『画質、携帯性、価格良しの簡易魚眼レンズ(2020/4/8修正)』 オリンパス フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック] フェルミオンさんのレビュー・評価

2014年 2月28日 発売

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]

魚眼タイプのボディキャップレンズ

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥7,992

(前週比:-15円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥7,992

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥7,992¥12,430 (31店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥12,000

店頭参考価格帯:¥10,695 〜 ¥10,695 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:9mm 最大径x長さ:56x12.8mm 重量:30g 対応マウント:マイクロフォーサーズマウント系 フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]の価格比較
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]の中古価格比較
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]の買取価格
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]の店頭購入
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のスペック・仕様
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のレビュー
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のクチコミ
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]の画像・動画
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のピックアップリスト
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のオークション

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]オリンパス

最安価格(税込):¥7,992 (前週比:-15円↓) 発売日:2014年 2月28日

  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]の価格比較
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]の中古価格比較
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]の買取価格
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]の店頭購入
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のスペック・仕様
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のレビュー
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のクチコミ
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]の画像・動画
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のピックアップリスト
  • フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のオークション
ユーザーレビュー > カメラ >   >  フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]

『画質、携帯性、価格良しの簡易魚眼レンズ(2020/4/8修正)』 フェルミオンさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のレビューを書く

フェルミオンさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
14件
デジタルカメラ
1件
10件
レンズ
1件
6件
もっと見る
満足度5
操作性3
表現力5
携帯性5
機能性3
画質、携帯性、価格良しの簡易魚眼レンズ(2020/4/8修正)

 仕事柄狭い所の撮影(建物内メンテスペースの配管や工事予定箇所の調査等)をすることが多く、広角カメラや携帯カメラ用魚眼レンズなどを試していました。
 しかしどれも扱い辛く(固定が甘かったりコンバージョンレンズは重くて嵩張ったり)おまけに画質はお察しな状況でした。

 ところがある日ヨドバシカメラのカメラコーナーに展示してある当製品の撮影サンプルを見て、コンデジ程度の画質が隅々まで出ていることに驚愕し、8千円(プラス税)程度とお手頃(購入候補のカシオのZR-4000は3万オーバー、アクションカメラ系も軒並み2万位)なため即購入、2〜3千円の携帯カメラ用の広角レンズがあまりに酷い絵だったこともありほとんど衝動買いしてしまいました。

 使用カメラがE-M1なので少々アンバランスなものの、中古でもっと小さい型落ち品のPENシリーズでも買ってもいいななんて考えていました(本末転倒とも言う)。

 そもそもこの製品が眼中になかった理由が、これの前のモデルの15oレンズキャップレンズが大したことのない画質だった為にガッカリしたという経緯があります。そういう意味ではこれもマトモなマイクロフォーサーズレンズに比べれば画質は望むべきではありません、が、そんなことを全く考えないでいいほど広角が強い。実焦点9oというので35o換算18o相当ということになりますが、こいつを使い始めて7-14oProレンズを全く使わなくなりました(笑)。

 画質もフォーカスがバッチリ決まれば驚くほど良好、広角でここまで綺麗に写る上に1万円を切るレンズってほかにあるのかな?

5千円でジャンク同然のE-PM1をソフマップで買い装着、それまで仕事で使っていたXZ-1と全く同じサイズ(笑)。
XZ-1を持ち歩く感覚で普段から一眼を持ち歩けるようになりました、そして腐ってもマイクロフォーサーズ、画質も満足。(蛇足ですがバッテリーもE-620のが使えた)

 さて、コンパクトさ、画質といいことづくめの説明ですが、重大な欠点というか、素直に万人におすすめできない特徴があります。
楽をしたい人には欠点、使いこなしたいという人には特色とでもいいましょうか(レンズは欠点があってもそれを味と捉えることは多いですから!)。

 それは、フォーカスがマニュアルのみで、それもかなりテキトーな(笑)レバー操作で行うという点です。

 これが慣れるまで難しい、レバーは廻していくと「∞」「・」「0.2m」というマークのところで止まります。それより左に押し込むとカバーが閉じます。そう、このレンズ、カバー内蔵なんです!(※レンズキャップなんだから当たり前ですね)

 色々撮り比べて体感で距離を掴むまではピンボケ連発です。
 「0.2m」は本当に近く、10pくらいで被写界深度は狭いためミスが多い。しかもF8.0なので接写で暗い、ブツ撮りはブレ易い。
 「・」はおおむねどこでも合う。迷ったらコレ。遠景とか星とか以外なら全部コレでいい。
 「∞」、・でいまいちピンがこない遠くのものは意外とこっちのほうがいい、ビルの屋上から他のビルを取るときくらいの距離から使える。

 感覚を掴めた頃に、E-PL6のジャンクを1万円で購入(シャッター枚数2桁品で新品同様だがレンズをつけると液晶真っ暗で撮影不可品。当製品は信号接点が無いため関係なく撮れるので問題なし、と言いつつピカピカで赤黒銀のカッコ良さに物欲をそそられただけ(笑))したところ、拡大ボタンがあることに気づいてからはほとんどそれに頼るようになりました、これは便利…。

 撮影時、狭い範囲の拡大画像をボタン一つで出せるので、「∞」と「・」の間の正確なフォーカスレバー操作など曲芸めいた正確なピントを得られることに!これでこのレンズは完成された感がすごい。
 (2020/4/8追記:E-M1とE-PL6とでピントの傾向が違うようです。E-M1だとE-PL6より∞で合う範囲が広く、やや遠いものは「・」より「∞」で撮ったほうが良いようです、尤も、購入したE-PL6は不良品なので個体差の可能性もあります)

欠点2(今度こそ味)
 大きく樽型にゆがむ。
 これはどうしようもない?いいえそんなことはアリマセン。資料に使うには抵抗がある大きな歪み画像、しかしフォトショップをつかえば簡単に補正可能。”レンズ補正”で画面端から真ん中へドラッグ操作、もう一回同じ操作、これでほぼ歪みがない画像に簡単にできます。

マクロ処理みたいなので…と調べたらドロップレットなる機能がありました。
(マウス操作を”録画”して覚えさせる機能みたいなもの)
まとめてドラッグアンドドロップするだけで全部自動、一つ一つを自動処理なので時間はかかるが放置ですべて終わる。
 レビューに画像以外のファイルを付けられればドロップレットも公開したいところですが残念。公開してもCS5意外で動くか不明ですが…。

あと気づいた点としては、
・レバーの位置が 閉-∞-・-0.2mの並びなのは意外と辛い。レンズの繰り出し位置関係で仕方ないのだろうけど。
 撮影し始める前にカメラの前面をのぞき込んで位置を合わせないと不安。一番使う「・」が真ん中にあり、また何かの拍子に指や服が当たって0.2mになってしまっていた事もあり、屋外での液晶の見づらさと相まって気づくのが遅れるとピンボケ連発になります。
もっとも前述した拡大ボタンで確認できる余裕があれば何の問題もありませんが。

 こんなところでしょうか。欠点はありますが慣れと工夫でどうにでもできるレベル。画質は充分、コスパ最高。
C-900時代からオリンパスを使い続けてフォーサーズ、マイクロフォーサーズと来て、今一番使い込んでいるレンズがじつはコレだったりします。外すと小さいから無くしやすいので注意!レンズキャップよく無くす人は特に!(笑)

 上記欠点を踏まえたうえで覚悟を決めて使い込むのがオススメです。
この値段にして他では恐らく得られないものがあります。マイクロフォーサーズユーザーで良かったと思える製品。

2020/4/8 追記修正

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ

参考になった15人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
操作性3
表現力5
携帯性5
機能性3
画質、携帯性、価格良しの簡易魚眼レンズ
機種不明オリジナル画像(歪み補正されません)
機種不明フォトショで”レンズ補正”×2回
 

オリジナル画像(歪み補正されません)

フォトショで”レンズ補正”×2回

 

 仕事柄狭い所での広角撮影(建物内メンテスペースの配管や工事予定箇所の調査など)をすることが多く、色々広角カメラや携帯カメラにつける魚眼レンズなどを試していました。
 しかしどれも扱い辛く(固定が甘かったりコンバージョンレンズは重くて嵩張ったり)おまけに画質はお察しな状況でした。

 ところがある日ヨドバシカメラのカメラコーナーで展示してあるコレの撮影サンプルを見て、普通にコンデジ程度の画質が隅々まで出ていることに驚愕し、8千円(プラス税)程度とお手頃(購入候補だったカシオのZR-4000というコンデジは3万オーバーだったしアクションカメラ系も軒並み2万くらいだった)なため即購入、2〜3千円の携帯カメラ用の広角レンズがあまりに酷い絵だったこともありほとんど衝動買いしてしまいました。

 使用カメラがE-M1なので少々アンバランスなものの、中古でもっと小さい型落ち品のPENシリーズでも買ってもいいななんて考えていました(本末転倒とも言う)。

 そもそもこの製品が眼中になかった理由が、これの前のモデルの15oレンズキャップレンズが大したことのない画質だった為にガッカリしたという経緯があります。そういう意味ではこれもマトモなマイクロフォーサーズレンズに比べれば画質は望むべきではありません、が、そんなことを全く考えないでいいほど広角が強い。9oというので18o相当ということになりますが、こいつを使い始めて7-14oProレンズを全く使わなくなりました(笑)。

 画質もフォーカスがバッチリ決まれば驚くほど良好、広角でここまで綺麗に写る上に1万円を切るレンズってほかにあるのかな?

5千円でジャンク同然のE-PM1をソフマップで買い、早速運用、それまで仕事で使っていたXZ-1と全く同じサイズ(笑)。
XZ-1を持ち歩く感覚で普段から一眼を持ち歩けるようになりました、そして腐っても(?)マイクロフォーサーズ、画質も取り回しも満足。
(蛇足ですがバッテリーもE-620のが使えたし)

 さて、コンパクトさ、画質といいことづくめの説明ですが、重大な欠点というか、素直に万人におすすめできない特徴があります。
楽をしたい人には欠点、使いこなしたいという人には特色とでもいいましょうか(レンズは劣っている部分があっても使う人次第でそれを味と捉えることは多いですから!)。

 それは、フォーカスがマニュアルのみで、それもかなりテキトーな(笑)レバー操作で行うという点です。

 これが慣れるまで難しい、レバーは廻していくと3か所ほど止まる部分があり、∞-・-0.2m というマークのところで止まります。
それより左に押し込むとカバーが閉じます。そう、このレンズ、カバー内蔵なんです!(レンズキャップなんだから当たり前ですね)

 色々撮り比べて体感で距離を掴むまではピンボケ連発です。
 「0.2m」は本当に近く、10pくらいで被写界深度は狭いためミスが多い。しかもF8.0なので接写で暗い、ブツ撮りはブレ易い。
 「・」はおおむねどこでも合う。迷ったらコレ。遠景とか星とか以外なら全部コレでいい。
 「∞」、・でいまいちピンがこない遠くのものは意外とこっちのほうがいい、ビルの屋上から他のビルを取るときくらいの距離から使える。

 と体感でつかめたころに、E-PL6のジャンクを1万円で購入(新品同様だがレンズをつけると通信でエラーになるのか撮影できない故障品。当製品は信号接点が無いため関係なく撮れるので、と言いつつピカピカで赤黒銀のカッコ良さに物欲をそそられただけ)したところ、拡大ボタンがあることに気づいてからはほとんどそれに頼るようになりました。これは便利…。

 液晶でものすごい狭い範囲の拡大画像を1キーで出せるので、「∞」と「・」の間部分での正確なフォーカスなど曲芸めいた正確なピントを得られることに!これでこのレンズは完成された感がすごい。

欠点2(今度こそ味)
 大きく樽型にゆがむ。
 これはどうしようもない?いいえそんなことはアリマセン。仕事で使うには抵抗がある大きな歪み画像、しかしフォトショップをつかえば簡単に補正可能。”レンズ補正”で画面端から真ん中へドラッグ操作、もう一回同じ操作、これでほぼ歪みがない画像に簡単にできます。どうぞ試してみてください。
 読み込みから操作、保存までたったの30秒!仕事現場で撮ったファイルが150個!休みなしで75分!…やってられませんね。
マクロ処理みたいなので…と調べたらドロップレットなる機能がありました。
まとめてドラッグアンドドロップするだけで全部自動、余裕の処理だ、馬力が違いますよ。
・・・

 レビューに画像以外のファイルを付けられればドロップレットも公開したいところですが残念。公開してもCS5意外で動くか不明ですが…。

あと気づいた点としては、
・レバーの位置が 閉-∞-・-0.2mの並びなのは意外と辛い。レンズの繰り出し位置関係でどうしようもないのだろうけど。
撮影し始める前にカメラの前面をのぞき込んで位置を合わせないと不安。一番使う「・」が真ん中にあり、また何かの拍子に指や服が当たって0.2mになってしまっていた事もあり、屋外での液晶の見づらさと相まって気づくのが遅れるとピンボケ連発になります。
もっとも前述した拡大ボタンで確認できる余裕があれば何の問題もありませんが。

 こんなところでしょうか。欠点はありますが慣れと工夫でどうにでもできるレベル。画質は充分、コスパ最高。
C-900時代からオリンパスを使い続けてフォーサーズ、マイクロフォーサーズと来て、今一番使い込んでいるレンズがじつはコレだったりします。外すと小さいから無くしやすいので注意!レンズキャップよく無くす人は特に!(笑)

 上記欠点を踏まえたうえで覚悟を決めて使い込むのがオススメです。
この値段にして他では恐らく得られないものがあります。マイクロフォーサーズユーザーで良かったと思える製品。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]
オリンパス

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]

最安価格(税込):¥7,992発売日:2014年 2月28日 価格.comの安さの理由は?

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 [ブラック]をお気に入り製品に追加する <471

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意