『前作を意識しつつも、壁画を含めて3Dを実感した冒険を楽しめる』 任天堂 ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 酒缶さんのレビュー・評価

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

  • 七賢者の子孫たちと、「ハイラル」と「ロウラル」の2つの世界を救うため、リンクが冒険をするアクションアドベンチャーゲーム。
  • 「神々のトライフォース」と同じハイラルの世界を舞台に謎解きを一新し、立体視に対応するなど高低差あふれる世界に生まれ変わった。
  • 壁に描かれた絵のようになって壁などを移動できるようになり、出られなかった部屋からも脱出できるなど、能力も進化。
ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 製品画像

最安価格(税込):¥3,888 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格(税別):¥4,572
  • 発売日:2013年12月26日

店頭参考価格帯:¥3,888 〜 ¥3,888 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

ジャンル:アクションアドベンチャー プレイ人数:1 CERO:CERO「A」全年齢対象 ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2の価格比較
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2の店頭購入
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のスペック・仕様
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のレビュー
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のクチコミ
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2の画像・動画
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のピックアップリスト
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のオークション

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2任天堂

最安価格(税込):¥3,888 (前週比:±0 ) 発売日:2013年12月26日

  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2の価格比較
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2の店頭購入
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のスペック・仕様
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のレビュー
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のクチコミ
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2の画像・動画
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のピックアップリスト
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のオークション
ユーザーレビュー > ゲーム > ニンテンドー3DS ソフト > 任天堂 > ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

『前作を意識しつつも、壁画を含めて3Dを実感した冒険を楽しめる』 酒缶さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド5
熱中度5
継続性5
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

前作を意識しつつも、壁画を含めて3Dを実感した冒険を楽しめる
 

パッケージ表

パッケージ裏&中身

 

【概要】
・1991年にスーパーファミコン向けに発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の世界で、新しい謎解きと新しいゼルダを体験できるアクションアドベンチャーゲーム。

・操作方法
 スライドパッド 移動
 十字ボタン カメラを動かす
 Aボタン 話す・触れる・読む・調べる・持つ・投げる・壁画
 Bボタン 剣を振る
 Bボタン長押し 回転斬り
 Xボタン 設定したアイテムを使う
 Yボタン 設定したアイテムを使う
 Lボタン ダッシュ(ペガサスの靴装着時)
 Rボタン 盾を構える(盾装着時)

・セーブデータは3つまで保存可能。


【評価】
・スーファミやゲームボーイアドバンスなどで『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』を遊んだことがある人にとっては、2Dで体験したことのある世界が3Dになって、再び冒険できる楽しさがある。最初はにいた世界のイメージが強めだが、遊んでいくとだいぶ違う世界だと気が付くようになり、ベース部分のつくりが同じでもだいぶ攻略が違うゲームを楽しめる。

・3Dになったことで、壁画という要素がかなり重要な要素になっている。「壁画」は、壁画になって壁に入り込んで移動できるが、岩が埋め込まれている部分から先に進めなかったり、同じ高さの範囲にしか移動できなかったりと、制限があるのがもどかしいが、いろんな壁に入り込んで試してみたくなる楽しさがある。最近のゲームではSwitchの『スーパーマリオオデッセイ』でドット絵マリオをプレイするところが感覚的には近い。但し、通常の3Dマップの移動ではカメラを動かせないため、画面手前側の壁に入って先に進むような展開の時に、マップ構成ではなく、画面に「壁画」と表示されることで壁画要素を使えることがわかるところが、かなりもどかしい。

・『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』といえば、2つのフィールドがあり、それぞれのフィールド内には複数のダンジョンがあるような構成の作りだが、今作でもその作りを踏襲している。ダンジョン内の攻略は、各種アイテムのギミックを使うような作りになっていて、その考え方自体は前作を踏襲しているが、3Dを意識したアイテムやギミックがあるため、前作を知っているとアイテムの使い方に翻弄されること多め。むしろ、前作をプレイしていない人の方が素直に攻略できるように感じた。

・ダンジョンは、入り口部分にセーブポイントがあり、中ボスを倒すとダンジョンの入り口付近にワープできるようになるなど、適度にセーブができる親切仕様。攻略に必要なアイテムが、最終的には購入できるようになるが、最初は死ぬまでのレンタルになっているため、下手な人ほど小刻みなセーブが重要になってくる。前作と比べると、アクション部分ではかなり初心者救済がされている印象。


・前作と同様、ゲームの進行具合を把握しづらいため、時間をおいた継続プレイはかなり厳しめ。但し、下画面にマップが表示され、次に行くべき場所に「×」が表示されているため、とりあえず「×」の場所を目指して攻略していれば何とかなると言えなくもない。


【まとめ】
・ハイラルのマップイメージ的には前作を踏襲しつつも、ストーリー部分でもダンジョン部分でも、アイテムに至ってもそれぞれ新しい要素が豊富なため、完全に新しい冒険を楽しむことができます。それゆえ、前作をプレイしているかどうかに関係なく、いわゆるアクション・アドベンチャーと言われるジャンルのゲームをプレイしたい人は一度挑戦して損のないゲームだと思います。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
前作を意識しつつも、壁画を含めて3Dを実感した冒険を楽しめる  4 2018年12月29日 03:17
新発想  3 2018年1月18日 23:22
期待が高過ぎた  3 2014年4月26日 22:11
2になってから…  2 2014年3月21日 05:25
攻略本いらずで楽しめます  4 2014年1月9日 22:22
最高です!  5 2014年1月5日 13:09

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のレビューを見る(レビュアー数:6人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
任天堂

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2

最安価格(税込):¥3,888発売日:2013年12月26日 価格.comの安さの理由は?

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2をお気に入り製品に追加する <54

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ ニンテンドー3DS ソフト]

 ニンテンドー3DS ソフトの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ニンテンドー3DS ソフト)

ご注意