『手放しました』 ニコン D750 ボディ killer fruitsさんのレビュー・評価

2014年 9月25日 発売

D750 ボディ

  • 約2432万画素ニコンFXフォーマットCMOSセンサーや画像処理エンジン「EXPEED 4」を搭載した、ハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ。
  • ニコンFXフォーマットモデルとして初めてチルト式液晶モニターを装備。上向き最大約90度から下向き最大約75度までの広範囲を自由に調整できる。
  • Wi-Fi機能を内蔵し、専用アプリを介して、スマートフォンやタブレットなどに画像を送信可能。リモート撮影も行える。
D750 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥127,448

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥127,448

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥76,000 (41製品)


価格帯:¥127,448〜¥183,150 (25店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥127,448 〜 ¥127,448 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : 一眼レフ 画素数:2493万画素(総画素)/2432万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:750g D750 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部において、シャッターが正常に動作せず、撮影画像の一部にケラレが生じる場合があることが判りました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

D750 ボディ の後に発売された製品D750 ボディとD780 ボディを比較する

D780 ボディ

D780 ボディ

最安価格(税込): ¥217,000 発売日:2020年 1月24日

タイプ:一眼レフ 画素数:2528万画素(総画素)/2450万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×23.9mm/CMOS 重量:755g
  • D750 ボディの価格比較
  • D750 ボディの中古価格比較
  • D750 ボディの買取価格
  • D750 ボディの店頭購入
  • D750 ボディのスペック・仕様
  • D750 ボディの純正オプション
  • D750 ボディのレビュー
  • D750 ボディのクチコミ
  • D750 ボディの画像・動画
  • D750 ボディのピックアップリスト
  • D750 ボディのオークション

D750 ボディニコン

最安価格(税込):¥127,448 (前週比:±0 ) 発売日:2014年 9月25日

  • D750 ボディの価格比較
  • D750 ボディの中古価格比較
  • D750 ボディの買取価格
  • D750 ボディの店頭購入
  • D750 ボディのスペック・仕様
  • D750 ボディの純正オプション
  • D750 ボディのレビュー
  • D750 ボディのクチコミ
  • D750 ボディの画像・動画
  • D750 ボディのピックアップリスト
  • D750 ボディのオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

D750 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:278人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
11件
0件
デジタル一眼カメラ
2件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン3
画質4
操作性3
バッテリー5
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感4
手放しました

全般の詳細レビューについては他の方の投稿に譲り、(下記の状況を除けば)「ニコン機の発色の乏しさと1/4000が上限のSS、狭いAFエリアにシャッター半押しをしないと測距点が動かせない、と言った欠点を許容出来る人向け」とだけ書いておきます。

私は主に人物を撮影しており、たとえモデルご本人が画像掲載を許諾なさってもネット上に無造作に晒しておくのは忍びないので、作例はご勘弁下さい。

以下は主にD750とレンズのメンテナンスに関する、ニコンの対応の酷さについてレビューしています。

先日、ボディとレンズ(AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED)の清掃と点検のため、ニコンのサービスセンター(以下SC)に預けました。
結果、レンズが若干前ピン気味なので調整した、と言われて戻って来ました。

私は「一流メーカーのニコンの技術者の調整で、しかも保証期間内でも有償のサービスなのだから、安全だろう」と勝手に思い込んでいたように思います。

しかし、その時点ではピントは意図するところにきちんと合焦出来ており、不満がないどころかむしろ満点だったので、ピント調整を含まない調整にすべきでした。
その調整の後、ピントが全く合わなくなりましたから…。
人物の顔に(瞳に)合わせても、かなり後ピンになって顔がぼやけ、AF微調整でも対応出来ないレベルでした。

急いでSCに電話して、元の状態に戻せるかを聞くと「出来ない」との回答。
この担当者が非常に失礼で、恫喝気味に「たとえニコン側の不手際でも、SCで番号札を取って順番待ちをして再度調整に出して下さい。場合によっては有料の調整になるかもしれませんね」と言われました。
「ニコンの不手際と言いながら、実は自分で落としたりしてないでしょうね?」とも。

その際、「より時間を掛けて対応出来るので工場に出してはどうか」という提案もありました。
ニコンの製品の保証期間内での調整は、なぜか工場で行う場合は無償で、SCでは有償です。
そして図らずも?ニコンのスタッフ自身が無償のサービスの方が上質と白状したことになりました。
しかし撮影の予定が詰まっていたため、工場に長期間預けることは出来ず、引き続きSCで再調整を受けることにしました。

上記の電話対応で非常に頭に来たので、SCに行く前にニコンにメールで苦情を入れました。
すると別の担当者から平身低頭の様子で連絡が入り、以降馬鹿丁寧な対応に変わりました。

並ばず待たされず対応を受けることは出来ましたが、その際には「カメラもレンズもピントはニコンの基準内だが、この両者を組み合わせると後ピンになるので、カメラ側で調整した」と言われました。

この時驚いたのが、せっかく自前のレンズとボディをセットでメンテナンスに出しても、基本的にそのセットで調整はしていないということ。
ニコンの基準になるボディとレンズで調整を行うらしいのですが…今回のように一眼レフとレンズは個体差があるのだから、別々に調整するのはまずいと思いますけどね。
せめて引き渡しの際にどういった調整を希望するかを、ユーザーに確認すべきだと思いました。

ところがその後もピントが合わない。
前回よりマシなものの、今度はAF微調整で見たところおよそ「-5」の後ピン。
使い物になりません。

仕方がないので再度厳しく指摘して調整に出した結果、「もう一度カメラとレンズを基準通りにリセットしたところ、組み合わせで前ピン気味になることが判明した。「-5」の値を参考に、(私)が求める設定と思しき状態になるように調整した」と言われました。
前ピン→後ピン→前ピン、依頼するたび診断がコロコロ変わる時点で、技術者のレベルが知れますね。

その時の言いぶりだと、まるでこちらが意図するピント位置に合わせて、SCが調整「してやった」かのようにも聞こえましたが。
もともと合っていたピントをニコンが勝手に台無しにして、それを元に戻せないのが問題なのであって、私が意図する本来のピント位置が特殊なのではありません。

他の所有レンズのピントも同時に点検に出しました(調整は掛けないように言い添えて)。

「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」は「ピントはニコンの基準でジャストの位置でした」と言われましたが、後で確認したところ「+12」のひどい前ピンに。
もともと開放では解像感が薄いレンズですが、以前はピント位置のずれはなかったはず。

「Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2D」も基準内と言われましたが、以前は開放からシャープに写っていたのが、すごくぼやけた写りになってしまいました…げんなりして調整する意欲が薄れていたせいで、結局どれくらいの値なのかは分かりません。

結局、以前の良好なピント性能は戻らず、AF微調整を駆使して何とか使っていましたが、これだけメーカーが調整してもピントが合わない製品は、すなわち「不良品」ではないでしょうか(ニコンは決して認めないでしょうけど)。
あるいは、スタッフに不良品が多いのかもしれませんけど。
行きたくもない新宿SCに電車賃を掛けて何度も通わせておいて、このサービスと技術の程度の低さには呆れるばかり。

実は例のシャッターユニットの不具合の件で交換した部品にも、さらに不具合がありました。
しかも不良品から不良品への交換は2日で対応出来たのに、再交換には10日程度も掛かると言うのですから、嘆かわしい…。

有名なメーカーのカメラを選び、高くても純正レンズを買う理由は、メーカーからピント等動作が保証され、良質なメンテナンスも受けられるからだと思っていましたが、ニコンの場合はそうではないようです。

このカメラではずいぶんたくさん撮影したので、「世話になった」感がありました。
しかし同時に「世話の焼ける」カメラで、仕方なく世話を焼いて来たわけですが…限界でしたね。
ピントにもシャッターにも問題がある、そんなカメラはカメラ足り得ません。
そしてスタッフの質が悪く、一向に不具合を解消出来ないメーカーも同じく。
大事な撮影をそんな理由で諦めねばならないのは到底我慢出来ません。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物

参考になった137人(再レビュー後:133人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度1
デザイン3
画質4
操作性3
バッテリー5
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感4
手放しました

全般の詳細レビューについては他の方の投稿に譲り、「ニコン機の発色の乏しさと、シャッターユニットの不具合と1/4000が上限のSC、狭いAFエリアにシャッター半押しをしないと測距点が動かせない、と言った欠点を許容出来る人向け」とだけ書いておきます。

私は主に人物を撮影しており、たとえモデルご本人が画像掲載を許諾なさってもネット上に無造作に晒しておくのは忍びないので、作例はご勘弁下さい。

以下は主にD750とレンズのメンテナンスに関する、ニコンの対応の酷さについてレビューしています。

先日、ボディとレンズ(AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED)の清掃と点検のため、ニコンのサービスセンター(以下SC)に預けました。
結果、レンズが若干前ピン気味なので調整した、と言われて戻って来ました。

私は「一流のメーカーであるニコンの技術者の調整なのだから、しかも保証期間内でも有料のサービスなのだから、安全だろう」と勝手に思い込んでいたように思います。

しかし、ピントはそれまで意図するところにきちんと合焦出来ており、不満がないどころかむしろ満点だったので、預ける際にピント調整を含まないコースにすべきだったのです。
その後、ピントが全く合わなくなりましたから…。
人物の顔に(瞳に)合わせても、かなり後ピンになって顔がぼやけ、AF微調整でも対応出来ないレベルでずれている。

急いでSCに電話して、元の状態に戻せるかを聞くと「出来ない」との回答。
この担当者が非常に失礼で、恫喝気味に「たとえニコン側の不手際でも、SCで番号札を取って順番待ちをして再度調整に出して下さい。場合によっては有料の調整になるかもしれませんね」と言われました。
「ニコンの不手際と言いながら、実は自分で落としたりしたんじゃないでしょうね?」とも。
この段階で、技術的な問題のみならず、人的サービスもひどいと分かりました。

その際、「より時間を掛けて対応出来るので工場に出してはどうか」という提案もありました。
ニコンの製品の調整は保証期間内は、なぜか工場で行う場合は無償で、SCで行う場合は有償なのです。
そして図らずも?ニコンのスタッフ自身が無償のサービスの方が質が上と白状したことになりました。
しかし撮影の予定が詰まっていたため、工場に長期間預けることは出来ず、引き続きSCで再調整を受けることにしました。

上記の対応で非常に頭に来たので、ニコンに直接メールで苦情を入れると、SCの担当者が平身低頭の様子で、以降馬鹿丁寧な対応に変わりました。
並んだり待たされたりすることなく対応を受けることは出来ましたが、その際には「カメラもレンズもピントはニコンの基準内だが、この両者を組み合わせると後ピンになるので、カメラ側で調整した」と言われました。

この時驚いたのが、せっかく自前のレンズとボディをセットでメンテナンスに出しても、基本的にそのセットで調整はしていないということ。
ニコンの基準になるボディとレンズで調整を行うらしいのですが…今回のように一眼レフとレンズは個体差があるのだから、別々に調整するのはまずいと思いますけどね。
せめて引き渡しの際にどういった調整を希望するかを、ユーザーに確認すべきだと思いました。

ところがその後もピントが合わない。
前回よりマシなものの、今度はAF微調整で見たところおよそ「-5」の後ピン。
使い物になりません。

仕方がないので再度厳しく指摘して調整に出した結果、「再度カメラとレンズを基準通りにリセットしたところ、組み合わせで前ピン気味になることが判明した。「-5」の値を参考に、(私)が求める設定と思しき状態になるように調整した」と言われました。

前ピン→後ピン→前ピン、言い分を変えるのもいい加減にしろ。

この時の内容は、まるでこちらが意図するピント位置に合わせて、SCが調整「してやった」かのようにも聞こえましたが。
もともと合っていたピントをニコンが勝手に台無しにして、しかも元に戻せないのが問題なのであって、私が意図する本来のピント位置が特殊なのではありません。

他の所有レンズのピントも同時に点検に出しました(調整は掛けないように言い添えて)。
「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」は「ピントはニコンの基準でジャストの位置でした」と言われましたが、後で確認したところ「+12」のひどい前ピンに。
もともと開放では解像感が薄いレンズですが、以前はピント位置のずれはなかったはず。

「Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2D」も基準内と言われましたが、以前は開放からシャープに写っていたのが、ぼやけた写りになってしまいました…げんなりして調整する意欲が薄れていたせいで、結局どれくらいの値なのかは分かりません。

結局、以前の良好なピント性能は戻らず、AF微調整を駆使して何とか使っていましたが、これだけメーカーが調整してもピントが合わない製品は、すなわち「不良品」ではないでしょうか(ニコンは決して認めないでしょうけど)。
あるいは、スタッフに不良品が多いのかもしれませんけど。
行きたくもない新宿SCに電車賃を掛けて何度も通わせておいて、このサービスと技術の程度の低さには呆れるばかり。

ちなみに別件で、シャッターユニットの不具合の件、交換した部品にもさらに不具合がありました。
それで再交換には10日程度も掛かると言うのですから、嘆かわしい…。

有名なメーカーのカメラを選び、高くても純正レンズを買う理由は、メーカーからピント等動作が保証され、良質なメンテナンスも受けられるからだと思っていましたが、ニコンの場合はそうではないようです。

このカメラではずいぶんたくさん撮影したので、「世話になった」感があります。
ピント問題がなければ、もうしばらく使えたと思うのですが。

しかしシャッターに問題があり、ピントにも問題がある、そんなカメラはカメラ足り得ないです。
そしてスタッフの質が悪く、一向に不具合を解消出来ないメーカーも同じく。
大事な撮影をこれらの理由で諦めねばならないのは到底我慢出来ません。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物

参考になった4

満足度1
デザイン3
画質4
操作性3
バッテリー5
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感4
手放しました

全般の詳細レビューについては他の方の投稿に譲り、「ニコン機の発色の乏しさと、シャッターユニットの不具合と1/4000が上限のSS、狭いAFエリアにシャッター半押しをしないと測距点が動かせない、と言った欠点を許容出来る人向け」とだけ書いておきます。

私は主に人物を撮影しており、たとえモデルさんご本人が画像掲載を許諾なさっても、ネット上に無造作に晒しておくのは忍びないので、作例はご勘弁下さい。

以下は主にD750とレンズのメンテナンスに関する、ニコンの対応の酷さについてレビューしています。

先日、ボディとレンズ(AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED)の清掃と点検のため、ニコンのサービスセンター(以下SS)に預けました。
結果、レンズが若干前ピン気味なので調整した、と言われて戻って来ました。

私は「一流のメーカーであるニコンの技術者の調整なのだから、しかも保証期間内でも有料のサービスなのだから、安全だろう」と勝手に思い込んでいたように思います。

しかし、ピントはそれまで意図するところにきちんと合焦出来ており、不満がないどころかむしろ満点だったので、預ける際にピント調整を含まないコースにすべきだったのです。
その後、ピントが全く合わなくなりましたから…。
人物の顔に(瞳に)合わせても、かなり後ピンになって顔がぼやけ、AF微調整でも対応出来ないレベルでずれている。

急いでSSに電話して、元の状態に戻せるかを聞くと「出来ない」との回答。
この担当者が非常に失礼で、恫喝気味に「たとえニコン側の不手際でも、SSで番号札を取って順番待ちをして再度調整に出して下さい。場合によっては有料の調整になるかもしれませんね」と言われました。
「ニコンの不手際と言いながら、実は自分で落としたりしたんじゃないでしょうね?」とも。
この段階で、技術的な問題のみならず、人的サービスもひどいと分かりました。

その際、「より時間を掛けて対応出来るので工場に出してはどうか」という提案もありました。
ニコンの製品の調整は保証期間内は、なぜか工場で行う場合は無償で、SSで行う場合は有償なのです。
そして図らずも?ニコンのスタッフ自身が無償のサービスの方が質が上と白状したことになりました。
しかし撮影の予定が詰まっていたため、工場に長期間預けることは出来ず、引き続きSSで再調整を受けることにしました。

上記の対応で非常に頭に来たので、ニコンに直接メールで苦情を入れると、SSの担当者が平身低頭の様子で、以降馬鹿丁寧な対応に変わりました。
並んだり待たされたりすることなく対応を受けることは出来ましたが、その際には「カメラもレンズもピントはニコンの基準内だが、この両者を組み合わせると後ピンになるので、カメラ側で調整した」と言われました。

この時驚いたのが、せっかく自前のレンズとボディをセットでメンテナンスに出しても、基本的にそのセットで調整はしていないということ。
ニコンの基準になるボディとレンズで調整を行うらしいのですが…今回のように一眼レフとレンズは個体差があるのだから、別々に調整するのはまずいと思いますけどね。
せめて引き渡しの際にどういった調整を希望するかを、ユーザーに確認すべきだと思いました。

ところがその後もピントが合わない。
前回よりマシなものの、今度はAF微調整で見たところおよそ「-5」の後ピン。
使い物になりません。

仕方がないので再度厳しく指摘して調整に出した結果、「再度カメラとレンズを基準通りにリセットしたところ、組み合わせで前ピン気味になることが判明した。「-5」の値を参考に、(私)が求める設定と思しき状態になるように調整した」と言われました。

前ピン→後ピン→前ピン、言い分を変えるのもいい加減にしろ。

この時の内容は、まるでこちらが意図するピント位置に合わせて、SSが調整「してやった」かのようにも聞こえましたが。
もともと合っていたピントをニコンが勝手に台無しにして、しかも元に戻せないのが問題なのであって、私が意図する本来のピント位置が特殊なのではありません。

他の所有レンズのピントも同時に点検に出しました(調整は掛けないように言い添えて)。
「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」は「ピントはニコンの基準でジャストの位置でした」と言われましたが、後で確認したところ「+12」のひどい前ピンに。
もともと開放では解像感が薄いレンズですが、以前はピント位置のずれはなかったはず。

「Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2D」も基準内と言われましたが、以前は開放からシャープに写っていたのが、ぼやけた写りになってしまいました…げんなりして調整する意欲が薄れていたせいで、結局どれくらいの値なのかは分かりません。

結局、以前の良好なピント性能は戻らず、AF微調整を駆使して何とか使っていましたが、これだけメーカーが調整してもピントが合わない製品は、すなわち「不良品」ではないでしょうか(ニコンは決して認めないでしょうけど)。
あるいは、スタッフに不良品が多いのかもしれませんけど。
行きたくもない新宿SSに電車賃を掛けて何度も通わせておいて、このサービスと技術の程度の低さには呆れるばかり。

ちなみに別件で、シャッターユニットの不具合の件、交換した部品にもさらに不具合がありました。
それで再交換には10日程度も掛かると言うのですから、嘆かわしい…。

有名なメーカーのカメラを選び、高くても純正レンズを買う理由は、メーカーからピント等動作が保証され、良質なメンテナンスも受けられるからだと思っていましたが、ニコンの場合はそうではないようです。

このカメラではずいぶんたくさん撮影したので、「世話になった」感があります。
ピント問題がなければ、もうしばらく使えたと思うのですが。

しかしシャッターに問題があり、ピントにも問題がある、そんなカメラはカメラ足り得ないです。
そしてスタッフの質が悪く、一向に不具合を解消出来ないメーカーも同じく。
大事な撮影をこれらの理由で諦めねばならないのは到底我慢出来ません。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物

参考になった0

満足度3
デザイン3
画質4
操作性3
バッテリー5
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感4
手放しました

全般の詳細レビューについては他の方の投稿に譲り、「ニコン機の発色の乏しさと、シャッターユニットの不具合と1/4000が上限のSS、狭いAFエリアにシャッター半押しをしないと測距点が動かせない、と言った欠点を許容出来る人向け」とだけ書いておきます。

私は主に人物を撮影しており、たとえモデルご本人が画像掲載を許諾なさってもネット上に無造作に晒しておくのは忍びないので、作例はご勘弁下さい。

以下は主にD750とレンズのメンテナンスに関する、ニコンの対応の酷さについてレビューしています。

先日、ボディとレンズ(AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED)の清掃と点検のため、ニコンのサービスセンター(以下SS)に預けました。
結果、レンズが若干前ピン気味なので調整した、と言われて戻って来ました。

私は「一流のメーカーであるニコンの技術者の調整なのだから、しかも保証期間内でも有料のサービスなのだから、安全だろう」と勝手に思い込んでいたように思います。

しかし、ピントはそれまで意図するところにきちんと合焦出来ており、不満がないどころかむしろ満点だったので、預ける際にピント調整を含まないコースにすべきだったのです。
その後、ピントが全く合わなくなりましたから…。
人物の顔に(瞳に)合わせても、かなり後ピンになって顔がぼやけ、AF微調整でも対応出来ないレベルでずれている。

急いでSSに電話して、元の状態に戻せるかを聞くと「出来ない」との回答。
この担当者が非常に失礼で、恫喝気味に「たとえニコン側の不手際でも、SSで番号札を取って順番待ちをして再度調整に出して下さい。場合によっては有料の調整になるかもしれませんね」と言われました。
「ニコンの不手際と言いながら、実は自分で落としたりしたんじゃないでしょうね?」とも。
この段階で、技術的な問題のみならず、人的サービスもひどいと分かりました。

その際、「より時間を掛けて対応出来るので工場に出してはどうか」という提案もありました。
ニコンの製品の調整は保証期間内は、なぜか工場で行う場合は無償で、SSで行う場合は有償なのです。
そして図らずも?ニコンのスタッフ自身が無償のサービスの方が質が上と白状したことになりました。
しかし撮影の予定が詰まっていたため、工場に長期間預けることは出来ず、引き続きSSで再調整を受けることにしました。

上記の対応で非常に頭に来たので、ニコンに直接メールで苦情を入れると、SSの担当者が平身低頭の様子で、以降馬鹿丁寧な対応に変わりました。
並んだり待たされたりすることなく対応を受けることは出来ましたが、その際には「カメラもレンズもピントはニコンの基準内だが、この両者を組み合わせると後ピンになるので、カメラ側で調整した」と言われました。

この時驚いたのが、せっかく自前のレンズとボディをセットでメンテナンスに出しても、基本的にそのセットで調整はしていないということ。
ニコンの基準になるボディとレンズで調整を行うらしいのですが…今回のように一眼レフとレンズは個体差があるのだから、別々に調整するのはまずいと思いますけどね。
せめて引き渡しの際にどういった調整を希望するかを、ユーザーに確認すべきだと思いました。

ところがその後もピントが合わない。
前回よりマシなものの、今度はAF微調整で見たところおよそ「-5」の後ピン。
使い物になりません。

仕方がないので再度厳しく指摘して調整に出した結果、「再度カメラとレンズを基準通りにリセットしたところ、組み合わせで前ピン気味になることが判明した。「-5」の値を参考に、(私)が求める設定と思しき状態になるように調整した」と言われました。

前ピン→後ピン→前ピン、言い分を変えるのもいい加減にしろ。

この時の内容は、まるでこちらが意図するピント位置に合わせて、SSが調整「してやった」かのようにも聞こえましたが。
もともと合っていたピントをニコンが勝手に台無しにして、しかも元に戻せないのが問題なのであって、私が意図する本来のピント位置が特殊なのではありません。

他の所有レンズのピントも同時に点検に出しました(調整は掛けないように言い添えて)。
「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」は「ピントはニコンの基準でジャストの位置でした」と言われましたが、後で確認したところ「+12」のひどい前ピンに。
もともと開放では解像感が薄いレンズですが、以前はピント位置のずれはなかったはず。

「Ai AF DC-Nikkor 135mm f/2D」も基準内と言われましたが、以前は開放からシャープに写っていたのが、ぼやけた写りになってしまいました…げんなりして調整する意欲が薄れていたせいで、結局どれくらいの値なのかは分かりません。

結局、以前の良好なピント性能は戻らず、AF微調整を駆使して何とか使っていましたが、これだけメーカーが調整してもピントが合わない製品は、すなわち「不良品」ではないでしょうか(ニコンは決して認めないでしょうけど)。
あるいは、スタッフに不良品が多いのかもしれませんけど。
行きたくもない新宿SSに電車賃を掛けて何度も通わせておいて、このサービスと技術の程度の低さには呆れるばかり。

ちなみに別件で、シャッターユニットの不具合の件、交換した部品にもさらに不具合がありました。
それで再交換には10日程度も掛かると言うのですから、嘆かわしい…。

有名なメーカーのカメラを選び、高くても純正レンズを買う理由は、メーカーからピント等動作が保証され、良質なメンテナンスも受けられるからだと思っていましたが、ニコンの場合はそうではないようです。

このカメラではずいぶんたくさん撮影したので、「世話になった」感があります。
ピント問題がなければ、もうしばらく使えたと思うのですが。

しかしシャッターに問題があり、ピントにも問題がある、そんなカメラはカメラ足り得ないです。
そしてスタッフの質が悪く、一向に不具合を解消出来ないメーカーも同じく。
大事な撮影をこれらの理由で諦めねばならないのは到底我慢出来ません。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「D750 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

D750 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

D750 ボディ
ニコン

D750 ボディ

最安価格(税込):¥127,448発売日:2014年 9月25日 価格.comの安さの理由は?

D750 ボディをお気に入り製品に追加する <2112

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意