『2年強、40,000kmを走行しての再レビュー』 マツダ アクセラスポーツ 2013年モデル cozy4649さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > アクセラスポーツ 2013年モデル

『2年強、40,000kmを走行しての再レビュー』 cozy4649さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:144人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
1件
自動車(本体)
2件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地2
燃費5
価格4
2年強、40,000kmを走行しての再レビュー

新車購入後2年強、40,000kmを走行して気になったところを再レビューします。

【乗り心地】
低速域(〜50km/h過ぎまで)での脚の渋さが、乗りはじめから走行距離を重ねても一向に改善されず、ざらざらゴツゴツした感触と、それに伴う内装の軋みや車内の騒音が不快。40,000kmを走行していよいよ堪えかねて足回りに手を入れることに。「ネオチューン」を施工しざらざらゴツゴツした感じは大分緩和され、車内騒音も収まった感じがします。

ファブリックシートの表皮が硬めで耐候性のためか滑りやすい仕様になっているので服装によっては長時間運転で腰周りが痛くなることがあります。

【燃費】
満タン給油法で通算80回の給油で平均燃費17.5km/l。郊外路が5割、市街地が4割、高速が1割くらいの走行パターン。JC08モード燃費は20.4km/lなので達成率85%強といったところ。

【総評】
後期モデルが発売されてからはインプレッサ、シビック、カローラスポーツと、国産メーカー各社からライバル車が登場してきて最古参となったアクセラ。改めてアクセラの魅力は何か?と考えてみたんですが…、

プリミティブな内外装、実用燃費の良さ、運転支援/安全性能の充実の3つでしょうか。

少ないキャラクターラインで個性を出し、ハリボテ感がないシンプルな外装デザインは奇をてらったモノがなく飽きが来にくくて良いです。
内装ではインパネにはスイッチ類が少なく、やはりシンプルに見せています。ディスプレイのサイズなどユーティリティを求めるならちょっと物足りないと感じるかもしれませんが1〜2人乗りがメインならこの程度で十分でしょう。そのぶん走りに興じれる訳ですから。

その走りですがこの点については年式の新しいライバルに越されているところがあり、先に書いた足の動きの渋さがかなり大きいです。この足回りで不満がないなら問題ないですが試乗して少しでも不満を持ったなら足回りに手を入れることを前提に検討するか、他車を検討する方が良いかと思います。
とはいえ、普段は1人ないし2人乗り、いざとなれば4人ちゃんと乗れて運転支援、安全性能もしっかりしたMT車としての魅力はいまだに一級品だと思います。

燃費についても峠や専用道路で多めに踏み込んでも結局は15〜18km/lの間におさまるので不満はありません。

走り馴れた山道を軽快に走り回る軽トラドライバーのドラテクに憧れるように、1.5リッターNA+MT仕様で1260kgの車体を限られたパワーでスムースに動かせるように腕を磨きたい気にさせるのは2年以上乗っている今でも変わることはありません。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年7月
購入地域
愛知県

新車価格
213万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

アクセラスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった60人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格5
パワーが無い分、「濃い」走りを愉しめる車。

【エクステリア】
後期モデルになって欧州車に倣った水平基調の落ち着いたデザインになりました。ただフロントはライトを点けると途端に個性が際立ちます。
リア側もアンダースカート部の樹脂パネルが大幅に小さくなり上質さが増しました。その中でもリフレクター周辺の造形に静かな力強さを感じます。
大口径マフラーに交換した際のさりげなさ感が欧州車っぽくて個人的には良い感じ。

【インテリア】
22XDではないので大幅な変更は少ないですがステアリングホイールがロードスター譲りのスポーティーな形状になり、それだけで一気に上質な雰囲気になった感じを受けます。
シート地はファブリックですが表面に凹凸があったりシートの中央部に挿し色が縦には入っていたりと、全体的に上質で落ち着いた雰囲気に振られたインテリアにも適度にスタイリッシュさがあって個人的には好きです。
デミオにあってアクセラに無いもの…、ニーパッドが今回も見送られてしまったのは残念。強い横Gがかかると左膝がブラカバーに当たってちょっと痛い…。
HUDですが外板色が白だと視線の高さによってはボンネットの断面部と文字とが同化して見えにくい状況になり高さ(ディスプレイの角度)調節を強いられることがあります。

【エンジン性能】
1.5リッターNAはロードスターやデミオのように1トンそこそこの車重ならかなり軽快に走りますがそこから200kg増ししたこのクルマだと必要十分なレベル。ただ、トルクは2500回転付近にひとつ山があるので山岳路ではその回転域付近から上を使って走らせると案外スポーティーに走らせられます。
登坂路では4〜3速、時に2速を入れるといった感じです。
排気音は案外勇ましくスポーティ感がありますがいかんせん15s系は片出し仕様。せっかくなら両出しの2本出しマフラーを付けたくなります。これはディーゼル車では味わえない、ガソリン車の特権です。

【走行性能】
脚はやや堅めながらもカーブでは車体が結構ロールするのでカーブ前できちんと減速、適切な荷重をしつやる必要があります。なので純正サスでは飛ばせるクルマではありません。そもそもパワーが無いのでカッ飛ばすことも出来ませんが…。
ブレーキの効きはかなり良いです。ガツンと踏み込めばガツンと効くし、じんわり踏めばじっくりと効くし実にフレキシブル。動力性能より明らかに制動性能の方が優っているのが分かります。安心感高いです。

【乗り心地】
どの速度域でも当たりの硬さは感じますがその後の収まりがソフト。かといってフワフワしているわけでもなく、ドイツ車の脚みたいに収まりも俊敏でドシッとした感覚とは異にする脚です。

【燃費】
平均燃費で17.5km/lほど(カタログ燃費20.4km/l)。高速道路は約20〜21km/l、郊外路で18〜19km/l、山岳路や市街地で13〜15km/l。感心したのは山道を走っても燃費の落ち込みが少ないということ。パワーがないので回転数を上げる機会が多くなり燃費がガタ減りするかと思いきや、案外落ち込みが小さく安定した燃費が出せます。

【価格】
車体価格215万に11万円のメーカーオプションをひとつ入れるとオートハイビーム、ブラインドスポットモニタリング、レーンキープ、前車追従クルコン、自動ブレーキといった先進の安全機能がたくさん搭載されるので安いと思います。しかもマニュアル車でここまでの機能を盛り込んだクルマも国産車ではマツダくらいしかないです。

【総評】
パワーが無く、ロールが大きいので見た目のようには素早い動作が出来ません。コーナーが来たら手前で減速し、しっかり荷重をかけて曲がること。立ち上がりで加速がもたつかないように予め適切なシフトを選ぶこと。
「減速」「操舵」「加速」を忠実に、滑らかにこなす事を要求される、ある意味シビアでコアな運転スタイルです。体感的に60〜65km/h付近が心地良いGを得られるように感じます。
自分の手の内で扱える速度域でドライビングを愉しめるクルマ。初めて走る場所では走りがぎこちなくなる。何度も走り込んで滑らかに走ってやろうという向上心が高まって来るクルマです。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年7月
購入地域
愛知県

新車価格
213万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

アクセラスポーツの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった36

 
 
 
 
 
 

「アクセラスポーツ 2013年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

アクセラスポーツ
マツダ

アクセラスポーツ

新車価格帯:176〜331万円

中古車価格帯:59〜275万円

アクセラスポーツ 2013年モデルをお気に入り製品に追加する <832

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意