『死んでも死んでも死んでも死んでも、それでも戦い続けられるなら』 SIE Bloodborne(ブラッドボーン) 酒缶さんのレビュー・評価

2015年 3月26日 発売

Bloodborne(ブラッドボーン)

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥6,900

ジャンル:アクションRPG プレイ人数:1人 ネットワークプレイ人数:1〜5人 CERO:CERO「D」17歳以上対象 Bloodborne(ブラッドボーン)のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Bloodborne(ブラッドボーン)の価格比較
  • Bloodborne(ブラッドボーン)の店頭購入
  • Bloodborne(ブラッドボーン)のスペック・仕様
  • Bloodborne(ブラッドボーン)のレビュー
  • Bloodborne(ブラッドボーン)のクチコミ
  • Bloodborne(ブラッドボーン)の画像・動画
  • Bloodborne(ブラッドボーン)のピックアップリスト
  • Bloodborne(ブラッドボーン)のオークション

Bloodborne(ブラッドボーン)SIE

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 3月26日

  • Bloodborne(ブラッドボーン)の価格比較
  • Bloodborne(ブラッドボーン)の店頭購入
  • Bloodborne(ブラッドボーン)のスペック・仕様
  • Bloodborne(ブラッドボーン)のレビュー
  • Bloodborne(ブラッドボーン)のクチコミ
  • Bloodborne(ブラッドボーン)の画像・動画
  • Bloodborne(ブラッドボーン)のピックアップリスト
  • Bloodborne(ブラッドボーン)のオークション
ユーザーレビュー > ゲーム > プレイステーション4(PS4) ソフト > SIE > Bloodborne(ブラッドボーン)

『死んでも死んでも死んでも死んでも、それでも戦い続けられるなら』 酒缶さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Bloodborne(ブラッドボーン)のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

酒缶さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性5
ゲームバランス2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

死んでも死んでも死んでも死んでも、それでも戦い続けられるなら
 

パッケージ表面

パッケージ中身

 

【概要】
・「未知の探索」「死闘感」「新たなオンライン体験」をテーマにして獣狩りの狩人の物語を描くアクションRPG。

・操作方法
 左スティック キャラクターの移動
 右スティック カメラ操作
 〇ボタン アクション
 ×ボタン バックステップ
 △ボタン 輸血液の使用
 □ボタン アイテムの使用
 L1ボタン 右手武器の変形
 L2ボタン 左手武器による攻撃
 R1ボタン 右手武器による攻撃
 R2ボタン 右手武器による強攻撃
 R2ボタン長押し 溜め攻撃
 R3ボタン ロックのON/OFF・カメラリセット 
 方向キー上 血の弾丸の補充
 方向キー左 左手の武器の切り替え
 方向キー右 右手の武器の切り替え
 方向キー下 アイテムの切り替え
 左スティック前方+R2ボタン ジャンプ攻撃
 ×ボタン長押し+左スティック ダッシュ
 (ダッシュ中)×ボタン ダッシュローリング
 ×ボタン+左スティック ローリング
 (敵をロック中)×ボタン+左スティック ステップ
 OPTIONSボタン システムメニューを開く
 タッチパッドボタン左 ジェスチャーメニューを開く
 タッチパッドボタン右 携行品メニューを開く

・タイトルメニューから選べる項目は5種類。
「CONTINUE」最後にプレイした状況から再開
「LOAD GAME」セーブデータからの再開
「NEW GAME」新規プレイの開始
「SYSTEM」各種設定
「LOGIN」ネットワークへのログイン


【評価】
・おどろおどろしい世界観で、死んで死んで死にまくって、死に対して麻痺してもなおチャレンジしたくなる、不思議な魅力のあるゲーム。ストーリーに沿って進めていくタイプとは真逆で、アクションが下手だとずっとゲームの入り口部分をうろうろするしかない、ハードなつくり。

・3Dアクションではあるが、L2ボタンとR2ボタンで左右の攻撃になっていて、親指操作でアクションやバックステップとなっていて、若干操作にクセがあるが、慣れると心地よくアクションを決めることができる。

・クリーチャーが不気味で、プレイヤーキャラクターは操作がうまくいけばスタイリッシュに戦える。しかし、カメラワークや障害物などをよくよく考慮しないで突き進むと、ふいに襲われてしまうこともあり、全体的にストレスが多い。敵の攻撃の間合いと障害物とローリングの関係性が理解できないと、かなり厳しいように感じた。


【まとめ】
・ストーリー主導タイプのゲームや、難易度を落とせば何となくテイストを楽しめるような爽快感のあるゲームを楽しみたい人には向かないゲーム。死にながら攻略法を編み出し、死してなお挑戦する強い気持ちを持っていて、繰り返しプレイすればそれなりにアクションゲームに適応できている人はぜひ挑戦してみてください。現在ではいろいろなバージョンが発売されているので、新しいバージョンを購入しましょう。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Bloodborne(ブラッドボーン)」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
死んでも死んでも死んでも死んでも、それでも戦い続けられるなら  4 2021年3月18日 10:54
神ゲーです。  5 2020年4月22日 07:23
なんじゃこりゃ  1 2018年2月25日 22:01
かなりガッカリ  3 2015年8月15日 14:49
躍動感溢れる戦闘が展開  5 2015年5月16日 17:42

Bloodborne(ブラッドボーン)のレビューを見る(レビュアー数:5人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Bloodborne(ブラッドボーン)のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Bloodborne(ブラッドボーン)
SIE

Bloodborne(ブラッドボーン)

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 3月26日

Bloodborne(ブラッドボーン)をお気に入り製品に追加する <22

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プレイステーション4(PS4)ソフト]

プレイステーション4(PS4)ソフトの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(プレイステーション4(PS4) ソフト)

ご注意