『フォトグラファーにスタンダード!?』 ニコン D610 24-85 VR レンズキット King-Okaさんのレビュー・評価

D610 24-85 VR レンズキット 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥119,800 (前週比:+5,488円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2013年10月19日

店頭参考価格帯:¥121,500 〜 ¥121,500 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : 一眼レフ 画素数:2466万画素(総画素)/2426万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 連写撮影/秒:6コマ 重量:760g D610 24-85 VR レンズキットのスペック・仕様

【付属レンズ内容】AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

ご利用の前にお読みください

  • D610 24-85 VR レンズキットの価格比較
  • D610 24-85 VR レンズキットの中古価格比較
  • D610 24-85 VR レンズキットの買取価格
  • D610 24-85 VR レンズキットの店頭購入
  • D610 24-85 VR レンズキットのスペック・仕様
  • D610 24-85 VR レンズキットの純正オプション
  • D610 24-85 VR レンズキットのレビュー
  • D610 24-85 VR レンズキットのクチコミ
  • D610 24-85 VR レンズキットの画像・動画
  • D610 24-85 VR レンズキットのピックアップリスト
  • D610 24-85 VR レンズキットのオークション

D610 24-85 VR レンズキットニコン

最安価格(税込):¥119,800 (前週比:+5,488円↑) 発売日:2013年10月19日

  • D610 24-85 VR レンズキットの価格比較
  • D610 24-85 VR レンズキットの中古価格比較
  • D610 24-85 VR レンズキットの買取価格
  • D610 24-85 VR レンズキットの店頭購入
  • D610 24-85 VR レンズキットのスペック・仕様
  • D610 24-85 VR レンズキットの純正オプション
  • D610 24-85 VR レンズキットのレビュー
  • D610 24-85 VR レンズキットのクチコミ
  • D610 24-85 VR レンズキットの画像・動画
  • D610 24-85 VR レンズキットのピックアップリスト
  • D610 24-85 VR レンズキットのオークション

『フォトグラファーにスタンダード!?』 King-Okaさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:158人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
9件
3件
レンズ
8件
0件
フラッシュ・ストロボ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
フォトグラファーにスタンダード!?
当機種キットレンズでの解像感
   

キットレンズでの解像感

   

【デザイン】
Dfを除いて面がとれたニコン各種共通なカメラデザインが特長で、キャノンに比べ洗練されたイメージ!

【画質】
キャノンに比べ後から画像調整しなくてもシャドーやレンズの解像感そして高感度ノイズがある程度に確保。
24-85キットレンズの組み合わせで、多少解像感が楽しめる。ニコンの画質とはこういうものかと!
キャノンに比べボケ味が固くなく、ソフトな方向なニッコールレンズ。
高感度はカタログのスペックに近く、拡大しなければISO6400でもと思わせる!

【操作性】
写真を撮る時、カメラ右上面の表示パネルを見ながら創作的に操作するので表示パネルを生かす、正統派と思わせる作り!
絞り優先AUTO時、メインコマンドダイヤルがISOボタンを押しつづけなくてもISO感度の選択に。自然にダイヤルを回すとシャッター速度が変わる。スムーズな操作感から撮る楽しみが増える!(MENU項目で、d3:ISO感度表示と簡易設定をするに設定した条件で)

【バッテリー】
普通

【携帯性】
スナップにはこの位が丁度よい。多少の重さはフルサイズということで...

【機能性】
キャノンは全機種にLV表示の露出プレビュー機能がついていると思うが、ニコンのD610には機能がない(設定項目もない)でも操作によってそれでもと思わせる。それは暗いところではマイナス2段〜3段に露出補正をすれば適正露出に!LV表示を気にせずどんどん撮り、撮影が上手になるのが正統派かもしれない。

【液晶】
MENU項目で明るさを便利なAUTOにすることで日中普通に見やすくなる。

【ホールド感】
キャノン比べ横幅をちじめようとする設計思考か、持ちやすい。

【総評】
フルサイズのスタンダードで丁度よい!

レベル
ハイアマチュア

参考になった10人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
フォトグラファーにスタンダード!?
当機種添付画像-フルサイズの解像感!
   

添付画像-フルサイズの解像感!

   

【デザイン】
Dfを除いて面がとれたニコン各種共通なカメラデザインが特長で、キャノンに比べ洗練されたイメージ!

【画質】
キャノンに比べ後から画像調整しなくてもシャドーやレンズの解像感そして高感度ノイズがある程度に確保。
24-85キットレンズの組み合わせで、多少解像感が楽しめる。ニコンの画質とはこういうものかと!
キャノンに比べボケ味が固くなく、ソフトな方向で作品を目指すならちょうどよいニッコールレンズ。
高感度はカタログのスペックに近く、拡大しなければISO6400でもと思わせる。

【操作性】
写真を撮る時、カメラ右上面の表示パネルを見ながら創作的に操作するので表示パネルを生かす、正統派と思わせる作り!

【バッテリー】
普通

【携帯性】
スナップにはこの位が丁度よい。多少の重さはフルサイズということで...

【機能性】
特に変わったところはない。

【液晶】
MENU項目で明るさを便利なAUTOにすることで日中普通に見やすくなる。

【ホールド感】
キャノン比べ横幅をちじめようとする設計思考か、持ちやすい。

【総評】
フルサイズのスタンダードで丁度よい!

レベル
ハイアマチュア

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
D750を使っていたがD610に

以前D750を使っていた。シャッタボタンを半押しした時の電子音が鳴らなくなった。このクラスではあまり設定する人はいないので気にしなくても!多少ケッペキなところがあり、機種を手放した。どんどんもの悪くなりそうという理由と、斬新な薄型デザインは設計に無理があるのか?
D610を手にしてみて、高感度性能はD750より下がるが、実用レベルか又は高感度がほしい暗い場所では
F値の明るいレンズをチョイスするのが標準的なフォトグラファーのスタイルだと思うので対策はある。
〔携帯性〕ベーシックなフルサイズのカメラに比較的軽量なズームレンズの組み合わせで軽い方!女性の方でD4sと24-70の組み合わせの方もいらっしゃるので気にしてはならならいと思う。(理由:写真表現にこれだけあればよいという決まりはないという)

購入したばかりなのでここまで

その他:このカメラにはLVに切り替えてみる露出プレビューの機能なし。トワイライトは、露出補正をマイナス3段にし、露出インジケーター0を基準に合わせればいいのか!?

レベル
ハイアマチュア

参考になった1

満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
カメラのMENU設定-機能の違いの参考にどうぞ!

D610 MENUの設定

〔再生メニュー〕
再生画面設定:ハイライトと総合表示(下方向キー)でチェックを入れ設定終了をOK ※再生時は上下方向キーで切り替え
再生直後の画像確認:ON(しない→するでOKボタン)
縦位置自動回転:OFF ※画像確認の時、縦位置で撮ったものはそのまま大きく!

〔撮影メニュー〕
自動ゆがみ補正ON(しない→するでOKボタン) ※純正レンズのサポートなので設定しないと始まらない
アクティブDライティング:L(弱め) ※白トビを控え、黒つぶれを軽減
                      ※プロは露出かソフトで画像編集で調整するのでL(弱め)か!
ウィネットコントロール:N(標準) ※純正レンズの周辺光量の低下を軽減
ISO感度設定:感度自動制御 ON (ISO-AUTOに) 
         制御上限感度:5000 ※高感度ノイズの許容は個人差があるが、CaptureNX-Dのノイズディダクション、適用量をスライド
         低速限界設定はオートで右方向キー▲印をひとつ高速側(でOK)
                  ※集点距離分の1のシャッター速度が2倍(絞り優先AUTOの時ブレ対策)

〔カスタムメニュー〕
c3:セルフタイマー:時間10秒→2秒 ※三脚使用時、シャッタボタンを押す時のブレ対策。記念写真でない時
d2:ファインダー内格子線の表示:ON ※被写体によっては平行な構図づくり

以上


その他レビュー:このカメラにはLVに切り替えてみる露出プレビューの機能なし
           トワイライトは、露出補正をマイナス3段にし、露出インジケーター0を基準に合わせればいいのか!?

レベル
ハイアマチュア

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
カメラのMENU設定-機能の違いの参考にどうぞ!

D610 MENUの設定

〔再生メニュー〕
再生画面設定:ハイライトと総合表示(下方向キー)でチェックを入れ設定終了をOK ※再生時は上下方向キーで切り替え
再生直後の画像確認:ON(しない→するでOKボタン)
縦位置自動回転:OFF ※画像確認の時、縦位置で撮ったものはそのまま大きく!

〔撮影メニュー〕
自動ゆがみ補正ON(しない→するでOKボタン) ※純正レンズサポートなので設定しないと始まらない
アクティブDライティング:L(弱め) ※白トビを控え、黒つぶれを軽減
                      ※プロは露出かソフトで画像編集で調整するのでL(弱め)か!
ウィネットコントロール:N(標準) ※純正レンズの周辺光量の低下を軽減
ISO感度設定:感度自動制御 ON (ISO-AUTOに) 
         制御上限感度:4000 ※高感度ノイズの許容は個人差があるが、CaptureNX-Dのノイズディダクション、適用量
         低速限界設定はオートで右方向キー▲印をひとつ高速側(でOK)
                  ※集点距離分の1のシャッター速度が2倍(絞り優先AUTOの時ブレ対策)

〔カスタムメニュー〕
c3:セルフタイマー:時間10秒→2秒 ※三脚使用時、シャッタボタンを押すときのブレ対策。記念写真でない時
d2:ファインダー内格子線の表示:ON ※被写体によっては平行な構図づくり

以上


その他レビュー:このカメラにはLVに切り替えてみる露出プレビューの機能なし
           トワイライトは露出インジケーターのマイナス3段を基準にすればよいのか!?

レベル
ハイアマチュア

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「D610 24-85 VR レンズキット」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
お手軽な本格FXエントリーモデル  5 2017年3月16日 00:02
満足です  5 2015年11月27日 23:46
D610かD750か。  5 2015年11月16日 02:33
フォトグラファーにスタンダード!?  5 2015年10月24日 08:48
70Dと6Dとを使い比べて  5 2014年7月23日 22:56
やはり ニコン!  5 2014年4月10日 02:57

D610 24-85 VR レンズキットのレビューを見る(レビュアー数:6人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

D610 24-85 VR レンズキット
ニコン

D610 24-85 VR レンズキット

最安価格(税込):¥119,800発売日:2013年10月19日 価格.comの安さの理由は?

D610 24-85 VR レンズキットをお気に入り製品に追加する <287

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意