『本機USB・DAC回路とPCオーディオを直結させました(結果は・・)』 OPPO BDP-105DJP シェルティー大好きパパさんのレビュー・評価

2014年 3月 発売

BDP-105DJP

  • 「Darbee Visual Presenceテクノロジー」により、よりダイナミックで自然な奥行き感をクリアに表現する、4Kやハイレゾに対応したブルーレイプレーヤー。
  • フルHD信号を4k信号にアップスケーリングする、「4kアップスケーリング機能」を搭載。「DVDアップコンバージョン」や「2D→3Dコンバージョン機能」も備える。
  • HDMI1.4a端子の搭載により、ホームシアターに必須の最新マルチチャンネル方式に対応している。また、7.1チャンネルアナログ出力を備える。
BDP-105DJP 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • BDP-105DJPの価格比較
  • BDP-105DJPの店頭購入
  • BDP-105DJPのスペック・仕様
  • BDP-105DJPのレビュー
  • BDP-105DJPのクチコミ
  • BDP-105DJPの画像・動画
  • BDP-105DJPのピックアップリスト
  • BDP-105DJPのオークション

BDP-105DJPOPPO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 3月

  • BDP-105DJPの価格比較
  • BDP-105DJPの店頭購入
  • BDP-105DJPのスペック・仕様
  • BDP-105DJPのレビュー
  • BDP-105DJPのクチコミ
  • BDP-105DJPの画像・動画
  • BDP-105DJPのピックアップリスト
  • BDP-105DJPのオークション

『本機USB・DAC回路とPCオーディオを直結させました(結果は・・)』 シェルティー大好きパパさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BDP-105DJPのレビューを書く

シェルティー大好きパパさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
60件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
42件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
31件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性4
再生画質無評価
音質4
読み取り精度無評価
出力端子4
サイズ4
本機USB・DAC回路とPCオーディオを直結させました(結果は・・)

今年(2021年)9月末、2013年製の中古品を買いました。
本機の導入理由は、次のとおりです。
(1)「DSDの音源ファイル(マルチ・チャンネル)」をマルチ音響で再生したい。
(2)CD盤やSACD盤の再生からは遠ざかっているが、1台で何でもこなせるプレーヤーを持っておきたい。
(3)ピュア・オーディオに使っても遜色ない(らしい)との評価がある
(4)映像ディスク(BD盤、DVD盤)の再生が優れている(らしい)との評価がある。
(5)中古なら、手頃な値段で入手できる。

●(マルチ再生)
主目的である「DSDの音源ファイル(マルチ・チャンネル)のマルチ再生」をしてみましたので、以下は、その詳細レビューです。
・DSDの「マルチファイル」(2.8MHZのDSF・マルチ)を収蔵した外付HDDを、本機前面のUSB入力端子と接続しました。
・本機の様々な設定は初期(?)のままとしましたが、「SACD」(本機では、DSDファイルの再生も「SACD」と呼称)は、「DSD」を選びました。
・ファームが旧版のまま(ヴァージョンアップ未了)でしたので、最新版(とは言っても、2017年版)に更新しました。

・リアとセンターは、拙宅のフロント・スピーカー(B&W 802D3)に比べると随分ショボイのですが、クラシック音楽だと、殆どの場合、マルチ・サラウンドとは言っても、メインはあくまでフロント(R&L)であり、リア、センター、サブ・ウーハは「添え物」と割り切っています。
(元来、リア&センターは映画鑑賞用)実際、センターチャンネル、或いはサブ・ウーハチャンネルが「無音」のマルチソフトもあり、「4ch」、或いは「5.0ch」などと表示されています。

・結果は成功で、マルチ再生ができました。
フロントchはピュア・オーディオシステムを駆動し、その他のchはAV用システムを同時駆動ですから、チグハグさは否めません。でも、ここ数年、SACD盤(マルチ音源)の再生(マルチ対応のSACDプレーヤー使用)から遠ざかっていたせいか、楽しめました。

(不満が出てきました・・・)
・でも、ジックリ聴き込んでいると、音質に不満が出てきました。
どうしても、同音源の「2ch音源」を、PCオーディオ使用のピュア・オーディオシステム(SOULNOTE DAC「D-2」使用)で聴くときと比べてしまいます。
・PCオーディオ(JPLAY・FEMTO)使用のピュアオーディオシステムだと、DSD音源が冴え冴えと鳴り、弦楽群のシルキータッチと、打楽器・金管群の「キレ」が両立しています。また、2ch再生なのに音場の拡がり、奥行き、臨場感は優れています。
・本機のアナログ出力で聴くマルチ(DSD音源)だと、全般に音がモッサリしていて、フォーカスが甘いのです。マルチ・サラウンドですから、音場の拡がり、奥行き、臨場感は確かに出ているのですが、音そのものの純度が冴えない感じです。

●(試行錯誤)
どうしたものか・・・。
まず、本機をUSB-DACとして使う前提で、PCオーディオ(Foobar2000)を用いたマルチ再生に挑戦しました。<はたして、USB-DACとしての本機は、DSDのマルチ再生ができるのか?>
手元資料(販促パンプ)には、「本機をUSB-DACとし、DSDファイルの再生が可能」との記載だけで、判然としません。
・Foobar2000は、無償なのが申し訳ないほど多機能な再生ソフトで、マルチ音源にも対応しています。私もPCオーディオ入門以来愛用していましたが、JPLAY・FEMTOに比べると音質は劣るというのが実感で、ここ数年使っていませんでした。<因みに、JPLAY・FEMTOはマルチ音源には非対応です>
・Foobar2000のDSD設定でつまずくなど、試行錯誤を重ねたうえで得た結論は、下記のとおりでした。
(記)
PC オーディオでの DSD マルチファイルのマルチ再生はできない(2チャンネル再生になってしまう)。
細述すると、本機のUSB入力をPCオーディオ(Foobar2000)に繋げた場合、DSDマルチファイルの再生は可能だが、2ch再生(フロントR&L)しか出来ない。(本機のアナログ・サラウンド端子<フロントR&Lを除く>から、音声信号は一切出てこない)

・狙いは、本機のUSB・DAC回路とPCオーディオを直結させ、フロントchはピュア・オーディオシステムを駆動し、その他のchはAV用システムを同時駆動させて、高音質なマルチ再生を得るというものでしたが、残念な結果でした。

(追伸)
本機の口コミ(私のスレッド)にその後の展開が書かれていますので、ご参照下さい。
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000625072/#24460012


以上

接続テレビ
プラズマテレビ

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
操作性4
再生画質無評価
音質3
読み取り精度無評価
出力端子4
サイズ4
本機USB・DAC回路とPCオーディオを直結させました(結果は・・)

今年(2021年)9月末、2013年製の中古品を買いました。
本機の導入理由は、次のとおりです。
(1)「DSDの音源ファイル(マルチ・チャンネル)」をマルチ音響で再生したい。
(2)CD盤やSACD盤の再生からは遠ざかっているが、1台で何でもこなせるプレーヤーを持っておきたい。
(3)ピュア・オーディオに使っても遜色ない(らしい)との評価がある
(4)映像ディスク(BD盤、DVD盤)の再生が優れている(らしい)との評価がある。
(5)中古なら、手頃な値段で入手できる。

●(マルチ再生)
主目的である「DSDの音源ファイル(マルチ・チャンネル)のマルチ再生」をしてみましたので、以下は、その詳細レビューです。
・DSDの「マルチファイル」(2.8MHZのDSF・マルチ)を収蔵した外付HDDを、本機前面のUSB入力端子と接続しました。
・本機の様々な設定は初期(?)のままとしましたが、「SACD」(本機では、DSDファイルの再生も「SACD」と呼称)は、「DSD」を選びました。
・ファームが旧版のまま(ヴァージョンアップ未了)でしたので、最新版(とは言っても、2017年版)に更新しました。

・リアとセンターは、拙宅のフロント・スピーカー(B&W 802D3)に比べると随分ショボイのですが、クラシック音楽だと、殆どの場合、マルチ・サラウンドとは言っても、メインはあくまでフロント(R&L)であり、リア、センター、サブ・ウーハは「添え物」と割り切っています。
(元来、リア&センターは映画鑑賞用)実際、センターチャンネル、或いはサブ・ウーハチャンネルが「無音」のマルチソフトもあり、「4ch」、或いは「5.0ch」などと表示されています。

・結果は成功で、マルチ再生ができました。
フロントchはピュア・オーディオシステムを駆動し、その他のchはAV用システムを同時駆動ですから、チグハグさは否めません。でも、ここ数年、SACD盤(マルチ音源)の再生(マルチ対応のSACDプレーヤー使用)から遠ざかっていたせいか、楽しめました。

(不満が出てきました・・・)
・でも、ジックリ聴き込んでいると、音質に不満が出てきました。
どうしても、同音源の「2ch音源」を、PCオーディオ使用のピュア・オーディオシステム(SOULNOTE DAC「D-2」使用)で聴くときと比べてしまいます。
・PCオーディオ(JPLAY・FEMTO)使用のピュアオーディオシステムだと、DSD音源が冴え冴えと鳴り、弦楽群のシルキータッチと、打楽器・金管群の「キレ」が両立しています。また、2ch再生なのに音場の拡がり、奥行き、臨場感は優れています。
・本機のアナログ出力で聴くマルチ(DSD音源)だと、全般に音がモッサリしていて、フォーカスが甘いのです。マルチ・サラウンドですから、音場の拡がり、奥行き、臨場感は確かに出ているのですが、音そのものの純度が冴えない感じです。

●(試行錯誤)
どうしたものか・・・。
まず、本機をUSB-DACとして使う前提で、PCオーディオ(Foobar2000)を用いたマルチ再生に挑戦しました。<はたして、USB-DACとしての本機は、DSDのマルチ再生ができるのか?>
手元資料(販促パンプ)には、「本機をUSB-DACとし、DSDファイルの再生が可能」との記載だけで、判然としません。
・Foobar2000は、無償なのが申し訳ないほど多機能な再生ソフトで、マルチ音源にも対応しています。私もPCオーディオ入門以来愛用していましたが、JPLAY・FEMTOに比べると音質は劣るというのが実感で、ここ数年使っていませんでした。<因みに、JPLAY・FEMTOはマルチ音源には非対応です>
・Foobar2000のDSD設定でつまずくなど、試行錯誤を重ねたうえで得た結論は、下記のとおりでした。
(記)
PC オーディオでの DSD マルチファイルのマルチ再生はできない(2チャンネル再生になってしまう)。
細述すると、本機のUSB入力をPCオーディオ(Foobar2000)に繋げた場合、DSDマルチファイルの再生は可能だが、2ch再生(フロントR&L)しか出来ない。(本機のアナログ・サラウンド端子<フロントR&Lを除く>から、音声信号は一切出てこない)

・狙いは、本機のUSB・DAC回路とPCオーディオを直結させ、フロントchはピュア・オーディオシステムを駆動し、その他のchはAV用システムを同時駆動させて、高音質なマルチ再生を得るというものでしたが、残念な結果でした。

以上

接続テレビ
プラズマテレビ

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「BDP-105DJP」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

BDP-105DJPのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

BDP-105DJP
OPPO

BDP-105DJP

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 3月

BDP-105DJPをお気に入り製品に追加する <100

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

ブルーレイプレーヤー
(最近3年以内の発売・登録)



ランキングを詳しく見る


新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイプレーヤー)

ご注意