『ラグジュアリーセダンに2000ccの直噴ターボを搭載』 キャデラック CTS 2014年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ

『ラグジュアリーセダンに2000ccの直噴ターボを搭載』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費2
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ラグジュアリーセダンに2000ccの直噴ターボを搭載

キャデラックの主力モデルCTSがフルモデルチェンジを受け、ボディサイズも車格的もひとクラス上のクルマになって登場した。キャデラックは先に、エントリーモデルとしてATSを設定しているので、CTSが車格を高めていくのは当然の流れである。

キャデラックCTSにはGM日本が大磯ロングビーチ駐車場で開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗車は上級グレードのCTSエレガンスを中心に、ラグジュアリーにも試乗した。

今回のCTSは従来のモデルに比べてひと回り大きくなった。全幅は1840mmだから今どきの高級車としてはさほど大きくはないが、全長は5mに近い。デザインと合わせていかにも堂々たるセダンという感じである。

外観はフロントに伝統的なグリル&エンブレムを採用するのに加え、LEDやHIDを採用した機能的かつ斬新な感覚のヘッドライトを採用することで、新時代のラグジュアリーセダンを表現している。

インテリアはドライバーを優先したコクピット感覚の運転席を作ると同時に、グレードによってサペリウッドやカーボンなどの高級素材を使ったパネルが使用されている。職人の手作業で仕上げられた本革シートや本革巻きステアリングホイールなどが、キャデラックらしい高い品質感や高級感を演出している。

インパネにはキャデラック・ユーザー・エクスペリエンス(CUE)と呼ぶインターフェイスが採用され、8インチの高精細タッチスクリーンによる操作が可能。日本仕様のカーナビにも対応しているのは良い点だ。

一時はFF化を進めた時代もあったキャデラックだが、最近は完全にFR駆動に戻っている。CTSではエンジンを後方に配置することなどより、前後均等の重量配分を実現している。試乗したエレガンスの車検証を見たら、前後とも850kgで完全に50:50に配分されていた。アルミ製のドアやボンネットフードによる軽量化も見逃せないポイントだ。

搭載エンジンはV型6気筒ではなく、なんと直列4気筒2000ccの直噴ターボ仕様に変わった。高級車ブランドであるキャデラックも、今やキャデラックもダウンサイジングを進めて効率を追求する時代になったのだ。

この2000ccエンジンは203kW/400N・mの動力性能を発生する。パワーを馬力に換算すれば276psだし、トルクに至っては4000cc級のV型8気筒エンジンに匹敵するレベルの実力だから、数値的に文句のない性能である。ラグジュアリーセダンというよりちょっとしたスポーツモデルを思わせる性能と言ったら良いだろう。

ターボの立ち上がりが早く、低速域でもラグを感じさせることなく十分なトルクを発生し、自然吸気エンジンのように滑らかにトルクが盛り上がっていく。吹き上がりも上々で、アクセルワークに対して気持ちの良いレスポンスが返ってくる。

組み合わされるのは6速ATだ。ほかのメーカーが7速や8速のATを普通に使う時代だから、記号的には段数が少ないようにも思えるが、実際には6速もあれは十分。変速ショックの大きさを感じさせるようなシーンはなく、パドルを使った積極的な操作をすると、きびきびした変速が可能だった。

快適性の高さはさすがにCTSである。ATSではスポーツ性を追求したために、静粛性や乗り心地の快適性などがスポイルされた面もあったのだが、CTSでは快適性がしっかり確保されている。エレガンスには電子制御サスペンションのマグネティックライドも標準で装備されている。

エレガンスはラグジュアリーに対して先進的な安全装備がテンコ盛りで搭載されるほか、サンルーフ、ヘッドアップディスプレー、マグティックライドなども標準となるため、価格はラグジュアリーに対して100万円高の699万円の設定だ。

価格的にもEクラスや5シリーズと競合する水準に達したが、最新の仕様を満載したCTSには十分な競争力があると思う。残念なのは左ハンドル車しか設定されていないこと。日本ではやはり右ハンドルで乗りたい。

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「CTS 2014年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

CTS
キャデラック

CTS

新車価格帯:720〜1475万円

中古車価格帯:299〜868万円

CTS 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <5

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意