『甘美なミディアムセダン。』 マセラティ ギブリ 2013年モデル 外川 信太郎さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マセラティ > ギブリ 2013年モデル

『甘美なミディアムセダン。』 外川 信太郎さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:224件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール神奈川県藤沢市生まれ、現在茅ヶ崎市在住の湘南中年。独身。少年期に5年間イギリス・ロンドンに在住していた事から、欧州車に興味を抱いたきっかけになった。慶応義塾大学卒業後、輸入車専門誌にてライターを始める。その後、育った英国に渡りレース活動な…続きを読む

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

甘美なミディアムセダン。

コンパクトに見えるが1945mmもの全幅がある。

全長は4970mmと堂々たるサイズ。

オールLEDの灯火類を採用している。

ベースグレードは4ピストンキャリパーだが強力。

甘美なサウンドを奏でるV6エンジン。

本革を多様した上質なインテリア。

マセラティは、数年前まで年間、数千台のみの生産台数であった自動車メーカーであったが、今年度は8倍もの生産台数を目標としている。これまでの限られた人の為の自動車から、世界の強豪達と真っ向から勝負をするそうだ。

一例として、マセラティ初のSUV「レヴァンテ」も戦略の一環であるが、まずは新型「ギブリ」の存在がとても大きい。

今回はメーカーの広報車両を借用し、ベースグレードの「ギブリ」に試乗してきました。ライバルはズバリ、メルセデスベンツ「Eクラス」、BMW「5シリーズ」、アウディ「A6」と言えます。

エクステリアは前衛的。スポーツカーのような長いノーズに威圧感のあるシャープなフロントマスク、絞り込まれたサイドラインとライバルの中では、最もスポーティな佇まいで、やはりマセラティは普通のセダンなど造らないと感じることができます。

インテリアは色気たっぷり。お約束の場所にはナツメ型アナログ時計、左右対象のスポーティなインテリアは、これまでの「クワトロポルテ」のような仰々しい感はなく、イタリアンモダンそのもの。

メーター類もすべてディスプレイ化は行わず、目盛りにはクリスタルのような輝きを放つアナログ2眼式、中央にはフルカラーの大型LCDディスプレイを備え、アナログとデジタルの融合が真似のできないセンスを感じます。

エンジンを始動すると、威勢のいい咆哮を期待していたが、意外なほどの静粛性で拍子抜けしてしまった。普通に街中を流すと欧州のライバル達と変わらない静粛性で、真っ向からライバルたちを意識しているのであると感じます。
しかし、マセラティが退屈なクルマを創るはずがありません。Wその先”がちゃんと用意されていました。

深めのアクセルを踏み込むとレブカウンターの指針が跳ね上がり、「パウォーン」というイタリアンスポーツそのもののサウンドが遮音性の高いキャビンに響き、強烈な加速感を味わえます。ライバル達がフラットトルクのエンジンを搭載するなか、メリハリのある硬派なエンジンを積むあたりは、このクルマの魅力の一部であります。

また、ステアリングフィールは、セダンのものではありません。このサイズにも関わらず超シャープでコーナーでもスパッと大きなノーズの向きを変えます。その後乗った「クラウンハイブリッド」のダルなステアリングレシオに「これが普通なんだよな。」と痛感したほどです。

「ギブリ」はやはりイタリア人にしか造れないクルマなのです。




レビュー対象車
試乗

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「ギブリ 2013年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

ギブリ
マセラティ

ギブリ

新車価格帯:875〜1355万円

中古車価格帯:350〜1228万円

ギブリ 2013年モデルをお気に入り製品に追加する <7

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意