『コンパクトでシンプルなボディに高い性能・機能がぎっしり』 SONY サイバーショット DSC-RX100M3 Berniniさんのレビュー・評価

2014年 5月30日 発売

サイバーショット DSC-RX100M3

  • 新開発レンズ「ZEISS バリオ・ゾナーT* 24-70mm F1.8-2.8」を搭載。
  • 1.0インチの裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサーで高感度と低ノイズ性能を実現。
  • 従来モデルから約3倍に処理速度が向上した画像処理エンジン「BIONZ X」により、高い質感描写を誇る。
サイバーショット DSC-RX100M3 製品画像
最安価格(税込):

¥55,900

(前週比:+2,900円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥55,900

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥36,300 (3製品)


価格帯:¥55,900〜¥90,710 (48店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥55,900 〜 ¥67,790 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2090万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 光学ズーム:2.9倍 撮影枚数:320枚 サイバーショット DSC-RX100M3のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

サイバーショット DSC-RX100M3 の後に発売された製品サイバーショット DSC-RX100M3とサイバーショット DSC-RX100M4を比較する

サイバーショット DSC-RX100M4

サイバーショット DSC-RX100M4

最安価格(税込): ¥74,998 発売日:2015年 7月31日

画素数:2100万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 光学ズーム:2.9倍 撮影枚数:280枚
  • サイバーショット DSC-RX100M3の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M3の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M3の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX100M3の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX100M3のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX100M3の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX100M3のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX100M3のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX100M3の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX100M3のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX100M3のオークション

サイバーショット DSC-RX100M3SONY

最安価格(税込):¥55,900 (前週比:+2,900円↑) 発売日:2014年 5月30日

  • サイバーショット DSC-RX100M3の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M3の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M3の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX100M3の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX100M3のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX100M3の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX100M3のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX100M3のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX100M3の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX100M3のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX100M3のオークション
ユーザーレビュー > カメラ > デジタルカメラ > SONY > サイバーショット DSC-RX100M3

『コンパクトでシンプルなボディに高い性能・機能がぎっしり』 Berniniさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

サイバーショット DSC-RX100M3のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:1617人
  • ファン数:196人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
647件
デジタルカメラ
5件
407件
レンズ
8件
200件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
コンパクトでシンプルなボディに高い性能・機能がぎっしり

再生する

再生する

作例
動画1 タイムラプス 操作が簡単でいいですね。細かくカスタマイズも可能

作例
動画2 スタートレイルのような面白いアプリが使えるようになりました

当機種写真1 ファインダーがあるとやはり撮影での没入感が違います
当機種写真2 デジタル特有の輪郭強調を極限まで抑え質感描写力が進化しています
当機種写真3 MagFilterアダプター使用 偏向フィルターによりガラス反射光除去

写真1 ファインダーがあるとやはり撮影での没入感が違います

写真2 デジタル特有の輪郭強調を極限まで抑え質感描写力が進化しています

写真3 MagFilterアダプター使用 偏向フィルターによりガラス反射光除去

当機種写真4 モバイルバッテリーによる給電撮影やスマホによるAv、Tv等の制御が可能
当機種写真5 バルブ撮影が可能で花火やホタル撮影に適しています
当機種写真6 狭い屋内撮影では24mmスタートの広角はありがたい

写真4 モバイルバッテリーによる給電撮影やスマホによるAv、Tv等の制御が可能

写真5 バルブ撮影が可能で花火やホタル撮影に適しています

写真6 狭い屋内撮影では24mmスタートの広角はありがたい

 M3では画像処理エンジンがBIONZ Xに変わったおかげでM1やM2よりデジタル特有の輪郭強調を極限まで抑え、高い解像感とともに質感描写力が進化しています。
 JPEGだけで撮影していると気づかないかもしれませんが、純正のImage Data Converter以外のLRやC1でRAW現像しているとよくわかります。M1のようにカリっとした描写にしたい時にはRAW現像時にシャープネスを強くしコントラストをちょっと上げてやれば近くなります。またNDフィルターが内蔵されたことにより白飛びしにくく編集耐性の高い画像データが得られます。
 人物撮影などではM3のほうが合焦面はシャープでかつ背景はいい具合に自然な感じにボケてくれるので好感が持てます。現像時の設定によってはコンデジで撮ったとは思えないほどの仕上がりになります。
 
【@ 広角24mmスタートの明るい大口径レンズ】
 風景や星景、旅先での景色を写すのに28mmでは狭く感じる場面が多々ありました。望遠は自分で寄るか、画素数が多いのでポストプロセスでトリミングするかで対応がとれるのですが広角はそうはいきません。
 また、主要被写体の大きさをそのままにして映りこむ背景を狭めて整理したい時など望遠端の焦点距離が長い方が有利ですが、実際に使ってみるとM3の最短撮影距離は短くなったため以前より主要被写体に寄ることができるようになりました。
 望遠端の70mmでは背景や撮影距離によってはやや二線ボケの傾向がありますが標準域である50mmではうまく抑えられています。ロケーションポートレイトで周囲の雰囲気を残しつつ適度に背景をぼかしたい場合に50mm開放f/2.8は使い易いです。
口コミ[17684489] 『M3でポートレイト撮ってみました。良いです^^』
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000653427/SortID=17684489/#tab

【A EVF内蔵】
 ファインダーは撮影に没入できる度合いが違ってくるのでありがたいです。明るいところでの偏向フィルターの効果の効き具合の確認及び暗いところでの周囲への光漏れの低減ができるので便利です。M3のファインダーは倍率は0.59倍と小さいもののアイポイントが20mmあるのはたいしたものです。眼鏡使用者には好都合だと思います。
 M2や他社製のコンデジでもEVFを外付けで着けられるものもありますがやはり3〜4万円ほどします。価格比較をするならEVFのオプションを加えた値段で見るとM3の価値が理解しやすくなると思います。
口コミ[17676540]『ファインダーでの撮影(M3でホタル撮影)。良いです^^』
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000653427/SortID=17676540/#tab
 
【B フィルター】
 M1及びM2で使用できた純正フィルターアダプターが使用できなくなりました。私は純正ジャケットケースを使用しているのでそれが使用できるものとしてMagFilterのフィルターアダプターを使用しています。星景撮影で必要なソフトフィルターや反射を押さえ込む偏向フィルターが使用できるので重宝しています。ステップアップリング(数百円)を使うと大きめの口径のフィルターならケラれることなく使用できるので助かります。→ 写真3
口コミ[17644778]『フィルターアダプター使ってみました。良いです^^』
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000653427/SortID=17644778/#tab

【C 充電しながらの撮影(給電撮影)】
 星景撮影では昼夜撮影するので1回で電池を2個ほど使用したりします。タイムラプスやEVFを使用した長時間の撮影には予備バッテリーではなく給電撮影が便利です。 星景撮影、ホタル撮影、劇場での撮影等長時間の撮影には純正のAC-UD10でAC電源を使用することが可能ですがAC電源だけでは不便です。電池容量の小さいコンデジではUSB充電ができたり、USB給電で撮影を継続できることが望ましいと思います。最低でもUSB充電できることがこれらの用途では求められていると感じます。
 M3ではDC電源のモバイルバッテリーを使用し給電撮影が可能です。一夜使用してもバッテリーメモリー一つ減りません。安心してタイムラプス等の長時間の撮影ができます。→ 写真4
クチコミ[17606374] モバイルバッテリーの選択
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000653427/SortID=17602223/#17606374

【D アプリケーションのダウンロード】
 6月26日に配信開始された『スマートリモコンVer.3.0(無償)』で動画を含め対応し使いやすくなりました。スマホからワイヤレスでM/P/A/S等の露出制御モード毎に設定が変えられますし、MモードでのISOオート(AvTvモード)にも対応しています。またリモートレリーズ(リモートコマンダー)のシャッターロック機能を使いバルブ撮影ができるので用途に応じ使い分けています。ホタル撮影、星景撮影、花火撮影で長秒露出をする際にバルブ撮影ができるのは便利です。
 『タイムラプス』では静止画での保存と動画での保存(24P又は60P)が選択できます。静止画の場合にはRAW撮影ができます。気軽にプリセットを選択し撮影できます。星空等の撮影では「おまかせ」にせず、細部までカスタマイズして使えるので気に入っています。

【総 評】
 厚くはありますがiPhoneより小さいボディに高画質な描写性能を詰め込んだコンパクトカメラとして秀逸だと思います(ある意味カメラの理想形)。ミラーレス機と同じかそれ以上の大きく重いコンパクトカメラに魅力を感じない人にはズームができる機種として非常に訴求力のある機種です。
 M1及びM2と1インチサイズのセンサーを使用したカメラとしては人気独走状態で値段も高止まりしていましたが、他社からも1インチサイズのセンサーを搭載したカメラも販売されるでしょうからM3の値段もずっと高いままではないだろうと思います(EVF内蔵等の機能・性能を考慮すると既にバーゲンプライスだと思いますが)。競合他社が出してきたときどのくらいM3の値段が下がるのか見ものです。

比較製品
SONY > サイバーショット DSC-RX100M2
SONY > サイバーショット DSC-RX100
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった111人(再レビュー後:41人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
コンパクトでシンプルなボディに高い性能・機能がぎっしり

再生する

再生する

作例
動画1 タイムラプス 操作が簡単でいいですね。コマ間のAE制御が便利

作例
動画2 今後も独創的なアプリ登場に期待しています(スタートレイル)

当機種写真1 EVFがあるとやはり撮影での没入感が違います
当機種写真2 デジタル特有の輪郭強調を極限まで抑え、質感描写力が進化しています。
当機種写真3 モバイルバッテリーによる給電撮影やスマホによるワイヤレス制御が可能

写真1 EVFがあるとやはり撮影での没入感が違います

写真2 デジタル特有の輪郭強調を極限まで抑え、質感描写力が進化しています。

写真3 モバイルバッテリーによる給電撮影やスマホによるワイヤレス制御が可能

当機種写真4 MagFilterアダプター使用 偏向フィルターによりガラス反射光除去
当機種写真5 裏面照射型CMOS及び画像描写エンジンが一新され高感度耐性は高いです
当機種写真6 狭い屋内撮影では24mmスタートの広角はありがたい

写真4 MagFilterアダプター使用 偏向フィルターによりガラス反射光除去

写真5 裏面照射型CMOS及び画像描写エンジンが一新され高感度耐性は高いです

写真6 狭い屋内撮影では24mmスタートの広角はありがたい

 M1及びM2を使っていましたが下取りに出しM3に買い替えました。
購入後1ヶ月後の再レビューです(2014.7.3)。

 主にポートレイト、風景、星景、スナップを撮っています。
拙M2レビュー[622803]:http://review.kakaku.com/review/K0000532639/ReviewCD=622803/#tab

 RX100シリーズは三機種とも魅力的です。厚みはありますがiPhoneより小さいコンパクトなボディに高画質で撮れる点は二重丸です。その利点はそのままですが、前二機種と変わった点もあります。比較してみると以下の点が私にとっては魅力的でした。

@ 広角24mmスタートの明るい大口径レンズ
A EVF内蔵
B ND内蔵

【@ 広角24mmスタートの明るい大口径レンズ】
 風景や星景、旅先での景色を写すのに28mmでは狭く感じる場面が多々ありました。望遠は自分で寄るか、画素数が多いのでポストプロセスでトリミングするかで対応がとれるのですが広角はそうはいきません。
 また、主要被写体の大きさをそのままにして映りこむ背景を狭めて整理したい時など望遠端の焦点距離が長い方が有利ですが、実際に使ってみるとM3の最短撮影距離は短くなったため以前より主要被写体に寄ることができるようになりました。
 M3では画像処理エンジンが変わったおかげでM1やM2よりデジタル特有の輪郭強調を極限まで抑え、高い解像感とともに質感描写力が進化しています。RAW現像しているとよくわかります。
 望遠端の70mmでは背景や撮影距離によってはやや二線ボケの傾向がありますが標準域である50mmではうまく抑えられています。ロケーションポートレイトで周囲の雰囲気を残しつつ適度に背景をぼかしたい場合に50mm開放f/2.8は使い易いです。
→ 写真1
口コミ[17684489] 『M3でポートレイト撮ってみました。良いです^^』
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000653427/SortID=17684489/#tab

【A EVF内蔵】
 また内蔵EVFは撮影に没入できる度合いが違ってくるのでありがたいです。明るいところでの偏向フィルターの効果の効き具合の確認及び暗いところでの周囲への光漏れの低減ができるので便利です。
→ 写真3
口コミ[17676540]『ファインダーでの撮影(M3でホタル撮影)。良いです^^』
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000653427/SortID=17676540/#tab

 内蔵EVFをポップアップさせたままオートパワーオフを最長の「30分」に設定しておくと顔をファインダーに近づけたときだけ表示し離れると消灯します。接近すると瞬時に再度点灯するのでストレスがありません。劇場やホタル撮影で重宝しています。私はM3を純正ジャケットケースを装着し両吊りにして使用していますが起動時間ほぼゼロ及びレスポンスの速さからスナップ等での使い勝手が上がりました。

【B ND内蔵】
 シャッター速度は1/2000秒までとなっていますが、内蔵NDフィルターがあるため光量が多いシチュエーションでも以前より白トビを抑えることができるようになり重宝しています。

 上記三点は購入前から意識していた点ですが、実際に使用し他にも気づいた点を述べます。

【C フィルター】
 M1及びM2で使用できた純正フィルターアダプターが使用できなくなりました。私は純正ジャケットケースを使用しているのでそれが使用できるものとしてMagFilterのフィルターアダプターを使用しています。星景撮影で必要なソフトフィルターや反射を押さえ込む偏向フィルターが使用できるので重宝しています。
→ 写真4
口コミ[17644778]『フィルターアダプター使ってみました。良いです^^』
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000653427/SortID=17644778/#tab

【D 充電しながらの撮影(給電撮影)】
 タイムラプスやEVFを使用した長時間の撮影には予備バッテリーではなく給電撮影が便利です。星景撮影、ホタル撮影、劇場での撮影時にはAC電源(M1、M2及びM3には純正のAC-UD10で対応しています)では不便です。私はモバイルバッテリーを使用し給電撮影をしています。
→ 写真3
クチコミ[17606374] モバイルバッテリーの選択
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000653427/SortID=17602223/#17606374

【E アプリケーションのダウンロード】
 必要な機能をインターネットでダウンロードして使用できのがいいですね。有償・無償のものがあります。

E-1 スマートリモコン(無償)
 当初M3にインストールされていたものはあまり使い勝手が良くありませんでした。6月26日に配信開始されたVer.3.0で動画を含め対応し使いやすくなりました。iPhone5SからISO等の露出制御やフォーカシングができるので構図決定後のズレやブレ防止にワイヤレスで制御しレリーズできるのはとても便利です。被写体のコマ間の輝度差が出る薄暮・薄明時の連続撮影時に重宝しています。
→ 写真3

E-2 タイムラプス
 撮影間隔(60秒まで)、撮影枚数(990枚まで)、AE追従程度を制御したインターバル撮影が可能です。静止画での保存と動画での保存(24P又は60P)が選択できます。静止画の場合にはRAW撮影ができます。気軽にオートでも細部まで制御するためマニュアルでも使い分けられるので気に入っています。
→ 動画1

【総 評】
 厚くはありますがiPhoneより小さいボディに高画質な描写性能を詰め込んだコンパクトカメラとして秀逸だと思います(ある意味カメラの理想形)。
 M1及びM2と1インチサイズのセンサーを使用したモデルとしては人気独走状態で値段も高止まりしていましたが、他社からも1インチサイズのセンサーを搭載したモデルの販売が噂されていますのでM3の値段もずっと高いままではないだろうと思います(性能からすると既にバーゲンプライスだと思いますが)。競合他社が出してきたときどのくらいM3の値段が下がるのか見ものです。M3が安くなってくれるとRX100シリーズの思想を受け継ぐ次期モデルの値段高騰が抑制されるのではないかと淡い期待を抱いています。

比較製品
SONY > サイバーショット DSC-RX100M2
SONY > サイバーショット DSC-RX100
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった14

満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
写りが良くて使いやすいコンパクトカメラ

再生する

作例
タイムラプス及びスタートレイル(アプリ使用)。流れ星も写すことができました。

機種不明広角24mmは街並みを写すのにぴったり。
当機種高感度ISO6400でもBIONZ Xのおかげでノイズが少ないです(NR Auto)。
別機種ワイ端で5cm、テレ端で最短撮影距離が30cmとぐっと寄れるようになりました。

広角24mmは街並みを写すのにぴったり。

高感度ISO6400でもBIONZ Xのおかげでノイズが少ないです(NR Auto)。

ワイ端で5cm、テレ端で最短撮影距離が30cmとぐっと寄れるようになりました。

当機種WiFiはやはり便利。スマホから撮影設定ができるアプリに期待。
別機種L型プレートで干渉せずしっかり固定。星景撮影での赤道儀への取り付けもばっちり。
 

WiFiはやはり便利。スマホから撮影設定ができるアプリに期待。

L型プレートで干渉せずしっかり固定。星景撮影での赤道儀への取り付けもばっちり。

 

M2及び初代を使っていましたが下取りに出しM3に買い替えました。RX100シリーズは人気で値段がなかなか落ちなかったおかげで追い金は2万2千円ほどで済みました。
<購入48時間後のレビューです。2014.06.01>

最近はD4Sに70-200F/2.8、Zeis Distagon1528及びAF-S Nikkor5814にM2の組み合わせで人物、風景を撮っています。
拙M2レビュー [622803-4]:
http://review.kakaku.com/review/K0000532639/ReviewCD=622803/MovieID=1735/


【1 良い点】
RX100シリーズは3機種どれも魅力的ですが前2機種と比較したとき以下の点が私にとってはより魅力的に感じました。
@ 新開発24mmの明るい大口径レンズ・・・◎
A EVF内蔵・・・◎
B ND内蔵・・・◎
RX100シリーズ最大の魅力であるiPhoneより小さい(薄くはないですが)サイズはそのままにこれらの点を実装してきたのは素晴らしいと感じました。

国外で撮影しているときなど荷物の制限があったりTPOを考えたりしなければならない場面があります。大型のフルサイズ機ではダメでもM2ならポケットに入れて携行できる場面がこれまで多々ありました。しかし広角端での数ミリの差は標準域や望遠域と比べ大きく、風景や欧州の街並みなどでは24mmが欲しくなる場面がありました。またEVFは南国での屋外や蛍やコンサートなどの撮影で明かりを漏らしたくない暗い場所での撮影に重宝しました。M2でタイムラプスを撮る際には可変NDフィルターで光量を調整していましたがだいぶ楽になりそうです。


【2 残念な点】
逆にM3になり私の用途で残念だったのは以下の2点です。
C ISO標準ホットシューがない・・・△
D 純正フィルターアダプターがない・・・△

Cはポートレートでフラッシュトリガーを使用したオフカメラフラッシュ撮影で重宝していたのですが、M3の内蔵フラッシュをトリガーとして代用することは可能なので私的には譲れるポイントです。
またDですが、星景撮影ではソフトフィルターを使っています。これもそのうちサードパーティーからなんらかの解決手段が出てくるでしょうからそれを待つことにしたいと思っています。

良くなった点が残念な点を上回ったのでM3を購入しましたが手元に届いたものを試写してみると正解でした。他にも色々と地味な点ですが多数改善されています。もっとも不満な点もいくつかそのまま放置されてもいますが^^;


【3 使用した感想】
まだLightroomのRAW現像がM3に対応していないので画質については全体評価はしていませんがより忠実な描写になり好印象です。ファーストインプレッションとして気づいた点をいくつか挙げます。

E カスタムボタンが使い易い・・・○
ほとんどといっていいほど役にたたないカメラ内ガイドボタンがなくなりそのかわりユーザーがほぼ自由に機能を割り付けることができるカスタムボタンを設定したのは素晴らしいと思います。右手親指で操作できる一等地にカスタムボタンがあり飛躍的に操作性が向上しました。私は早速ISO設定を割付ました。ファインダーを覗いたまま感度設定が簡単にできるようになり重宝しています。絞り値及びシャッター速度を固定しISOをオートにして撮影ができるようになりましたが、状況に応じISOオートからISO固定に切り替えるのが楽になりました。

F 必要な機能をカメラに追加できる・・・○
有料になりますが機能を追加できます。私はタイムラプスとスタートレイルを入れました。メインはフルサイズ機ですが、ちょっとした構図確認やタイムラプス映像をつくる際の押さえのカットの一部などに丁度よさそうです。星景撮影でいろいろと使っていこうと思っています。
タイムラプス:
https://www.youtube.com/watch?v=QZvs559YC_k

G モニター表示(DISP)に「ファインダー撮影用」の表示が追加・・・○
一眼レフ機ではほぼ当たり前のような各種設定がダイレクトに変えられる表示方式が追加されています。

H チルト液晶の可動範囲増大及び動きが滑らかになった・・・○
M2に比べ最初のひっかかりがなくなり液晶が動かしやすくなりました。かといって容易にひっかかって開いてしまうこともなく丁度良いです。

I フレキシブルスポットのスポットサイズが選べるようになった・・・○
フォーカスエリア > フレキシブルスポット を選ぶとさらにそのスポットサイズがS/M/Lから選べるようになっています。ピント精度向上に有用だと思います。

J レンズ鏡筒部の下部にクリアランスがない・・・△
M2もそうでしたが三脚を使用する際とても不便です。クイックシューをつけようとしてもそのクイックシューに緩衝材としてゴムなどが貼られているとそれがコントロールリング部分に干渉してしまいます。丁度良いものがあればいいのですが意外とないので探すのに苦労します。私はRRS製のDf用の蝶ネジで取り付けるタイプのL型プレートを使っています。ゴム等の緩衝材はありませんが裏面にフランジがあるためズレは皆無なので星景撮影やマクロ撮影などで重宝します。RRSにも直接尋ねたところRX1専用のようなRX100シリーズ専用のプレートの販売予定はないそうです。


【4 総評】
フルサイズ機、レンズ数本及びライティング機材を携行するとどうしても重量はかなり増加します。その際一緒に持ち歩くコンパクトカメラとしてRX100M3はこれ以上ないほどのできだと思います。写真を撮る上で必要な機能がしっかりと小型のボディに凝縮されている良い撮影機材だと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった56

 
 
 
 
 
 

「サイバーショット DSC-RX100M3」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
小さくて携帯に便利  4 2020年2月20日 11:36
長く使えます  5 2020年1月6日 21:27
RX100無印からSTEP UP  5 2020年1月3日 21:44
登山で使いやすい。老眼でも使える高画質コンデジ  5 2019年12月3日 18:49
ポケットに入りながらも気軽に夜景も楽しめる  5 2019年11月26日 00:12
ちっちゃい!  5 2019年10月31日 13:34
今はメイン機です  5 2019年9月13日 18:11
暗い所でも、綺麗な写真が撮れる!  4 2019年9月1日 14:02
ソニーα7Vのサブ機として購入  5 2019年8月10日 18:01
メイン機材にも成り得る!  5 2019年7月25日 17:41

サイバーショット DSC-RX100M3のレビューを見る(レビュアー数:186人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

サイバーショット DSC-RX100M3のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

サイバーショット DSC-RX100M3
SONY

サイバーショット DSC-RX100M3

最安価格(税込):¥55,900発売日:2014年 5月30日 価格.comの安さの理由は?

サイバーショット DSC-RX100M3をお気に入り製品に追加する <3982

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意