら感じました。
動力性能は必要にして十分なもので、高速から一般道までストレスを感じさせることはなさそうです。

この車は、これまでの307からのプラットフォームを一新した新世代のプジョーとしてかなり力の入ったモデルだと感じます。しかし残念なことに例えばライバル車のゴルフ7やルノーメガーヌなどと比較して明らかに割高な価格は、特にゴルフ7との競合では車両価格で負け、減税でさらに負けるというダブルパンチです。なかなか難しいとは感じますが、価格設定の見直しや基本グレードの商品力アップをしていかないと、シトロエンDSシリーズのように独自の世界を持たないクルマだけに現在の価格では大幅値引きでもしない限り一定のプジョーファン以外の人々への拡販は厳しいと感じました。

一時見かけたテレビCMもいいですが、そんなところにお金を投入せずに、本当に良いクルマだけに価格設定と装備はなんとかしてほしいものです。

2016.3.8追記

現在のグレード展開で、当初存在していたpremiumグレードは消滅してallureグレードがベースになり価格は279万からと実質値下げされました。 もちろん左右独立式の温度調整可能なオートエアコン装備となり、LEDヘッドライトも標準です。価格もふくめて競合車と比べてやっと遜色ない内容になりました。

レビュー対象車
試乗

参考になった12

満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3
とても良い車ですがライバル車と比べてしまうと......

スタイルは最近のモデルでいうと208や2008などのように大胆かつスタイリッシュなものではなく、フランス車としては物足りない感じで、ゴルフのように良く言えばアクの少ない万人受けするデザインですが、かなり平凡な感じで個人的には退屈に感じてしまいます。

室内空間はそこそこ確保されていますが、頭上空間はタイトで特にリヤシートの頭上空間はミニマムで身長が175cmくらいの男性だと頭が使えることもありそうです。同じプジョーの208と比べては広いですが、2008と比べると頭上空間が狭い感じです。トランクルームは十分な広さが確保されています。

インテリアも十分な質感を備え、左右独立エアコン温度調整機能あったり、オーソドックスな二眼メーターもいい感じですし、シートの出来もなかなか、室内もよく遮音されて乗り心地もなかなかです。
残念なのは基本グレードのプレミアムではエアコンがなんとマニュアルであること。今時のCセグメントカーで280万を超える車がマニュアルエアコンとは正直驚きます。ちなみに208はプレミアムで左右独立温度設定可能なオートエアコンです。

走り始めてまず感じるのはボディ剛性の高さ。サスは無駄な動きをせずに足回りは柔らかめでもしっかりとコーナーでは踏ん張り、思い通りのラインをトレースしてくれる気持ちの良いハンドリングは相変わらずのプジョーの良さがさらに進化した感じです。

エンジンパワーは1200の三気筒ターボで先代の1600の4気筒ターボと比較すると、トルク、馬力ともに多少控えめとなりますが、1200という割には、十分なトルク感があり、静粛性も十分でアイシン製という6速ATもシフトはスムーズで208シリーズのETGと違い違和感のない快適なものです。
パドルシフトも全グレード標準で積極的に走りの楽しさをアップさせています。
体感的には軽量化やロスの少ないATの性能もあって先代の308よりむしろ少しパワフルにすら感じました。
動力性能は必要にして十分なもので、高速から一般道までストレスを感じさせることはなさそうです。

この車は、これまでの307からのプラットフォームを一新した新世代のプジョーとしてかなり力の入ったモデルだと感じます。しかし残念なことに例えばライバル車のゴルフ7やルノーメガーヌなどと比較して明らかに割高な価格は、特にゴルフ7との競合では車両価格で負け、減税でさらに負けるというダブルパンチです。なかなか難しいとは感じますが、価格設定の見直しや基本グレードの商品力アップをしていかないと、シトロエンDSシリーズのように独自の世界を持たないクルマだけに現在の価格では大幅値引きでもしない限り一定のプジョーファン以外の人々への拡販は厳しいと感じました。

一時見かけたテレビCMもいいですが、そんなところにお金を投入せずに、本当に良いクルマだけに価格設定と装備はなんとかしてほしいものです。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「308HB 2014年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
しばらく乗り回した感想  5 2019年4月12日 16:08
購入して300qの感想です。  4 2019年2月23日 17:09
契約してしまいそう。  5 2019年2月23日 15:36
収納などに難ありですが、総合的には大満足です。  5 2019年1月30日 21:17
あえての左MT 初プジョ−  5 2018年11月24日 00:49
追記です。  3 2018年9月15日 07:28
25,000Kmほど乗った感想  5 2018年9月13日 15:55
オーソドックスで品がある  5 2018年8月11日 15:13
購入後半年経ったので。  5 2018年1月31日 17:07
さすがプジョーのディーゼルエンジン!  5 2017年12月10日 20:41

308HB 2014年モデルのレビューを見る(レビュアー数:28人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

308HB
プジョー

308HB

新車価格帯:283〜359万円

中古車価格帯:99〜409万円

308HB 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <70

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意