『このサイズのMini-ITXにしては拡張性あり』 Thermaltake Element Qi VL520B1N2J 拡張熊さんのレビュー・評価

Element Qi VL520B1N2J 製品画像

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

対応ファクター:Mini-ITX 電源容量:220W 3.5インチベイ:1個 3.5インチシャドウベイ:1個 5.25インチベイ:1個 Element Qi VL520B1N2Jのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Element Qi VL520B1N2Jの価格比較
  • Element Qi VL520B1N2Jの店頭購入
  • Element Qi VL520B1N2Jのスペック・仕様
  • Element Qi VL520B1N2Jのレビュー
  • Element Qi VL520B1N2Jのクチコミ
  • Element Qi VL520B1N2Jの画像・動画
  • Element Qi VL520B1N2Jのピックアップリスト
  • Element Qi VL520B1N2Jのオークション

Element Qi VL520B1N2JThermaltake

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2014年 5月23日

  • Element Qi VL520B1N2Jの価格比較
  • Element Qi VL520B1N2Jの店頭購入
  • Element Qi VL520B1N2Jのスペック・仕様
  • Element Qi VL520B1N2Jのレビュー
  • Element Qi VL520B1N2Jのクチコミ
  • Element Qi VL520B1N2Jの画像・動画
  • Element Qi VL520B1N2Jのピックアップリスト
  • Element Qi VL520B1N2Jのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > PCケース > Thermaltake > Element Qi VL520B1N2J

『このサイズのMini-ITXにしては拡張性あり』 拡張熊さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Element Qi VL520B1N2Jのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
114件
タブレットPC
1件
41件
デジタル一眼カメラ
1件
38件
もっと見る
満足度5
デザイン5
拡張性4
メンテナンス性3
作りのよさ4
静音性3
このサイズのMini-ITXにしては拡張性あり

9月頭に秋葉原のTSUKUMO DOS/V館で購入しました。
Athlon 5350をメインに、PX-W3PEを使った録画機として組みました。
マザーボードにAM1H-ITXを利用したため、付属の220W電源は取り外して利用しています。

【デザイン】
フロントの赤色のラインが気に入って購入しました。
思った以上にコンパクトで、机の上においても邪魔になりません。

【拡張性】
このコンパクトさで、5インチベイ+3.5インチベイ+3.5インチシャドウベイは凄いのではないでしょうか。
ただし、付属の電源を利用する場合、5インチベイとの隙間はごくわずかで、ケーブル類はL字型を使わなければ取り付け不可能でしょう。
また、CPUクーラーは高さ45mmまでしか利用できません。Core i系クーラーの55mmファンは取り付けられないでしょう。
3.5インチシャドウベイはケース右側面の通気口をほぼ塞ぐ形で取り付けることになるため、吸気効率は大幅に下がります。
ケースファンが一切ない(取り付けられない)ケースとして、この点は気をつけるべきでしょう。
PCI拡張スロットは1スロットなため、2スロットタイプの多いグラフィックカード等の取り付けは諦めたほうが良いでしょう。
また、拡張カードを取り付けると左側面の通気口も塞ぐことになるため、ロープロファイル対応出ないカードを取り付ける場合エアフローはほぼ無くなると考えたほうが良いかもしれません。

【メンテナンス性】
裏面4箇所のネジを取り外すと両側面+天板がコの字型になった部分が丸ごと外れます。
また、マザーボードにアクセスする場合は電源を外す必要があります。
プラスドライバー必須なので即メンテナンスと言う訳にはいかないですね。(自分は手回し出来るネジに交換しました)
分解を終えてしまえば、左右と上からアクセスすることが出来るため、メンテナンスそのものはやりやすいかもしれません。
前面パネルは引っかかっているストッパーを4つ外すだけで取り外しできます。

【作りのよさ】
天板は厚いとも薄いとも言えない感じで、外した天板の両端を持って力をかけたら恐らく簡単に曲がるはずです。
ですが、ケースに取り付けた状態だとフレームがかなりしっかりしているので上に物をおいても安定しています。
少なくとも2kg〜3kg程度までならビクともしていません。
唯一残念なのは付属のネジとネジ穴のサイズが合わないモノが多かった点です。
特に、マザーボード取り付けネジ穴が合わないのは流石に焦りました。(別のネジを流用しましたが)
この完成度のケースをこの価格で提供したことで、細かい点が少し疎かになっていますね。
あと、一番気になったのはフロントのUSB3.0ポートが裏表逆なんですよね。
殆どの機器でUSBロゴの無い側を上にして挿す必要があります。

【静音性】
左右に巨大な通風口が開いているため、静音性は皆無です。
Athlon5350付属の50mm角ファンを2800rpm程度で回しても音がはっきり聞こえるレベルです。
このケースで静音マシンを組もうと思ったらファンレスにするしか無いでしょう。
なお、220W電源は一切使用していないのでこちらの音については評価外です。

【総評】
8000円台のケースでありながら、コンパクトで且つ拡張性があり電源が付属しているのはなかなか美味しいです。
細かい点で気になる点や注意する点はありますが、組み上げてしまえば満足行く製品です。

画像などで細かいレビューをクチコミ掲示板の方にアップしますので、そちらもご覧ください。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Element Qi VL520B1N2J」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Element Qi VL520B1N2Jのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Element Qi VL520B1N2J
Thermaltake

Element Qi VL520B1N2J

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2014年 5月23日

Element Qi VL520B1N2Jをお気に入り製品に追加する <20

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[PCケース]

PCケースの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(PCケース)

ご注意