Pentium Dual-Core G3258 BOX レビュー・評価

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

プロセッサ名:Pentium Dual-Core G3258/(Haswell Refresh) クロック周波数:3.2GHz ソケット形状:LGA1150 Pentium Dual-Core G3258 BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Pentium Dual-Core G3258 BOXの価格比較
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXの店頭購入
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXのスペック・仕様
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXのレビュー
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXのクチコミ
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXの画像・動画
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXのピックアップリスト
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXのオークション

Pentium Dual-Core G3258 BOXインテル

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2014年 6月18日

  • Pentium Dual-Core G3258 BOXの価格比較
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXの店頭購入
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXのスペック・仕様
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXのレビュー
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXのクチコミ
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXの画像・動画
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXのピックアップリスト
  • Pentium Dual-Core G3258 BOXのオークション

Pentium Dual-Core G3258 BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.58
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:36人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.17 4.51 -位
安定性 安定して動作するか 4.53 4.72 -位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 4.35 4.29 -位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.48 4.35 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Pentium Dual-Core G3258 BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:スペック重視」で絞込んだ結果 (絞込み解除

デュアルスロットファンさん

  • レビュー投稿数:74件
  • 累計支持数:115人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
2件
24件
ノートパソコン
2件
13件
CPU
5件
7件
もっと見る
満足度3
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性5

 前回酷評しましたが何はともあれ購入したのは自分。Core i7への換装を間近に、CPUクーラ購入までの間、クロックアップして常用することにしました。
 換装後は安いB85マザーでも買ってNON-Z OCでもやりましょうか。

【処理速度】
 さすがにゲームやエンコードでは力不足を感じることがしばしばありますが、ネットサーフィン用自作機ですのでそういった作業においてはメーン自作機のPhenomIIより快適です。
 1.3GHz分ものクロックアップは確実な性能の向上につながっており、使ってすぐに体感できるほど処理が速くなりました。

○3.2GHz 定格
SuperPi 104万桁…12秒
3DMark06…4742 SM2…1530 SM3…1978 CPU…3508

○4.5GHz リテールクーラ(常用、高負荷時もエラーなし)
SuperPi 104万桁…9秒
3DMark06…4879 SM2…1546 SM3…1984 CPU…4854

○4.6GHz リテールクーラ(実用不可能)
SuperPi 104万桁…8秒

【安定性】
 クロックアップしないのであれば抜群。しても4GHz位までなら安定。それ以降は当り外れや力量次第でしょう。

【省電力性】
 発熱の少なさは逆に怖いほど。スリムケース+リテールクーラという極悪環境下にもかかわらず排気は涼しいままです。

【互換性】
 こんなものでしょう。

【総評】
 FSBを上げようとすると全く起動しなくなるのはクロックアップの楽しみ方の半分を否定されているような気がしますが倍率と電圧の変更だけでここまで性能が伸びるCPUはCeleron300Aの再来と言われるのも頷けます。

追記
 リテールクーラについて少し。
 冷却性能に関しては申分の無いCPUクーラですが、着脱に関してはあまりに粗悪です。
 これまでSocket478以降はAMDを使用してきたため常にクリップ式のクーラを使用していたのですが、LGAソケットのリテールクーラはマザーボードの穴に反しの付いたピンを差込む仕組。CPUを換装しようとするとマザーボードを取外すのはもちろんのこと、クーラの取外しは困難を極めました。
 オーバーヒートした私を止める術もなく、気づけば金槌でたたいたり、ニッパで切刻んだりしていました。
 「私は何をやっているんだ、このマザーボードは1万6千円もしたじゃないか」
 再びECS 1337 Z97-MACHINEが安定して動作することはありませんでした。

 CPUの取替えやクーラの変更を考えている方は、どうかケチらずにバックプレート式のクーラを別途購入することをお勧めします。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった7人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

木塚さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
45件
CPUクーラー
0件
2件
マザーボード
0件
2件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

20分終了直後

46倍までオーバークロックできました。
構成です。
 CPU G3258 記念ペンティアム
 M/B ASROCK H81M-ITX
MEM バルク1333
 ケース Antec ISK600
 クーラ LEPE LPWAC120-HF [AquaChanger 120]
 SSD Silicon Power SP120GBSS3S60S25
OS WNDOWS10 Enterprise TP

CPUのみのオーバークロックです。
アスロック謹製のNON-Z OCで44倍設定、二つあげて46倍に。
電圧が不足していたので、1.45に設定。
OCCT4.4.1のCPU LINPACKを20分ですが通しました。

残念なことに、47倍は受け付けず、OSが立ち上がるも
何かしようとするとブルスクで落ちてしまいます。
これ以上は、マザーをZシリーズにする必要がありそうです。
もし、H81チップセットで47倍以上いっている方がいましたら、
口コミにスレ立てお願いします。

常用するものではないですが、楽しく遊べました。
IntelはCore 2 Duo E6850以来でしたが、定格では安定しており、
選択肢としてアリと感じました。
もっとも、エンコもゲームもしていませんが。

A10-6800Kの環境から、マザーとCPUだけ載せ替えて、遊んでみました。
これから戻します。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

優雅な子猫さん

  • レビュー投稿数:122件
  • 累計支持数:875人
  • ファン数:31人

よく投稿するカテゴリ

炭酸飲料・エナジードリンク
5件
222件
PCケース
6件
158件
CPU
5件
116件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性5

再生する

製品紹介・使用例
現在の風景(⌒▽⌒)

殻割り前OCCT LIN PACK AVX 4.8GHz 21℃〜25℃測定時、Core温度

殻割り前OCCT LIN PACK AVX 4.8GHz Core0温度

殻割&リキプロ化OCCT LIN PACK AVX 5.0GHz

殻割り&リキプロ化LIN PACK AVX 5.0GHz 1Hクリア

5.0GHz時スコア

Prime95 5.0GHz 室温22.3℃±0.2℃1Hクリア

今年の1月中旬に衝動買いとなる購入をしたわけですが、3月に入り約1ヵ月半経過したばかりですが今まで殻割り後のリスクがどうしても好きになれず(笑)今現在に至った訳ですが、ついに覚悟を決め、殻割りを実施致しました。!

【現在の構成】
[M/B] ASUS MAXIMUS VI HERO
[CPU] Pentium Dual-Core G3258 BOX 殻割&リキプロ化
[RAM] CMP8GX3M2A1600C9 4GB×2枚 XMP1800
[グラボ] MSI R6870 TWUN FROZR U
[ドライブ]ASUS DRW-24D3ST
[ファンコン] Kama Meter
[クーラー] V8GTS 
[HDD] WESTERN DIGITAL AADS7年物
[CACE] CM Storm Strker
[PSU] コルセアCX430M CP-9020058-JP
[OS] Win7 HOME

一応殻割り前データも残しておきます。
■【R15検証温度 XMP1800】■殻割り前
【4.5GHz】 ■OC1.199V ■CPU Cache Voltage 1.217V
 室温 26.6℃ Core0 59℃ ■スコア325

【4.6GHz】 ■OC1.249V ■CPU Cache Voltage 1.221V
 室温 26.6℃ Core0 63℃ ■スコア329

【4.7GHz】 ■OC1.297V ■CPU Cache Voltage 1.227V
 室温 28.1℃ Core0 68℃ ■スコア336

【4.8GHz】 ■OC1.347V ■CPU Cache Voltage 1.230V
 室温 25.2℃ Core0 71℃ ■スコア346

【4.9GHz】 ■OC1.429V ■CPU Cache Voltage 1.275V
 室温 23.7℃ Core0 77℃ ■スコア350

■5.0GHz OC1.429V CPU Cache Voltage 1.285V〜ネットや軽いベンチでOKだった電圧設定値、LIN PACK AVXにチェック入れてなんかはもちろん論外。(笑)

■5.1GHz OC1.635v CPU Cache Voltage 1.331V 5.1GHz起動するもネットに飛んだ瞬間ブルースクリーンでした。

■5.2GHz 壊しそうなので、このクロック数からは検証してないです。(´∀`*)

★LIN PACK AVX チェック入れ 1H完走
■ 4.8GHz OC1.347V CPU Cache Voltage 1.230V ストーブをつけての検証により最低室温は21℃〜高温時25℃位での一定しない室温での検証となりました。1番目SS参照ください。

★【Windowsエクスペリエンス】プロセッサ1秒あたりの計算
■定格時 スコア 7.1 ■4.8GHz スコア 7.4■5.0Gz スコア変わらず7.4(笑)

★【スーパーπ1M】
■4.6GHz 8.48秒 ■4.7GHz 8.359秒■4.8GHz 8.155秒■4.9GHz 8.113秒■5.0GHz 7.899秒■5.1GHz 7.828秒

★Prime95 用5.0GHz電圧値で測定
■5.0GHz で7.815秒と5.1GHzで7.668秒と時間短縮されスコアもかなりいい感じです! 負荷は軽いベンチですので、最大でも30%未満しかかからず、起動出来れば、高クロック数でも計測が可能です。(ただし実用領域とで比例するものではありませんが・・)しかし7千円台でのCPUでもここまで出来るとは大したものだと感じます。(^^)

★ネトゲーゲーム検証 IN AVA
■4.8GHz時での遊んだ印象はゲーム自体が起動するまでには、ログイン後1分程度ほどかかりましたが起動してしまえば、問題ないレベルです!2600K使用時と大差なくスムーズに参加できました!

■定格3.2GHzでも検証しましたが、パスワードを入れてポチっとしてから、4.8GHz時より起動する時間が1分伸び約2分となりましたが起動してしまえば、何ら問題等もなく快適なゲームを楽しむ事ができました!

■4.8GHz時、AVA FPS 159/PING :4ms/メモリ使用率44%(4GB)でした。(*^o^*)
追記 4790k 4.6GHz グラボ760GTX 環境では、FPS 200/PING :4ms/メモリ使用率44%(4GB)と大差なくゲームに向いてるとも言えるでしょう。

★ファイナルファンタジーベンチマーク検証結果!
■1280×720 最高品質フルスクリーンモードスコア 9801  非常に快適
■1920×1080 標準品質(デスクトップPC) フルスクリーンモード スコア 10911 非常に快適
■1920×1080 高品質 (デスクトップPC) フルスクリーンモード スコア 6081  とても快適
■1920×1080 最高品質フルスクリーンモード スコア 5936  とても快適

★ここからは殻割り後になります★
※殻割り前との温度の比較をより分かりやすいものにするため前回と同じOC電圧とCPU CacheVoltageで計測しました。その他の電圧値は、事細かに煮詰めましたので、ご了承ください。

■殻割り後 XMP1800 測定日時3月8日PM13時〜
【4.5GHz】 ■室温 23.5℃ Core0 47℃ ■スコア330
【4.6GHz】 ■室温 23.5℃ Core0 49℃ ■スコア339
【4.7GHz】 ■室温 23.5℃ Core0 51℃ ■スコア343
【4.8GHz】 ■室温 23.5℃ Core0 55℃ ■スコア352
【4.9GHz】 ■室温 23.5℃ Core0 60℃ ■スコア357
【5.0GHz】 ■室温 23.5℃ Core0 67℃ ■スコア362
 
一応LIN PACK AVX 5.0GHzではOCV値を1.461vとして1H完走できたのですが、更に電圧を1V以上上乗せしてのPrime95の設定になります。

【5.0GHz常用値】 
■OC1.565V 
■CPU Cache Voltage 1.325V
■CPU Input Voltage 1.9V
■PLL Teminaton Voltage1.2V
■Vcore Voltage Additional Offset ±0V
■CPU Cache Voltage Offset ±0V
■CPU System Agent Voltage Offset 0.300V
■CPU Analoge IO Voltage Offset 0.157V
■CPU Digtal IO Voltage Offset 0.145V
■DRAM Voltage 1.650V
■PCH CORE 1.05V Voltage 1.05000V
■PCH 1.5V Voltage 1.50000V
■Clock Crossing Voltage 1.15000V
■Fan Xpert2

【総評】
何よりもOC耐性の素晴らしさに驚きを感じてしまわずにはいられないですし、いやはや手頃な値段で、ここまで遊べるCPUを手に出来、今の時代に生まれていて良かったなとつくづくそう思わされました!ここ最近のK付きHaswell Refreshはとにかく熱持ちが多いですが、OC電圧値1.5V超えでも余裕を持っての熱と向き合える性能を秘めているCPUには正直驚きを隠せませんでした。本当にコア数少ないけど素晴らしいCPUだと思います!

お約束(^^)になりますがOCは自己責任にてお願いいたしますね〜(⌒▽⌒)

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった13人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

にゃんと宙返りさん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:116人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

CPU
5件
0件
CPUクーラー
3件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性5

サブ機のCPUがE6750で 立ち上がりも遅いし反応がモサッとするしでいい加減買い直したかったので思い切って購入
マザーもH97-PLUSに交換

E6750はSSD使用でも立ち上がりまでなんやかんやで15秒はかかってたけど
さすがに最近のCPUは早かった…
10秒くらいでスッと立ち上がりモサッとした動きもない

OC予定だったが電圧を変更すると温度センサーが狂ってるのか温度表示がおかしくなったので
定格で使用(そこまで温度上昇する事はないので表示気にしなければ問題ないけどなんとなく…)
内蔵GPUは貧弱なE6750と違ってFHD動画再生でもサクサク
WEBブラウジングと動画視聴くらいにしか使わないPCなので
グラボも不要となり低消費電力機として生まれ変わりました

ちなみにOSはwin7で CPUとマザーを交換後OSは、チップセットドライバ等を入れるだけでそのまま動いたのでクリーンインストールは敢えてしないで使用
元々ソフト自体ほとんど入れてないPCで特にエラーもないのでそのまま(笑)
OSの再認証は必要だった(オペレーターに電話した)

値段も手頃ですし、古いCPUを使ってるなら廉価版の安いマザーと併せてお手軽にリフレッシュできると思います

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

こずびぃさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

メモリー
2件
0件
デジタルカメラ
0件
1件
カードリーダー
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性5

M/B :ASUS B85M-G 
BIOS :2110
CPUクーラー:クーラーマスター Hyper TX3 EVO
CPUクロック:4.4GHz
GPUクロック:1700MHz
Vcore :1.180V
殻割:無し
コア温度 :27℃(アイドル)/58℃-62℃(負荷時)
室温 :20℃
CPU OCCT:2時間完走
LINPACK OCCT:5時間完走

だれでも簡単にOCできる面白いCPUです。
2015年1月現在8000円を切るコスパを考えると、
このCPUにミドルクラスのグラボの構成はアリだと思います。
(マザーも最安6000円切ってますからね^^)

※2015/1/13追記
CPUクロック:4.5GHz
CPU cache ratio:45
Vcore :1.230V(1.220vでの起動&高負荷も確認済み)
コア温度 :27℃(アイドル)/64℃-68℃(負荷時)
CINEBENCH R15(2core):331
CINEBENCH R15(single):169
LINPACK OCCT:5時間完走

A10-6800、A10-7800と良い勝負できる感じかな?
内蔵GPUもOCしたらGT620〜GT630の間くらいと思いますね。
GT630のDDR3をつけて確認したら内蔵GPUよりスコア若干良いくらいでした。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

とあくんさん

  • レビュー投稿数:40件
  • 累計支持数:69人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
24件
マザーボード
1件
24件
PC何でも掲示板
0件
12件
もっと見る
満足度4
処理速度2
安定性3
省電力性4
互換性4

4.5Ghz 1.30V 殻割なし

G3258 4.5Ghz 1.30V 殻割 リキプロ化

4.5Ghz 1.30V 殻割後 水冷化

   

4.6Ghz 1.32V 殻割後 水冷化

   

購入するつもりは無かったんですが。。

先日友人のBTOPCを弄った時に外したMBを頂いたので
OCして遊んでみようと思い購入してしました。

ケースには入れず裸にて使用
まずは手元にあったi74790kのリテールクーラーで組みました。(グリスはAS-05)
4.5GHz1.30vまで上げたところで80度 (室温30度) 

そして殻割り+リキプロ化+i74790kリテールクーラー(AS-05)
同条件で63度まで下がりました。

殻割り+リキプロ化+水冷化(ELC-LM120S-TAA)
同条件で52度に

温度もかなり低いので
4.6GHz1.32vへ 温度も52度

まだまだ温度は低いので4.7GHz 4.8GHzと上げていきましたが
OSは立ち上がりネット程度なら良いのですがベンチは止まってしまいます。
かなり高めの電圧まで上げてみましたが同じでしたので4.6GHz1.320vでひとまず終了。

頂いたMBは ECS Z87H3-A4 V2.0 という板です。
一応Z87なのでいけるかな?と思ったんですが
4.6GHz以上は無理でした。

こうなると5GHz以上を目指しASRock OC Formulaを買ってみようか・・・と


2コアなので上げてもスペックは低いですが殻割り+リキプロ化し格安水冷でも冷えますので
OCして遊ぶには楽しいCPUです。



レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

海ザルMAXさん

  • レビュー投稿数:116件
  • 累計支持数:933人
  • ファン数:39人

よく投稿するカテゴリ

CPU
13件
59件
マザーボード
11件
44件
CPUクーラー
6件
48件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性5

G3258 4.7GHz CPU-Z

Super PI IM

Windows エクスペリエンス インデックス

4.8GHz CrystalMark 2004R3

4.7GHz OCCT時のHWiNFO64

4.7GHz A-Tuning System info

全てのPCをZ87マザーボードからZ97に移行していますが、メイン機の換装が終了したので次は録画機PCをG3258にしてみました。G3258は発売前から楽しみにしていた方が多いと思いますが、低価格でオーバークロックができるCPUですから価格COMでも発売後すぐに人気上位に入ってきましたね!

4790Kと4690K、G3258のどれから試してみようかなと思っていましたが、やはり人気順で4790Kの次はG3258になりました。オーバークロックを楽しむならこれしかないかもしれません。メイン機の4790Kは現在4.6GHzで安全運転中ですが、低価格のG3258はついついクロックも上げ気味にしてしましそうでちょっと怖いですね!

★PCの構成 
【M/B】ASRock Z97 Extreme4
【CPU】intel Pentium G3258 4.7GHz 
【GPU】N760GTX Twin Frozr 4S OC
【RAM】Corsair CMX16GX3M2A1600C11
【クーラー】ELC-LT120X-HP
【SSD】 PX-256M6S
【HDD】WD20EZRX
【HDD】 SEAGATE ST500DM002
【PSU】 SILVERSTONE SST-ST75F-P
【CASE】P280 MW Window
【OS】 Window7 HP 64bit


★高負荷時の最高温度
検証時はELC-LT120X-HPのファンはパフォーマンスモード2000rpm前後で冷却しています。室温29.5℃での検証になります。温度はCoreTemp1.0 RC6で確認しています。
【CINEBENCH R15 4.6GHz】
Core#0  68℃ 
Core#1  62℃ 

【CINEBENCH R15 4.7GHz】
Core#0  73℃ 
Core#1  65℃ 

【OCCT 4.7GHz】
Core#0  81℃ 
Core#1  70℃ 

【LINPACK 4.7GHz】
Core#0  83℃ 
Core#1  71℃


★ベンチマーク比較
【CINEBENCH R15 4.5GHz】
320cb

【CINEBENCH R15 4.6GHz】
327cb

【CINEBENCH R15 4.7GHz】
332cb

【Super PI 1M】
4.6GHz:08.690s
4.7GHz:08.426s
4.8GHz:08.226s

【CrystalMark 2004R3】
ALU/67650
FPU/46455
MEM/58332
HDD/43259

処理速度はベンチマークでもわかりますが、OC時は当然ですが2コア2スレッドの中では最強です。消費電力と発熱は覚悟した方がいいですが・・・


★OC Tweakerでの設定(OCCT通過時)
Load Optimized CPU OC Setting / Disabled
CPU Ratio / ALL Core
ALL Core / 47
CPU Cache Ratio/42
CPU VOLTAGE Mode / Override Mode
CPU Override Voltage / 1.320V
CPU Cache Override Voltage / 1.240V
CPU Integrated VR Faults / Disabled
CPU Integrated VR Efficiency Mode / Disabled
CPU Input Voltage / 1.950
LLC / LEVEL1



★私の個体での常用時の電圧参考値
4.5GHz:1.205V(OCCTは1.210V)
4.6GHz:1.250V(OCCTは1.260V)
4.7GHz:1.315V(OCCTは1.320V)
4.8GHz:1.385V(CINEBENCH R15は1.385V)
ただし4.8GHzはベンチマークだけで常用は無理そうです。CINEBENCH R15で81℃まで上がりますので、OCCTでは10℃以高温になりますので90℃〜95℃になります。4.8GHz以上は細かい電圧設定をしないと不安定になりやすいです。

★満足度
今までの録画機で使っていた2コア2スレッドのG3220と比較したら、かなりパフォーマンスも向上しました。G3258の定格3.2GHzから146%もクロックアップできたのは満足です。
ただし動画を見ながら文書を書くとか、複数のアプリケーションを併用したりすると、やはり2コア2スレッドだなと感じることはよくあります。ウィルスチェックしながら地デジを視聴&録画、更にネット閲覧なんて組み合わせはCPU使用率も90%近くになりますし、4.7GHzだと発熱も半端ないですね!
やはり負荷の高い処理は多くのコアがあるCPUがいいかなと感じるG3258でした。


4790Kの時は短時間で終了するCINEBENCH R15ですが、2コア2スレッドのPentium G3258になるとCINEBENCH R15でも相当時間かかりますので、クロックの上げ過ぎはブルースクリーン連発になることもありますし電圧の上げ過ぎは破損の危険もありますので注意した方がよさそうです。


★紹介ブログ
4.7GHzで常用中!
http://4338.blog.fc2.com/blog-entry-146.html

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Pentium Dual-Core G3258 BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Pentium Dual-Core G3258 BOX
インテル

Pentium Dual-Core G3258 BOX

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2014年 6月18日

Pentium Dual-Core G3258 BOXをお気に入り製品に追加する <411

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意