『ヴォーカルの明瞭さが素晴らしいイヤホンです』 JVC HA-FX850 KURO大好きさんのレビュー・評価

HA-FX850

ウッドームユニットを搭載したダイナミック型イヤホン

HA-FX850 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2014年 2月下旬

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:6Hz〜45kHz ハイレゾ:○ HA-FX850のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HA-FX850の価格比較
  • HA-FX850の店頭購入
  • HA-FX850のスペック・仕様
  • HA-FX850のレビュー
  • HA-FX850のクチコミ
  • HA-FX850の画像・動画
  • HA-FX850のピックアップリスト
  • HA-FX850のオークション

HA-FX850JVC

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 2月下旬

  • HA-FX850の価格比較
  • HA-FX850の店頭購入
  • HA-FX850のスペック・仕様
  • HA-FX850のレビュー
  • HA-FX850のクチコミ
  • HA-FX850の画像・動画
  • HA-FX850のピックアップリスト
  • HA-FX850のオークション

『ヴォーカルの明瞭さが素晴らしいイヤホンです』 KURO大好きさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:104件
  • 累計支持数:672人
  • ファン数:25人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
30件
1014件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
500件
ヘッドホンアンプ・DAC
8件
332件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性2
ヴォーカルの明瞭さが素晴らしいイヤホンです

【デザイン】
特徴のある木のイヤホンということで、デザインは良いですね。
ただし、サイズが大きいので目立ち易いのは減点です。


【音質】
ヴォーカルがとても明瞭であることがこのイヤホンの最大の特徴です。

ヴォーカルが明瞭なのは、繊細に音を奏でるBAイヤホンの特徴でもあり、SE535LTDなども同等以上のパフォーマンスが得られます。
しかしながら、このイヤホンの音の厚みや低音の沈み込みなどはダイナミック型イヤホンならではのもので、総合力ではこちらが上であると感じました。

BAイヤホンでもSE846、PRO50等、音の厚みを重視したイヤホンが登場してきていますので、どちらが正解とは言い切れませんがこのイヤホンの登場で、BAとダイナミック型の違いを意識する必要が無くなりました。

ROCKやJAZZであればダイナミック型の最高峰であるIE800には劣りますが、ヴォーカル中心の曲やバイオリンなど中高域の響きを重視したサウンドであれば、こちらの方が良い感じです。
IE800がウォームな音だとすればこちらはソリッドな音ですね。


【リケーブル】
このイヤホンの特徴のひとつがMMCXによる互換性の高いリケーブルでしょう。

他のイヤホンと比較して、相対的に音の変化が大きく、リケーブルに向いたイヤホンであるといえます。

手持ちのケーブルで比較しました。

「SHURE純正ケーブル」
SHUREケーブルで聴くとソリッドな音がきらびやかな音に変貌します。
ただし、少しドンシャリ気味な音で相性はあまり良くないようです。

「HPC-SE」
PCOCC-Aを使用した定番ケーブルですが、こちらも中高音域がきらびやかな音です。低音は少なめで少し音の線が細く感じられますが、低価格で十分に音の変化が感じられるので、純正ケーブルとの使い分けには向いています。

「Re:Cable SR2 Twelve Core」
純銀製のケーブルらしく、解像度の高さ、高域のきらびやかさが感じられながら、それでいて上品な音であり、明瞭な音を奏でます。
音場感も素晴らしく、楽器の付帯音が自然に鳴り響くのも特徴的です。

「SHC-200FS」
純正ケーブルのソリッドな音をそのままに、音の厚みが増し、解像度がアップします。
中高域の明瞭さ、低域の沈み具合ともに素晴らしい改善効果です。
純正ケーブルの特徴をそのままにグレードアップしたい方にはお勧めです。

その後幾つかリケーブルを追加で購入しましたので
レビューします。

「Rosenkranz HP-RbBg」
中低音の厚みが素晴らしいリケーブルです。
ハイエンドクラスのケーブルなので格の違いを感じさせます。
低音は量感こそ凄まじいですが、質感に優れていて煩くは感じません。

「Rosenkranz HP-Germany」
中高音の充実したリケーブルですが、FX850に利用するとベストバランスです。
ダイナミック型のモニターサウンドとも感じられ、解像度の高さ、自然な音の響きと出来映えは申し分有りません。
個人的には、上位モデルのFX1100を凌駕していると感じています。

「Wagnus Salyut」
スッキリ系のスピード感と音の分離の良さを感じさせるサウンドでありながらも、中低音の響きの良さも感じられるリケーブルです。

現在は、新製品として発売されたばかりの「Rosenkranz HP-Germany」を使用しています。
試聴も含めれば、高価なリケーブルも色々と試して来ましたが、このケーブルがベストバランスだと思います。
木のイヤホンならではの自然なサウンドを高い次元
で味わうことが出来るFX850とはベストバランスなリケーブルだと思います。


【フィット感】
スパイラルドットイヤピースを使用中です。
装着感は劣りますが、音のヌケの良さが優れています。


【外音遮断性】
遮音性はイヤピースに依存すると思いますが、低反発イヤーピースを使用すれば許容範囲内です。
コンプライはまだ試していませんが、イヤピースの選択肢も広いのがこのイヤホンのメリットだと思います。


【音漏れ防止】
私の使用する音量では全く気にならりませんが、音漏れが少ないとは言えないと思います。


【携帯性】
このハウジングの大きさから、携帯性はかなり悪いです。


【総評】
ヴォーカル重視でダイナミック型を選ぶとすれば最良の選択肢だと思います。

ここ最近、ダイナミック型のイヤホンは、Flat4シリーズを中心に利用しており使用機会が減少していましたが、リケーブルを機会に再び頻繁に利用しています。

リケーブルの選択でグレードアップ可能なのが魅力です。
後継機はハウジングサイズが小型化されるようで、期待出来ますが、FX850をリケーブルでグレードアップをするというのも選択肢のひとつだと思います。

主な用途
音楽

参考になった28人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性2
ヴォーカルの明瞭さが素晴らしいイヤホンです

【デザイン】
特徴のある木のイヤホンということで、デザインは良いですね。
ただし、サイズが大きいので目立ち易いのは減点です。

【音質】
ヴォーカルがとても明瞭であることがこのイヤホンの最大の特徴です。

ヴォーカルが明瞭なのは、繊細に音を奏でるBAイヤホンの特徴でもあり、SE535LTDなども同等以上のパフォーマンスが得られます。
しかしながら、このイヤホンの音の厚みや低音の沈み込みなどはダイナミック型イヤホンならではのもので、総合力ではこちらが上であると感じました。

BAイヤホンでもSE846、PRO50等、音の厚みを重視したイヤホンが登場してきていますので、どちらが正解とは言い切れませんがこのイヤホンの登場で、BAとダイナミック型の違いを意識する必要が無くなりました。

ROCKやJAZZであればダイナミック型の最高峰であるIE800には劣りますが、ヴォーカル中心の曲やバイオリンなど中高域の響きを重視したサウンドであれば、こちらの方が良い感じです。
IE800がウォームな音だとすればこちらはソリッドな音ですね。

【リケーブル】
このイヤホンの特徴のひとつがMMCXによる互換性の高いリケーブルでしょう。

他のイヤホンと比較して、相対的に音の変化が大きく、リケーブルに向いたイヤホンであるといえます。

手持ちのケーブルで比較しました。

「SHURE純正ケーブル」
SHUREケーブルで聴くとソリッドな音がきらびやかな音に変貌します。
ただし、少しドンシャリ気味な音で相性はあまり良くないようです。

「HPC-SE」
PCOCC-Aを使用した定番ケーブルですが、こちらも中高音域がきらびやかな音です。低音は少なめで少し音の線が細く感じられますが、低価格で十分に音の変化が感じられるので、純正ケーブルとの使い分けには向いています。

「Re:Cable SR2 Twelve Core」
純銀製のケーブルらしく、解像度の高さ、高域のきらびやかさが感じられながら、それでいて上品な音であり、明瞭な音を奏でます。
音場感も素晴らしく、楽器の付帯音が自然に鳴り響くのも特徴的です。

「SHC-200FS」
純正ケーブルのソリッドな音をそのままに、音の厚みが増し、解像度がアップします。
中高域の明瞭さ、低域の沈み具合ともに素晴らしい改善効果です。
純正ケーブルの特徴をそのままにグレードアップしたい方にはお勧めです。

「Re:Cable SR2 Twelve Core」は今まで通りSE535LTD用に、「SHC-200FS」をFX850用に使用することにしました。

試聴ですが、幾つかリケーブルを試してみたので追加レビューします。

「OsloU」
イヤホンの価格よりも遥かに高価なケーブルですが、性能の高さは絶大です。解像度の高さ、帯域の広さが優れているのは勿論ですが、最も優れているのは音の滑らかさと銀線とは思えない音の太さです。
このイヤホンの実力の高さが引き出せます。
OsloUはカスタムIEM用とFitEar用を所有していますが、MMCX用もいつか手に入れたいケーブルです。

「Re:Cable SR3」
SR2 Twelve Coreと比較して鮮やかな音ではありますが、8芯のためか線の細さが感じられます。
同じ銀線ならSignalかSupernovaを試してみるのも
良いのかもしれません。

【フィット感】
筐体が大きいだけにフィット感はイマイチですね。
評判の良いTDKのFitWingを購入しましたがこちらは良い感じで、しばらくこれを使って見ようと思っています。

結果的には、スパイラルドットイヤピースを使用中です。
装着感は劣りますが、おとのヌケの良さが優れています。
スパイラルドットイヤピースはto go!334にも使用中で、遮音性を除けば最も優れたイヤピースのひとつです。


【外音遮断性】
遮音性はイヤピースに依存すると思いますが、低反発イヤーピースを使用すれば許容範囲内です。
コンプライはまだ試していませんが、イヤピースの選択肢も広いのがこのイヤホンのメリットだと思います。

【音漏れ防止】
私の使用する音量では全く気にならりませんが、音漏れが少ないとは言えないと思います。

【携帯性】
このハウジングの大きさから、携帯性はかなり悪いです。

【総評】
ヴォーカル重視でダイナミック型を選ぶとすれば最良の選択肢だと思います。

その後にto go!334、カスタムIEMのK10を使用していますが、このイヤホンもダイナミック型ならではの良さが有りますので使用中です。

リケーブルやイヤピースの選択でグレードアップ可能なのが魅力で、装備感に優れた後継機に期待したいところです。

主な用途
音楽

参考になった9

満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感3
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性2
ヴォーカルの明瞭さが素晴らしいイヤホンです

【デザイン】
特徴のある木のイヤホンということで、デザインは良いですね。
ただし、サイズが大きいので目立ち易いのは減点です。

【音質】
ヴォーカルがとても明瞭であることがこのイヤホンの最大の特徴です。

ヴォーカルが明瞭なのは、繊細に音を奏でるBAイヤホンの特徴でもあり、
SE535LTDなども同等以上のパフォーマンスが得られます。
しかしながら、このイヤホンの音の厚みや低音の沈み込みなどはダイナ
ミック型イヤホンならではのもので、総合力ではこちらが上であると
感じました。

BAイヤホンでもSE846、PRO50等、音の厚みを重視したイヤホンが登場
してきていますので、どちらが正解とは言い切れませんがこのイヤホン
の登場で、BAとダイナミック型の違いを意識する必要が無くなりました。

ROCKやJAZZであればダイナミック型の最高峰であるIE800には劣りますが、
ヴォーカル中心の曲やバイオリンなど中高域の響きを重視したサウンドで
あれば、こちらの方が良い感じです。
IE800がウォームな音だとすればこちらはソリッドな音ですね。

【リケーブル】
このイヤホンの特徴のひとつがMMCXによる互換性の高いリケーブル
でしょう。

他のイヤホンと比較して、相対的に音の変化が大きく、リケーブルに
向いたイヤホンであるといえます。

手持ちのケーブルで比較しました。

「SHURE純正ケーブル」
SHUREケーブルで聴くとソリッドな音がきらびやかな音に変貌します。
ただし、少しドンシャリ気味な音で相性はあまり良くないようです。

「HPC-SE」
PCOCC-Aを使用した定番ケーブルですが、こちらも中高音域がきらびやか
な音です。低音は少なめで少し音の線が細く感じられますが、低価格で
十分に音の変化が感じられるので、純正ケーブルとの使い分けには向いて
います。

「Re:Cable SR2 Twelve Core」
純銀製のケーブルらしく、解像度の高さ、高域のきらびやかさが感じられ
ながら、それでいて上品な音であり、明瞭な音を奏でます。
音場感も素晴らしく、楽器の付帯音が自然に鳴り響くのも特徴的です。

「SHC-200FS」
純正ケーブルのソリッドな音をそのままに、音の厚みが増し、解像度が
アップします。
中高域の明瞭さ、低域の沈み具合ともに素晴らしい改善効果です。
純正ケーブルの特徴をそのままにグレードアップしたい方にはお勧めです。

「Re:Cable SR2 Twelve Core」は今まで通りSE535LTD用に、「SHC-200FS」
をFX850用に使用することにしました。

【フィット感】
筐体が大きいだけにフィット感はイマイチですね。
評判の良いTDKのFitWingを購入しましたがこちらは良い感じで、しばらく
これを使って見ようと思っています。

【外音遮断性】
遮音性はイヤピースに依存すると思いますが、低反発イヤーピースを使用
すれば許容範囲内です。
コンプライはまだ試していませんが、イヤピースの選択肢も広いのがこの
イヤホンのメリットだと思います。

【音漏れ防止】
私の使用する音量では全く気にならりませんが、音漏れが少ないとは言え
ないと思います。

【携帯性】
このハウジングの大きさから、携帯性はかなり悪いです。

【総評】
ヴォーカル重視の音楽を聴く機会が多い私としては、今後はこのイヤホン
をメインに使っていくことになりそうです。

SE535LTDの音に対しての不満はこれで解消しそうで、今後は曲のジャンル
や音の傾向の違いを愉しみながら、IE800との使い分けが出来そうです。

フィット感と遮音性の高さの両立がこのイヤホンを使いこなす上での大きな
課題で、色々試して行こうと思います。

筐体の大きさは残念な限りで、夏は装着感が快適なSE535LTDがメインになる
かもしれません。

主な用途
音楽

参考になった5

 
 
 
 
 
 

「HA-FX850」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
リッチな音  5 2018年7月14日 22:41
音だけはいい  2 2018年2月27日 21:51
JVCの名機といってよいかも。いまさらレビュー。  4 2018年2月27日 15:52
私にとっての基準機。   5 2016年11月20日 10:00
ヴォーカルの明瞭さが素晴らしいイヤホンです  5 2016年10月10日 01:37
99*84  1 2016年9月3日 13:30
ウッドドーム これは良い  5 2016年8月27日 10:53
ボーカルがよい  5 2016年8月6日 02:24
暖かみ、艶のある音質  5 2016年7月22日 03:48
買いました。  5 2016年6月25日 20:51

HA-FX850のレビューを見る(レビュアー数:88人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

HA-FX850
JVC

HA-FX850

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 2月下旬

HA-FX850をお気に入り製品に追加する <591

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意