『ライブを感じるオープンエア・ヘッドホン』 GRADO SR80e 音之葉さんのレビュー・評価

SR80e 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz SR80eのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SR80eの価格比較
  • SR80eの店頭購入
  • SR80eのスペック・仕様
  • SR80eのレビュー
  • SR80eのクチコミ
  • SR80eの画像・動画
  • SR80eのピックアップリスト
  • SR80eのオークション

SR80eGRADO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2014年 7月18日

  • SR80eの価格比較
  • SR80eの店頭購入
  • SR80eのスペック・仕様
  • SR80eのレビュー
  • SR80eのクチコミ
  • SR80eの画像・動画
  • SR80eのピックアップリスト
  • SR80eのオークション

『ライブを感じるオープンエア・ヘッドホン』 音之葉さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

SR80eのレビューを書く

音之葉さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:193人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
26件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
29件
ネットワークオーディオプレーヤー
0件
10件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1
ライブを感じるオープンエア・ヘッドホン
 

4.4mmバランス化

4.4mm to 6.3mm 変換プラグ

 

■再レビューの更新について
 バランス出力化しました。

 ・4.4mmプラグ(pentaconn high grade)
  本機はOFCケーブルを使用している為、それに見合った最高品質(OFC削り出し)プラグを選定

 ・4.4mm to 6.3mm(pentaconn jac + pentaconn 6.3mm)
  更にアンバランスと比較するために同様の最高品質最高品質(OFC削り出し)プラグと最高品質(唯一無二の設計と素材)ジャックを最短距離接続の特注変換プラグを用意してみました。
  ※内部配線は+側オーグライン+pt、ー側オーグライン+α

 ・イヤーパッド変更(YAXI SR60-PU)
  音籠り感を若干改善

■バランス化、および、アンバランス化の感想
 アンバランス時(P-750ul)
  ・ノーマル時と比較すると音色に厚みと艶がプラスされた感じ(素材と内部線材の影響が強いかも)
  ※SR80e, HD-25, K701, IER-Z1Rを特注変換プラグで試してみましたがSR80eに使用した場合が最も好印象、聞く曲に応じて使い分け大いにアリと感じています。HD-25に関しては暴力感が更に強まり好きな人は更に好みになる感じw

 BTLバランス時(P-750ul)
  ・バランス化により左右の音の分解が鮮明化と音色全体がパワフルに
  ・音色を高域・中高域・中域・中低域・低域と分けた場合に中高域・中域がもっとも明瞭、次いで中低域が若干明瞭化
  ※ノーマルの若干籠った感じが完全に払拭され不自然な低音盛りも無くなかなかに良好

 バランス時(EPA-007)
  ・BTLバランス化よりは左右の音の広がりが若干狭い感じ、明瞭感は同程度
  ・理由は不明ですがアンバランス化で感じた艶が若干追加された感じ
  ※総じてアンプの影響が強いと感じましたが、BTLとアンバランスの中間といった感じで曲と気分によってはこちらで楽しむのも大いにアリと感じました

【バランス化の総評】
 ノーマルを良しと感じられる方にはおススメしかねます
 ノーマル+音色の高品位化を望まれる方にはおススメできると感じます

■初めてのGrado購入

先ずコイツの良さはケーブルが4芯というところです。
60eは普通に2芯をツイストしてるだけ、けれどもこいつは4芯なのでスタッカード構造のケーブルなんじゃないかと考えています。

即ち!SR60eよりノイズに強い(スタッカード構造なので)
更に言うと!SR60eより2芯分通電力が高いので駆動力が高くサウンドがパワフルである。はずw

つけ心地ですが、イヤーパッドのスポンジは素朴で優しい付け心地によりリラックスできます。

本品の用途ですが、GURADOに限っては音楽鑑賞一択です。※私の個人的な主観です。

■インプレッション
※注意:ここからが音に関するインプレッションですが感覚優先で自分に都合の良い思い込みが多分に入ってますので、話半分以下で聞き流して下さい。

私の環境は最大DSD11.2MhzのソースをES9038Pro搭載のDACでP-750uLを通してイヤホン・ヘッドホンをドライブしており、大抵のイヤホン・ヘッドホンはすさまじく良い音で鳴ってくれています。

この環境でSR80eを鳴らした場合、音は太いが籠る感じも全くないんです。欠点が全く見当たりません。
これがGradoサウンドなのかわかりませんが、例えるなら、HD25をオープンエアにした感じかな。つまり、ヌケの良いHD25かな。

ちなみに現時点ではアンバランス接続です。
将来的には本品の良さを生かしてプラグ部のみ4.4mm5極化する予定ですのでその時は再レビューを記載致します。
バランス化したら更に高中低それぞれの音域で明瞭、且つ、パワフルに鳴るんじゃないかと期待しています。

既にバランス化したHD25, K701を所持しているので4.4mm5極→6.3mm変換プラグにてアンバランス接続にて比較してみました。

HD25のような暴力的な音圧感はありません。
K701のような広い音場と繊細な高域も出せてません。
しかし、3つのヘッドホンの中でサウンド全体がパワフルで、それでいて高中域が籠る感じも一切ありません。
特筆すべきポイントとしてバスドラのアタック音に独特な存在感があり、お腹にドスッとくる感じがたまらないです。

本品の楽しみ方として、まずは普段よりちょっとだけアンプのボリュームを上げます。
いつもよりボリュームを上げ気味にした方が楽しめそうなのです。

次にROCK! hiphop! punk! Metal! なんでもいいのでお気に入りのアルバムをかけます。

そうすると音場がデッドな感じのライブハウスにいるような錯覚に陥ってこれが気持ちいい!
おおげさに表現すると70〜90年代のライブハウスの最前列に立ってる感じです。

コロナ禍なのでライブを予約してもキャンセルされて行けないとか、Online配信しかなくて、気楽に生ライブが楽しめないご時世ですが、SR80eをちょっとだけボリューム上げ気味にして自前のライブラリを聴いて見るとあら不思議!?さながらライブハウスに居るように感じてきます。好きな食べ物・飲み物持ち込み放題ですし途中休憩も自由自在。好きなだけ自分だけのライブハウスに入り浸りできます。

ヘッドホンは音漏れが酷く、一切遮音せず音がダダ洩れですので、上げ過ぎに注意して下さい。
気持ち良いからといって音量を上げ過ぎた結果、耳を傷めたりご近所さんから苦情が来ても自己責任でお願いします。

貴方も自分だけのライブハウスを1台購入してみませんか?


■あとがき
結局、ヘッドホンって、上流の環境に物凄く影響されるんじゃないかと感じています。
私の環境(上流)だからこそ太いサウンドだけども籠らない。が実現出来てるんじゃないかと。
なので、例えばDAP直刺しとかだと全然違う印象になるんじゃないかと思い、
自前のDAP+ポータブルアンプで鳴らしてみたんですが、それが、そうでもなかったんですよ。
パワーのあるアンプじゃないので若干物足りない感じもするんですがほぼほぼ変わらない感じです。
私の耳が悪いのか?クソ耳なのか?って。。。。悩むのはやめた。やめた。

みんな頭でっかちになり過ぎ。

やっぱりイイよGRADOサイコウ!
YOU買っちゃいなYO!

主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
PC

参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1
ライブを感じるオープンエア・ヘッドホン

■初めてのGrado購入

先ずコイツの良さはケーブルが4芯というところです。
60eは普通に2芯をツイストしてるだけ、けれどもこいつは4芯なのでスタッカード構造のケーブルなんじゃないかと考えています。

即ち!SR60eよりノイズに強い(スタッカード構造なので)
更に言うと!SR60eより2芯分通電力が高いので駆動力が高くサウンドがパワフルである。はずw

つけ心地ですが、イヤーパッドのスポンジは素朴で優しい付け心地によりリラックスできます。

本品の用途ですが、GURADOに限っては音楽鑑賞一択です。※私の個人的な主観です。

■インプレッション
※注意:ここからが音に関するインプレッションですが感覚優先で自分に都合の良い思い込みが多分に入ってますので、話半分以下で聞き流して下さい。

私の環境は最大DSD11.2MhzのソースをES9038Pro搭載のDACでP-750uLを通してイヤホン・ヘッドホンをドライブしており、大抵のイヤホン・ヘッドホンはすさまじく良い音で鳴ってくれています。

この環境でSR80eを鳴らした場合、音は太いが籠る感じも全くないんです。欠点が全く見当たりません。
これがGradoサウンドなのかわかりませんが、例えるなら、HD25をオープンエアにした感じかな。つまり、ヌケの良いHD25かな。

ちなみに現時点ではアンバランス接続です。
将来的には本品の良さを生かしてプラグ部のみ4.4mm5極化する予定ですのでその時は再レビューを記載致します。
バランス化したら更に高中低それぞれの音域で明瞭、且つ、パワフルに鳴るんじゃないかと期待しています。

既にバランス化したHD25, K701を所持しているので4.4mm5極→6.3mm変換プラグにてアンバランス接続にて比較してみました。

HD25のような暴力的な音圧感はありません。
K701のような広い音場と繊細な高域も出せてません。
しかし、3つのヘッドホンの中でサウンド全体がパワフルで、それでいて高中域が籠る感じも一切ありません。
特筆すべきポイントとしてバスドラのアタック音に独特な存在感があり、お腹にドスッとくる感じがたまらないです。

本品の楽しみ方として、まずは普段よりちょっとだけアンプのボリュームを上げます。
いつもよりボリュームを上げ気味にした方が楽しめそうなのです。

次にROCK! hiphop! punk! Metal! なんでもいいのでお気に入りのアルバムをかけます。

そうすると音場がデッドな感じのライブハウスにいるような錯覚に陥ってこれが気持ちいい!
おおげさに表現すると70〜90年代のライブハウスの最前列に立ってる感じです。

コロナ禍なのでライブを予約してもキャンセルされて行けないとか、Online配信しかなくて、気楽に生ライブが楽しめないご時世ですが、SR80eをちょっとだけボリューム上げ気味にして自前のライブラリを聴いて見るとあら不思議!?さながらライブハウスに居るように感じてきます。好きな食べ物・飲み物持ち込み放題ですし途中休憩も自由自在。好きなだけ自分だけのライブハウスに入り浸りできます。

ヘッドホンは音漏れが酷く、一切遮音せず音がダダ洩れですので、上げ過ぎに注意して下さい。
気持ち良いからといって音量を上げ過ぎた結果、耳を傷めたりご近所さんから苦情が来ても自己責任でお願いします。

貴方も自分だけのライブハウスを1台購入してみませんか?


■あとがき
結局、ヘッドホンって、上流の環境に物凄く影響されるんじゃないかと感じています。
私の環境(上流)だからこそ太いサウンドだけども籠らない。が実現出来てるんじゃないかと。
なので、例えばDAP直刺しとかだと全然違う印象になるんじゃないかと思い、
自前のDAP+ポータブルアンプで鳴らしてみたんですが、それが、そうでもなかったんですよ。
パワーのあるアンプじゃないので若干物足りない感じもするんですがほぼほぼ変わらない感じです。
私の耳が悪いのか?クソ耳なのか?って。。。。悩むのはやめた。やめた。

みんな頭でっかちになり過ぎ。

やっぱりイイよGRADOサイコウ!
YOU買っちゃいなよ!

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった3

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

SR80eのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

SR80e
GRADO

SR80e

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2014年 7月18日

SR80eをお気に入り製品に追加する <24

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意