『普段使いに一眼レフは不要』 ニコン D750 ボディ minervaaaさんのレビュー・評価

2014年 9月25日 発売

D750 ボディ

  • 約2432万画素ニコンFXフォーマットCMOSセンサーや画像処理エンジン「EXPEED 4」を搭載した、ハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ。
  • ニコンFXフォーマットモデルとして初めてチルト式液晶モニターを装備。上向き最大約90度から下向き最大約75度までの広範囲を自由に調整できる。
  • Wi-Fi機能を内蔵し、専用アプリを介して、スマートフォンやタブレットなどに画像を送信可能。リモート撮影も行える。
D750 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥127,448

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥127,448

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥76,000 (41製品)


価格帯:¥127,448〜¥183,150 (25店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥127,448 〜 ¥127,448 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : 一眼レフ 画素数:2493万画素(総画素)/2432万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:750g D750 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、シャッターが正常に動作せず、撮影画像の一部にケラレが生じる場合があることが判りました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

D750 ボディ の後に発売された製品D750 ボディとD780 ボディを比較する

D780 ボディ

D780 ボディ

最安価格(税込): ¥217,000 発売日:2020年 1月24日

タイプ:一眼レフ 画素数:2528万画素(総画素)/2450万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:755g
  • D750 ボディの価格比較
  • D750 ボディの中古価格比較
  • D750 ボディの買取価格
  • D750 ボディの店頭購入
  • D750 ボディのスペック・仕様
  • D750 ボディの純正オプション
  • D750 ボディのレビュー
  • D750 ボディのクチコミ
  • D750 ボディの画像・動画
  • D750 ボディのピックアップリスト
  • D750 ボディのオークション

D750 ボディニコン

最安価格(税込):¥127,448 (前週比:±0 ) 発売日:2014年 9月25日

  • D750 ボディの価格比較
  • D750 ボディの中古価格比較
  • D750 ボディの買取価格
  • D750 ボディの店頭購入
  • D750 ボディのスペック・仕様
  • D750 ボディの純正オプション
  • D750 ボディのレビュー
  • D750 ボディのクチコミ
  • D750 ボディの画像・動画
  • D750 ボディのピックアップリスト
  • D750 ボディのオークション

『普段使いに一眼レフは不要』 minervaaaさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

D750 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:2826人
  • ファン数:68人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
16件
86件
レンズ
40件
16件
デジタルカメラ
10件
17件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
普段使いに一眼レフは不要

デザイン関係の仕事をしており、写真もします。
メイン機をD800からD750に買い替えました。
後継機であるD810にしなかった理由は色々あるのですが、
ローパスレスモデルしかない、3600万画素が必要な撮影は
20%ぐらい、というのが主な理由です。
また、3600万画素というのは微細なブレも拾ってしまうので
安直にそれを選ぶのはお勧めしません。
D810はD800よりもシャッター・ミラーまわりが
良くなっているのでD750と同じぐらいの
気遣いでいけそうに感じましたが、
SNSなど見ているとブレてしまっている写真を
割と目にします。偉そうに言うつもりはなくて、
僕もD800を手持ちで使えばブレる確率は上がります。
それだけ36MPセンサーはシビアなので
普段使いにはあまり向いていないと思います。

また、これから写真を始める方、コンデジからの
ステップアップで一眼レフを買おうとしている方に
聞いて欲しいのですが、僕自身は仕事の撮影や
特殊用途でなければ「一眼レフ」というものは
要らないと感じています。α7系などのミラーレスで充分、
もっと言うとハイエンドコンデジでも充分かも知れません。
実際、僕はプライベートで一眼レフを使う事はありません。

では何故仕事では一眼レフを使うかと言うと
それは「ミス出来ないから」。
一眼レフは歴史も長いしデカいだけあって万能ですし、
雨の中使ってもビクともせず、やはり安心感が違います。
他灯ライティングもしやすいし、システムも
多くの選択肢から組む事が出来ます。
逆に言うとそれだけですけどね、一眼レフの存在理由。

そこはプライベートではある程度目を潰れる部分なので
持ち運びしやすく、サッと目立たず撮れるカメラの方が
良い写真を撮れると思います。
α7SやGR、RX100Vなどは旅行に最高と思います。

話を一眼レフに戻して、D750を選んだ理由は簡単で
「ちょうどいいから」です。
D600系は心許ない(特にAF)、D800系は前述の通り、
D4系が必要な程ハードな使い方もしない。
万能性を求めているのでチルトがあるのも大きいです。
ミラーレスとは程遠いLV時のAF速度、使い勝手ですが、
あるに越した事はありません。実際便利です。
もう少しスマートな造りにして欲しいとは思いますが。
シャッターはMAX1/4000ですが、
1/8000が必要な時なんて普通はないので問題ナシ。

Expeed4になって、AWB精度もかなり良くなりました。
日光+電球+LED、みたいなミックス光では流石に黄色く
転びますが健闘はしています。現像でリカバーしやすい。
また、画質も一世代前よりヌケが良くなり、
ぱっと見で差が分かるぐらい違います。
ローパスフィルターも良いものが使われているはず。
思いの外高感度も強く、流石にDRは狭くなりますが
6400は結構使えます。
そして軽く、小さく、グリップしやすい。
とは言え、適度な重さはあるのでそこそこ大きいレンズ、
24-120や16-35を付けてもバランスはかなり良いです。
D750は特別目新しい機能があるわけでもないですが、
全てのフルサイズ機の美味しいとこ取りした上に
wifi、ダブルスロット、チルトなど地味ですが便利な機能が
搭載された機種で、それで20万切りますから
コストパフォーマンスはかなり良いと思います。
D810かD750か、ならD750に10万のレンズ買った方が
絶対良いよ、と友達に聞かれたら答えますね。
常にA1以上に引き伸ばすなら別ですが。

不満は左肩のダイアル部とシャッター・ミラーまわりの造り。
ダイアルはD800系と同じタイプの方が素早く操作出来たし、
D810であれだけ反動の少ないシャッターを作れたのなら
D750ももう一歩、頑張って欲しかったです。
かと言ってD750の反動が大きいわけではないですけどね。

僕はボディ単体で買いましたが、24-120/f4は色のりもよく、
5倍ズームにしてはかなり写りも良いので
キットでの購入をお勧めします。かなり割安ですしね。

被写界深度を指して、f4ではフルサイズの意味がない、
という意見を耳にしますが、それは逆で
フルサイズの高感度耐性、浅い被写界深度があるから
f4ズームが使えるんだと思います。
趣味で使うには面白みがないのかも知れませんが、
D750にf4ズーム、かなり良い組合せだと思います。
もし手元にあるカメラ一台だけ残すならこの組合せですね。
ほとんどなんだって撮れますよ。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
室内
その他

参考になった148人(再レビュー後:91人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感5
営業的発想なカメラ

デザイン関係の仕事をしており、写真もします。
大判に伸ばす写真はD800、A4-A3程度までならα7Sを使っています。
D800は物撮り、もしくは複写的な使い方が中心で、基本は室内撮影。

D800のAWB精度(特に複数光源下)にずっとストレスがあったのですが
EXPEED4になった事でかなり良くなった、という感想を各所で見て買替を考えていました

普通に考えれば後継機であるD810を買えば良いのですが、
印刷サイズで考えると、A3以内が70%、A2-A1が15%、A0以上が15%程。
近距離で見られるか、遠距離から見られるか、でdpiも変わりますが
photoshop等で補う事も含め、85%の撮影はD750でもこなせそう。
A0を超える印刷は幅5M以上に伸ばす、というケースもよくあるので
その場合は3600万画素でも足りず、中判をレンタルするレベル。

なら軽いD750の方が良いじゃないか、とD750を購入しました。
D810はローパスレス機のみになってしまったのでちょっと使いづらい、
というのも理由の一つ。

前置きが長くなりましたが、D750の感想を。
前置きあった方が単純に感想だけより分かりやすいかな、と。
3600万画素、というのはそれなりにデメリットも多く、
また、それを活かしきる撮影方法、というのはあまりに普段使いには不向きだと思います。
写真SNSを見ているとD800系やα7Rを使われている方もよくおられますが、
等倍で見ると結構ブレていて甘い写真になってしまっている様に思います。
それだけ36MPセンサーというものは微小なブレを拾ってしまいます。
手ブレだけでなく、シャッターやミラーのショックも気にしないといけないレベル。
レンズも一級品を使われている方が多いので、勿体ないな、と。
偉そうに言うつもりはなくて、仕事で写真をする僕でも
A1とかに伸ばす写真をD800手持ち、1/焦点距離で一発撮りしろ、と言われるのは嫌。

ただ、高画素化の進む現状において、改めてご自分の用途にあった画素数を考える、
という事は損にはならないと思います。


いい加減本題に入りますw

まず一番大事な描写性能、これは一世代前の機種から大きく進化しています。
一枚目を見た瞬間、画のヌケ感がとても良くなった事が分かりました。
これでローパス付いてるの?と思った程でこれだけでも買い替える価値はありました。
ヌケだけでなく、緻密さ、と言いますか、より丁寧な描写をする様になった気がします。

AWB精度もCanonやSonyの最新機種並になりました。
それに合わせてか色味もそれに近づき、青みが強くなっています。
AE精度も向上しましたが、輝度差の激しい状況ではアンダー方向に
振られる事が多くなったな、と感じました。
D800はオーバー方向だったのでクセが変わっています。

Wi-Fi、チルトはやっぱり便利ですね。
自分の背より高い位置にカメラがある時でも液晶が見えますし
無線でシャッターが切れるので、特に物撮りの時に威力を発揮します。
使いやすい、とは言いにくいチルト液晶の形状ですが無いよりはずっといい。

今あるニコンの一眼レフとしては全体的に良くまとまっている機種ですし、
それでこの価格、というのはなかなかコストパフォーマンスが高いと思います。
24-120/F4とのキットなんて尋常じゃない程CP高いです。
ただ、悲しいかな、やはり中級機。
限られたコストを性能面に振った為か、物としての「造り」はやや粗い所があります。
チルト液晶もそうですが、個人的にはシャッター・ミラー周りの造りが気になりました。
造りに振られて、性能が下がるよりは何倍も良いですが、
ちょっとレリーズ時のショックが大きいです。
先に書いた様に僕は絵画等の複写用途にもカメラを使うので(しかも大きく伸ばす)、
シャッター・ミラーのショックは少なければ少ない程良い。(勿論三脚使用して、の話)
D800程ではないですが、D810よりはショックがある様に思います。
画素数分差し引いてD810とトントン、といった所でしょうか。
α7Sで無音無反動の電子シャッターを使った事で、ショックの有無・大小で
かなり使い勝手が変わるな、と改めて認識しました。

次の世代にはもう少し一眼レフというシステム自体に進化が欲しいですね。
LV時のAF速度、精度もそうですし、LV時の使い勝手、電子シャッター等、
ミラーレスの良い所を一眼レフにも上手く取り入れて欲しいなと思います。
個人的な希望を言わせてもらうと、D600系は作らなくて良いから
D800系とD一桁の間、という立位置でD700系を作って欲しいです。

価格含め不満は特にありませんが、ちょっと営業的発想すぎて夢もないな、と感じます。
いや、不満はないんですけどね。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
室内
その他

参考になった57

 
 
 
 
 
 

「D750 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

D750 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

D750 ボディ
ニコン

D750 ボディ

最安価格(税込):¥127,448発売日:2014年 9月25日 価格.comの安さの理由は?

D750 ボディをお気に入り製品に追加する <2112

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意