『置きピンいらずの鉄道写真機』 CANON EOS 7D Mark II ボディ 岸町3丁目さんのレビュー・評価

2014年10月30日 発売

EOS 7D Mark II ボディ

  • 最高約10コマ/秒の高速連写や、最大65点クロス測距が可能なAF性能を搭載した、ハイアマチュア向けデジタル一眼カメラ。
  • APS-Cサイズの約2020万画素CMOSセンサーや映像エンジンを2基採用した「デュアル DIGIC 6」で、常用ISO感度最高16000を実現。
  • 動きの速い被写体でも残像感を抑え、よりなめらかな動画撮影が可能なフルハイビジョン60p動画を実現したほか、MP4形式にも対応。
EOS 7D Mark II ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥60,800 (51製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ : 一眼レフ 画素数:2090万画素(総画素)/2020万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/22.4mm×15mm/CMOS 重量:820g EOS 7D Mark II ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品において、PTP通信とファームウエアアップデートに関する脆弱性が発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • EOS 7D Mark II ボディの価格比較
  • EOS 7D Mark II ボディの中古価格比較
  • EOS 7D Mark II ボディの買取価格
  • EOS 7D Mark II ボディの店頭購入
  • EOS 7D Mark II ボディのスペック・仕様
  • EOS 7D Mark II ボディの純正オプション
  • EOS 7D Mark II ボディのレビュー
  • EOS 7D Mark II ボディのクチコミ
  • EOS 7D Mark II ボディの画像・動画
  • EOS 7D Mark II ボディのピックアップリスト
  • EOS 7D Mark II ボディのオークション

EOS 7D Mark II ボディCANON

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年10月30日

  • EOS 7D Mark II ボディの価格比較
  • EOS 7D Mark II ボディの中古価格比較
  • EOS 7D Mark II ボディの買取価格
  • EOS 7D Mark II ボディの店頭購入
  • EOS 7D Mark II ボディのスペック・仕様
  • EOS 7D Mark II ボディの純正オプション
  • EOS 7D Mark II ボディのレビュー
  • EOS 7D Mark II ボディのクチコミ
  • EOS 7D Mark II ボディの画像・動画
  • EOS 7D Mark II ボディのピックアップリスト
  • EOS 7D Mark II ボディのオークション

『置きピンいらずの鉄道写真機』 岸町3丁目さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS 7D Mark II ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
8件
レンズ
1件
8件
自動車(本体)
0件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー3
携帯性3
機能性5
液晶4
ホールド感5
置きピンいらずの鉄道写真機
当機種65点の測距点が構図の自由度を高めてくれます(C-PL使用)
当機種レンズ:24−105F4l
当機種レンズ:300F4L

65点の測距点が構図の自由度を高めてくれます(C-PL使用)

レンズ:24−105F4l

レンズ:300F4L

当機種レンズ:100−400LT型
当機種レンズ:70−300U型
当機種高感度

レンズ:100−400LT型

レンズ:70−300U型

高感度

【デザイン】
60D、6D、70Dとプラ筐体のボディ(6Dは半プラ半マグ)を使ってきて、マグボディに拘りはありませんでしたが、やはり金属の質感は良いですね。その分重いですが、金属ボディの質感が撮影意欲を掻き立ててくれます。

【画質】
画像の立体感、ボケは35o判には及びませんが、画質は必要十分と個人的には感じています。数世代前の60Dから比べれば高感度画質もだいぶ向上したと思います(発売から4年経過した6Dの高感度性能には及ばないのも事実ですが)。

【操作性】
二桁D機から比べると操作ボタンが増え、最初は戸惑うことも多いですが、AFフレーム切替やAFポイント移動等の操作性は素晴らしいです。設定変更のスピーディさはこの機種の動体撮影に対するアドバンテージの高さに繋がっています。7D2の操作性に慣れてしまうと下位機種の操作性がかったるくなります。
今までWI-FI付きの機種を使用してきたので、WI-FI未搭載は残念ですが、現状はデュアルスロットに東芝FLASHAIRのSDカードを差して運用しています(純正のWI-FIアダプターも出ましたが、デュアルスロットがそれで埋まってしまうのはもったいなくて…)

【バッテリー】
今まで使用してきた二桁D機や6Dに比べると、各段にバッテリー消費が激しいようです。予備バッテリーなしでは不安が残ります。

【携帯性】
中級デジタル一眼レフに携帯性は求めていませんので気にはなりませんが、それなりに大きいし嵩張ります。携帯性とは違いますが、100-400クラスの1.5キロ超のレンズと組み合わせると手持ちでは一脚が欲しくなります。

【機能性】
この機種の一番のミソはAFカスタム設定と思っています。被写体によって設定を追い込むことで、この機種の本領が発揮されると思います。逆を言えば、汎用的に使うにはAFシステムはピーキーなところがあります。設定が合わないとAFの喰い付きが悪かったり、ピンが来た画像、ピンが外れた画像が交互に来るようなこともあり得ます。
10コマ/秒の連写速度は動体撮影には大きな武器ですが、三脚使用しての望遠撮影ではミラーショック影響によるブレが如実に出ることがあります。三脚使用時は特に気を付けた方が良いでしょう。

【液晶】
必要十分ですが、フィールドでチェックしたのと、PCに取り込んだあとではギャップがあることはままあります。

【ホールド感】
筐体がある程度大きいので程よいホールド感と思います。

【総評】
三脚に据えて鉄道の編成写真を撮ることが多く、今までは基本は置きピン主体でやってきましたが、置きピンの場合は立ち位置を決め、構図を定め、ピン合わせするのに結構時間を喰います。時間に余裕をもって撮影に臨めれば問題ありませんが、列車の通過まで時間が無かったりだとか、置きピンの目安となる目印がなかったり、そもそも運行本数が少なく練習電が来ないという場合などのシチュエーションの場合、7D2のAFの信頼性は本当に素晴らしいです(100%とは言いませんが)。きちんと撮影場面にあったカスタム設定とフレーム選択を組み合せることで、7D2は心強い撮影パートナーと成り得る機材です。今現在、10万円代前半で購入できる機種として、この機能性は買いと思います。下位機種でも発売が新しい方が画質向上が期待できるとの意見もありますが、1世代違い程度の差であれば、私なら全般的な信頼性から7D2を選びます。以上、非常に完成度の高い機種ですが満足度は次機種への期待を込めて4といたします。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
その他

参考になった13人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー3
携帯性3
機能性5
液晶4
ホールド感5
置きピンいらずの鉄道写真機
当機種65点の測距点により、構図の自由度が高まります(C-PL使用)
当機種高感度
当機種ナノUSM搭載の新70-300U型との愛称も良い

65点の測距点により、構図の自由度が高まります(C-PL使用)

高感度

ナノUSM搭載の新70-300U型との愛称も良い

【デザイン】
60D、6D、70Dとプラ筐体のボディ(6Dは半プラ半マグ)を使ってきて、マグボディに拘りはありませんでしたが、やはり金属の質感は良いですね。その分重いですが、金属ボディの質感が撮影意欲を掻き立ててくる効果があります。

【画質】
画像の立体感、ボケは35o判には及びませんが、画質は必要十分と個人的には感じています。数世代前の60Dから比べれば高感度画質もだいぶ向上したと思います(発売から4年経過した6Dの高感度性能には及ばないのも事実ですが)。

【操作性】
二桁D機から比べると操作ボタンが増え、最初は戸惑うことも多いですが、AFフレーム切替やAFポイント移動等の操作性は素晴らしいです。設定変更のスピーディさはこの機種の動体撮影に対するアドバンテージの高さに繋がっています。7D2の操作性を覚えてしまうと下位機種の操作性がかったるくなります。
今までWI-FI付きの機種を使用してきたので、WI-FI未搭載は残念ですが、現状はデュアルスロットに東芝FLASHAIRのSDを差して運用しています(純正のWI-FIアダプターも出ましたが、デュアルスロットがそれで埋まってしまうのはもったいなくて…)

【バッテリー】
今まで使用してきた二桁D機や6Dに比べると、各段にバッテリー消費が激しい体感です。予備バッテリーなしでは不安が残ります。

【携帯性】
中級デジタル一眼レフに携帯性は求めていませんので気にはなりませんが、それなりに大きいし嵩張ります。携帯性とは違いますが、100-400クラスの1.5キロ超のレンズと組み合わせると手持ちでは一脚が欲しくなります。

【機能性】
この機種の一番のミソはAFカスタム設定と思っています。被写体によって設定を追い込むことで、この機種の本領が発揮されると思います。逆を言えば、汎用的に使うにはAFシステムはピーキーなところがあります。設定が合わないとAFの喰い付きが悪かったり、ピンが来た画像、ピンが外れた画像が交互に来るようなこともあり得ます。
10コマ/秒の連写速度は動体撮影には大きな武器ですが、三脚使用しての望遠撮影ではミラーショック影響によるブレが如実に出ることがあります。三脚使用時は特に気を付けた方が良いでしょう。

【液晶】
必要十分ですが、フィールドでチェックしたのと、PCに取り込んだあとではギャップがあることはままあります。

【ホールド感】
筐体がある程度大きいのでホールド感は悪くありません。

【総評】
三脚に据えて鉄道の編成写真を撮ることが多く、今までは基本は置きピン主体でやってきましたが、置きピンの場合は立ち位置を決め、構図を定め、ピン合わせするのに結構時間を喰います。時間に余裕をもって撮影に臨めれば問題ありませんが、列車の通過まで時間が無かったりだとか、置きピンの目安となる目印がなかったり、そもそも運行本数が少なく練習電が来ないという場合などのシチュエーションの場合、7D2のAFの信頼性は本当に素晴らしいです(100%とは言えませんが)。きちんと撮影場面にあったカスタム設定とフレーム選択を組み合せることで、7D2は貴方にとって心強い撮影パートナーと成り得る機材です。今現在、10万円代前半で購入できる機種として、この機能性は買いです。発売が新しい機種の方が画質向上が期待できるとの意見もありますが、正直全体的な信頼性の面では1世代違い程度の差であれば、私なら7D2を選びます。以上、非常に完成度の高い機種ですが満足度は次機種への期待を込めて4といたします。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
その他

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「EOS 7D Mark II ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS 7D Mark II ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

EOS 7D Mark II ボディ
CANON

EOS 7D Mark II ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年10月30日

EOS 7D Mark II ボディをお気に入り製品に追加する <3020

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

viibee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意