『コスパ最強のフルサイズ光学ファインダー機』 ニコン D750 24-120 VR レンズキット ジェームスヤマサキさんのレビュー・評価

2014年10月16日 発売

D750 24-120 VR レンズキット

  • 約2432万画素ニコンFXフォーマットCMOSセンサーや画像処理エンジン「EXPEED 4」を搭載した、ハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ。
  • ニコンFXフォーマットモデルとして初めてチルト式液晶モニターを装備。上向き最大約90度から下向き最大約75度までの広範囲を自由に調整できる。
  • 標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」が付属。
D750 24-120 VR レンズキット 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥175,566

(前週比:-434円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥177,760

WiNK PREMIUM

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥104,500 (6製品)


価格帯:¥175,566〜¥198,000 (22店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥175,566 〜 ¥176,000 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : 一眼レフ 画素数:2493万画素(総画素)/2432万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:750g D750 24-120 VR レンズキットのスペック・仕様

【付属レンズ内容】AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、シャッターが正常に動作せず、撮影画像の一部にケラレが生じる場合があることが判りました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

  • D750 24-120 VR レンズキットの価格比較
  • D750 24-120 VR レンズキットの中古価格比較
  • D750 24-120 VR レンズキットの買取価格
  • D750 24-120 VR レンズキットの店頭購入
  • D750 24-120 VR レンズキットのスペック・仕様
  • D750 24-120 VR レンズキットの純正オプション
  • D750 24-120 VR レンズキットのレビュー
  • D750 24-120 VR レンズキットのクチコミ
  • D750 24-120 VR レンズキットの画像・動画
  • D750 24-120 VR レンズキットのピックアップリスト
  • D750 24-120 VR レンズキットのオークション

D750 24-120 VR レンズキットニコン

最安価格(税込):¥175,566 (前週比:-434円↓) 発売日:2014年10月16日

  • D750 24-120 VR レンズキットの価格比較
  • D750 24-120 VR レンズキットの中古価格比較
  • D750 24-120 VR レンズキットの買取価格
  • D750 24-120 VR レンズキットの店頭購入
  • D750 24-120 VR レンズキットのスペック・仕様
  • D750 24-120 VR レンズキットの純正オプション
  • D750 24-120 VR レンズキットのレビュー
  • D750 24-120 VR レンズキットのクチコミ
  • D750 24-120 VR レンズキットの画像・動画
  • D750 24-120 VR レンズキットのピックアップリスト
  • D750 24-120 VR レンズキットのオークション

『コスパ最強のフルサイズ光学ファインダー機』 ジェームスヤマサキさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

D750 24-120 VR レンズキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
2件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
コスパ最強のフルサイズ光学ファインダー機
当機種120mm 1/640 F4
当機種120mm 1/250 F4
当機種95mm 1/640 F11

120mm 1/640 F4

120mm 1/250 F4

95mm 1/640 F11

■追加レビュー
24-120ズームは 投稿画像のような 薔薇、花菖蒲、新緑など 規制柵その他によって撮影距離が制限される被写体では 使い勝手が良い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下、前回レビュー

D780発売後に あえてD750キットを購入した。D7200とD5300を常用してきたが、趣味の幅を広げるためにフルサイズ機を加えることにした。
ニコン、キヤノン、SONY、パナ 4社の ミラーレスを含めた ほぼ全ての現行実機を店頭で幾度となく手にとり十分に検討したうえで選択したのが このキットだ。
コスパに触れる。2020年5月に新品購入した価格は¥156,800(クレカ5%還元で実質¥149,000)
同時期の単体価格は ボディ¥115,000、レンズ ¥125,000 で、単体で購入した場合の合計は¥240,000となり、 レンズキットとの価格差は¥80,000 にも及ぶ。
さまざまな角度から費用対効果を考慮すると このレンズキットは「コスパ最強のフルサイズ光学ファインダー機」であると断言できる。
【デザイン】
ニコンらしさを かもし出した 好感デザインだ。
D6や D850、D780のペンタ部のように内蔵フラッシュレスのスッキリしたフォルムも精悍で堅牢そうだが、同じ内蔵フラッシュレスのD5やD500と同様のデザインのD750も好きだ。
ミラーレス機にも ほれぼれするようなフォルムのカメラがあるが、D750のような「いかにも一眼」という たたずまいが とにかく好きだ。
【画質】
さすがのフルサイズ。
デジカメの技術が成熟しつつある昨今では 必ずしも 高画素=高画質 ではないと承知している。
今や 4,000万超や6,000万超の有効画素数を誇るカメラも少なくないが、私が初めて所有した デジタル版一眼はキヤノン10D。その有効画素数は630万だった。当時の認識は まさに画素数の多さに比例して画質も高まるというものだった。技術は進歩したが 画質と画素数のバランスは一定程度の結論に至ったかのように感じる。
D5/D6/EOS-1DMarkU/EOS-1DMarkV はフラッグシップモデルながら有効画素数は2,100万未満であることを考えれば D750の2,400万画素は 最適画質に貢献すると言える。
【操作性】
欲を言えばタッチパネルが欲しいところだが、使い慣れた D7200と同様の操作性に全く不満はなく 使いやすい。
【バッテリー】
既に使用中のD7200と同様のスタミナなので通常撮影で困ることはない。
【携帯性】
このレンズキットの総質量1,600gは躊躇せずに持ち出せるレベルだ。
前述した通り 4メーカーのほぼすべての現行実機を店頭で手に取ってみたことにより カタログデータでは直感できない携帯性を体感できた。
ちなみに 1Kg超えのボディに1Kg超えの28-70 F2.8 クラスのレンズをセットすると ウエイトトレーニング状態になってしまうため、撮影には相当の体力と覚悟が必要だと感じた。
【機能性】
欲を言えば1/8000のSSが欲しいところだが 1/4000が大きなビハインドになることはない。
CH 6.5コマ/秒に関しては 店頭で 8コマ/秒や10コマ/秒などの小気味良いシャッターサウンドの機種に うっとりすることもあるが、通常撮影ではCHモードにすることが以外と少ないことを考えれば 6.5コマで十分だ。
デザインの項で触れた内蔵フラッシュ。ピーカン逆光での人物撮影の際、レフ板代わりに使って助けられたことが度々あった。外付けのスピードライトは所有してるが、内蔵フラッシュは いざという時に重宝する有り難い機能だ。
私にとってWi-Fi機能は必須だ。撮影後の画像を紙ベースにもするが、スマホに転送して 写真共有アプリで 息子夫婦や娘夫婦達と共有するのが日常的だからだ。
【液晶】
3.2型、122万ドットは カタログスペック通りの見やすさだ。
視野率100%のチルトは滅多に使うことはない。30年以上 当たり前のようにファインダー撮影してきたせいか ややレスポンスに欠ける印象のライブビュー撮影は いまだに食わず嫌いのままだ。
【ホールド感】
これは特筆できる。D7200同様にグリップのエッジに「返し」のような指掛かりがあるのだが、D7200よりも更にグリップ性を高めるためなのだろうか、バッテリーの挿入方向を90°変化させた設計上の工夫には感嘆する。 ほんとうに安心してホールドできるグリップだ。
【総評】
D750が故障でもしない限り 目下のところ他のボディを購入するつもりは全くないくらい気に入っている。


レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった12人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
コスパ最強のフルサイズ光学ファインダー機
機種不明120mm  F4.5  1/1000  ISO250
機種不明120mm  F4  1/500  ISO200
 

120mm F4.5 1/1000 ISO250

120mm F4 1/500 ISO200

 

D780発売後に あえてD750キットを購入した。D7200とD5300を常用してきたが、趣味の幅を広げるためにフルサイズ機を加えることにした。
ニコン、キヤノン、SONY、パナ 4社の ミラーレスを含めた ほぼ全ての現行実機を店頭で幾度となく手にとり十分に検討したうえで選択したのが このキットだ。
コスパに触れる。2020年5月に新品購入した価格は¥156,800(クレカ5%還元で実質¥149,000)
同時期の単体価格は ボディ¥115,000、レンズ ¥125,000 で、単体で購入した場合の合計は¥240,000となり、 レンズキットとの価格差は¥80,000 にも及ぶ。
さまざまな角度から費用対効果を考慮すると このレンズキットは「コスパ最強のフルサイズ光学ファインダー機」であると断言できる。
【デザイン】
ニコンらしさを かもし出した 好感デザインだ。
D6や D850、D780のペンタ部のように内蔵フラッシュレスのスッキリしたフォルムも精悍で堅牢そうだが、同じ内蔵フラッシュレスのD5やD500と同様のデザインのD750も好きだ。
ミラーレス機にも ほれぼれするようなフォルムのカメラがあるが、D750のような「いかにも一眼」という たたずまいが とにかく好きだ。
【画質】
さすがのフルサイズ。
デジカメの技術が成熟しつつある昨今では 必ずしも 高画素=高画質 ではないと承知している。
今や 4,000万超や6,000万超の有効画素数を誇るカメラも少なくないが、私が初めて所有した デジタル版一眼はキヤノン10D。その有効画素数は630万だった。当時の認識は まさに画素数の多さに比例して画質も高まるというものだった。技術は進歩したが 画質と画素数のバランスは一定程度の結論に至ったかのように感じる。
D5/D6/EOS-1DMarkU/EOS-1DMarkV はフラッグシップモデルながら有効画素数は2,100万未満であることを考えれば D750の2,400万画素は 最適画質に貢献すると言える。
【操作性】
欲を言えばタッチパネルが欲しいところだが、使い慣れた D7200と同様の操作性に全く不満はなく 使いやすい。
【バッテリー】
既に使用中のD7200と同様のスタミナなので通常撮影で困ることはない。
【携帯性】
このレンズキットの総質量1,600gは躊躇せずに持ち出せるレベルだ。
前述した通り 4メーカーのほぼすべての現行実機を店頭で手に取ってみたことにより カタログデータでは直感できない携帯性を体感できた。
ちなみに 1Kg超えのボディに1Kg超えの28-70 F2.8 クラスのレンズをセットすると ウエイトトレーニング状態になってしまうため、撮影には相当の体力と覚悟が必要だと感じた。
【機能性】
欲を言えば1/8000のSSが欲しいところだが 1/4000が大きなビハインドになることはない。
CH 6.5コマ/秒に関しては 店頭で 8コマ/秒や10コマ/秒などの小気味良いシャッターサウンドの機種に うっとりすることもあるが、通常撮影ではCHモードにすることが以外と少ないことを考えれば 6.5コマで十分だ。
デザインの項で触れた内蔵フラッシュ。ピーカン逆光での人物撮影の際、レフ板代わりに使って助けられたことが度々あった。外付けのスピードライトは所有してるが、内蔵フラッシュは いざという時に重宝する有り難い機能だ。
私にとってWi-Fi機能は必須だ。撮影後の画像を紙ベースにもするが、スマホに転送して 写真共有アプリで 息子夫婦や娘夫婦達と共有するのが日常的だからだ。
【液晶】
3.2型、122万ドットは カタログスペック通りの見やすさだ。
視野率100%のチルトは滅多に使うことはない。30年以上 当たり前のようにファインダー撮影してきたせいか ややレスポンスに欠ける印象のライブビュー撮影は いまだに食わず嫌いのままだ。
【ホールド感】
これは特筆できる。D7200同様にグリップのエッジに「返し」のような指掛かりがあるのだが、D7200よりも更にグリップ性を高めるためなのだろうか、バッテリーの挿入方向を90°変化させた設計上の工夫には感嘆する。 ほんとうに安心してホールドできるグリップだ。
【総評】
D750が故障でもしない限り 目下のところ他のボディを購入するつもりは全くないくらい気に入っている。

【追加レビュー】
散歩道の傍らに咲いていたアジサイ。
描写力に不満は感じない。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった2

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
コスパ最強のフルサイズ光学ファインダー機
機種不明左から D5300+70-300 → D7200+タムキュー → D750+24-120
機種不明このセットは 視覚・質量 ともにバランスが良い
機種不明左 D750   右 D7200   電池室配置の90°の違いがD750の「安心できるグリップ」に貢献

左から D5300+70-300 → D7200+タムキュー → D750+24-120

このセットは 視覚・質量 ともにバランスが良い

左 D750 右 D7200 電池室配置の90°の違いがD750の「安心できるグリップ」に貢献

D780発売後に あえてD750キットを購入した。D7200とD5300を常用してきたが、趣味の幅を広げるためにフルサイズ機を加えることにした。
ニコン、キヤノン、SONY、パナ 4社の ミラーレスを含めた ほぼ全ての現行実機を店頭で幾度となく手にとり十分に検討したうえで選択したのが このキットだ。
コスパに触れる。2020年5月に新品購入した価格は¥156,800(クレカ5%還元で実質¥149,000)
同時期の単体価格は ボディ¥115,000、レンズ ¥125,000 で、単体で購入した場合の合計は¥240,000となり、 レンズキットとの価格差は¥80,000 にも及ぶ。
さまざまな角度から費用対効果を考慮すると このレンズキットは「コスパ最強のフルサイズ光学ファインダー機」であると断言できる。
【デザイン】
ニコンらしさを かもし出した 好感デザインだ。
D6や D850、D780のペンタ部のように内蔵フラッシュレスのスッキリしたフォルムも精悍で堅牢そうだが、同じ内蔵フラッシュレスのD5やD500と同様のデザインのD750も好きだ。
ミラーレス機にも ほれぼれするようなフォルムのカメラがあるが、D750のような「いかにも一眼」という たたずまいが とにかく好きだ。
【画質】
さすがのフルサイズ。
デジカメの技術が成熟しつつある昨今では 必ずしも 高画素=高画質 ではないと承知している。
今や 4,000万超や6,000万超の有効画素数を誇るカメラも少なくないが、私が初めて所有した デジタル版一眼はキヤノン10D。その有効画素数は630万だった。当時の認識は まさに画素数の多さに比例して画質も高まるというものだった。技術は進歩したが 画質と画素数のバランスは一定程度の結論に至ったかのように感じる。
D5/D6/EOS-1DMarkU/EOS-1DMarkV はフラッグシップモデルながら有効画素数は2,100万未満であることを考えれば D750の2,400万画素は 最適画質に貢献すると言える。
【操作性】
欲を言えばタッチパネルが欲しいところだが、使い慣れた D7200と同様の操作性に全く不満はなく 使いやすい。
【バッテリー】
既に使用中のD7200と同様のスタミナなので通常撮影で困ることはない。
【携帯性】
このレンズキットの総質量1,600gは躊躇せずに持ち出せるレベルだ。
前述した通り 4メーカーのほぼすべての現行実機を店頭で手に取ってみたことにより カタログデータでは直感できない携帯性を体感できた。
ちなみに 1Kg超えのボディに1Kg超えの28-70 F2.8 クラスのレンズをセットすると ウエイトトレーニング状態になってしまうため、撮影には相当の体力と覚悟が必要だと感じた。
【機能性】
欲を言えば1/8000のSSが欲しいところだが 1/4000が大きなビハインドになることはない。
CH 6.5コマ/秒に関しては 店頭で 8コマ/秒や10コマ/秒などの小気味良いシャッターサウンドの機種に うっとりすることもあるが、通常撮影ではCHモードにすることが以外と少ないことを考えれば 6.5コマで十分だ。
デザインの項で触れた内蔵フラッシュ。ピーカン逆光での人物撮影の際、レフ板代わりに使って助けられたことが度々あった。外付けのスピードライトは所有してるが、内蔵フラッシュは いざという時に重宝する有り難い機能だ。
私にとってWi-Fi機能は必須だ。撮影後の画像を紙ベースにもするが、スマホに転送して 写真共有アプリで 息子夫婦や娘夫婦達と共有するのが日常的だからだ。
【液晶】
3.2型、122万ドットは カタログスペック通りの見やすさだ。
視野率100%のチルトは滅多に使うことはない。30年以上 当たり前のようにファインダー撮影してきたせいか ややレスポンスに欠ける印象のライブビュー撮影は いまだに食わず嫌いのままだ。
【ホールド感】
これは特筆できる。D7200同様にグリップのエッジに「返し」のような指掛かりがあるのだが、D7200よりも更にグリップ性を高めるためなのだろうか、バッテリーの挿入方向を90°変化させた設計上の工夫には感嘆する。 ほんとうに安心してホールドできるグリップだ。
【総評】
D750が故障でもしない限り 目下のところ他のボディを購入するつもりは全くないくらい気に入っている。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「D750 24-120 VR レンズキット」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
コスパ最強のフルサイズ光学ファインダー機  5 2020年6月7日 16:25
4ヶ月使ってみた感想  5 2020年4月25日 10:21
使いやすいニコンです  5 2020年4月11日 20:00
気軽に使える軽量フルサイズ一眼レフ  5 2020年2月24日 11:48
とても対応がよかったです。  5 2019年5月9日 11:56
まずはここから  5 2019年1月26日 12:33
必要充分なフルサイズ  5 2018年12月1日 18:27
シビれるキャッチフレーズ。  5 2018年10月17日 12:29
初心者の初FX機デビュー 再レビュー 本当に買ってよかった  5 2018年9月21日 22:14
良いですよ  5 2018年2月20日 00:33

D750 24-120 VR レンズキットのレビューを見る(レビュアー数:78人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

D750 24-120 VR レンズキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

D750 24-120 VR レンズキット
ニコン

D750 24-120 VR レンズキット

最安価格(税込):¥175,566発売日:2014年10月16日 価格.comの安さの理由は?

D750 24-120 VR レンズキットをお気に入り製品に追加する <1610

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意