『条件付き★★★★★』 SONY MDR-Z7 Bigshooterさんのレビュー・評価

MDR-Z7 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜100kHz ハイレゾ:○ MDR-Z7のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MDR-Z7の価格比較
  • MDR-Z7の店頭購入
  • MDR-Z7のスペック・仕様
  • MDR-Z7のレビュー
  • MDR-Z7のクチコミ
  • MDR-Z7の画像・動画
  • MDR-Z7のピックアップリスト
  • MDR-Z7のオークション

MDR-Z7SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年10月18日

  • MDR-Z7の価格比較
  • MDR-Z7の店頭購入
  • MDR-Z7のスペック・仕様
  • MDR-Z7のレビュー
  • MDR-Z7のクチコミ
  • MDR-Z7の画像・動画
  • MDR-Z7のピックアップリスト
  • MDR-Z7のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-Z7のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:179件
  • 累計支持数:593人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
4件
128件
イヤホン・ヘッドホン
28件
91件
その他オーディオ機器
6件
16件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性無評価
条件付き★★★★★
   

   

まず前提条件としてデフォルトの状態の評価としては
★×3.5から良くても★×4くらいで色々不満があって
使うことも少なかったが、オクに出す前にZ7MkUの
イヤーパットにリプレースしたところ個人的には
★×5+αでメイン機になっている。
詳細については
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000698868/SortID=22987688/?lid=myp_notice_comm#23017282

レビューについてはイヤパットをリプレースした後の
ものになりますのでご注意下さい。

再生環境についてはPC→NF→UD-505(BTL)→Z7

【高音域】
強調感がなくどこまでもフラットに伸びる高音という
感じでサウンドステージが広い。
特にギターの再現性が秀逸!
ギターのハーモニクスは生音に近くリアル。
エレキギターも良く啼いており情感表現も絶妙。
マイケルシェンカーやゲーリームーアなんか聴くと
最高!JEFF BECKの「哀しみの恋人たち」は今まで
聴いたことのないくらいエモーショナル!

【中音域】
Z7MKUとの比較で言うと適度な緩さ・甘さがあり、
70-80年代のロック・HMや古い音源のJAZZを聴いて
も音がFATで疲れない。
Z7MKUはマグネットが大型化しているのでインピは
低く設定されているが、制動が効いているいるので
駆動力のあるヘッドフォンアンプでないと中音〜低音
がかなりソリッドな再現となり、音源が良くないと
つまらない出音となる。
これもエレキギターの微妙な表現が素晴らしく、
マイケルシェンカーのクライベイビーの踏込みの
浅深によるトーンエフェクトを完璧に再現できる
数少ないヘッドフォンの1つだと感じた。
エレキギターの再現性に着目する評論家は
ほとんどいないが、JEFF BECKやマイケルシェンカー
の微妙なトーンをパーフェクトに再現できてると
思えるヘッドフォンて実はあまりないかもしれない・・・
ボーカルよりもギターの方が音域が広いので中音域
の再現性や高音域への繋がりが悪いとすごく気持ち
悪いので楽器をやっている人間には聴いていて苦痛
に感じると思う。
ボーカルは案外人間の声として聴きなれているので
楽器と比べて脳内補正しやすいのではないだろうか・・・

【低音域】
ドラムという視点からみると金額を考慮に入れても
これ以上のヘッドフォンはみたことがない。
バスドラからタム、スネア、ハイハット、シンバル
の繋がりが驚異的にスムーズでドラムセットが目の前
に見えるようだ。
コージ・パウエル 「TILT」
マイケルシェンカー 「神」ドラムス:サイモン・フィリプス
オジー・オズボーン 「DIARLY OF A MAD MAN」
ドラムス:トミー・アルドリッジなんか聴いてみると
バスドラのキック感がもう快感以外の何物でもない。
ASIA 「ASIA」(SHM-CD)はクソリマスターで有名だ
がこれで聴くとカール・パーマーのパワーが蘇る。
MkUだと★★
ベースもブーミーになることなく音階が掴まえ
やすく、ドラムとしっかり分離して再現される。

【フィット感】
デフォルトのイヤパットだと★★だがMKUのイヤパット
の場合は★★★★★
但しMKUのイヤパットはデフォルトのイヤパットと
比べて内部空間が広いので耳の小さい人はポジショニングに
よって音がかなり変わってくるので要注意!

【外音遮断性・音漏れ】
については一般的な密閉型よりもやや劣る。

【満足度】
古い音源のJAZZや70-80年代のロックを聴くので
あれば唯一無二のヘッドフォン。
ハイパワーのアンプがあって音源が高音質であったり
コンプフルなマスタリングの音源であれば
MkUかZ1という感じかな・・・

かなりマニアックなレビューで失礼!









主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性無評価
条件付き★★★★★
   

   

まず前提条件としてデフォルトの状態の評価としては
★×3.5から良くても★×4くらいで色々不満があって
使うことも少なかったが、オクに出す前にZ7MkUの
イヤーパットにリプレースしたところ個人的には
★×5+αでメイン機になっている。
詳細については
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000698868/SortID=22987688/?lid=myp_notice_comm#23017282

レビューについてはイヤパットをリプレースした後の
ものになりますのでご注意下さい。

再生環境についてはPC→NF→UD-505(BTL)→Z7

【高音域】
強調感がなくどこまでもフラットに伸びる高音という感じ
でサウンドステージが広い。
特にギターの再現性が秀逸!
ギターのハーモニクスは生音に近くリアル。
エレキギターも良く啼いており情感表現も絶妙。
マイケルシェンカーやゲーリームーアなんか聴くと
最高!JEFF BECKの「哀しみの恋人たち」は今まで
聴いたことのないくらいエモーショナル!

【中音域】
Z7MKUとの比較で言うと適度な緩さ・甘さがあり、
70-80年代のロック・HMや古い音源のJAZZを聴いても
音がFATで疲れない。
Z7MKUはマグネットが大型化しているのでインピは
低く設定されているが、制動が効いているいるので
駆動力のあるヘッドフォンアンプでないと中音〜低音
がかなりソリッドな再現となり、音源が良くないと
つまらない出音となる。
これもエレキギターの微妙な表現が素晴らしく、
マイケルシェンカーのクライベイビーの踏込みの
浅深によるトーンエフェクトを完璧に再現できる
数少ないヘッドフォンの1つだと感じた。
エレキギターの再現性に着目する評論家は
ほとんどいないが、JEFF BECKやマイケルシェンカー
の微妙なトーンをパーフェクトに再現できてると
思えるヘッドフォンて実はあまりないかもしれない・・・
ボーカルよりもギターの方が音域が広いので中音域
の再現性や高音域への繋がりが悪いとすごく気持ち
悪いので楽器をやっている人間には聴いていて苦痛
に感じるのだと思う。
ボーカルは案外人間の声として聴きなれているので
脳内補正できてしまうのではないだろうか・・・

【低音域】
ドラムという視点からみると金額を考慮に入れても
これ以上のヘッドフォンはみたことがない。
バスドラからタム、スネア、ハイハット、シンバルまで
の繋がりが驚異的にスムーズでドラムセットが目の前
に見えるようだ。
コージ・パウエル 「TILT」
マイケルシェンカー 「神」ドラムス:サイモン・フィリプス
オジー・オズボーン 「DIARLY OF A MAD MAN」
ドラムス:トミー・アルドリッジなんか聴いてみると
バスドラのキック感がもう快感以外の何物でもない。
ASIA 「ASIA」(SHM-CD)はクソリマスターで有名だが
これで聴くとカール・パーマーのパワーが蘇る。
MkUだと★★
ベースもブーミーになることなく音階が掴まえやすく、
ドラムとしっかり分離して再現される。

【フィット感】
デフォルトのイヤパットだと★★だがMKUのイヤパット
の場合は★★★★★
但しMKUのイヤパットはデフォルトのイヤパットと比べて
内部空間が広いので耳の小さい人はポジショニングに
よって音がかなり変わってくるので要注意!

【外音遮断性・音漏れ】
については一般的な密閉型よりもやや劣る。

【満足度】
古い音源のJAZZや70-80年代のロックを聴くので
あれば唯一無二のヘッドフォン。
ハイパワーのアンプがあって音源が高音質であったり
コンプフルなマスタリングの音源であれば
MkUかZ1という感じかな・・・









主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「MDR-Z7」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-Z7のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MDR-Z7
SONY

MDR-Z7

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年10月18日

MDR-Z7をお気に入り製品に追加する <528

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意