スバル レヴォーグレビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

レヴォーグ のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
レヴォーグ 2014年モデル 4.41 自動車のランキング 102 401人 レヴォーグ 2014年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

レヴォーグ 2014年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.39 4.34 77位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.96 3.93 62位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.47 4.13 37位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.61 4.21 23位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.14 4.05 107位
燃費 燃費の満足度 3.49 3.89 121位
価格 総合的な価格の妥当性 3.73 3.88 76位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

汽車ポッポーさん

  • レビュー投稿数:127件
  • 累計支持数:1565人
  • ファン数:24人
満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格3

気になっている新型インプレッサのカタログをもらいにいくついでに試乗してみました。フルモデルチェン時が予告された後で今更感はありますが、快速ワゴンとして何かと注目を集めてきたレヴォーグとはどんなクルマなのか、直感的なフィーリングを中心に書きます。

【エクステリア】
全体的なシルエットはきれいですが、フロントフェイスがあまり好きになれません。ヘキサゴングリルの硬質感と、エアインテークが何かわざとらしく、クドイ顔とサイドのしなやかなフォルムが戦っている感じがします。ボディカラーがホワイト系ならまだスマートな感じもありますが、シルバーになると、とたんにギークな感じがします。これが好みの人にはたまらないものがあるかもしれませんが、私には新型インプレッサのデザインのほうが格段によく見えます。エアインテークのないグレードも用意するなど、もう少し万人受けを狙ってみてもいいのではないでしょうか。あと、ツーリングワゴンなので仕方のないところですが、やや全長が長く、慣れないと取り回しに苦労しそうです。

【インテリア】
これは好みです。いかにも航空機を意識したような、スイッチやモニター類が凝縮されたコックピットですが、欲しい情報が目につきやすいところに表示されるので、ドライビングの楽しさと安心感を高めてくれます。また、室内空間の広さも魅力的。後席の膝前スペースはゆったりとしており、荷室容積も522Lと十分。価格が高いので若いファミリー層の需要が見込めるクルマではありませんが、基本的にはファミリーにも適したパッケージングだと思います。

【エンジン性能】
気持ちいいと評判の1.6Lターボに乗ってみましたが、インプレッサの1.6L NAの次に乗ってみたら、一瞬、「あれ?」と思いました。出だしはインプレッサのほうがむしろ軽やかで、ターボラグがあるぶん、街乗りではやや思い感じがしました。ただし、ターボがかかってからの加速は気持ちよく、レヴォーグは高速道路を使った長距離を走ってこそよさがわかる、生粋のGTカーだと思いました。とはいえ、以前アクセラスポーツの2.2Lディーゼルターボに乗っていた私からすると、期待していたほどのパンチ力はなかったです。そう考えると、マツダの2.2Lディーゼルターボはあれだけの荒々しい加速をしながら、普段使いではなめらかに回るので、改めてよくできたパワーユニットだと思いました。

【走行性能】
鉄の塊のような剛性感があり、頼もしい走りを見せてくれますが、街乗りではややオーバースペックだと思います。路面にへばりつくような接地感があり直進安定性は抜群。コーナリング時のロールも少ないので、長距離を乗っても疲れにくそうです。ただし、ビルシュタインダンパーがやや硬めのセッティングで、街乗りではややゴツゴツした感じがあります。動力性能は1.6Lで十分だと思いますが、むしろこのクルマは2Lでガンガン踏み込んだり、峠を攻める走り方が合っているのかもしれません。

【乗り心地】
正直なところ、インプレッサのほうがいいと思いました。安心感はありますが、なんせカタいです。いわゆる足グルマというか、10km程度の距離をちょっと乗るような、普段使いにはあまり向かない気がします。このクルマを好む人は生粋のスポーツ志向なのだと思います。

【燃費】
短時間の試乗なので具体的にはわかりませんが、かなり悪そうです。特にストップ&ゴーの多い街乗りではかなり燃料を食いそうで、このクルマの燃費評価は、飽くまで高速道路を含めて長距離を乗ったときにすべきだと思います。

【価格】
高級車にくくられるクルマではあるものの、高いですね。高剛性シャーシはいいとしても、ターボエンジンにビルシュタインバンパーといいタイヤ、エアインテークなどの空力パーツ、内装面ではいかにも高そうなステアリングやシートのレザーなど、走りのステーションワゴンとして独自の魅力があるのに、本当にそこまでしなければならなかったのかという気はしました。とはいえ、カローラツーリングのような目に見えるコストカットは不評を買うので、次期モデルでどこまでの内容と価格設定にするか、スバルとしては思案のしどころでしょう。

【総評】
確かにGTカーとしては秀逸で、長距離走行がメインならいい選択肢だと思います。ただし、街乗りではオーバースペックで、普段使いには向かないと思います。このクルマは、飽くまで所有欲を満たすGTカーであり、万人受けをするクルマではないと考えます。また、一見、目に見える競合車がないように思えてきたレヴォーグですが、今後はカローラツーリングHVのWxBがシェアを奪いにくるでしょうし、実は現状でも、“隠れた名車”と言えるホンダ ジェイドHVのRSがライバルになっているはずです。レヴォーグはレガシィツーリングワゴンの後継なので、当初から知名度とブランドイメージがあったので、それほど台数は売れていないまでも、低迷するステーションワゴン試乗で息の長い人気を維持できてきたようですが、今後はどうでしょうか。あまり趣向性に走りすぎず、もう少しシンプルな内容のグレードを設定してファミリー層までターゲットを広げるなど、マーケティング上の工夫が必要になってくるはずです。ただ、次期モデルのあのデザインでは、ファミリーは難しいかもしれませんね。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たびネコ8号さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:70人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
7件
自動車(本体)
2件
0件
SSD
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格無評価

アウトバックとの燃費比較です

洗車後の姿です。いい黒い色です

アウトバックとのトランク比較です。意外と広いです。

17年の11月にアウトバックを購入したのですが、5月のGWに高速道路で追突事故に遭ってしまい、
1か月ほど修理に出していた時の代車として利用していましたので、アウトバックとの比較という
観点を中心に感想を記載したいと思います。

比較の詳細は
http://www.tabineko8.com/
のブログでも順次レビューしております。

【エクステリア】4
洗車してみたらとてもきれいでしたし、見た目もよいと思いますが、横から見た時に少し後ろが短いなと思う
全体的なバランス(ボンネットの開口部など・・)を考えるとアウトバックのマイナス1で4点としました。


【インテリア 】 3
アウトバックと比べると高級感という感じはありませんでしたが、乗っていて違和感はありませんでした。
しかし心地よさという点ではもう少しかなと思います。
期待していたインフォメーションディスプレイは少し使い道にかけるかなという感じでした。
※アウトバックはリミテッド、レヴォーグはベースグレードなので比較としては少し厳しめです

【エンジン性能 】4
普段乗るのに1.6Lでもそれほど不足はないと思います。ただ、アウトバック2.5Lと比較して排気量の違いからか、
出力が弱いと思って踏むと一般道だと急加速、という感じだったので、アウトバックのほうが滑らかだと思います。
一方高速で料金所を通過したところで思い切って踏んでみましたが、高速だと驚くほどの加速、というわけでは
ありませんでした。2Lになると違う評価になるかもしれません。

【走行性能 】 4
これは何を重視するかによりますが、車高が低くてハンドルを切るとすっと曲がってくれるので安定感は十分あります。
ただ私はゆったりと乗ることを重視した選び方をしたので、今回はアウトバックのマイナス1の4としました。

【乗り心地 】 3
車のキャラクターだと思いますが、車高が低くて少し硬いかなという感じです。
これも好みがあると思います。

【燃費 】 4
1.6Lで燃費が改善するかと思いましたが、アウトバックとほぼ同じでした。街乗り9.5Km/L、高速込みで11.5Km/Lといった感じです。


【価格 】 4
今回は代車だったので、採点はなしです。

【満足度 】 4
代車として来てもらって1か月。思ったよりトランクも広く、高速も安定していていい車だなという感想は持ちましたので、
購入しても後悔することはないと思います。アウトバックと比較してマイナス1とさせてもらいました。

比較製品
スバル > レガシィ アウトバック 2014年モデル
乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

モンテ山猿さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:110人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
1件
デジタルカメラ
1件
2件
ビデオカメラ
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4
   

   

【エクステリア】
これまで無難なデザインの車にしか乗ったことが無いので、洗車した時にデザインにメリハリが有って拭きにくい事に気付きました。でも、欲しくて買ったので良いのです。また、当初はエアインテークが必要ないという家族の意見が有りましたが、もう言われなくなりました。
【インテリア】
ピアノブラックの部分が多く、きちんと拭かないと指紋や拭きムラが目立ちます。ここには液晶クリーナーを使用します。
なお、D型になってリヤシートの中心だけを倒せるようになったので、長尺物のスキー・スノボ等を載せるのに便利なのは間違いありません。
【エンジン性能】
確かに普段の低速トルクはイマイチかもしれませんが、先行車がいる状態でこれを気にする場面はほとんどありません。
Sモードでの加速の伸びが有るので、高速道路での合流が密かな楽しみです。
【走行性能】
ハンドル操作に顕著に反応してくれるので運転しやすいです。
何といってもこの車はツーリングアシストが目玉です。アクセルを踏むことなく先行車について行ってくれますし、高速道路では速度設定しておけば、ほぼ自動運転で、どうしても遅い車がいる時は車線変更をすると設定速度まで勝手に速度が伸びてくれます。便利です。
【乗り心地】
しっかりした足回りだと思います。圧雪の雪道だと段差の衝撃を思いっきり拾います。ここはわかってこの車を選んだわけですので仕方ありません。同乗者には我慢してもらいます。
その分、普通の道路での静粛性はこのクラスではかなりのものですので、ここは一押しです。
【燃費】
ノーマルタイヤでの燃費については、300km程度の距離を高速道路で法定速度内で走る分には15km/l走ります。また10km程度の移動で時速60kmで燃費に気をつけた走行をすると、ほぼカタログ値の16km/lを車載燃費計で記録しました。ただし、普段は短距離の経路しか走らないので、満タン法で10km/l未満です。
なお、冬場にスタッドレスタイヤ装着で1200km走行しての平均は10.7km/lでした。暖房を使用しての街乗りだけだと8km/l程度です。
【価格】
私がこれまで所有した車の中では一番高価ですが、それなりの価値はあると思っています。
【総評】
アイサイトという先進技術については、色々と感心してしまっています。勝手に止まろうとしてくれるのと、ライン通りに走ってくれるのは良いですね。
また、センサーに雪が付着していると、20年ほど前の祖父の車はアラームが鳴りっぱなしでしたが、今回は注意喚起音と共にセンサーがオフになり、状況が改善されるとまたONになるという優れものです。センサー装着車を所有したのは初めてなので、それだけで勝手に驚いています。
最後までずっとお世話になっていたトヨタのアベンシス、同じスバルのレガシーアウトバック、そして気になるマツダのアテンザと悩みましたが、これを購入して良かったと思います。

比較製品
トヨタ > アベンシス ワゴン
マツダ > アテンザワゴン
スバル > レガシィ アウトバック 2014年モデル
乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
山形県

新車価格
282万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
20万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった24人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

windows8&XPさん

  • レビュー投稿数:106件
  • 累計支持数:2364人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
33件
6件
シンセサイザー・キーボード
4件
24件
ノートパソコン
7件
11件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

今月半ばに納車されました。年内納車は無理だと思っていたので驚いています。
尚、比較はゴルフ・アベンシス・アテンザ・前車インプレッサG4の4台です。

【エクステリア】
筋骨隆々と言えばいいのかわかりませんが、スバルらしいデザイン。
時代遅れだ!とかダサい!という声もありますが、私からすればマツダとかの大きすぎる上に
締まりのない、口をガバァっと開けたデザインの方がダサいと思います。(今のマツダデザインを好きになれない人です)
こちらは日本に合った大きさで扱いやすく、より日本に馴染む車だと思います。

また、STIの顔より標準モデル(GT-S)の方が好みだったのでGT-Sにしました。
カラーはガンメタぽい色です。落ち着いた色で気に入っています。手入れも楽です。

【インテリア】
インプレッサと大して変わりないです。というかスバル車のインパネはほぼ同じ。
それをつまらないと捉えるか、慣れ親しみやすいと捉えるか。私は後者の捉え方です。
勝手がわかっている方が運転しやすいですので、すごく都合がいいです。
また、実際に乗ってみると、メーターやインフォメーションモニターの位置など、よく考えられているなと感じます。
ゴルフとかアベンシスとかだとナビの確認がし難かったり、ごちゃごちゃしていて知りたい情報をすぐに得ることができなかったり・・・。マツダの目の前に出る表示とかマツコネの位置(性能は除く)に比べると劣りますが十分素晴らしいです。
目指すはアウディみたいにメーターに地図表示ですが(笑)

GT-Sはスポーツシートになっていたりするので、ロングドライブをよくされる方はGT-Sの方がオススメです。
また、STIの内装は少しやりすぎだと思うので(ハリアーの内装とかも嫌い)、これくらいが丁度いいと思います。
トヨタとかの変な内装を真似するなよ!スバルはそのままでいいんだからな!

【エンジン性能】
一年前?くらいにした試乗の時はMAXで60キロくらいだったのでよくわかりませんでしたが、
高速域も安定していてすごく乗りやすかったという印象です。
ここぞ、というときに踏んだ分だけ加速してくれる。この「足」と「エンジン」が一体になっている感覚がたまらない。
アベンシスとかいうドン亀は論外ですが、2.0LのG4よりもパワーがある。
パワーがあるから低速域でも余裕の走りができる。ターボの力ってすごい。

スピード出さないから、非力なエンジンでもいいけどな・・・と思っている方。
是非試乗で、パワーの余裕はコンフォータブルな走りに繋がっているという事を確認してみてください。

ただ、やっぱりG4の時も思いましたがCVTはこの車に合っていないんじゃないですか?
皆さん仰るように、タイムラグが折角の楽しい走りを台無しにしていると思います。
燃費の事を考えるとCVTなのかもしれませんが、そんなこと誰も気にしてませんよ。マツダみたいにATにしてほしいです。

【走行性能】
これ、ワゴン車の走りか!?という感じ。走りのFRセダンとか、欧州車とかに負けない、むしろ勝っていると思います。
直線の安定感、高速道路の急なカーブや、山道での安心感。
BOXERエンジンによる低重心化×ビルシュタイン製ダンパー×AWD。スバル(など)の技術のすばらしさをこの一台ですべて体感できます。
このスピードでこのラインは無理か・・と思ってもちゃんと対応してくれる素晴らしさ。
でもガチガチすぎるっていうわけでもなく、あくまでも「快適」の域を保っている。スバルの技術ってスゲー。

えー、走りに興味なんてないよー。という方。
スバルは安全な車を目指すにあたって、「走る・曲がる・止まる」の基本がしっかりしていることが大切だと言っています。
走りの良い車を選ぶことは安全にもつながるという事なんですよ。

【乗り心地】
アベンシスはとにかく欧州らしさを前面に押し出しているので、乗り心地は良くない、というか酷いです。
例えるなら、サスペンションがボールペンのバネで、シートが木のベンチ。
一方、アテンザは流石マツダのフラッグシップ、という感じなんだけどホールド感はイマイチ。
でも、レヴォーグは乗り心地の快適さとホールド感のバランスが絶妙。ちょうどいい。
ワインディングロードで体が揺れてもしっかりサポートしてくれます。
助手席等の乗り心地はわかりませんが、十分広いので恐らく問題ないと思います。

【燃費】
高速平均17km/L、町乗り平均11km/L。
AWDでこの燃費だったら言う事ないと思います。

【価格】
ライバル車に比べて安めの価格設定で、お買い得だと思います。
とはいえOP込みで350万なんですが・・・

【総評】
1年前に試乗した時にすごい衝撃を受けたこの車。納車された今、新たな驚きはないだろうと思っていたのですが、
試乗では体感できなかった走りの良さ、燃費の良さ、雪国でのAWDの安心感、ラゲージスペースの広さ。
納車されて初めてわかったこの車の凄さ。本当にすごい車ですね。

値引きでいえばワーゲンの方が安く買えそうだったのですが、この車には金に換えられない良さがあるんです。
ご機嫌なワーゲンよりもご機嫌になれて、人馬一体のマツダよりも一つになれる。

エコがすべてとされるこの時代。こういうスポーティーで面白い車、消えるのは寂しいです。
プリウスとかの技術より、こっちの技術の方が評価されるべきだと思います。

比較製品
マツダ > アテンザワゴン
トヨタ > アベンシス ワゴン
フォルクスワーゲン > ゴルフ ヴァリアント 2014年モデル
乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年10月
購入地域
石川県

新車価格
305万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
25万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった63人(再レビュー後:45人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あつあつとまとさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:402人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4

オデッセイアブソリュートrc2に乗っていますが妻の免許取得に合わせ2台目購入検討のため1.6GT-Sを試乗後、価格差の関係でジェイドrsを購入しました。
そのとき繋がりのできた営業マンに知り合いを紹介したのですが、その際に好意で2.0GT-Sを自分も試乗させてもらえました。
2回目の試乗なこともあり以前試乗したとき以上に細やかな品質の高さを感じました。

【エクステリア】
写真で見たときは前に空いている穴ぼこが気になったのですが実際見てみるとかっこいい。好みです。

【インテリア】
シートのできがファブリック、本皮どちらも素晴らしいです。シートは滑らずホールド感が大変いいです。
ジェイドRSの滑るシートと比べると雲泥の差です。
スイッチの位置など様々なものがストレスなく配置されています。
スバルの設計思想の素晴らしさを感じます。

ただメーターはジェイドの方が視線移動が少なく優れている印象でした。
あとシートもすごくいいのですが意外なことにオデッセイアブソリュートRC2が一番ホールド感があって疲れないシートです。

後席も広く乗り心地がいいです。
ラゲッジスペースも広いですし、ファミリーカーとしても使えると思います。

【エンジン性能】
1.6lでも文句なしの動力性能です。
2lは公道では完全にオーバースペックです。
どちらも素晴らしい足回りのおかげであまり加速感なく加速します。
0-100は1.6で7秒台、2.0で5秒台とかなり早いです(ジェイドrsもオデッセイアブソリュートRC2も9秒台)。

意外なことに常用域でのアクセルフィーリングがいいのは2.0でした。
1.6のアクセルは急に加速が変わるポイントがあり、2.0乗ったあとに思えば試乗レベルではかなり扱いづらかったです。
アクセルのフィーリングは1.6ではジェイドrsに劣る印象でした。2.0は扱いやすく非常にいい感じです。

【走行性能】
直進安定性やハンドリングの良さは流石にスバルで素晴らしい出来です。
正確に動くのでとにかく運転が楽ですね。
自動ブレーキ体験もさせてもらえましたが音での警告は安全運転トレーニングにも良さそうでした。

常用域のハンドリングはジェイドrsも同等な印象でしたが悪天候時などではスタビリティが高い分大きな差が出るんじゃないかなと思いました。

【乗り心地】
固めですがすごくいいです。
18インチは悪路で辛いだろうと思ってましたが勘違いでした。
あと前に乗ったときより明らかに乗り心地がいいのですが、北海道はこの時期になると温度の関係でタイヤやサスが本来の働きをし出すのですかね??
マイカーのオデッセイアブソリュートRC2の乗り心地も気温上がってすごく良くなりましたし、不思議です。

【燃費】
複数のモデルに乗っているので評価できませんが燃費重視の車ではないのでメーターに出ていた1.6の10km/lは悪くないでしょう。

【価格】
性能からすれば極めて妥当どころか安いです。
見えない部分にお金がかかっているいい車だと思います。

【総評】
スバルは安全性なども試験を意識せず本当に安全なものを作りその結果試験で満点を取っているメーカーであり車としては間違いないものを作っていると思います。
運転者主体で設計されている感じが随所に感じられ本当に気が利いています。
そして営業マンの知識の深さが大変良かったです。

予算さえあればレジェンドとどちらにするか迷いますが本当に欲しい車です。

比較製品
ホンダ > ジェイド 2015年モデル
ホンダ > オデッセイ 2013年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった39人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

スワガー軍曹さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
4件
ハードディスク ケース
1件
0件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格3

2月14日に納車、そのまま札幌から釧路へ、1泊2日の慣らし旅行に出かけてきました。高速主体で750qほど走行。一般道は圧雪路か凍結路ばかりでしたが、だからこそスバルの良さが出た、楽しいツーリングでした。


【エクステリア】
良いです。ワゴンなのにワゴン然とした鈍重さがなく、スポーティなワイド&ローの印象づけが成功していると思います。後方に向かってルーフが下がっていくとともにボディ下端がせり上がっていくデザインで、加えてリアバンパー下部が黒色なので、後方から見ると上下幅がとても薄い車に見えます。
ややコワモテのフロントビューよりも、斜め後方から見たシルエットがきれいで気に入っています。
ただし、テールランプの内側(ハッチにかぶさる部分)が光らないのは安っぽくて不満です。

【インテリア】
GT−Sのシルバーカーボンはどこがいいのかわかりません。カーボンは機能性素材だから美しいのであって、軽量化も剛性も求められない部分にカーボン(っぽい)パーツがあっても無駄なだけでしょう。どうせフェイクなら木目調のほうがよっぽど好きです。空間が落ち着いた雰囲気になりますし。あちこちにあるつや消しシルバーのパーツも高級に見えず、不満です。
もうすぐキャンペーンの10万円キャッシュバックが振り込まれる予定なので、1ヶ月点検時に加飾パネル全交換を検討中です。ピアノブラックか木目調にしたい。
あと、アイドリングストップキャンセルスイッチの枠や、本革シートを選択しなかった場合のシートヒーターやポジションメモリーのスイッチ枠が残っているのは格好悪いです。私はアルカンターラの着座感が気に入って本革にしなかったのですが、こうも空きスイッチ枠があると、最上位グレードを買ったとは思えない気分になります。

【エンジン性能】
慣らし中でなくとも、普通に走っていたのでは3000rpmを超えないので、300馬力を実感するようなシーンはありませんが、40s/mのトルクは確かに感じられました。高速での追い越しの気持ちよさは言葉にできません。走行モード「i」のままでも、全てに余裕を感じます。
静かでスムーズだし、素晴らしいエンジンだと思います。

【走行性能】
前車がアウディA6アバント(2000年モデル)で、トラクションコントロールも付いてなかったのですが、冬道でのクワトロシステムの信頼性は高いものでした。
ただ電装系に故障が多く、次の車は国産と決めていました。国産ならスバルだろう、ということでレヴォーグにしましたが、これはもうアウディ以上でしょう。とても満足しています。
対抗馬だったアテンザワゴンXDにも4駆が出ましたが、やはり「スリップを検出してから駆動力配分」というシステムです。常時4輪を駆動するスバルの安定感・安心感は、北海道の冬を走ると、他社との明確な差として感じられます。

【乗り心地】
やや堅めではありますが乗り心地は良いと思います。数千q走るとダンパーが落ち着いて、さらに良くなるとも聞いたのですが、現状のままでも不満はありません。

【燃費】
高速道路主体で約12km/lでした。街乗りはまだきちんと計測していないのですが、8km/l前後いってくれれば…
低燃費が売りの車ではありませんし、少なくとも前車よりはずっといいみたいなので不満はありません。

【価格】
ちょっと高いですね。
アテンザワゴンXDのLパッケージは、本革シートやリヤシートヒーターなどを装備しています。ナビも(機能的には不評ですが)半ば標準といってよい扱いで、素のままで豪華だから割安感があります。
その点、レヴォーグは厳しい。「結局400万を超える価格になってしまうなら、もっと豪華でもいいよな」とか思ってしまいます。

【満足度】
書き終えて振り返ると、不満な点ばかりのようですが、車としての出来は非常に良いのです。
特に走りの面では、国内外のどのプレミアムワゴンもかなわないほどだと思います。
あと、アイサイトについて書かないわけにはいきません。こんなに優れたシステムだとは思っていませんでした。全車速追従型クルーズコントロ−ルも、車線中央維持機能も、動作は自然で、かつ出しゃばらない制御で非常に好感を持ちました。
全体として、この車に満足しています。
これから距離が伸びてくるとますます愛着も湧いてくるでしょうし、新しい発見があるかもしれません。気長につきあっていきたいと思います。

比較製品
マツダ > アテンザワゴン 2012年モデル
乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年2月
購入地域
北海道

新車価格
356万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
25万円

レヴォーグの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

この製品の価格を見る

レヴォーグ
スバル

レヴォーグ

新車価格:291〜412万円

中古車価格:65〜440万円

レヴォーグをお気に入り製品に追加する <1225

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

レヴォーグの中古車 (1,381物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ViiBee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意