『ちょっと他と違う、モノとしての魅力を持った大衆機』 富士フイルム FUJIFILM X100T Black コトトコさんのレビュー・評価

2014年11月20日 発売

FUJIFILM X100T Black

アドバンスト・ハイブリッドビューファインダーを搭載した高級デジタルカメラ

FUJIFILM X100T Black 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥145,139

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥49,500 (9製品)


価格帯:¥145,139〜¥151,380 (2店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画素数:1630万画素(有効画素) 撮影枚数:330枚 FUJIFILM X100T Blackのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

FUJIFILM X100T Black の後に発売された製品FUJIFILM X100T BlackとFUJIFILM X100Fを比較する

FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100FFUJIFILM X100F

FUJIFILM X100F

最安価格(税込): ¥95,000 発売日:2017年 2月23日

画素数:2430万画素(有効画素) 撮影枚数:280枚
  • FUJIFILM X100T Blackの価格比較
  • FUJIFILM X100T Blackの中古価格比較
  • FUJIFILM X100T Blackの買取価格
  • FUJIFILM X100T Blackの店頭購入
  • FUJIFILM X100T Blackのスペック・仕様
  • FUJIFILM X100T Blackの純正オプション
  • FUJIFILM X100T Blackのレビュー
  • FUJIFILM X100T Blackのクチコミ
  • FUJIFILM X100T Blackの画像・動画
  • FUJIFILM X100T Blackのピックアップリスト
  • FUJIFILM X100T Blackのオークション

FUJIFILM X100T Black富士フイルム

最安価格(税込):¥145,139 (前週比:±0 ) 発売日:2014年11月20日

  • FUJIFILM X100T Blackの価格比較
  • FUJIFILM X100T Blackの中古価格比較
  • FUJIFILM X100T Blackの買取価格
  • FUJIFILM X100T Blackの店頭購入
  • FUJIFILM X100T Blackのスペック・仕様
  • FUJIFILM X100T Blackの純正オプション
  • FUJIFILM X100T Blackのレビュー
  • FUJIFILM X100T Blackのクチコミ
  • FUJIFILM X100T Blackの画像・動画
  • FUJIFILM X100T Blackのピックアップリスト
  • FUJIFILM X100T Blackのオークション

『ちょっと他と違う、モノとしての魅力を持った大衆機』 コトトコさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X100T Blackのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:172人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
51件
レンズ
3件
31件
デジタルカメラ
4件
20件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー1
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感4
ちょっと他と違う、モノとしての魅力を持った大衆機
当機種テレコン使用
当機種昨今よく見る芸人さんの絵馬
当機種コントラストを上げています。

テレコン使用

昨今よく見る芸人さんの絵馬

コントラストを上げています。

当機種クラシッククローム
当機種テレコン 動じない。
当機種アクロスを使ってみたくなります。

クラシッククローム

テレコン 動じない。

アクロスを使ってみたくなります。

 一昨年の連休に京都を旅しました。
 生まれて初めての古都は、コンパクトな街で、雑多すぎず、整然ともしすぎず、寺院を巡るのも楽しかったですし、現代的な顔もあり、またかつて『檸檬』で読んだ時に出てきた通りなども面白く、つい夜中もカメラを持って出歩いてしまいました。
コンパクトなカメラで、ファインダーを覗きながら、時には見ないで、気にかかったものを撮っていくのは実に楽しい。

 持って行ったカメラは、フルサイズ一眼レフではなくX100とこのX100Tのコンビ。これらでコンバージョンレンズを併用しつつ、28mm 35mm 50mmの組み合わせで全て賄えました。基本街のスナップや記念写真ですから、強烈なボケが欲しいシーンがあるわけではなく、だからフルサイズに明るいレンズも不要。それでもそれが欲しいっちゃ欲しいシーンもあるのですが、やはりあちこち歩くことを考えるとその重さがネックになってきます。
望遠が欲しいシーンもほとんどなく、この二台で全てやってしまえるものだなあと思いました。実際はここにオリンパスのXZ−1もありましたので、100mm程度の望遠で遊んだりもしたのですが、それもあえてやる感じの一枚ばかりでした。

  三日目の嵐電に乗車中のことでした。
 X100とX100T二台を同時に持つには、ストラップの長さを変えて首や肩に提げると、首には重みが来るが、がちゃがちゃいわないで済むと知り、それで、そんなちょっと阿呆な格好をして、流れていく外の景色を眺めていました。

 とある駅に到着したとき、乗車してきた男性が僕をみとめると、奥様らしき人に声をかけて、僕を見るように促しています。やっぱり変な格好だったかな、と思いながら、ちらりと彼をほうを見ると、彼もまたX100を首に提げているのです。
 ブログでは同じ機種を持ってらっしゃる方との交流をさせていただいたりしているけれど、そういえば、同じカメラを持っている人と実際に会ったことはなかったことに気づきました。
「二台持ってらっしゃるんですねえ」
 向こうの方から声をかけてくださいました。
「ええ、28mmと50mmにしているんです」
「え、そんなことできるんですねえ、知らなかった」
「できますよ。今度お店に行ってみてください」
 奥様をちらりと見る。「貴様! よけいなことを教えるんじゃないよ!」と睨まれるのではないか、と思いました。実際はそんなこともなく、にこやかでしたが…。

 しかしそんなことが起こるのがこのカメラのいいところなのかもしれません。
 大手一眼レフメーカーのフラッグシップでもその機能性からそんなことは起こるかもしれません。
 ライカならば、そのステータスからそうなるかもしれません。
 しかし、10万そこそこのカメラで、そうなるから面白いと思うのです。
 同じ富士フィルムのカメラでも、レンズ交換式のものであったら、もしかしたらこんな会話は生まれなかったかもしれない、とも思います。
 同じ画質の写真を撮りたいなら、X-pro2やT2で明るいレンズを使ったほうが、汎用性も上がるでしょう。
 ボケを重視したいならばフルサイズの一眼レフのほうがいいかもしれません。
 ステータスを高めたいならば、最高のレンズを有するライカがいいに決まって?ます。
 機動性を求めるのなら、もっと違う高級コンデジがあります。
 全部、いい。全部できれば欲しい!
 でも、モノとしての魅力を持ちつつ、それでいてそこそこのお値段で買えるこのカメラは、持っているだけで楽しくなるし、ダイヤルを触りたくなるし、覗きたくなるし、写真を撮りたくなるのです。
 ある意味、それこそが最高の機能だと私は思うのです。

 先日は自転車に乗って知り合いとフォトポタリングをして参りました。知り合いはX100。自分もX100Tを持って。
 アホみたいだなあ、と思うのです。もっと小さいカメラもあるのに、わざわざ鞄を持って、そこにカメラを入れてロードバイクなんかに乗っている。それでも一眼レフより軽量だし、写真を撮っているぞ、と感じる存在感がある。もちろん一眼レフのフラッグシップにも、ライカにも、あるいは同じXシリーズにも、心惹かれるし、いつかは、と思う気持ちもありますが、そんな中でもこのカメラは大切に使って行きたい。そんな思いにさせてくれる素敵な魅力を持つのがこのX100Tなのだと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった59人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー1
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感4
初代と三代目を併用しての所感というか雑感。
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

地元で大きな神社を撮り歩いていた時のことです。
X100とX100Tを持って歩いていると、知らないおじさまから声をかけられました。
「フィルムカメラなの?」
「いえ、デジカメなんです」
 そう言って、裏側を見せました。
「いいカメラだね」
おじさまはそう言って微笑みました。

 こんなやりとりが、このカメラを持って増えました。

 すでにFが登場し、これもまたさらに魅力的なデザインに刷新されて、機能も向上しており、すでに食指が動いております。
 とはいえ、Tでもまだ十分な機能です。
 アクロス、デジタルテレコンが使えるというのが、Fの魅力なのですが、それ以上に、やはりこのデザインがX100系の魅力なのだと思います。
 フィルムカメラに見間違えられるその佇まい、このカメラを持つ時は、ちょっと自分自身もおしゃれをしたいものです。来世に期待ですが…。

 前に原宿から渋谷を経由して、代官山まで歩いてみました。
 秋口の、雨の東京は少し肌寒く、傘を持ちながらの撮影は億劫だったのですが、それでも一眼レフを振り回すよりもはるかに気軽でした。
 この大きさ、一眼レフよりは仰々しくなく、けれどもしっかり構えると「カメラマンが撮っていますよ」という存在感も出せる、ちょうどいいバランスだと思います。それでいて、小気味好く動いてくれるし、初代よりもピントもよく合う。OVFで気持ちよく世界を切り取れるし、EVFで自分の作りたい世界を確認しながら撮影もできる。
 それは、この日常の喧噪とか、路地に息づく小さな生き物たちの静けさをさっと切り取るのにちょうどいい機能があるということだと思います。

 もし海外旅行に行くのなら、一眼レフにズームレンズではなく、このカメラたちを二台、小さなカバンに詰め込んで行きたい。
 パリだろうが、ベトナムだろうが、街という人が息づく場所にはこのカメラで歩きたい。
 X100TひいてはX100系にはそんな魅力が詰まっているのだと、そう思っています。

 新型は、より街を撮るのにちょうどいいアクロスの搭載や、
 ちょっと望遠側が欲しい時にはテレコンと併用できるデジタルテレコンがあり、とても心惹かれますし、Tの時の価格コムの反応よりもFの反応の方がかなり良いように思えることも含め、どうしても新型に手を出したくなりますが、
 そうであっても、今でもこのカメラはスナップをするのに必要十分な存在であり続けてくれています。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった7

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー1
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感4
初代と三代目を併用しての所感というか雑感。
当機種TCL-X100
当機種TCL-X100
当機種WCL-X100

TCL-X100

TCL-X100

WCL-X100

当機種23mm
当機種WCL-X100
別機種X100、M3と。

23mm

WCL-X100

X100、M3と。

 今更ながらの雑感です。お目汚し失礼致します。

 初代と併用して使用しています。
 というのは、テレコンとワイコンの存在があるから。
 28mmと50mmの組み合わせは、スナップや旅行にも最適な単焦点コンビだと思います。
 だったら素直に交換レンズ式のカメラにしろよ、という話ですが、キヤノンをメインにしている以上、新たなマウントに手を出せないまま、こうした組み合わせになった次第です。
 初代よりもフォーカスの速さ、正確さ、隔世の感があります。もちろん動き物には対応しきれないと思いますが、そういうものを撮るものでもないので、不都合は感じません。
 ただ、とにかくひたすらバッテリー消費が早いのが問題です。比較的発売からすぐに購入しましたが、バッテリーのことを見越してか、おまけでもうひとつついてきました。それに比べると初代のバッテリーの持ちのよいことといったら。

 このカメラのアイデンティティはいわずもがな、ファインダーの構造にあるかと思います。それは、写真の仕上がりとはなんの関係もないところであり、フジの画質にほれ込んで購入するとなれば、Xマウントのカメラを買えば、様々なレンズを楽しめるわけです。つまりX100シリーズのアイデンティティは、この無駄な場所にこそある、ということになるでしょう。EVFだけでいいじゃないの、と。

 しかし、それがおもしろいわけです。Tとなり、OVFでもピントが確認できるようになって擬似的なレンジファインダーの要素を楽しめる、あるいはEVFで仕上がりを確認しながら、じっくりと撮影できる(背面液晶と明暗が違いすぎですが)。
 これらのおもしろみは、実際はそのまま写真の仕上がりにも影響するのではないでしょうか。曖昧なブライトフレームと格闘しつつ、構図を追い込んでいくのは、ムダなようであり、おもしろい。そこにお仕着せと言えばそれまでですが、Jpegでフィルムの仕上がりを楽しめたりもするとなれば、それは一発勝負的なスナップなどで本領発揮できるカメラとなるわけです。

 とはいえ、Xpro2が登場した今、X100シリーズの立ち位置も曖昧なところがあるかと思います。それを強引に特徴付けるとするならば、レンズのクセであったり、手頃な大きさだったり、そしてなにより35mm固定でレンズ交換ができないという不自由さにあるのではないでしょうか。

 固定されていれば、それであれこれ工夫をする。ワイコンテレコンの存在も、結局は28、35、50という限られた焦点距離しか使えないという制限だと考えてみる。その制限のなかで、あれこれやることを楽しむカメラ、それがX100Tの、ひいてはX100シリーズの醍醐味だと言えるかもしれません。
 もちろん、これからカメラを始めようという人に勧めるならば、交換レンズが使えるものにしますが、自分のように他にマウントを持ち、しかしそこそこ金額的にも手軽で、完結性のあるシステムを組みたいならば、このカメラにも大きな存在価値があるように思います。
 

 実際、これで京都や四国の島々を旅してみました。カメラ二台にテレコンワイコンを入れてみると、普段一眼レフにレンズ三本を持ち運びするカバンにも十分余裕があります。一泊程度ならここに着替えなどをいれても出かけられるでしょう。
 また、手には一台、肩に一台とぶら下げていても、勝手が悪くない。このシステムで1.2キロしかない。とにかく身軽。ポタリングでも、苦にならない。けれども、その身軽さとは裏腹に、高い高感度性能、カメラとしての佇まい、高画質、フィルムシミュレーション、なにより目に見える形で絞りやシャッタースピードを調整できるダイアルや、切り替え可能な、一見ムダなようで、しかし「見る」ことにこだわったファインダーのシステムがある。その上X100Tはきびきびとしていて小気味良く撮影できる。


 もし、欲を言うのであれば、X70にある、デジタルテレコンで、テレコンレンズを装着時、換算100mm程度の中望遠が使用できること、20mm近辺のワイコンがあること。(これはX70を買えばいいのでしょうが、やはりファインダーが欲しい)電子レンジファインダーの焦点ポイントを、自分で移動できること、フィルター効果に、クロスプロセスや、銀残し、モノクロの特殊な効果があること、でしょうか。デジタルテレコンは、ファームでなんとかなるのではないかな、と思うのですが、制限があるからこそいいといいながら、やはり欲ですね。特殊フィルターに関しても、実際はあまり使用していないのですが、渋めの表現が好きなので、あったら嬉しいところ。アクロスが欲しいというのもありますが、これは後継機に期待です。


 今、Canonの製品も併用しており、フルサイズに明るいレンズを装着した時の、被写体が背景から分離して浮かび上がるような描写がたまらなく好きなのですが、今回の新製品を見ても、実に高く手を出しづらくなってきました。自分の撮る対象のことも考えると、もしかしたらいつか、…それはシグマがFUJIFILMのマウントに手を出した時だ、と思っています。今回、実質の値上げを発表したFUJIFILMですが、それでも、手を出そうと思えば出せる範囲、マウントそのものも変更するかもしれません。そうしたくなる力がこのカメラにはあるような気がします。



 小さなカバンひとつで列車に乗り、車窓を流れる景色をぼんやりみる。文庫本を手にして読みながら、少しうとうとする。はっと目が覚めると、車窓は海の青でいっぱいになっている。そんなとき、カバンからこいつを取り出して絞りとシャッタースピードを調整して撮影したら、などと考えると、もうすでに旅に出かけたくなります。
 そういうカメラです。撮影することそのものを楽しくする。写真を趣味にしたい人にはぴったりの存在なのではないでしょうか。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった36

 
 
 
 
 
 

「FUJIFILM X100T Black」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
「愛用道具」  5 2020年5月19日 23:09
開放で楽しみたい  5 2018年3月30日 18:53
ちょっと他と違う、モノとしての魅力を持った大衆機  5 2017年11月7日 23:15
気軽に高画質な一つの完成形  5 2017年4月9日 15:25
最高の愛玩物、それでいて良く写ります。  5 2016年12月28日 16:05
だいぶいじりました  5 2016年9月19日 23:16
X100シリーズの完成形  4 2016年7月7日 21:18
日常での使用では最高のカメラ  5 2016年4月14日 23:21
とうとう手に入れた愛機  5 2016年3月20日 00:07
写真にハマるキッカケを作ってくれたカメラ  5 2016年3月13日 03:55

FUJIFILM X100T Blackのレビューを見る(レビュアー数:24人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X100T Blackのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

FUJIFILM X100T Black
富士フイルム

FUJIFILM X100T Black

最安価格(税込):¥145,139発売日:2014年11月20日 価格.comの安さの理由は?

FUJIFILM X100T Blackをお気に入り製品に追加する <182

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
qoo10
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意