『A型からF型へ買い替え』 スバル レヴォーグ 2014年モデル ジェットスライガーさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > レヴォーグ 2014年モデル

『A型からF型へ買い替え』 ジェットスライガーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

レヴォーグ 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3
A型からF型へ買い替え

【装備内容】
GTSからSTI Sports BLACK selectionへグレード変更。
1600から2000へ排気量アップ。
ディーラー、メーカーオプションは前車と全て同様としA型で必要なかったものを削除。
A型は本革シートだったがレカロシートを選択。
A型では設定のなかったサンルーフを追加。

以下、私の個人的意見となります。

【エクステリア】
STI sportsのフロントデザインはノーマルに比べ戦闘的で良いがリアデザインがSTIのエンブレムだけと、さみしい。
ドアミラーカバーが黒になっただけで引き締まった感があるが、これはディーラーオプションで変更できる為advantage lineと同様に黒のドアハンドルとエンブレムもほしかった。
さらに言えば黒のシャークアンテナも付けてほしかった。
C型でウインカーのあった位置が空いてしまい何か付けてない感がある為、デザインをどうにかしてほしかった。

【インテリア】
ボルドー色が好きになれなかった為、BLACK selectionで内装が黒になり満足しているが、レカロシートオプションでシートメモリー機能が削除されているのが非常に不満(契約後に気づいた)。
シートのサイドサポートが擦れて傷つく為、運転時と乗降時でメモリーして傷防止していたが今は毎回手動操作でシートを前後している。
レカロシートの座り心地はサイドサポートが前車の皮シートより開いてる感じがするがスエードの為か皮シートよりもホールドが良く、半年に一度ギックリ腰になり、この車納車二日後にギックリ腰になった体でも腰の痛みを気にせず運転できた。
座面が狭く、左寄りに座らないとアクセルに足を伸ばした時、右太ももが座面右のサポートに当たり気になる。
ハンドルが前車のねっとりしっとりした感触から乾いたさらさらした感触になった。

【エンジン性能】
前車はターボがかかると一気にトップまで加速し頭打ちする感じだったが、現車は下からリニアに加速しあっという間に制限速度オーバー。
長い上り坂でアクセルを開けるとわかりやすい。1600は頑張ってる感が車から伝わってくるが2000は全然余裕だよと言わんばかりにスムーズに加速し上っていく。
昔の2ストバイクに乗っているようなドッカン加速の1600は通常アクセル開閉による面白みはあるが追い越しの際いきなり加速したり回転数が合わないともたつくところもあったのでエンジンは満足している。

【アイサイト】
アイサイトツーリングアシストになり、その進化が体感できます。
ハンドルアシストはエンジン始動時からONになっており結構な頻度で操作に介入してくるが迷惑ではありません。
それよりもオートクルーズにした際のハンドル操作には驚いた。ほぼ自動運転。
前車は高速道路移動時、車線中央維持がやや左による傾向があった為ハンドルを右に修正しつつ運転していたが、しっかり中央を維持し続ける。
その為ハンドルに軽く手を添える程度で運転していると約10秒置きに警告が発生し非常にウザイ。ハンドルの握り判定は過重で判断してるのだろうがちょっと厳しすぎる。
営業がD型になった際「できる事を少し開放しただけです。」と言ってましたが次期レヴォーグはほぼ全開放してミリ波レーダーを追加するんでしょうね。
現状、これ以上車がやってくれると会社の車やレンタカーを運転できなくなってしまうので、もうこれで結構です。

【乗り心地】
遮音性が高くなったと言われるがあまり感じない。ギャップの受け流しやコーナーのふんばりが良くなってる感じはする。

【燃費】
街中6〜8km/l、高速12〜14km/l位、前車と変わらない為、リッターあたりハイオク分10円増えただけです。

【価格】
総額約550万

【総評】
高い買い物でしたが他社の車を何台も見て乗って、カタログ並べてスペックや安全装備や機能を比較して次期レヴォーグの噂も毎日ネット上で確認し最終的に決めた車です。
満足しています!

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
茨城県

新車価格
412万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった33人(再レビュー後:30人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3
A型1600GTSからF型2000STI Sports BLACK selectionへ買い替え

【装備内容】
GTSからSTI Sportsへグレード変更。
1600から2000へ排気量アップ。
ディーラー、メーカーオプションは前車と全て同様としA型で必要なかったものを削除。
A型は本革シートだったがレカロシートを選択。
A型では設定のなかったサンルーフを追加。

以下、私の個人的意見となります。

【エクステリア】
STI sportsのフロントデザインはノーマルに比べ戦闘的で良いがリアデザインがSTIのエンブレムだけと、さみしい。
ドアミラーカバーが黒になっただけで引き締まった感があるが、これはディーラーオプションで変更できる為advantage lineと同様に黒のドアハンドルとエンブレムもほしかった。
さらに言えば黒のシャークアンテナも付けてほしかった。
C型でウインカーのあった位置が空いてしまい何か付けてない感がある為、デザインをどうにかしてほしかった。

【インテリア】
ボルドー色が好きになれなかった為、BLACK selectionで内装が黒になり満足しているが、レカロシートオプションでシートメモリー機能が削除されているのが非常に不満(契約後に気づいた)。
シートのサイドサポートが擦れて傷つく為、運転時と乗降時でメモリーして傷防止していたが今は毎回手動操作でシートを前後している。
レカロシートの座り心地はサイドサポートが前車の皮シートより開いてる感じがするがスエードの為か皮シートよりもホールドが良く、半年に一度ギックリ腰になり、この車納車二日後にギックリ腰になった体でも腰の痛みを気にせず運転できた。
座面が狭く、左寄りに座らないとアクセルに足を伸ばした時、右太ももが座面右のサポートに当たり気になる。
ハンドルが前車のねっとりしっとりした感触から乾いたさらさらした感触になった。

【エンジン性能】
前車はターボがかかると一気にトップまで加速し頭打ちする感じだったが、現車は下からリニアに加速しあっという間に制限速度オーバー。
長い上り坂でアクセルを開けるとわかりやすい。1600は頑張ってる感が車から伝わってくるが2000は全然余裕だよと言わんばかりにスムーズに加速し上っていく。
昔の2ストバイクに乗っているようなドッカン加速の1600は通常アクセル開閉による面白みはあるが追い越しの際いきなり加速したり回転数が合わないともたつくところもあったのでエンジンは満足している。

【アイサイト】
アイサイトツーリングアシストになり、その進化が体感できます。
ハンドルアシストはエンジン始動時からONになっており結構な頻度で操作に介入してくるが迷惑ではありません。
それよりもオートクルーズにした際のハンドル操作には驚いた。ほぼ自動運転。
前車は高速道路移動時、車線中央維持がやや左による傾向があった為ハンドルを右に修正しつつ運転していたが、しっかり中央を維持し続ける。
その為ハンドルに軽く手を添える程度で運転していると約10秒置きに警告が発生し非常にウザイ。ハンドルの握り判定は過重で判断してるのだろうがちょっと厳しすぎる。
営業がD型になった際「できる事を少し開放しただけです。」と言ってましたが次期レヴォーグはほぼ全開放してミリ波レーダーを追加するんでしょうね。
現状、これ以上車がやってくれると会社の車やレンタカーを運転できなくなってしまうので、もうこれで結構です。

【乗り心地】
遮音性が高くなったと言われるがあまり感じない。ギャップの受け流しやコーナーのふんばりが良くなってる感じはする。

【燃費】
街中6〜8km/l、高速12〜14km/l位、前車と変わらない為、リッターあたりハイオク分10円増えただけです。

【価格】
総額約550万

【総評】
高い買い物でしたが他社の車を何台も見て乗って、カタログ並べてスペックや安全装備や機能を比較して次期レヴォーグの噂も毎日ネット上で確認し最終的に決めた車です。
満足しています!

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
福島県

新車価格
412万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「レヴォーグ 2014年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

レヴォーグ 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

レヴォーグ
スバル

レヴォーグ

新車価格帯:291〜412万円

中古車価格帯:55〜440万円

レヴォーグ 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <1225

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意