『本格ハイブリッドで次元を超えた低燃費を実現』 トヨタ ノア ハイブリッド 2014年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ノア ハイブリッド 2014年モデル

『本格ハイブリッドで次元を超えた低燃費を実現』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

本格ハイブリッドで次元を超えた低燃費を実現

ノアのフルモデルチェンジで本格的なハイブリッド車が設定された。これまでミニバンでハイブリッドというと、コンパクトなクラスのフリードに簡易型ハイブリッドが設定されていたほか、セレナに一種のハイブリッドといえる程度のさらにシンプルなSハイブリッドが設定されていただけだった。

ノアに採用されたのは、プリウスに搭載されているのと同じ本格的なハイブリッドシステムであるTHS-IIで、1.8Lエンジンに電気モーターを組み合わせることで、燃費を一気に23.8km/Lまで高めてきた。これまでのミニバンとは全く異なるレベルの低燃費を実現している。

ノアハイブリッドには、トヨタがメガウェブで開催したメディア関係者向け試乗会に出席して、用意された広報車両に試乗したほか、富士スピードウェイやドイツ村で開催された取材会にも参加した。

ノアはプリウスに比べると車両重量がかなり重いのだが、なのにプリウスと同じハイブリッドシステムを採用したのはコスト要因が大きいという。事実上国内専用車であるノアのために新たなシステムを開発したのでは、コストが高くついてしまうため、より低価格で提供できる既存システム利用する道を選んだという。

厳密にいえば、プリウス用ではなく、プリウスよりもやや重いプリウスα用のシステムを採用することで、より重量の重いノアのボディに対応できるハイブリッドシステムとした。

ハイブリッド用のニッケル水素電池は低床プラットホームの前席下に平たく搭載することで、居住空間などに影響を与えない形のパッケージングを実現した。これによって前席から後席のウォークスルーも可能で、ガソリン車と変わらない使い勝手を実現している。

ハイブリッド車は7人乗り仕様のみの設定で、超ロングスライドが可能なセカンドシートを備えることなどもガソリン車と同じである。

実際に走らせた印象は、想像した以上に良く走るなというものだった。これは発進時のモーターアシストを強めに設定していることが関係しているようだ。走りが鈍いというイメージを与えないための設定である。

これは同時に、早めに巡航速度に到達できることを意味し、その段階でアクセルを緩めるとすぐにEV走行に入るような感じがあった。これは走行モードにもよるが、ECOモードのときなどはその傾向が顕著に出た。こうした設定によって、走りの良さと燃費の良さを追求したのがノアハイブリッドの特徴だ。

また静粛性の高さもハイブリッド車らしいものだった。これはハイブリッドであることに加えて振動・騒音対策が徹底されたためで、静かで快適なドライブが可能である。

良くできたハイブリッド車で、立ち上がり時点ではかなり高い比率でハイブリッド車が売れているのも良く分かるが、ハイブリッド車は価格が高くなるのが難点。ガソリン車に比べると単純比較で40万〜45万円くらい高くなるが、これは燃費で取り戻せる金額ではない。

ハイブリッド車にエアロ仕様の設定がないのも価格が理由という。ハイブリッド車自体が標準に対して高いのに、エアロ仕様にしてさらに価格アップしたら完全に300万円を超えて現実的ではなくなると考えたようだ。

いずれはハイブリッドのエアロ仕様も設定されるのだろうが、今は選べないし、設定されたとしてもお勧めモデルになるかどうかは微妙である。

今や必須の装備になりつつある自動ブレーキの設定がないのはハイブリッド車もガソリン車と同じ。2015年以降の改良時に設定する意向ののようだが、少しでも早い時点での設定に期待したい。

また、ノアのガソリン車を別にレポートしているので参照していただきたい。

レビュー対象車
試乗

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「ノア ハイブリッド 2014年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

ノア ハイブリッド
トヨタ

ノア ハイブリッド

新車価格帯:300〜338万円

中古車価格帯:93〜403万円

ノア ハイブリッド 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <244

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意