『フルサイズのアナログアンプにして良かった!』 ヤマハ A-S501 ピエール山羊さんのレビュー・評価

2014年 9月下旬 発売

A-S501

  • 定格出力85W×2のシングルプッシュプル構成の、ハイレゾ対応プリメインアンプ。あらゆるスピーカーを余裕をもって鳴らし切る。
  • トーン/ラウドネス/バランスの各コントロールと後段バッファーアンプをバイパスし、全入力での音質向上を実現する、「ピュアダイレクトスイッチ」を備える。
  • 最大192kHz/24bitに対応した光/同軸デジタル音声入力を備え、オーディオ機器はもちろん、テレビやゲーム機、パソコンなどを接続して再生できる。
A-S501 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥38,088

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥38,088¥47,514 (25店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥60,000

店頭参考価格帯:¥40,540 〜 ¥40,540 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

定格出力:85W/8Ω/100W/6Ω 対応インピーダンス:AorB:6Ω以上(HIGH)/4Ω以上(LOW)/A+B:12Ω以上(HIGH)/8Ω以上(LOW) 再生周波数帯域:10Hz〜100kHz アナログ入力:5系統 アナログ出力:2系統 A-S501のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • A-S501の価格比較
  • A-S501の店頭購入
  • A-S501のスペック・仕様
  • A-S501のレビュー
  • A-S501のクチコミ
  • A-S501の画像・動画
  • A-S501のピックアップリスト
  • A-S501のオークション

A-S501ヤマハ

最安価格(税込):¥38,088 (前週比:±0 ) 発売日:2014年 9月下旬

  • A-S501の価格比較
  • A-S501の店頭購入
  • A-S501のスペック・仕様
  • A-S501のレビュー
  • A-S501のクチコミ
  • A-S501の画像・動画
  • A-S501のピックアップリスト
  • A-S501のオークション

『フルサイズのアナログアンプにして良かった!』 ピエール山羊さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

A-S501のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

ピエール山羊さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:152人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
3件
0件
プリメインアンプ
3件
0件
CDプレーヤー
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性5
音質4
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ5
フルサイズのアナログアンプにして良かった!
   

シンプルイズベスト!

   

1974年製のLOーD製スピーカーを1983年製のケンウッドのアンプ、ヤマハのCDX1という古典システムで聞いていました。さすがに、アンプのボリュームコントロールのガサやスピーカーの音が途切れたり、CDの読み取り不良が頻発していました。新型コロナで家でオーディオを聴く機会が増えたので、まずCDを入れ替えて次に待望のヤマハのアンプAーS501を購入しました(スピーカーのみ現役)。ヤマハのアンプは高音域がよく伸び中音域は厚みがあるが低音がおとなしいとの評価があります。それは高音域・中音域の伸びが目立つているだけで、低音域も締まりがあり決して悪くありません。フルデジタルの他機種とも聴き比べしましたが、この値段(3万円そこそこ)でこんなクリアな音が聞けて本当におすすめです。アナログアンプの良さを再認識しました。購入時上位機種AーS801と選択に迷いましたが、決めては値段とそこまでパワーは必要ないと思いました。購入後PCの音楽を聴くのにUSBーDAC(AーS801に付属)があったら直接接続できて良かったと思いました。対策として、パソコンからのUSB出力をDDC装置(約2500円)で光デジタルに変換しアンプに入力して聞いていて不満はありません。他にはヤマハのレシーバーRーN803も迷いましたが、私にはラジオは不要だし、なるべくシンプルな装置でシステムを組みたいとのポリシーを貫いて決めました。強調したいところは、@コンパクトなアンプでリモコン操作が必要になる場合があるソース切り替えやトーンコントロールのつまみは私には必須です。A大きいという評価については、設置の状態ありますがコンパクトなアンプで異常に熱くなる経験がありことがあり装置の耐久性を考えると放熱には大きい方が有利だと思います。総合的にシンプルイズベストです。

レベル
中級者

参考になった11人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
操作性5
音質4
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ5
フルサイズのアナログアンプにして良かった!

1974年製のLOーD製スピーカーを1983年製のケンウッドのアンプ、ヤマハのCDX1という古典システムで聞いていました。さすがに、アンプのボリュームコントロールのガサやスピーカーの音が途切れたり、CDの読み取り不良が頻発していました。新型コロナで家でオーディオを聴く機会が増えたので、まずCDを入れ替えて次に待望のヤマハのアンプAーS501を購入しました(スピーカーのみ現役)。ヤマハのアンプは高音域がよく伸び中音域は厚みがあるが低音がおとなしいとの評価があります。それは高音域・中音域の伸びが目立つているだけで、低音域も締まりがあり決して悪くありません。フルデジタルの他機種とも聴き比べしましたが、この値段(3万円そこそこ)でこんなクリアな音が聞けて本当におすすめです。アナログアンプの良さを再認識しました。購入時上位機種AーS801と選択に迷いましたが、決めては値段とそこまでパワーは必要ないと思いました。購入後PCの音楽を聴くのにUSBーDAC(AーS801に付属)があったら直接接続できて良かったと思いました。対策として、パソコンからのUSB出力をDDC装置(約2500円)で光デジタルに変換しアンプに入力して聞いていて不満はありません。他にはヤマハのレシーバーRーN803も迷いましたが、私にはラジオは不要だし、なるべくシンプルな装置でシステムを組みたいとのポリシーを貫いて決めました。強調したいところは、@コンパクトなアンプでリモコン操作が必要になる場合があるソース切り替えやトーンコントロールのつまみは私には必須です。A大きいという評価がありますが、装置の耐久性を考えると放熱には絶対有利だと思います。設置の状態もありますが、コンパクトなアンプでは異常に熱くなることがあります。

レベル
中級者

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「A-S501」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

A-S501のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

A-S501
ヤマハ

A-S501

最安価格(税込):¥38,088発売日:2014年 9月下旬 価格.comの安さの理由は?

A-S501をお気に入り製品に追加する <127

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意