『室内の広さでも燃費でもクラストップの性能を確保した』 トヨタ ノア 2014年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ノア 2014年モデル

『室内の広さでも燃費でもクラストップの性能を確保した』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

室内の広さでも燃費でもクラストップの性能を確保した

軽自動車やコンパクトカーとともに、日本で良く売れるクルマといえば、ミドルクラスのミニバン。それも全高を抑えたタイプではなく背の高いハイト系ミニバンが良く売れている。

このクラスには、ノア/ヴォククシーとセレナ、ステップワゴンがあり、激しい販売合戦を繰り広げてきた。ノアはトヨタの販売力を背景に一定の売れ行きを示してきたものの、発売時点が古かったために最近ではライバル車に遅れをとる状況だった。全長が短めだったために室内空間がやや狭かったことなどが弱点とされてきた。

これらの弱点の解消に加えて燃費性能でも優位に立つことを目指して開発されたのが今回のノアだ。ノアにはトヨタが富士スピードウェイや東京ドイツ村、メガウェブなどで開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意されたさまざまな仕様の広報車両に試乗した。

新型ノアでは低床プラットホームを採用したのが大きなポイント。床面が85mmも下げたことで、開口部の拡大と合わせて乗降性が格段に良くなった。また床面が下がったので、室内高を60mmも拡大しながら全高を25mm下げることが可能になった。ほかに低床化による重心高の低下が操縦安定性にも貢献するなど、低床かはいろいろな意味で良いことづくめである。

外観デザインは格段に良くなった印象がある。従来のモデルは姉妹車のヴォクシーが存在感を感じさせるものだったのに対し、ノアは妙におとなしい感じだった。それが今回は存在感のある顔つきになると同時に、見るからにミニバンらしい広さ感を与えるものになった。

広さ感の部分は、言ってみればセレナ的なデザインになったという側面もあり、必ずしもほめられたものではないのだが、従来のモデルに比べたらずっと多くのユーザーから支持を得るのは間違いないだろう。

またガソリン車のノアには標準仕様とエアロ仕様の2種類の外観が用意されている。ミニバンではエアロ仕様を求める人も多いから、これも良い点である。

搭載エンジンは直列4気筒2.0Lの3ZR-FAE型。基本的には従来と同じエンジンでスーパーCVT-iとの組み合わせも同じだが、中身は大幅な進化を遂げていて、アイドリングストップ機構も採用されたことで、動力性能を心持ち抑えつつ燃費を16.0km/Lに向上させている。

これはセレナのSハイブリッドの最も燃費の良い仕様と同じ数値であり、標準的なガソリン車でこの数値を達成したのはけっこう凄いことだと思う。

実際に走らせた印象も、燃費志向のために走りを鈍くしたというような感じではなく、普通に走って燃費も良いクルマに仕上がっている。アイドリングストップから再始動するときの振動や騒音については、セレナのほうに一日の長があるが、ノアの仕様も特に不満を感じさせるものではない。

走りの滑らかさ、室内空間の静かさ、低床・低重心プラットホームによる操縦安定性などと合わせ、ノアの走りには大きく進化した印象があった。

新型ノアは装備の充実度も高く、ワンタッチスイッチ付きのパワースライドドア、携帯電話のおくだけ充電、進化型のインテリジェント・パーキングアシスト、オートマチック・ハイビームなど、クラス初、トヨタ初の装備がいろいろと用意されている。

価格は特に割安というほどではないが、競合車並みの水準に押さえられている。モデルの新しさや性能差を考えたら、ミドルミニバンの中で相当に魅力的なクルマといえる。

残念なのは、先進緊急ブレーキが設定されていないこと。セレナがマイナーチェンジで搭載車を設定してきただけに、ノアにとっての唯一ともいえる弱点である。

レビュー対象車
試乗

参考になった21人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

室内の広さでも燃費でもクラストップの性能を確保した

軽自動車やコンパクトカーとともに、日本で良く売れるクルマといえば、ミドルクラスのミニバン。それも全高を抑えたタイプではなく背の高いハイト系ミニバンが良く売れている。

このクラスには、ノア/ヴォククシーとセレナ、ステップワゴンがあり、激しい販売合戦を繰り広げてきた。ノアはトヨタの販売力を背景に一定の売れ行きを示してきたものの、発売時点が古かったために最近ではライバル車に遅れをとる状況だった。全長が短めだったために室内空間がやや狭かったことなどが弱点とされてきた。

これらの弱点の解消に加えて燃費性能でも優位に立つことを目指して開発されたのが今回のノアだ。ノアにはトヨタが富士スピードウェイや東京ドイツ村、メガウェブなどで開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意されたさまざまな仕様の広報車両に試乗した。

新型ノアでは低床プラットホームを採用したのが大きなポイント。床面が85mmも下げたことで、開口部の拡大と合わせて乗降性が格段に良くなった。また床面が下がったので、室内高を60mmも拡大しながら全高を25mm下げることが可能になった。ほかに低床化による重心高の低下が操縦安定性にも貢献するなど、低床かはいろいろな意味で良いことづくめである。

外観デザインは格段に良くなった印象がある。従来のモデルは姉妹車のヴォクシーが存在感を感じさせるものだったのに対し、ノアは妙におとなしい感じだった。それが今回は存在感のある顔つきになると同時に、見るからにミニバンらしい広さ感を与えるものになった。

広さ感の部分は、言ってみればセレナ的なデザインになったという側面もあり、必ずしもほめられたものではないのだが、従来のモデルに比べたらずっと多くのユーザーから支持を得るのは間違いないだろう。

またガソリン車のノアには標準仕様とエアロ仕様の2種類の外観が用意されている。ミニバンではエアロ仕様を求める人も多いから、これも良い点である。

搭載エンジンは直列4気筒2.0Lの3ZR-FAE型。基本的には従来と同じエンジンでスーパーCVT-iとの組み合わせも同じだが、中身は大幅な進化を遂げていて、アイドリングストップ機構も採用されたことで、動力性能を心持ち抑えつつ燃費を16.0km/Lに向上させている。

これはセレナのSハイブリッドの最も燃費の良い仕様と同じ数値であり、標準的なガソリン車でこの数値を達成したのはけっこう凄い。

実際に走らせた印象も、燃費志向のために走りを鈍くしたというような感じではなく、普通に走って燃費も良いクルマに仕上がっている。アイドリングストップから再始動するときの振動や騒音については、セレナのほうに一日の長があるが、ノアの仕様も特に不満を感じさせるものではない。

走りの滑らかさ、室内空間の静かさなどと合わせ、ノアの走りには大きく進化した印象があった。

新型ノアは装備の充実度も高く、ワンタッチスイッチ付きのパワースライドドア、携帯電話のおくだけ充電、進化型のインテリジェント・パーキングアシスト、オートマチック・ハイビームなど、クラス初、トヨタ初の装備がいろいろと用意されている。

価格は特に割安というほどではないが、競合車並みの水準に押さえられている。モデルの新しさや性能差を考えたら、ミドルミニバンの中で相当に魅力的なクルマといえる。

残念なのは、先進緊急ブレーキが設定されていないこと。セレナがマイナーチェンジで搭載車を設定してきただけに、ノアにとっての唯一ともいえる弱点である。

レビュー対象車
試乗

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「ノア 2014年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
職場で使ってます  5 2019年3月14日 06:15
乗り易く満足  5 2018年7月26日 15:35
良い車ですよ  5 2018年7月6日 20:33
燃費以外は良いです。  4 2018年5月5日 15:44
ドアスタビライザー付けて正解。運転の楽しいミニバンです。  5 2018年4月14日 01:18
なかなか快適です  5 2018年4月12日 12:08
加速に難、安全性に劣る  1 2018年4月8日 07:23
よく出来た5ナンバーミニバン  4 2018年3月29日 14:53
60系ノアから久しぶりに乗り換え  4 2018年2月1日 09:09
良いミニバンです。  5 2018年1月11日 22:19

ノア 2014年モデルのレビューを見る(レビュアー数:75人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

ノア
トヨタ

ノア

新車価格帯:250〜325万円

中古車価格帯:108〜391万円

ノア 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <621

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意