『ファームウェア4.0で劇的に対動態AFが進化しました』 富士フイルム FUJIFILM X-T1 ボディ デグーラバーさんのレビュー・評価

FUJIFILM X-T1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥68,623 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2014年 2月15日

タイプ:ミラーレス 画素数:1670万画素(総画素)/1630万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.6mm×15.6mm/CMOSII 重量:390g FUJIFILM X-T1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部の商品におきまして、端子カバーを開けた状態で撮影すると、端子部より光が入射して画面に表示される場合があります。
詳しくはメーカーページをご覧下さい。

FUJIFILM X-T1 ボディ の後に発売された製品FUJIFILM X-T1 ボディとFUJIFILM X-T2 ボディを比較する

FUJIFILM X-T2 ボディ

FUJIFILM X-T2 ボディ

最安価格(税込): ¥172,800 発売日:2016年 9月 8日

タイプ:ミラーレス 画素数:2430万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.6mm×15.6mm/CMOSIII 重量:457g
  • FUJIFILM X-T1 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-T1 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-T1 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-T1 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-T1 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-T1 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-T1 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-T1 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-T1 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-T1 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-T1 ボディのオークション

FUJIFILM X-T1 ボディ富士フイルム

最安価格(税込):¥68,623 (前週比:±0 ) 発売日:2014年 2月15日

  • FUJIFILM X-T1 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-T1 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-T1 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-T1 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-T1 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-T1 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-T1 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-T1 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-T1 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-T1 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-T1 ボディのオークション

『ファームウェア4.0で劇的に対動態AFが進化しました』 デグーラバーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
550件
レンズ
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感4
ファームウェア4.0で劇的に対動態AFが進化しました
当機種AF-Cゾーンで連写した16コマの動体撮影抜き出し
当機種AF-Cゾーンで連写した16コマの動体撮影抜き出しその2
当機種XF35mm F1.4開放でのアジサイ

AF-Cゾーンで連写した16コマの動体撮影抜き出し

AF-Cゾーンで連写した16コマの動体撮影抜き出しその2

XF35mm F1.4開放でのアジサイ

当機種XF16-55mm F2.8R WRで河津桜と菜の花
当機種XF16-55mm F2.8 R WRで函館山から見下ろす函館の夜景
当機種XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISで梅とメジロ

XF16-55mm F2.8R WRで河津桜と菜の花

XF16-55mm F2.8 R WRで函館山から見下ろす函館の夜景

XF55-200mm F3.5-4.8 R LM OISで梅とメジロ

【まず総評】
 最も評価すべき所はEVFとライブビューの遅延がほぼ感じられなくなっているところでしょうか。
AFスタート時などにまだカクつく所もありますけど、私の用途では問題になりませんし、そうであっても尚動く被写体を追い掛けやすくなっています。
価格は同じミラーレスというカテゴリでは最高に高価ですから、費用対効果では悪いと見る向きもあるでしょうけど、細々した不満はあっても大きな不満がないという点でひとまず評価5を付けておきます。
ファームウェア4.0になって、ほぼ不満のないカメラに仕上がってきた感がありますよ。

採点基準は他のカメラと比べて相対的にどうかではなく、自分にとって必要十分かどうかで見ています。


【デザイン】
 個人的には非常に好きな外観デザインです。
ボタンやダイヤルの配置も必然があると感じられる作りで、特に不満はありません。
でも十字キーをダイレクトAF変更にしていると、もう1つくらいファンクションキーが欲しい感じではありますが、場所がないですね。


【画質】
 S3PROやS5PROなどの一眼レフから続く富士フイルムの絵作りを楽しませようというフィロソフィーの元に、しかし絵作りに柔軟性を出す調整幅を持たせている印象です。
富士フイルム独特の絵作りでなく忠実性を重視した絵作りが欲しい場合はPRO Neg.Stdのカラー(彩度)+1が最も忠実性重視の絵作りだそうですよ。
画質自体は似た絵作りのX-M1やX-E2よりも若干アンバーがかっているようにも感じられ、X-PRO1やX-E1とjpgで比べると暗部の消失が速いハイコントラストな絵作りですから、シリーズを通して持っていると違和感があるかも知れません。
X-PRO1やE1の絵に戻すならシャドウトーン-2、カラー(彩度)-1、WBシフトを青に1くらい振るのがちょうど良さそうでしょうか。


【操作性・携帯性・機能性・液晶】
 まず、この機種の最大の目玉は何と言っても大きく追従性の良いEVFにあります。
236万ドットだけあって背面液晶よりピントの山も掴みやすいですよ。
このEVFのためだけに買う価値も十分にあると思います。(しかしAF終わりにカク付き有り。後述。)
本体は個人的には最初の頃に十字キーに爪立てたくなる衝動に駆られはしましたが、指の腹でメニューボタンの外側に押し出すように押せば問題無く押せるようになりました。
でもやはり同シリーズの他機種に比べると押しにくい十字ボタンではあります。
Xシリーズ先発機種と比べてAFでもAF-Lボタンで親指フォーカスが出来る様になり、しかもそのフォーカス設定をAF-SとAF-Cから選択可能になったため、かなり便利にAFを使えます。
フォーカスアシストボタンもありますので、フォーカスエリアを拡大してAFしつつピントチェックすることも可能です。

ファームウェア3.0で、十字キーを押したらダイレクトにフォーカスエリアを変更できるようになり、ファームウェア4.0で動態を補足できるゾーンAFを搭載しましたので、それまでX-T1に持っていた動く被写体への苦手意識が、完全ではないもののかなり解消されました。

MFはEVF内で二画面表示にして、拡大画面と全体画面を見比べながらフォーカシングが出来ますから、明るい場所では非常に便利で見やすいです。
二画面にせず単画面でフォーカスアシストをなしかピーキングにしている場合にはフォーカス拡大中にサブ電子ダイヤルを回すと拡大率が変更されます。
デジタルスプリットイメージも被写体を選ぶものの、素早いフォーカシングに向いてます。

あと地味に動画記録中にフォーカスモードを変更することでフォーカスを固定したり動かしたりを任意に行えるようになっていたり、X-E2もですが動画記録中に露出補正ダイヤルで±2段まで露出補正を行えるようになっています。
またファーム3.0からマニュアル露出で動画撮影できる上に、撮影中にシャッター速度と絞りを変更できるようになっています。


【バッテリー】
 この機種はAFを高速に行わせようと思うとハイパフォーマンスモードというモードにしなければならず、そうするとバッテリーの消費が非常に速くなります。
体感的に言えばX-M1の倍のスピードでバッテリーが減っていく印象ですよ。
ハイパフォーマンスモードにするなら予備バッテリーは必須に感じます。
そうでなくとも1日撮影に費やす場合は予備バッテリーは必須ですから予備を含め2〜3個有ると安心かもしれません。


【不満点】
・EVFと背面のLCDを見比べるとLCDの映像の方が自然に感じられ、EVFはいかにも映像映像してる感を感じます。
・眼鏡着用のため、逆光時などでアイピースから光の侵入があり、EVFがとても見にくい場合があります。
 アイピース自体はオプションで複数種類の発売予定もあるそうですから、眼鏡着用者にも使いやすいアイカップの発売を望みます。
・だいたい直感的に操作できますし、全部のボタンを押したり長押ししたりメニュー項目総当たりすれば大方の機能全容も分かりますけど、マニュアルはもっと分かりやすくすべきだと思います。
・EVFにせよLCDにせよ、AF終わりに絞りを指定値まで閉じて露出のシミュレーションを行うためにカク付きが起こります。
 これを何とか無くしてくれればより良い物になるのにと感じますよ。

・あと連射設定時にフラッシュ発光は出来ませんので、私は不満ではないのですけど、そこを重視している方向けに不満点のひとつとして強いて挙げておきます。


【特許やその他の技術的縛りがあるのを分かった上でのワガママ】
・ピントの拡大中は十字キーでAFポイントを移動できれば最高です。
・動画のモアレを低減する方向で処理をして欲しいのと、欧州の税対策なのは分かってますが長時間の動画記録にも対応して欲しいです。
・CP+で研究中と聞きましたが、後継機では位相差画素をより周辺部まで広げて欲しい。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
その他

参考になった34人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感4
非常に良いカメラですけど、まだまだ改良の余地はありそう。
当機種横浜三渓園にて。プロビア、NR-2でカメラ出しです。
当機種西神奈川のヤマダハーブガーデンの河津桜。プロネガstdで彩度+1、NR-2です。
当機種同じく山田ハーブガーデンの河津桜。カメラ内現像でベルビアのNR-2にしてます。

横浜三渓園にて。プロビア、NR-2でカメラ出しです。

西神奈川のヤマダハーブガーデンの河津桜。プロネガstdで彩度+1、NR-2です。

同じく山田ハーブガーデンの河津桜。カメラ内現像でベルビアのNR-2にしてます。

当機種FOTGAの接写リングを使って撮影した物。等倍近いマクロもOK。EF-X20も使用。
当機種厩舎の馬たち。横浜馬の博物館です。プロビア、シャドウトーン-1、NR-2。
当機種アメリカン・ミニチュアホースの成獣マロン。プロビア、シャドウトーン-1、NR-2。

FOTGAの接写リングを使って撮影した物。等倍近いマクロもOK。EF-X20も使用。

厩舎の馬たち。横浜馬の博物館です。プロビア、シャドウトーン-1、NR-2。

アメリカン・ミニチュアホースの成獣マロン。プロビア、シャドウトーン-1、NR-2。

【まず総評】
 最も評価すべき所はEVFとライブビューの遅延がほぼ感じられなくなっているところでしょうか。
AFスタート時などにまだカクつく所もありますけど、私の用途では問題になりませんし、そうであっても尚動く被写体を追い掛けやすくなっています。
価格は同じミラーレスというカテゴリでは最高に高価ですから、費用対効果では悪いと見る向きもあるでしょうけど、細々した不満はあっても大きな不満がないという点でひとまず評価5を付けておきます。
星を4つにするほどネガな要素はない感じで、細々した不満や希望を含めたら星4.7くらいでしょうか。

採点基準は他のカメラと比べて相対的にどうかではなく、自分にとって必要十分かどうかで見ています。


【デザイン】
 個人的には非常に好きな外観デザインです。
ボタンやダイヤルの配置も必然があると感じられる作りで、特に不満はありません。


【画質】
 S3PROやS5PROなどの一眼レフから続く富士フイルムの絵作りを楽しませようというフィロソフィーの元に、しかし絵作りに柔軟性を出す調整幅を持たせている印象です。
(S3PROやS5PRO時代はフィルムシミュレーションを選ぶと調整幅が狭まったものです。)
富士フイルム独特の絵作りでなく忠実性を重視した絵作りが欲しい場合はPRO Neg.Stdのカラー(彩度)+1が最も忠実性重視の絵作りだそうですよ。
画質自体は似た絵作りのX-M1やX-E2よりも若干アンバーがかっているようにも感じられますが、明るく爽やか目の絵作りになってる印象です。
X-PRO1とjpgで比べると暗部の消失が速いハイコントラストな絵作りですから、シリーズを通して持っていると違和感があるかも知れません。
X-PRO1やE1の絵に戻すならシャドウトーン-1、カラー(彩度)-1、WBシフトを青に若干振るくらいがちょうど良さそうでしょうか。

X-M1やX-A1はプロネガが無くなってますけど、シリーズ通してけっして押し着せで調整幅の狭いカメラではありません。


【操作性・携帯性・機能性・液晶】
 まず、この機種の最大の目玉は何と言っても大きく追従性の良いEVFにあります。
236万ドットだけあって背面液晶よりピントの山も掴みやすいですよ。
このEVFのためだけに買う価値も十分にあると思います。(が、残念なところもあります。)
本体は個人的には最初の頃に十字キーに爪立てたくなる衝動に駆られはしましたが、体験会やCP+で触った固体と操作感は変わらず、十字キーは指の腹でメニューボタンの外側に押し出すように押せば問題有りません。
Xシリーズ先発機種と比べてAFでもAF-Lボタンで親指フォーカスが出来る様になり、しかもそのフォーカス設定をAF-SとAF-Cから選択可能になったため、かなり便利にAFを使えます。
フォーカスアシストボタンもありますので、フォーカスエリアを拡大してAFすることも可能です。

MFはEVF内で二画面表示にして、拡大画面と全体画面を見比べながらフォーカシングが出来ますから、非常に便利で見やすいです。
M42のフジノンを何本か持っていますけど、これを有効利用出来て有り難いですよ。
スプリットイメージも被写体を選ぶものの、素早いフォーカシングに向いてます。

あと地味に動画記録中にフォーカスモードを変更することでフォーカスを固定したり動かしたりを任意に行えるようになっていたり、X-E2もですが動画記録中に露出補正ダイヤルで±2段まで露出補正を行えるようになっています。


【バッテリー】
 この機種はAFを高速に行わせようと思うとハイパフォーマンスモードというモードにしなければならず、そうするとバッテリーの消費が非常に速くなります。
体感的に言えばX-M1の倍のスピードでバッテリーが減っていく印象ですよ。
ハイパフォーマンスモードにするなら予備バッテリーは必須に感じます。
そうでなくとも1日撮影に費やす場合は予備バッテリーは必須ですから2個有ると安心かもしれません。


【不満点】
・複雑に動く被写体を追いませんから大きな不満はありませんけど、EVFと背面のLCDを見比べるとLCDの映像の方が自然に感じられ、EVFはいかにも映像映像してる感を感じます。
・眼鏡着用のため、逆光時などでアイピースから光の侵入があり、EVFがとても見にくい場合があります。
 アイピース自体はオプションで複数種類の発売予定もあるそうですから、眼鏡着用者にも使いやすいアイカップの発売を望みます。
・だいたい直感的に操作できますし、全部のボタンを押したり長押ししたりメニュー項目総当たりすれば大方の機能全容も分かりますけど、マニュアルはもっと分かりやすくすべきだと思います。

・あと連射設定時にフラッシュ発光は出来ませんので、私は不満ではないのですけど、そこを重視している方向けに不満点のひとつとして強いて挙げておきます。


【特許やその他の技術的縛りがあるのを分かった上でのワガママ】
・ピントの拡大中は十字キーでAFポイントを移動できれば最高です。
・動画のモアレを低減する方向で処理をして欲しいのと、欧州の税対策なのは分かってますが長時間の動画記録にも対応して欲しいです。
 (欧州はビデオカメラの税率が高いため、デジカメはパナソニック以外1ファイルかつ最長30分までしか撮影できないようになってます。X-E2とX-T1の動画はビットレートが高いため1ファイル4GBで15分程度までしか撮影できません。)
・CP+で研究中とは聞きましたが、AF-Cでフォーカスポイント全体を使って動体追従を行えるモードを追加して欲しい。
・これも同じくCP+で研究中と聞きましたが、位相差画素をより周辺部まで広げて欲しい。
・これは体験会で聞いた話ですが1/8000シャッターは消費電力と特に遅延が要求品質に達していなかったため見送られたそうです。しかし明るい単焦点を有効利用するためにも1/8000シャッターは追求して欲しいですね。(それか本体内にNDフィルターを内蔵するか、です。)
・EVFの表示をもっとLCD並に自然に、カク付きもないように(でもAF性能も落とさないように)して欲しい。

以上

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
その他

参考になった19

 
 
 
 
 
 

「FUJIFILM X-T1 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
大きなEVFが最大の魅力  4 2019年3月31日 20:34
フジ初の一眼スタイル  5 2019年2月16日 10:30
オールドレンズ用として、足るを知る解答例  5 2019年1月23日 16:48
2014年からまだまだ現役です  5 2018年12月29日 13:38
MF専用機として  4 2018年3月18日 11:18
素晴らしいカメラです  4 2018年2月2日 21:09
良いカメラでした  4 2017年8月2日 17:08
EOS 5D Mark II から乗り換え  5 2017年4月21日 15:26
使う喜びを感じられるカメラ  5 2017年3月27日 15:18
使い易いカメラです。  5 2016年12月29日 13:24

FUJIFILM X-T1 ボディのレビューを見る(レビュアー数:77人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

FUJIFILM X-T1 ボディ
富士フイルム

FUJIFILM X-T1 ボディ

最安価格(税込):¥68,623発売日:2014年 2月15日 価格.comの安さの理由は?

FUJIFILM X-T1 ボディをお気に入り製品に追加する <528

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意