『EF17-40mm F4L USMから買い替えをしてみた結果』 CANON EF16-35mm F4L IS USM borderline1263さんのレビュー・評価

2014年 6月中旬 発売

EF16-35mm F4L IS USM

  • プロ向け「L(Luxury)レンズ」に属する、ズーム全域で開放F値4を実現した、フルサイズ対応超広角ズームレンズ。
  • シャッター速度換算4段分の手ブレ補正機構「IS」を搭載。暗い環境でも手持ちのまま撮影できる。
  • AFの後、フォーカスリングを回転させるだけで即時にMFが可能な「フルタイムマニュアル」を備える。
EF16-35mm F4L IS USM 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥111,780

(前週比:+1円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥111,780

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥86,900 (67製品)


価格帯:¥111,780〜¥169,400 (60店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥154,000

店頭参考価格帯:¥111,780 〜 ¥152,680 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:広角ズーム 焦点距離:16〜35mm 最大径x長さ:82.6x112.8mm 重量:615g 対応マウント:キヤノンEFマウント系 EF16-35mm F4L IS USMのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • EF16-35mm F4L IS USMの価格比較
  • EF16-35mm F4L IS USMの中古価格比較
  • EF16-35mm F4L IS USMの買取価格
  • EF16-35mm F4L IS USMの店頭購入
  • EF16-35mm F4L IS USMのスペック・仕様
  • EF16-35mm F4L IS USMのレビュー
  • EF16-35mm F4L IS USMのクチコミ
  • EF16-35mm F4L IS USMの画像・動画
  • EF16-35mm F4L IS USMのピックアップリスト
  • EF16-35mm F4L IS USMのオークション

EF16-35mm F4L IS USMCANON

最安価格(税込):¥111,780 (前週比:+1円↑) 発売日:2014年 6月中旬

  • EF16-35mm F4L IS USMの価格比較
  • EF16-35mm F4L IS USMの中古価格比較
  • EF16-35mm F4L IS USMの買取価格
  • EF16-35mm F4L IS USMの店頭購入
  • EF16-35mm F4L IS USMのスペック・仕様
  • EF16-35mm F4L IS USMのレビュー
  • EF16-35mm F4L IS USMのクチコミ
  • EF16-35mm F4L IS USMの画像・動画
  • EF16-35mm F4L IS USMのピックアップリスト
  • EF16-35mm F4L IS USMのオークション

『EF17-40mm F4L USMから買い替えをしてみた結果』 borderline1263さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EF16-35mm F4L IS USMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:622人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
9件
22件
デジタル一眼カメラ
3件
3件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
EF17-40mm F4L USMから買い替えをしてみた結果
機種不明
機種不明
機種不明

機種不明
機種不明
機種不明

本レンズを発売月に購入してから、
そろそろ約3年ほどの付き合いになりますので、
再レビューをしたいと思います。

このレンズは副業にて、
宣材撮影・取材などで主に活躍しています。
個人的な趣味での撮影でも、
旅行・スナップ・テーブルフォトと、
私にとって無くてはならないレンズの一つです。

作例に載せた写真はEOS 5D MarkWにて撮影を行い、
ライトルームCCおよびフォトショップにて現像を行いました。
また使用ピクチャースタイルは全て忠実設定です。
拙い作例ですが、何かの参考になれば幸いです。



【操作性】
ISとAF関連のスイッチが二つ付いている以外は、
通常のキヤノン製ズームと操作性は何も変わりません。

また、ピントリングとズームリングは、
そこそこ硬くしっかりとした印象です。
使用頻度も非常に高く約3年ほど使い込みましたが、
ピントリング・ズームリングともに緩むことはなく、
現在も購入した日より劣化は全く見られません。



【表現力】
ワイド端〜テレ端まで、どこを使用しても湾曲も少なく、
偽り無く単に匹敵する描写を提供してくれます。

EF16-35mm F2.8LB USMも非常にハイレベルな描写ですが、
本レンズの方が描写に無理が無く、
端整で素直な写りをしています。
特に四隅と16〜20mm・35mmの画角においては、
本レンズの方が性能的に上回っている印象すら受けます。

ボケを重視するようなレンズではありませんが、
ボケ味は絞り羽9枚の恩恵か、
素直で万人受けする類のものだと感じます。

逆光に関しては、かなり強い部類に入ると思われます。
強い光源が画面に入っても、フレア・ゴーストの類に悩まされたことは、
今までただの一度もありません。

そして、最短撮影距離が28cmかつ最大撮影倍率も0.23倍なので、
近接撮影でも大きく力を発揮してくれることかと思います。



【携帯性】
旧型に比べ約120gほど重量が増加し全長も若干伸びましたが、
それでもまだ約600gと大きく重いといった印象はありません。
フードは小さく持ち運びが用意なサイズに改良され嬉しかったです。



【機能性】
ISの性能はEF24-70mm F4L IS USMと同レベルで、
非常によく効いている印象です。

防塵防滴はもちろん、汚れを落としやすくするフッ素コーティングを、
最前面・最後面に施している点も特筆する点の一つかと思われます。

AFの速度や精度に関しては、
現状トップクラスの俊敏さと正確さを保持しています。



【総評】
高過ぎない適度にコントロールされたコントラスト・全域開放から鋭い描写・
高いレベルの各収差補正・素晴らしい逆光耐性・色乗りも大変良く、
正直文句の付けどころがありません。
間違いなく広角ズームの傑作です。

開放から安心して使えるのでISの恩恵を受けつつ、
高感度耐性の高い機種と合わせたならば、
暗い場所でも大活躍してくれると容易に想像がつきます。
いかなるシチュエーションであっても、
安心して仕事を任せられるというように、
私は本レンズに絶大な信頼をおいています。

もし広角ズームで何を買われる悩まれているようなら、
まずは本レンズを一度試してみて下さい。
きっと貴方の期待に高い成果をもって応えてくれるはずです。

それでは、良い写真ライフを。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった139人(再レビュー後:58人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
EF17-40mm F4L USMから買い替えをしてみた結果
機種不明
機種不明
機種不明

機種不明
機種不明
機種不明

本製品を購入してから1年ほど使い込んでみましたので、
再レビューをしたいと思います。

このレンズは主に仕事で使うことが多いのですが、
本製品を導入してから撮影が大変楽になりました。
ズームなのに驚くほど湾曲が目立たず、
解像感も高くフリンジも出ませんし、
よほど暗い現場でなければこのレンズのみで、
撮影が済んでしまうことも多々あります。

ということで、作例に載せた写真は5D Markiiにて撮影を行い、
ライトルーム4にて現像を行いました。
拙い作例ですが、何かの参考になれば幸いです。



【操作性】
ISとAF関連のスイッチが二つ付いている以外は、
通常のキヤノン製ズームと操作性は何も変わりません。
ピントリングとズームリングは、そこそこ硬くしっかりとした印象です。



【表現力】
ワイド端〜テレ端まで、どこを使用しても湾曲も少なく、
高いレベルの描写を提供してくれます。
敢えて強調するならば24〜28mm域が一番描写が安定していて、
各収差関連・シャープネス・周辺光量の面から見ても、
このレンズのスイートスポットだと思います。

また絞りによる描写の変化ですが、絞っても描写はさほど変わりません。
ただ、流石にF13あたりから少しずつ描写が眠くなっていく様子。

ボケ味は絞り羽9枚の恩恵か、
変なクセも見当たらず最短撮影距離でも描写が乱れるようなこともなく、
素直で万人受けする類のボケだと感じます。

逆光に関しては、かなり強い部類に入ると思われます。
強い光源が画面に入っても、フレア・ゴーストの類に悩まされたことは、
今までただの一度もありません。

そして、最短撮影距離が28cmかつ最大撮影倍率も0.23倍なので、
近接撮影でも大きく力を発揮してくれることかと思います。



【携帯性】
旧型に比べ約120gほど重量が増加し全長も若干伸びましたが、
それでもまだ約600gと大きく重いといった印象はありません。
フードは小さく持ち運びが用意なサイズに改良され嬉しかったです。



【機能性】
今回新たに搭載されたISは、静かでよく効きます。
静かな室内で耳をすませば聞こえるくらいのレベルなので、
ISの性能はEF24-70mm F4L IS USMと同レベル程度だと思います。

防塵防滴はもちろん、汚れを落としやすくするフッ素コーティングを、
最前面・最後面に施している点も特筆する点の一つかと思われます。
フィルター径が77mmと旧型と変わらなかったのも助かりました。
再度フィルターを買い揃える必要が無くなった為、有り難かったです。

AFの速度や精度に関しては、
現状トップクラスの俊敏さと正確さを保持しているはずです。



【総評】
端的に本製品を表現するならば、
「キヤノン史上最高性能の広角ズーム」と言って相違ないと思われます。
誰が何と言おうと間違いなく広角ズームの傑作です。
私はこのレンズを使用して、それほどの衝撃を受けました。

高過ぎない適度にコントロールされたコントラスト・全域開放から鋭い描写・
各収差の改善・高いレベルの逆光耐性・四隅の解像力向上・色乗りも大変良く、
正直文句の付けどころがありません。

開放から安心して使えるのでISの恩恵を受けつつ、
高感度耐性の高い機種と合わせたならば、
暗い場所でも大活躍してくれると容易に想像がつきます。

ゆえに風景・スナップ・テーブルフォト・旅写真・ポートレートと、
一体このレンズは一人で何役するつもりなのでしょうと心配になるほど、
多くの場面で今後活躍してくれるかと思います。

光学系にISを搭載しながらも旧型から失ったものは何も無く、
性能のみを向上させていると素直に思います。
確かに価格も旧型に比べ上がりはしましたが、
これだけの性能なので仕方ないとすら思えます。

EF17-40mm F4L USMユーザーならば、
買い替えて何一つ後悔する部分は無いかと思います。
EFレンズ群の弱点と言われてきた広角側に、
このような高性能な広角ズームがライナップされ、
キヤノンユーザーとして心底嬉しく思う所存です。

自分は確かに根っからのキヤノンユーザーなので、
批評も当然甘くなるだろうと思われるかもしれませんが、
とんでもありません。
本当に投資して価値のある製品だと思います。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった37

満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
EF17-40mm F4L USMから買い替えをしてみた結果
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
 

 

前期型となるEF17-40mm F4L USMを約2年半ほど使用していたのですが、
先日発売されたEF16-35mm F4L IS USMへと買い替えを実施しました。
まだ1000ショットほどしか撮れていませんが、
簡単なファーストインプレッションを書きたいと思います。


【操作性】
ISとAF関連のスイッチが二つ付いている以外は、
通常のキヤノン製ズームと操作性は何も変わりません。
ピントリングとズームリングは、そこそこ硬くしっかりとした印象です。

他社製品で、左手の指2本ではリングが硬過ぎて回らないことがありましたが、
こちらではそうではなく普通より硬い程度といった感じで、
個人的にはこれぐらいが丁度良く好みの塩梅。



【表現力】
前期型のEF17-40mm F4L USMはワイド端・テレ端に、
それぞれ違った症状で問題点を抱えていましたが、
EF16-35mm F4L IS USMでは丁寧に改善・改良が施された様子。

まずワイド端では、四隅が流れにくくなり良く解像するようになりした。
わざと変なパース付けたりしない限りは気になるようなことはないはずです。

次にテレ端は、前期型で解像力の低さに悩みを抱えていた人も、
沢山居たと思いますが、ズームなのかと思うほど解像力が向上しています。
EF40mm F2.8 STMのF4とそんなに変わらないのではと思ってしまったほどです。

そして、中間域(24〜28mm)ですが、前期型もかなり優秀でしたけども、
今回もそれは健在でとても安心しました。
コントラスト・シャープネス共に24〜28mm域が一番描写が安定していて、
各収差関連や周辺光量の面から見ても、
このレンズのスイートスポットだと思います。

また絞りによる描写の変化ですが、絞っても描写がさほど変わらない印象。
流石にF13くらいから少しずつ描写が眠くなっていってるようです。

最後にボケ味ですが、絞り羽も7枚から9枚となり、
ボケ味は滑らかさが増したように感じます。
変なクセも見当たらず最短撮影距離でも描写が乱れるようなことはなく、
素直で万人受けする類のボケだと感じます。

忘れてならないのは、最短撮影距離は据え置きの28cmのまま。
最大撮影倍率も0.23倍なので、テーブルフォトなんかでも活躍することでしょう。



【携帯性】
前期型と比べ重量が約120gほど重量が増加し、全長も若干伸びましたが、
それでもまだ約600gと大きく重いといった印象はありません。

フードは小さく持ち運びが用意なサイズに改良され嬉しかったです。



【機能性】
今回新たに搭載されたISは、静かでよく効きます。
静かな室内で耳をすませば聞こえるくらいのレベルなので、
ISの性能はEF24-70mm F4L IS USMと同レベル程度だと思います。

防塵防滴はもちろん、汚れを落としやすくするフッ素コーティングを、
最前面・最後面に施している点も特筆する点の一つかと思われます。

フィルター径が77mmと前期型と変わらなかったのも助かりました。
またフィルターを買い揃える必要が無くなった為、有り難かったです。



【総評】
高過ぎない適度にコントロールされたコントラスト・全域開放から鋭い描写・
各収差の改善・高いレベルの逆光耐性・四隅の解像力向上・色乗りも大変良く、
正直文句の付けどころがありません。

開放から安心して使えるのでISの恩恵を受けつつ、
高感度耐性の高い機種と合わせたならば、
暗い場所でも大活躍してくれると容易に想像がつきます。

ゆえに風景・スナップ・テーブルフォト・旅写真・ポートレートと、
一体このレンズは一人で何役するつもりなのでしょうと心配になるほど、
多くの場面で今後活躍してくれると思います。

光学系にISを搭載しながらも前期型から失ったものは何も無く、
性能のみ向上していると素直に思います(価格も上がりましたけどね)
確かに価格も前期型に比べ上がりはしましたが、
これだけの性能なので仕方ないとすら思います。

素晴らしい広角ズームの登場に思わずキヤノンのレンズ開発陣の皆様に、
思わず感謝をしたくなってしまうほど、
高い次元でバランスのとれた広角ズームの傑作だと思います。

EF17-40mm F4L USMユーザーならば、
買い替えて何一つ後悔する部分は無いかと思います。
EFレンズ群の弱点と言われてきた広角側に、
このような高性能な広角ズームがライナップされ、
キヤノンユーザーとして心底嬉しく思う所存です。

自分は確かに根っからのキヤノンユーザーなので、
批評も当然甘くなるだろうと思われるかもしれませんが、いえいえとんでもない。
本当に投資して価値のある製品だと思いますよ。これはオススメです。

ありがとうキヤノンヽ(~□~)ノ 待ってて良かった!

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった44

 
 
 
 
 
 

「EF16-35mm F4L IS USM」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
良いレンズです。  4 2020年2月16日 11:04
超広角レンズ  5 2019年10月18日 19:37
絶対に必要な広角レンズ  5 2019年5月24日 20:59
長く使っているレンズです  5 2019年3月7日 14:44
軽さに驚く  5 2018年10月17日 01:15
常用広角ズームとなりました。  5 2018年9月9日 21:26
広角って難しい  5 2018年7月7日 13:14
コスパは抜群!  5 2018年6月24日 21:43
コスパ最高  5 2018年4月13日 15:16
キヤノンも超広角が良くなった  5 2018年3月21日 14:53

EF16-35mm F4L IS USMのレビューを見る(レビュアー数:78人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

EF16-35mm F4L IS USMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

EF16-35mm F4L IS USM
CANON

EF16-35mm F4L IS USM

最安価格(税込):¥111,780発売日:2014年 6月中旬 価格.comの安さの理由は?

EF16-35mm F4L IS USMをお気に入り製品に追加する <1483

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ViiBee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意