『どこかへ行くのが楽しくなるクルマ』 トヨタ ハリアー 2013年モデル いったりきたりさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ハリアー 2013年モデル

『どこかへ行くのが楽しくなるクルマ』 いったりきたりさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ハリアー 2013年モデルのレビューを書く

いったりきたりさん

  • レビュー投稿数:75件
  • 累計支持数:763人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4
どこかへ行くのが楽しくなるクルマ

PREMIUM Advanced Package 4WD
ホワイトパールクリスタルシャイン<070>
ブラックインテリア
MOP32万(本革、寒冷地仕様、アクセサリーコンセント、スペアタイヤ)
DOP7万(バイザー、ITS対応ETC)
諸費用15万(スマイルパスポート4.5万含む)

乗出し価格で440万円位の組み合わせになります。
値引きは本体5万円、DOP8万円、
車庫証明は営業マンが法定費用のみで取得
下取名義変更費用カット

納車直前に買い取り店で査定してもらったところ、
下取り額の方が20万円ほど高かったので値引きと考えてよさそうです。

値引きが分散されまくりで実際のところは良く分かりませんが、
値引き実感としては35万円程でしょうか。


現在は30型プリウスからの乗換になります。
15〜16年前に自己所有していたハイラックスサーフSSR-G、
実家所有のML320以来とかなり久々のSUVになります。
マイカーとしては13台目となり普通より色々乗っているのかなと思います。


【エクステリア】
妻とはほとんど趣味が合わないのですが、初めてカッコイイと意見が合いました。
ヘッドライト下のバンパーのラインがとても好きです。

特に社外品を付け加える必要が無いくらいに完成しています。
あえて言うならば、グリル部分がポリカ素材なので
キズが目立ちそうであることと、ミリ波レーダーが標準装備のグレードなので
交換できるパーツが存在しないのですが、見慣れるとそのままで良いかなと感じました。

あと日本専用仕様と言うからには、もう1サイズ小さくても良い気がします。
見知らぬ土地の路地などの細い道に突っ込む気にはならないです。


【インテリア】
これはトヨタにしか作れないでしょう!
バブリー感はたっぷりですが乗った瞬間からこれは良い物だと感じます。
グレードによる差も殆ど無いのが凄いです。

エアコンとナビの操作部分が静電タッチパネルで、
センターパネルの一体感は未来的です。

ナビのタッチパネルは初期のスマホの様な
ダルさがあるかなと思っていましたが許容範囲です。


温度設定の部分は窪みがあり、
ナビもボタン部分も凸で区切られているので
押し間違えることはなさそうですが、
温度設定の微調整は少しやりずらいかな。


一方、スマホが普及する中で標準ナビのG-BOOKmxで
データ通信をスマホで行うにはAUでないと難しそうです。
ドコモで使うには少し古い機種で、おくだけ充電は未対応。
ユーザー視点と言うより、大人の事情が多分に絡んでいそうなので、
期待していませんが、なんとかして欲しいです。
通信設定でWiFiがグレーアウトした状態をいつまで続けるのでしょうか。
ユーザー視点ではないトヨタの悪い部分が出ています。



【エンジン性能】
車のデカさと2.0Lの組み合わせは乗るまで不安がありましたが、
最新のCVTと、トルクのピークが3800回転にすることで、
レスポンスが良く、ストレスを感じるシーンは限定的です。
5%を超える坂道でのゼロスタート位です。

音の抑え込みも秀逸なこともあり、速度を上げた時も車内は静かなので
そういった部分でもパワー不足を感じないです。

プリウスのエコモードは何かを我慢して乗っている感があり
常用していませんでしたが、ノーマルとエコモードの差が少なく
基本エコモードの運用が可能です。

アイストは慣れが必要でした。
信号待ちでのアイストは信号変わる少し前に
ブレーキを緩めエンジン始動すればストレスに感じませんが、
一時停止で止まってしまう時にストレスを感じてしまいます。
この辺はハイブリッドのモータースタートの方が良さそうです。
あと、始動時のブルっと感はもう少し改良が欲しいと思います。


【走行性能】
最小回転半径がプリウス5.5m、ハリアー5.6mとハリアーの方が若干大きいですが、
ハンドル切初めのキレはハリアーの方が良く曲がるかなと感じました。
若干軽いかなと感じますが、問題になるほどではないです。

プレアドは全部載せパッケージなので、カメラやソナーがあるので、
狭い道でも安心感が違ってきますので、プレアドがお勧めです。

トヨタのプリクラやレーダークルコンはずいぶん昔からありますが、
あまり進歩していないような気がします。
プリウスより感度が高いのか、雨天時の運用制限の閾値は低い感じがします。

【乗り心地】
ボンネットが見えるシートポジションをとることも可能で、
デカいイメージもあり運転は大変そうだと思っていましたが、
慣れるまでの時間はそうかからなそうです。

路面状況のあまり良くないシーンもありましたが、
不快なロールなどは感じませんでした。
凹凸が多い状況下ではサスの動きが追従できずに
突き上げるシーンがありますが、車重があるので仕方ないかな。

運転席と助手席のエアコン温度を変えられるのは
やはり良いですね〜これが出来るのは高級車というイメージです。
後部座席のエアコン吹き出し口もあるのは子供のワガママにも対応できます。


【燃費】
まぁこの大きさにしては上出来では。
エコモード&アイストLONG設定で
街中10キロ、高速12〜15キロ、平均9〜12キロと言った感覚です。

【オーディオ】
自宅では50万円程度のホームシアターを構築していますが、
JBL仕様が標準なのですが、HiFiとして考えれば解像感、定位感は
非常に良いと思いますが、カーAVではBD視聴できる数少ないモデルなので、
センタースピーカーを付けてDSPを多用した方が、一般受けは良いのではないかなと思います。


【価格】
パノラマビューの必要性を感じなければ、
エレガンスのコスパが断トツです。

40万円のナビを含めて価格差が50万円も無いので、
4グレードの中でプレミアムは色々中途半端で少しコスパが悪いと思います。


【総評】
目新しい装備もなく、特別走りが良いわけではないのですが、
どこに行くにも出かけるのが楽しくなるクルマだと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった272人(再レビュー後:268人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4
手が届く高級車

2014年4月第4週に契約をして10〜11月の納車予定で、
契約内容は、PREMIUMA dvanced Package
ホワイトパールクリスタルシャイン<070>
ブラックインテリア
MOP(本革、ムーンルーフ、寒冷地仕様、アクセサリーコンセント)
DOP(マット、バイザー、ITS対応ETC)
乗出し価格で420万円位の組み合わせになります。
値引きは本体5万円、DOP7万円、下取り上乗せ4万円でした。

現在は30型プリウスからの乗換になります。
15〜16年前に自己所有していたハイラックスサーフSSR-G、
実家所有のML320以来とかなり久々のSUVになります。

試乗しただけのファーストインプレッションです。
納車後に改めてレビューしたいと思います。

【エクステリア】
夜なんかはパッと見で新型ハリアーだとわかるインパクトで、
昼見ても存在感のあるプロポーションです。
妻とはほとんど趣味が合わないのですが、初めてカッコイイと意見が合いました。

特に社外品を付け加える必要が無いくらいに完成しています。
あえて言うならば、グリル部分がポリカ素材なので
キズが目立ちそうであることと、ミリ波レーダーが標準装備のグレードなので
交換できるパーツが存在しないのですが、何とかしたいと思います。

あと日本専用仕様と言うからには、もう1サイズ小さくても良い気がします。


【インテリア】
これはトヨタにしか作れないでしょう!
バブリー感はたっぷりですが乗った瞬間からこれは良い物だと感じます。
グレードのよる差も殆ど無いのが凄いです。

エアコンとナビの操作部分が静電タッチパネルで、
センターパネルの一体感は未来的です。

温度設定の部分は窪みがあり、
ナビもボタン部分も凸で区切られているので
押し間違えることはなさそうです。


おくだけ充電はドコモで採用されているのですが、
2013年夏の一部のモデルの以降発売されていないです。
今後復活するんでしょうかね。。。。。
まぁQi対応のモバイルバッテリーの充電にも使えそうですが、
DOPで付けるとグローブボックスがかなり使いづらくなるのもイマイチで、
デンソーがトヨタに泣き付いて採用させたのではと勘繰ってしまいます。


一方、スマホが普及する中で標準ナビのG-BOOKmxで
データ通信をスマホで行うにはAUでないと難しそうです。
ドコモで使うには少し古い機種で、おくだけ充電は未対応。
ユーザー視点と言うより、大人の事情が多分に絡んでいそうなので、
期待していませんが、なんとかして欲しいです。


【エンジン性能】
車のデカさと2.0Lの組み合わせは乗るまで不安がありましたが、
最新のCVTと、トルクのピークが3800回転にすることで、
レスポンスも良く、ストレスは全く感じることは無かったですが、
試乗なので試せなかった、時速100km前後からの追い越しとか、
箱根スカイラインなどの山坂道を走ってみて納車後にレビューしたいと思います。

音の抑え込みも秀逸でしたが、距離を走った時にどうなんでしょうかね。


【走行性能】
最小回転半径がプリウス5.5m、ハリアー5.6mとハリアーの方が若干大きいですが、
ハンドル切初めのキレはハリアーの方が良く曲がるかなと感じました。
若干軽いかなと感じますが、問題になるほどではないです。

プレアドは全部載せパッケージなので、カメラやソナーがあるので、
狭い道でも安心感が違ってきますので、プレアドがお勧めです。

トヨタのプリクラやレーダークルコンはずいぶん昔からありますが、
あまり進歩していないような気がします。


【乗り心地】
ボンネットが見えるシートポジションをとることも可能で、
デカいイメージもあり運転は大変そうだと思っていましたが、
慣れるまでの時間はそうかからそうです。

路面状況のあまり良くないシーンもありましたが、
不快なロールなどは感じませんでした。


運転席と助手席のエアコン温度を変えられるのは
やはり良いですね〜これが出来るのは高級車というイメージです。
後部座席のエアコン吹き出し口もあるのは子供のワガママにも対応できます。


【燃費】
まぁこの大きさにしては上出来では。
試乗しかしていないのでここも納車後にレビューします。

【価格】
パノラマビューの必要性を感じなければ、
エレガンスのコスパが断トツです。

40万円のナビを含めて価格差が50万円も無いので、
4グレードの中でプレミアムは色々中途半端で少しコスパが悪いと思います。

私はパノラマビューに必要性を感じていたので、
プレアド一択です。。。


【総評】
目新しい技術が盛り込まれているとは思えないのですが、
堂々としたエクステリアと誰が見ても豪華と感じる内装で、
国産車においては他に選択肢がない唯一のクルマだと思います。
このことから、長期にわたって満足でき結果的にはコスパが高いのではないでしょうか。

最大の不満は、ボディとバンパーの色振れがトヨタは大きい気がします。
多分メーカーも認識しているでしょうが、もう何十年も変わらない事です。

あと目が肥えてしまって次の乗換には難儀しそうな予感がします。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「ハリアー 2013年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ハリアーを持て余す。  5 2022年7月28日 22:52
いいことばかりが口コミではない  3 2022年5月23日 17:02
リセール最高  4 2021年9月28日 20:52
中身薄い車  1 2021年5月23日 07:21
60系の走り以外は・・・  4 2021年1月27日 19:00
新型には無い魅力も。  5 2020年12月15日 11:21
C-HRからの乗り換えで  4 2020年9月26日 00:30
60ハリアー 良い車です!  4 2020年8月1日 22:27
モデル末期ですが良い車です  5 2020年6月7日 22:10
80%が求める80点のクルマ  3 2020年6月3日 00:33

ハリアー 2013年モデルのレビューを見る(レビュアー数:454人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ハリアー 2013年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

ハリアー 2013年モデル
トヨタ

ハリアー 2013年モデル

新車価格:279〜507万円

中古車価格:154〜629万円

ハリアー 2013年モデルをお気に入り製品に追加する <1281

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ハリアーの中古車 (全4モデル/3,635物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意