『「記録」より「記憶」に残すための写真を撮りたくなる銘玉です』 SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z blackfacesheepさんのレビュー・評価

2013年12月20日 発売

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

  • 35mmフルサイズ対応、開放絞り値F1.8の「Eマウント」用高性能単焦点標準レンズ。防じん防滴に配慮した設計を採用している。
  • 「T*(ティースター)コーティング」と、内面反射を低減させる最新の鏡筒設計技術により、ハイライトからシャドウまで優れた階調再現性と高解像を実現。
  • 新設計の9枚羽根の絞り構成が、開放から2段絞ったところまで円形をキープすることにより、美しいぼけ味を生かした撮影が行える。
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥98,026

(前週比:+154円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥70,000 (17製品)


価格帯:¥98,026¥117,700 (40店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥119,000

店頭参考価格帯:¥98,026 〜 ¥98,026 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:55mm 最大径x長さ:64.4x70.5mm 重量:281g 対応マウント:α Eマウント系 Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの価格比較
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの中古価格比較
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの買取価格
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの店頭購入
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのスペック・仕様
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのレビュー
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのクチコミ
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの画像・動画
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのピックアップリスト
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのオークション

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18ZSONY

最安価格(税込):¥98,026 (前週比:+154円↑) 発売日:2013年12月20日

  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの価格比較
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの中古価格比較
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの買取価格
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの店頭購入
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのスペック・仕様
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのレビュー
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのクチコミ
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zの画像・動画
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのピックアップリスト
  • Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのオークション

『「記録」より「記憶」に残すための写真を撮りたくなる銘玉です』 blackfacesheepさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのレビューを書く

blackfacesheepさん

  • レビュー投稿数:84件
  • 累計支持数:3593人
  • ファン数:168人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
18件
1037件
レンズ
52件
290件
デジタルカメラ
3件
27件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性4
「記録」より「記憶」に残すための写真を撮りたくなる銘玉です
当機種SONY a7c + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、この程度の距離での絞開放は立体的に見えます
当機種SONY a7c + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、玉ボケを丸くするためF2.2まで絞っています
当機種SONY a7c + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、前ボケは十分に柔らかだと思います

SONY a7c + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、この程度の距離での絞開放は立体的に見えます

SONY a7c + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、玉ボケを丸くするためF2.2まで絞っています

SONY a7c + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、前ボケは十分に柔らかだと思います

当機種SONY a7c + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、55mmと言っても極端に狭くはないです
当機種SONY a7c + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、狭目の標準画角は緊張感があって好きです
当機種SONY a6000(改) + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、APS-C機で使うと絞開放でも玉ボケはOK

SONY a7c + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、55mmと言っても極端に狭くはないです

SONY a7c + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、狭目の標準画角は緊張感があって好きです

SONY a6000(改) + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、APS-C機で使うと絞開放でも玉ボケはOK

購入して2年半ほど経ちましたので、再レビューさせていただきます。

FEマウントの標準画角レンズとしては、3つ目のレンズです。
SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fは、描写は古典的な標準レンズの味わいで好きだったのですが、AFがノイジーで売却。
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Artは、極めてシャープでとろけるようなボケが美しく、40pまで寄れる近接能力の高いレンズでしたが、あまりの重厚長大さにめげて売却。
結局、2年半前にバランスの良いZeiss Sonnar 55mm F1.8 ZAを購入しました。

最近a7cを購入したので、それに似合う小型軽量なFE 50mm F2.5 Gも購入しました。
Sonnar 55mm F1.8と使い分けていますが、この二つのレンズは焦点距離こそ近くても、まるで違う個性を持つレンズです。
FE 50mm F2.5Gと使い比べることで、このSonnar 55mm F1.8の素晴らしさが一段と良くわかるようになってきました。

一言で言えば、Sonnar 55mm F1.8は、「記録よりも記憶に残る写真が撮りたくなるレンズ」だと思います。

【操作性】
スイッチ類は皆無、シンプルです。

【表現力】
絞り開放から解像度は周辺部に至るまで十分に高いです。
絞ればさらに切味は鋭くなり、合焦部とボケのコントラストが見事で、とても立体的な描写をするレンズだと思います。

ボケの質は柔らかく、とても上質で気に入っています。
合焦面から柔らかくぼけていくボケ足の滑らかさは、このレンズならではの美点です。

ただ、玉ボケには少々癖があり、ボケのディスク内にいわゆるオニオンリングが発生することがたまにあります。

また、SONYのレンズに特有の傾向で、周辺部に行くと玉ボケがアーモンド形になりがちです。
なので、玉ボケを周辺部に出さないようにするとか、F2.2~F2.8ぐらいまで絞るなど、若干コツが必要です。

また、最短撮影距離が50cmと長く、寄れないレンズです。
FE 50mm F1.8は45cm、Sigma 50mm F1.4 Artは40cmとずっと短く、寄りたいときには不利です。
ただ、中間リングをかましたり接写レンズを装着すれば解決する問題ではあります。

【携帯性】
FE 50mm F1.8の186gには負けますが、281gと十分に小型軽量です。
Sigma 50mm F1.4 Artの910gに比べると1/3以下で、前期高齢者となった老体には助かります。
APS-C機で使うときもバランスが良く、APS-C専用レンズのSIGMA 56mm F1.4 DC DNとほぼ同じサイズ・重量です。
でもFE 50mm F2.5 Gの174gには敵いません。

【機能性】
AFは十分に速く、ストレスフリーです。
ジーコジーコとうるさかったFE 50mm F1.8に比べると、圧倒的に速く、Sigma 50mm F1.4 Artよりも高速だと思います。
でも設計年次の新しいFE 50mm F2.5 Gの方がより早く正確、特に暗所ではその傾向を強く感じます。

【総評】
このSONNAR 55mm F1.8はFEマウントでは最古参のレンズの一つですが、いまだに新鮮な魅力を持ったレンズだと思います。
このレンズより数値的な部分で優秀な標準レンズはたくさんあると思いますが、使っていて楽しく、感性に訴えかけてくるレンズだと思います。

新たに手に入れたFE 50mm F2.5Gは画角が若干広く、小型軽量で近接能力が高いので、出番の多いレンズになっています。
でも、どちらかと言うと事務的な写真が多くなり、「記録を撮る」レンズなのかもしれません。

このSonnar 55mm F1.8は、若干ながら画角が狭く、しかも寄れないレンズなので、万能というわけではありません。
でも「記憶に残る写真」が撮れるレンズだと思います。
後から見て、自分が気に入ったカットはFE 50mm F2.5GよりSonnar 55mm F1.8の方が多い、というのが私の偽らざる感想です。

このレンズで最近撮影した写真を貼っておきます。
ビネットした写真が好きなので、どれも周辺光量を落としていますが、実際にはこんなにビネットするレンズではありません。
色温度、明度、コントラスト、彩度、明瞭度などもいじっておりますが、シャープネスは無補正です。

なお、このレンズで撮った写真は、下記の私のブログにも置いてあります。
ご興味があれば、ご覧になってください。

●カラー写真ブログ:https://blackface2.exblog.jp/tags/Zeiss%20Sonnar%20FE%2055mm%20f1.8%20ZA/
●モノクローム写真ブログ:https://nobssoliloquy.exblog.jp/tags/Zeiss%20Sonnar%20FE%2055mm%20f1.8%20ZA/

比較製品
SONY > FE 50mm F1.8 SEL50F18F
シグマ > 50mm F1.4 DG HSM [ソニーE用]
SONY > FE 50mm F2.5 G SEL50F25G
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった53人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性5
理性より感性に訴えかけてくる銘玉です
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

購入して2年弱経ちましたので、再レビューさせていただきます。

FEマウントの標準画角レンズとしては、3つ目のレンズです。
SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fは描写は良かったのですが、AFがノイジーで売却。
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Artは極めてシャープでとろけるようなボケが美しいレンズでしたが、あまりの重厚長大さにめげて売却。
結局、2年前にバランスの良いZeiss Sonnar 55mm F1.8 ZAに落ち着き、その後浮気はしておりません。

【操作性】
スイッチ類は皆無、シンプルです。

【表現力】
絞り開放から解像度は周辺部に至るまで十分に高いです。
絞ればさらに切味は鋭くなり、合焦部とボケのコントラストが見事で、とても立体的な描写をするレンズだと思います。

ボケの質は柔らかく、とても上質で気に入っています。
合焦面から柔らかくぼけていくボケ足の滑らかさは、このレンズならではの美点です。

ただ、玉ボケは極上というわけではなく、ボケのディスク内にいわゆるオニオンリングが発生することがたまにあります。

また、SONYのレンズに特有の傾向で、周辺部に行くと玉ボケがアーモンド形になりがちです。
なので、玉ボケを周辺部に出さないようにするとか、F2.2~F2.8ぐらいまで絞るなど、若干コツが必要です。

また、最短撮影距離が50cmと長く、寄れないレンズです。
FE 50mm F1.8は45cm、Sigma 50mm F1.4 Artは40cmとずっと短く、寄りたいときには不利です。
ただ、中間リングをかましたり接写レンズを装着すれば解決する問題ではあります。

【携帯性】
FE 50mm F1.8の186gには負けますが、281gと十分に小型軽量です。
Sigma 50mm F1.4 Artの910gに比べると1/3以下で、前期高齢者となった老体には助かります。
APS-Cセンサーのα6500で使うときもバランスが良く、APS-C専用レンズのSIGMA 56mm F1.4 DC DNとほぼ同じサイズ・重量です。

【機能性】
AFはすこぶる速く、ストレスフリーです。
ジーコジーコとうるさかったFE 50mm F1.8に比べると、圧倒的に速く、Sigma 50mm F1.4 Artよりも高速だと思います。

【総評】
このSONNAR 55mm F1.8はFEマウントでは最古参のレンズの一つですが、いまだに新鮮な魅力を持ったレンズだと思います。
このレンズより数値的な部分で優秀な標準レンズはたくさんあると思いますが、使っていて楽しく、感性に訴えかけてくるレンズだと思います。

この1年ぐらいの間にこのレンズで撮影した写真を貼っておきます。
ビネットした写真が好きなので、どれも周辺光量を落としていますが、実際にはこんなにビネットするレンズではありません。
色温度、明度、コントラスト、彩度、明瞭度などもいじっておりますが、シャープネスは無補正です。

なお、このレンズで撮った写真は、下記の私のブログにも置いてあります。
ご興味があれば、ご覧になってください。

●カラー写真ブログ:https://blackface2.exblog.jp/tags/Zeiss%20Sonnar%20FE%2055mm%20f1.8%20ZA/
●モノクローム写真ブログ:https://nobssoliloquy.exblog.jp/tags/Zeiss%20Sonnar%20FE%2055mm%20f1.8%20ZA/

比較製品
SONY > FE 50mm F1.8 SEL50F18F
シグマ > 50mm F1.4 DG HSM [ソニーE用]
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった10

満足度5
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性5
理性より感性に訴えかけてくる逸品です
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

購入して1年半ほど経ちましたので、再レビューさせていただきます。

FEマウントの標準画角レンズとしては、3つ目のレンズです。
SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fは描写は良かったのですが、AFがノイジーで売却。
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Artは極めてシャープでとろけるようなボケが美しいレンズでしたが、あまりの重厚長大さにめげて売却。
結局、バランスの良いZeiss Sonnar 55mm F1.8 ZAに落ち着きました。

【操作性】
スイッチ類は皆無、シンプルです。

【表現力】
絞り開放から解像度は周辺部に至るまで十分に高いです。
絞ればさらに切味は鋭くなり、合焦部とボケのコントラストが見事で、とても立体的な描写をするレンズだと思います。

ボケの質は柔らかくて上質です。
ただ、玉ボケは極上というわけではありません。
ボケのディスクの中をよく見ると、いわゆるオニオンリングがあって少々興ざめです。

また、SONYのレンズに特有の傾向で、周辺部に行くと玉ボケがアーモンド形になりがちです。
なので、玉ボケを周辺部に出さないようにするとか、運用でカバーすることにしています。
また、APS-C機で使って周辺部をカットしてしまえば、アーモンド形の口径食に悩むことは少なくなります。

また、最短撮影距離が50cmと長く、寄れないレンズです。
FE 50mm F1.8は45cm、Sigma 50mm F1.4 Artは40cmとずっと短く、寄りたいときには不利です。
ただ、中間リングをかましたり接写レンズを装着すれば解決する問題ではあります。

【携帯性】
FE 50mm F1.8の186gには負けますが、281gと十分に小型軽量です。
Sigma 50mm F1.4 Artの910gに比べると1/3以下で、還暦を超えた老体には助かります。
APS-Cセンサーのα6500で使うときもバランスが良く、APS-C専用レンズのSIGMA 56mm F1.4 DC DNとほぼ同じサイズ・重量です。

【機能性】
AFはすこぶる速く、ストレスフリーです。
ジーコジーコとうるさかったFE 50mm F1.8に比べると、圧倒的に速く、Sigma 50mm F1.4 Artよりも高速だと思います。

【総評】
このSONNAR 55mm F1.8はFEマウントでは最古参のレンズの一つですが、いまだに新鮮な魅力を持ったレンズだと思います。
このレンズより数値的な部分で優秀な標準レンズはたくさんあると思いますが、使っていて楽しく、感性に訴えかけてくるレンズだと思います。

今年になってからこのレンズで撮影した写真を貼っておきます。
ビネットした写真が好きなので、どれも周辺光量を落としていますが、実際にはこんなにビネットするレンズではありません。
色温度、明度、コントラスト、彩度、明瞭度などもいじっておりますが、シャープネスは無補正です。

なお、このレンズで撮った写真は、下記の私のブログにも置いてあります。
ご興味があれば、ご覧になってください。

●カラー写真ブログ:https://blackface2.exblog.jp/tags/Zeiss%20Sonnar%20FE%2055mm%20f1.8%20ZA/
●モノクローム写真ブログ:https://nobssoliloquy.exblog.jp/tags/Zeiss%20Sonnar%20FE%2055mm%20f1.8%20ZA/

比較製品
SONY > FE 50mm F1.8 SEL50F18F
シグマ > 50mm F1.4 DG HSM [ソニーE用]
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった13

満足度5
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性5
解像力抜群、小型軽量、ボケ味良好、近接は苦手
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a6500 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
当機種SONY a6500 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a6500 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

SONY a6500 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

購入して4ヶ月ほど経ちましたので、再レビューさせていただきます。

FEマウントの標準画角レンズとしては、3つ目のレンズです。
SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fは描写は良かったのですが、AFがノイジーで売却。
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Artは描写は最高でしたが、あまりの重厚長大さにめげて売却。
結局、バランスの良いZeiss Sonnar 55mm F1.8 ZAを選びました。

【操作性】
スイッチ類は皆無、シンプルです。

【表現力】
絞り開放から解像度は周辺部に至るまで十分に高いです。
絞ればさらに切味は鋭くなっていき、かつて使っていたSigma 50mm F1.4 Artと良い勝負です。
合焦部とボケのコントラストが見事で、とても立体的な描写をするレンズだと思います。

ボケの質は柔らかくて上質です。
ただ、玉ボケがあまり美しくありません。
ボケのディスクの中をよく見ると、いわゆるオニオンリングがあって少々興ざめです。

また、SONYのレンズに特有の傾向で、周辺部に行くと玉ボケがアーモンド形になりがちです。
なので、玉ボケを周辺部に出さないようにするとか、運用でカバーすることにしています。
また、APS-C機で使って周辺部をカットしてしまえば、アーモンド形の口径食に悩むことは少なくなります。

また、最短撮影距離が50cmと長く、寄れません。
FE 50mm F1.8は45cm、Sigma 50mm F1.4 Artは40cmとずっと短く、寄りたいときには不利です。
ただ、中間リングをかましたり接写レンズを装着すれば解決する問題ではあります。

【携帯性】
FE 50mm F1.8の186gには負けますが、281gと十分に小型軽量です。
Sigma 50mm F1.4 Artの910gに比べると1/3以下で、還暦を超えた老体には助かります。
APS-Cセンサーのα6500で使うときもバランスが良く、APS-C専用レンズのSIGMA 56mm F1.4 DC DNとほぼ同じサイズ・重量です。

【機能性】
AFはすこぶる速く、ストレスフリーです。
ジーコジーコとうるさかったFE 50mm F1.8に比べると、圧倒的に速く、Sigma 50mm F1.4 Artよりも高速だと思います。

【総評】
標準レンズとして、Sigma 50mm F1.4 Artを使ってきましたが、やはりネックは重量です。
持ち出すレンズ本数が多くなると辛くなり、Sonnar 55mm F1.8 ZAにリプレイスしました。
玉ボケの美しさ、最短撮影距離の短さ、絵の透明感はSigma 50mm F1.4 Artの方が上ですが、総合力でSonnar 55mm F1.8 ZAを残すことにしました。

なお、ここに上げた作例の他にも、下記の私のブログにこのレンズで撮影した駄作が置いてあります。
ご興味がありましたら、ご覧ください。

●カラー写真ブログ:https://blackface2.exblog.jp/tags/Zeiss%20Sonnar%20FE%2055mm%20f1.8%20ZA/
●モノクローム写真ブログ:https://nobssoliloquy.exblog.jp/tags/Zeiss%20Sonnar%20FE%2055mm%20f1.8%20ZA/

比較製品
SONY > FE 50mm F1.8 SEL50F18F
シグマ > 50mm F1.4 DG HSM [ソニーE用]
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった7

満足度5
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性5
解像力抜群、小型軽量、玉ボケはイマイチ、近接は苦手
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、絞開放、立体感があります
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、フォーカス周辺部でもシャープです
当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、このぐらいなら寄れます

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、絞開放、立体感があります

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、フォーカス周辺部でもシャープです

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、このぐらいなら寄れます

当機種SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、玉ボケは少々癖があります
当機種SONY α6500 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA APS-Cで使うと、寄れる85mmになります
当機種SONY α6500 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 合焦部とボケのコントラストが見事です

SONY a7III + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、玉ボケは少々癖があります

SONY α6500 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA APS-Cで使うと、寄れる85mmになります

SONY α6500 + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA 合焦部とボケのコントラストが見事です

FEマウントの標準レンズ、3本目です。
SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18Fは描写は良かったのですが、AFがノイジーで売却。
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Artは描写は最高でしたが、あまりの重厚長大さにめげて売却。
結局、バランスの良いZeiss Sonnar 55mm F1.8 ZAを選びました。

【操作性】
スイッチ類は皆無、シンプルです。

【表現力】
絞り開放から解像度は周辺部に至るまで十分に高いです。
2枚目のように、周辺部にフォーカスして絞開放で撮っても、私的には十分に使い物になる画質です。
絞ればさらに切味は鋭くなっていき、かつて使っていたSigma 50mm F1.4 Artと良い勝負です。
1枚目や6枚目のように、合焦部とボケのコントラストが見事で、とても立体的な描写をするレンズだと思います。

ただ、玉ボケがあまり美しくありません。
ボケのディスクの中をよく見ると、いわゆるオニオンリングがあって興ざめです。
撒き餌レンズと呼ばれるFE 50mm F1.8の方が、ボケ内部がきれいで美しいと思います。
また、SONYのレンズに特有の傾向で、周辺部に行くと玉ボケがアーモンド形になりがちです。

ただ、玉ボケはイマイチとは言え、ボケの質は柔らかくて上質です。
なので、玉ボケを周辺部に出さないようにするとか、運用でカバーすることにしています。
また、APS-C機で使って周辺部をカットしてしまえば、アーモンド形の口径食に悩むことは少なくなります。

また、最短撮影距離が50cmと長く、寄れません。
FE 50mm F1.8は45cm、Sigma 50mm F1.4 Artは40cmとずっと短く、寄りたいときには不利です。
ただ、中間リングをかましたり接写レンズを装着すれば解決する問題ではあります。

【携帯性】
FE 50mm F1.8の186gには負けますが、281gと十分に小型軽量です。
Sigma 50mm F1.4 Artの910gに比べると1/3以下で、還暦を超えた老体には助かります。
APS-Cセンサーのα6500で使うときもバランスが良く、APS-C専用レンズのSIGMA 56mm F1.4 DC DNとほぼ同じサイズ・重量です。

【機能性】
AFはすこぶる速く、ストレスフリーです。
ジーコジーコとうるさかったFE 50mm F1.8に比べると、圧倒的に速く、Sigma 50mm F1.4 Artとは同等です。

【総評】
標準レンズとして、Sigma 50mm F1.4 Artを使ってきましたが、やはりネックは重量です。
持ち出すレンズ本数が多くなると辛くなり、Sonnar 55mm F1.8 ZAにリプレイスしました。
玉ボケの美しさ、最短撮影距離の短さ、絵の透明感はSigma 50mm F1.4 Artの方が上ですが、総合力でSonnar 55mm F1.8 ZAを残すことにしました。

なお、ここに上げた作例の他にも、下記の私のブログにこのレンズで撮影した駄作が置いてあります。
ご興味がありましたら、ご覧ください。

●カラー写真ブログ:https://blackface2.exblog.jp/tags/Zeiss%20Sonnar%20FE%2055mm%20f1.8%20ZA/
●モノクローム写真ブログ:https://nobssoliloquy.exblog.jp/tags/Zeiss%20Sonnar%20FE%2055mm%20f1.8%20ZA/

比較製品
SONY > FE 50mm F1.8 SEL50F18F
シグマ > 50mm F1.4 DG HSM [ソニーE用]
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった7

 
 
 
 
 
 

「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
SONY

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

最安価格(税込):¥98,026発売日:2013年12月20日 価格.comの安さの理由は?

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zをお気に入り製品に追加する <1882

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意