『評価が分かれるくるま』 マツダ デミオ 2014年モデル はなま〜るさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > デミオ 2014年モデル

『評価が分かれるくるま』 はなま〜るさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

デミオ 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:275人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
56件
動画編集ソフト
0件
4件
レンズ
0件
2件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
燃費5
価格4
評価が分かれるくるま

購入から1年が経過したので再レビュー。

*エクステリア:前回のレビューから変更なし。
 マツダらしいデザインで美しい。ただ、フロントのフォグランプ周り、サイドのデザインに少し物足りなさを感じたので、社外品のサイドガーニッシュを張り付けた。

*インテリア:前回のレビューから変更なし。
 この価格でこれ以上を望むのは難しい。スイッチ類のタッチにも配慮が感じられ、安っぽさはほとんどない。エアコンの吹き出し口やステアリングのデザインもこだわりのあるもので、インテリアはデミオの大きなアピールポイント。ただ、これでもかというくらい収納スペースがないのはマイナス。

*マツコネ
 マツコネはナビとしてはそれなりで、音質も中の下くらい。ただ、起動が遅いのはなんとかしてほしい。ひと昔前のWindowsレベル。操作面の反応ものんびりしており、今どきのシステムとしては色々と完成度が低い。
360°ビューモニターは解像度が低いためとても見にくい。また、バックモニターはカメラ位置が低いからかレンズが汚れやすく、雨の日は全く役に立たない。これは早急に改善すべき点。それから、カメラ画像をONにするVIEWボタンの位置が悪すぎる。ステアリング奥、右ひざの前あたりに斜め下向きにボタンが設置されている。なぜこれをステアリングに付けなかったのか疑問。操作性が煮詰まっていない。

*走行性能
 1.3Lエンジンは街乗りでは不足はない。ただ、小排気量にてエアコンを使用するとスタート加速時に非力さを感じる。
 特筆すべきは6AT。ロックアップ領域が極めて広く、ダイレクト感が素晴らしい。DCTほどではないが、シフトチェンジも素早く行われる。マニュアルモードにして操作してもその動きはとても素早い。シフトダウン時にはエンジン回転を合わせる制御も行っていて、なかなか心憎い演出をしてくれている。ディーラーOPのパドルシフトを後付けしたが、小気味よく動作するので楽しい。一方で、ロックアップ領域がとても広いことのデメリットとしては、ごく低速域でギクシャクが感じられる。まあ、そういったデメリットを差し引いても、とても出来の良いATであることに間違いはない。SPORTSモードのボタンの位置も最悪。あれを手探りで操作できる人はすごいと思う。もう少し考えてよマツダさん。

 ハンドリングはこれまで乗ってきた車の中で最も不満。まず、ステアリングセンターが出ておらず、やや右に切らないとまっすぐ走らない。ディーラーはタイヤの空気圧のせいにしてやる気がなく、自分でタイロッドを左右とも1週半ずつ調整してほぼセンターとなった。この車は同様の話をネットで見かけるので、出荷時の管理に問題がある可能性あり。また、さらに不満なのが、中立付近の直進安定性が不安定な点。電動パワステの味付けなのか、GVCの悪さなのかはわからないが、とにかく中立付近が落ち着かない。常に細かい修正をしないとまっすぐ走らない。始めはステアリングのセンターがズレているせいだと思っていたが、タイロットを調整した今、その可能性はなくなった。とにかく中立付近に落ち着きがなく、わずかな舵の動きに過敏に反応してしまうので疲れる。こんな車は初めて。

*乗り心地
 ヒョコヒョコしている感があり、かつ足回りも硬く、足が動かない。マツダ自慢のGベクタリンクは無効にするスイッチがなく、効果があるということはできない。なぜなら、同じ車で同じ場所でのONとOFFの比較をせずに、ただGVC有りのハンドリングを語ったところで、GVCの効果なのか、もともとそういう味付けの車なのかを判別できるはずもない。GVCの効果があると言っている人には、どうやってその効果を検証したのか聞いてみたいくらいだ。

*オートライト
 走行性能とは少しそれるが、オートライトの感度には強い不満を覚える。このデミオは点灯がとても遅い。今どきデイライトもあるくらいなのに、なぜこんなに暗くなるまでライトがつかない設定にしているのか理解できない。早め点灯をしたがらないオートライトなら意味がない。せっかくマツコネの中で点灯タイミングを変更できるのだから、もっと積極的に点灯できるようにパラメーター変更すべき。

*燃費
 片道20分の通勤で18km/L、高速では20kg/Lを超える。

*価格
 車格から見ると高い様に思えるが、装備や内装を考えると妥当と思う。もう少し乗り心地がしっとりしたら、満足かも。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
高級感
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
山口県

新車価格
177万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

デミオの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった29人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4
惜しいところもあるが、よく出来ている

マツダMPV(LY3P)からの乗り換え。過去にシビック、スプリンターカリブ、ユーノス500、初代フィット1.5を乗り継ぎ、今はサブでn-BOXを所有しています。

*エクステリア
 マツダらしいデザインで美しい。ただ、フロントのフォグランプ周り、サイドのデザインに少し物足りなさを感じたので、社外品のサイドガーニッシュを張り付けた。これはとてもよく似合うし、サイドの物足りなさを解消できた。

*インテリア
 クラスを超えた質感を持っており、この価格でこれ以上を望むのは難しいだろう。スイッチ類のタッチにも配慮が感じられ、安っぽさはほとんどない。エアコンの吹き出し口やステアリングのデザインもこだわりのあるもので、インテリアはデミオの大きなアピールポイントの一つだろう。
 ただ、既に言い尽くされている通り、これでもかというくらい収納スペースがない。デザイン優先のおかげで見た目は洗練されており生活感がないのはうれしいが、せめてカップコーヒーを4人分置ける工夫は欲しかった。

 メーカーオプションの360°ビューモニターをは解像度が低いためとても見にくい。また、バックモニターはカメラ位置が低いからかレンズが汚れやすく、雨の日は全く役に立たない。これは早急に改善すべき点。それから、カメラ画像をONにするVIEWボタンの位置が悪すぎる。ステアリング奥の右下に、それも斜め下向きにボタンが設置されている。この位置は最悪で、ステアリングに隠れてドライバーからは見えない。とっさに画像を見たい時にも一旦停止して、顔を右下に傾けてボタンを探して押すということをせねばならず、VIEWボタンの有難さを大きくスポイルしている。なぜこれをステアリングに付けなかったのか疑問に思う。マツコネもそうだが、こういう詰めの甘さがマツダの悪い癖。いい車だけど、煮詰まっていない。
 悪評高いマツコネは改良が進んでおり、クセはあるもののそれほど悪くはない。ただ、起動が遅いのはなんとかしてほしい。ひと昔前のWindowsか、と言いたくなるレベル。また、時々フリーズしたり、起動時にナビのSDカードが認識できないといった問題も抱えている。操作面の反応ものんびりしており、今どきのシステムとしては完成度が低いと言わざるを得ない。

*エンジン性能
 街乗りでは不足はない。ただ、中間加速や急激な加速は期待できない。決してトルクもパワーもあるとは言えないMPV(2.3L)からの乗り換えだが、それでもデミオに乗り換えた当初はパワー不足を感じた。しかし、乗りなれてくると排気量の違いからくる問題だと分かった。排気量が小さい分、少しだけ回してあげればいい点に気づいてからは、不満を感じることはあまりなくなった。
 乗っていて気持ちがいいといえば6AT。ロックアップ領域が極めて広く、ダイレクト感が素晴らしい。もちろんDCTほどではないが、シフトチェンジも素早く行われ、MPVの大きな不満点であった緩慢な動きのATから大きな進化を感じられた部分。マニュアルモードにして操作してもその動きはとても素早い。シフトダウン時にはエンジン回転を合わせる制御も行っていて、なかなか心憎い演出をしてくれている。ロックアップ領域がとても広いことのデメリットとしては、ごく低速域でギクシャクする点。また小排気量にて仕方ないが、発進時にエアコンが動き始めるとガクッとパワー低下を感じられる。低速域でのギクシャクやパワーロス感をうまく調整してもらえると更に完成度が高まると思う。しかし、そういったデメリットを差し引いても、とても出来の良いATであることに間違いはない。
 直接エンジン性能とは関係ないが、少し気になる点としてフロアやステアリング、アクセルペダルにエンジンの振動が伝わりやすいエンジン回転数があり、振動対策の不十分さがうかがえる。ワイパーの振動もステアリングにはっきりと伝わる。ひょっとしたらフロント周りの剛性が足りないのかもしれない。大きな段差を超えた時の内装の軋みであったり、その辺も少し残念。この車は幾度に渡るマイナーチェンジを経てとても静かな室内空間を得ている。それ故にノイズを手や足、耳に感じるのはとても残念である。今後の改良を望みたい。

*走行性能
 ヒョコヒョコしている感もあるが、うまくまとめられている。コーナリング時もステアリングインフォメーションが得られ、ドライブが楽しい。Gベクタリンクは無効にするスイッチがなく、効果があるとは言い切れない。あると信じたいが、同じ車でGベクタリングを無効にできないのだから比較はできず、その効果を評価することは誰にもできないだろう。
 走行性能とは少しそれるが、オートライトの感度には強い不満を覚える。MPVの時には極めて適切なタイミングで動作をしてくれていたが、このデミオは点灯がとても遅い。今どきデイライトもあるくらいなのに、なぜこんなに暗くなるまでライトがつかない設定にしているのか理解できない。ディーラーに感度調整を依頼したが、多分センサー部にフィルムを張ってごまかされただけで、大して変化はなかった。早め点灯をしたがらないオートライトなら意味がない。せっかくマツコネの中で点灯タイミングを変更できるのだから、もっと積極的に点灯できるようにパラメーター変更すべき。

*乗り心地
 軽量級なのでしっとり感はない。特にリアは突き上げがややきつい。重量級のMPVからの乗り換えなので、デミオはバタバタ感が気になる。欧州赴任中に欧州車にも乗ったが、固いなかにもしなやかさがあって快適であった。デミオにはそれがない。ただ固い。改善を望みたい。

*燃費
 片道20分の通勤で18km/l、高速では20kg/Lを超える。

*価格
 車格から見ると高い様に思えるが、装備や内装を考えると妥当と思う。

*総評
 メーカーの割り切りとこだわりを理解して購入すれば、とても良い買い物と言える。満足度は高い。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
高級感
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
山口県

新車価格
177万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

デミオの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4
惜しいところもあるが、よく出来ている

【エクステリア】
 マツダらしいデザインで美しい。フロントからリアまでデザイナーがこだわってボディラインを描いているのがよく分かる。フロントのフォグランプ周り、サイドのデザインに少し物足りなさを感じるが満足出来る。

【インテリア】
 クラスを超えた質感を持っており、この価格でこれ以上を望むのは無理。スイッチ類のタッチにも配慮が感じられ、安っぽさはほとんどない。マツコネのセレクターも質感が高く、雰囲気づくりに貢献している。エアコンの吹き出し口やステアリングのデザインもこだわりのあるもので、インテリアはデミオの大きなアピールポイントの一つだろう。
 ただ、既に言い尽くされている通り、これでもかというくらい収納スペースがない。デザイン優先は理解するが、せめてカップコーヒーを4人分置ける工夫は欲しかった。収納スペースよりデザイン優先のおかげでスッキリしており、内装は生活感がなくとても品の良いものに仕上がっていることは間違いない。どっちを優先するのか悩ましいところではある。
 メーカーオプションの360°ビューモニターを付けたが、モニターの解像度が低く、とても見にくい。特にバックモニターはカメラが汚れやすく、雨の日は全く役に立たない。これは早急に改善すべきポイント。
 悪評高いマツコネは改良が進んでおり、クセはあるもののそれほど悪くはない。ただ、起動が遅いのはなんとかしてほしい。ひと昔前のWindowsか、と言いたくなるレベル。スピーカーはツィーターが装備されているが主張が弱く、もう少し鳴ってくれてもいいと思う。

【エンジン性能】
 街乗りではまず不足はない。ただ、中間加速や急激な加速は期待できない。特にパワーのあるエンジンからこのデミオに乗り換えると、アンダーパワーを感じることになろう。また、小排気量のエンジンゆえ、エンジンブレーキの効きはとても弱い。6ATはマニュアルモードを搭載しておりギアを選択できるが、下り坂でシフトダウンをしても回転数だけが上がって減速感はほとんど得られない。このATのマニュアルモードは、上り坂で積極的にギアを選択したい時に使うものと理解したほうが良い。
 直接エンジン性能とは関係ないが、少し気になる点としてフロアやステアリング、アクセルペダルにエンジンの振動が伝わりやすいエンジン回転数があり、振動対策の不十分さがうかがえる。この車は幾度に渡るマイナーチェンジを経てとても静かな室内空間を得ている。それ故に、エンジンの振動を直接手や足に感じるのはとても残念である。一気に安っぽさを感じる瞬間といえ、今後の改良を望みたい。

【走行性能】
 ホイールベースが短く、ヒョコヒョコしている感もあるが、うまくまとめられている。コーナリング時もステアリングインフォメーションが得られ、ドライブが楽しい。Gベクタリンクは効果がよくわからない。

【乗り心地】
 軽量級なのでしっとり感はない。特にリアは突き上げがややきつい。タイヤの空気圧も高く、仕方のない部分ではあるが、もう少しマイルドにしてほしかった。

【燃費】
 片道20分の通勤で18km/l

【価格】
 車格から見ると高い様に思えるが、装備や内装を考えると妥当。

【総評】
 メーカーの割り切りとこだわりを理解して購入すれば、とても良い買い物と言える。満足度はとても高い。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
山口県

新車価格
177万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

デミオの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「デミオ 2014年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
満足できる車  5 2019年10月15日 00:06
アイドリングストップ直後のアクセルワークがちょっと不満でした  5 2019年10月6日 19:45
ディーゼル購入迷われてる方参考にしてください。  5 2019年8月24日 06:49
通勤や一人乗り、仕事には文句なし。  5 2019年8月22日 21:54
満足度は高い車です  4 2019年8月17日 16:35
スカイアクティブD、5年目のレビュー  4 2019年7月21日 21:41
高レベルな車  5 2019年7月7日 22:43
コンパクトカーとしては十分な満足度  5 2019年7月2日 18:33
評価が分かれるくるま  3 2019年6月13日 20:46
マツダ地獄?  4 2019年6月12日 13:27

デミオ 2014年モデルのレビューを見る(レビュアー数:456人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

デミオ 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

デミオ
マツダ

デミオ

新車価格帯:135〜227万円

中古車価格帯:49〜226万円

デミオ 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <1089

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意