『もう長年使ってきて、そろそろ買い替えを検討。その理由』 ニコン D610 ボディ みちぁん(*'-')さんのレビュー・評価

2013年10月19日 発売

D610 ボディ

  • 有効画素数2426万画素のニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ。すぐれた描写力と高速連続撮影約6コマ/秒の機動力を備えている。
  • 上位機種と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載。忠実な描写と鮮やかな色再現、広いダイナミックレンジを実現し、高感度撮影ではノイズを抑える。
  • 7点がf/8対応の高密度39点AFシステムにより、スムーズなAF撮影が可能。多彩な表現を可能にする1920×1080 30pのフルHD動画を撮影できる。
D610 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥91,500

(前週比:-370円↓) 価格推移グラフ

中古
最安価格(税込):
¥49,280 (12製品)


価格帯:¥91,500〜¥91,500 (1店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ : 一眼レフ 画素数:2466万画素(総画素)/2426万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:760g D610 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • D610 ボディの価格比較
  • D610 ボディの中古価格比較
  • D610 ボディの買取価格
  • D610 ボディの店頭購入
  • D610 ボディのスペック・仕様
  • D610 ボディの純正オプション
  • D610 ボディのレビュー
  • D610 ボディのクチコミ
  • D610 ボディの画像・動画
  • D610 ボディのピックアップリスト
  • D610 ボディのオークション

D610 ボディニコン

最安価格(税込):¥91,500 (前週比:-370円↓) 発売日:2013年10月19日

  • D610 ボディの価格比較
  • D610 ボディの中古価格比較
  • D610 ボディの買取価格
  • D610 ボディの店頭購入
  • D610 ボディのスペック・仕様
  • D610 ボディの純正オプション
  • D610 ボディのレビュー
  • D610 ボディのクチコミ
  • D610 ボディの画像・動画
  • D610 ボディのピックアップリスト
  • D610 ボディのオークション

『もう長年使ってきて、そろそろ買い替えを検討。その理由』 みちぁん(*'-')さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

D610 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:54件
  • 累計支持数:1131人
  • ファン数:28人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
13件
8件
レンズ
18件
0件
キーボード
5件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
もう長年使ってきて、そろそろ買い替えを検討。その理由

このカメラでいろんなお仕事をこなしてきました。
色んな地域や国にもこのカメラで行きました。(もちろん仕事)
去年の2月はじめに導入したレンズ、24-70F2.8Eをメインレンズにするようになってから不満が増えてきました。
今回それも踏まえて書きます。

【デザイン】
ニコンD610です。

【画質】
このカメラを買う時、色々ネットを見ると(当時D600)
D600を持ったら絶対にD800が欲しくなると、あちこちで書かれていました。
画素数のことでしょうか。それともカメラ趣味の所有感?私は前者だと思ってみてました。
しかし、当時のD800(30数万円だったと思います)は予算越えの為こちらを選択。
買ってみて使ってみて、未だ不満無し。逆にD800にしなくて良かったです。(データ圧迫)
画質に関してはこの上なくイイです。これ以上の画質は必要ありません。

【操作性】
右肩液晶に露出計がない程度であとはかゆいところに手か届きます。

【バッテリー】
問題なく持ちます。

【携帯性】
バッテリグリップを付けているので、重くて大きいカメラですが
飛行機を利用する出張の際は外して持ち出します。(重量制限クリアの為)

【機能性】
これ以上の機能必要ですか?
色々カメラ出てますが、これ以上の機能必要なしかと。

【液晶】
よく見えますよ。PCで見ても同じように表示されてるので問題なしです。信頼できるモニターです。

【ホールド感】
若干おデブな印象有りますが、それなりに持ちやすいです。

【総評】
この子、何がアカンのか・・・
ホワイトバランス、オートフォーカス性能。これに尽きます。どう悪いのか説明します。
【ホワイトバランスについて】
条件のいい環境なら総じてやや黄色かぶり(そんなに問題ではない程度)
条件の悪いところでは、かなりフレーム内に入ってくる色が引っ張られることが多々あります。(特に屋内)
例えば、フレーム内にどうしても青原色や赤原色があると、画面全体その色に影響されています。
ストロボではある程度改善されますが、ストロボが無いと、数千枚の写真全て色補正作業する羽目に・・・(5,6時間かかります・・・)
参考程度に、オリンパスのOM-Dはこの辺強くて、きちんと白い部分が白く映ります。
このあたりの作業コストを考え、D5への買い替えを検討中です。D800使いの他のカメラマンを言ってましたけど、EXPEED3機はD800も同じようなかぶりして困ってると言ってました。

【オートフォーカス性能について】
被写体が少しでも動いてると、途端にふらふらになります。(中古でD300Sを買増したくらい)
コンテニュアンスはピント精度も結構不安定。フォーカスポイントがボケ気味だったりします。
特に、24-70F2.8Eに変えてからそれが顕著になりました。
やや薄暗い程度でもピントが合いません。モタモタします。撮らないといけないシーンがワンタイミングズレてピントが合うので終わってたります。←これ致命的
一応、保育園の運動程度なら外なので何とか使えますが、屋内競技(特に走る系)は絶望的に無理だと思います。(屋内なら上記に述べた色転びも怖い)
フォーカスポイント狭いとは言われてるけど、フォーカスロック使わないんですか?撮影の基本じゃないのかな?こんなもの問題じゃない。全然。

私は基本的に広告撮影、雑誌やカタログ、詳細スペック、人物や料理系、ファッション系、建築系を主にやります。
このカメラは自由に光を回せるスタジオや野外ではめっちゃ生かせます。
なので、この子の性能を発揮させられるのはホントに光次第。
言い換えれば、汎用性の乏しいカメラ。ハマれば絶妙な写真が撮れる。このD610で撮る料理撮影はホントにクライアントから絶賛されてるくらい、おかげでお仕事忙しいです。
でも、私の仕事はそれだけじゃないので、この子の条件悪い環境では本当に苦労するし、補正に5,6時間作業はさすがに赤字。他の業務が止まる。撮り逃しの賠償や謝罪もうんざり。なので、D5を検討・・・と言うか、D5買います。期待通りだといいけど・・・
このカメラだから、ならいいけど、D5も苦労したら、ホントに業務用向けお金出すのできちんと作ってほしい。カメラメーカーさん。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ
その他

参考になった76人(再レビュー後:27人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン5
画質5
操作性2
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
【再】主観的なレビューですが

もうこの子は、D600から数えると3年弱の付き合いになるので、現時点での感想を書きます。
くれぐれもご注意いただきたいのが、あくまで私の撮影環境における主観です。

【デザイン】
問題ないです。

【画質】
もう飽和してるんじゃないでしょうか。この上ない画質です。
2012年(2013年)発売時点で、この画質を大きく上回ったものを出すのは不可能かと思います。
非常にキレイ、今見てもD610で出した写真の透明感とノイズの少なさ、無地の部分の滑らかさは絶品の名機です。

【操作性】
軍艦部に露出計が無いのがすこぶる不便です。
左手下にあるISO感度ボタンは、非常に使いやすい位置です。左肩にあるより使いやすいですよ。

【バッテリー】
良く持ちます。文句なしです。

【携帯性】
普段バッテリーグリップ付けてますが、外すと非常に小さく軽いです。

【機能性】
軍艦部に露出計が無い、これがただただ残念。フルサイズにはせめて基本搭載してほしいものです。

【液晶】
見やすいです。

【ホールド感】
細めグリップなので持ちやすいですよ。

【総評】
ここからが主観になりますが、(上も?)
このカメラはホントに良いカメラで不具合も無く耐久性も抜群です。
ただ、プロ(と言ってもいろんな業種、被写体があるわけですが)としての信頼性には欠ける機種です。
ある程度のシャッターチャンス、余裕のある撮影だと問題なく使えるのですが
全く余裕のない、しかも逃せない瞬間を抑える必要があるときに、シャッターが切れなくなることが良くあります。
これは、3年弱使って来て、もう気のせいではなく、決まって確実に、そう言う場面で不動になります。
どうシャッターが押せないのかと言うと、半押ししても無反応、レンズが迷っているわけではなく、ピントが合いません。
というより、ここぞと言う場面でAFが動かないです。(故障ではないと思う、ここぞと言う場面以外は動いてピピッと言うので)
もちろん、AFを取るには必要な光はあります。被写体は動いてはいますが、AFがズレるほどの動きではありません。
(人がラーメン食べる瞬間を想像してください、ピントが変わるような動きではないです。)
レンズの故障でもないです。(そう言う場面以外きちんと仕事こなすので)
なので、動かない被写体を相手にじっくり追い込んで撮るのに向いたカメラではないかと思います。
私が苦労するのは決まってイベント系のお仕事です。
そのイベントイベントで必ず抑えないといけない瞬間があって、きまってそこでグズる。
せいぜい使えて同行取材くらいまでかもしれません。
動きものも私の目線から見て使えないように感じました。
緩やかに動く被写体なので、あえてシングルではなく、コンティニュアスにしてましたが、どれもピントが緩い。
シングルに戻すとピッタリ。
こんなレベルでピン外すなら、動きものは全くダメでは?と思い、動きものはD300を使ってます。
D300はシャッターが切れなくなることもないし、食いつきが段違いに違います。(画質は数段劣りますが)
なので、初心者や趣味の方が使う分には不自由しないかと思います。
AFが動かなくなったとき、もう力いっぱい押し込みます。すると、緩やかに動き出してぴぴっと合うときはあります。
AFが動かなくなると書くと、壊れているか、語弊があるかと思いますが、
ホントに絶対この一瞬!って時、無反応になるカメラです。
使う目的を間違っているってことですね。
D一桁かD500をちょっと視野に入れ始めました。
このカメラは、料理撮影、風景撮影専門で使いましょうか・・・軽いですし。
なので、イベントや報道系のお仕事で使うと、撮り漏れする危険があります。(私はなんとかそれでも使って居ますが、不動になり、ヒヤッと思うときがあります。)
私もこの先使うのが危険なので、D300の血統(D700 D800 D810 D4 D4s D5)のカメラで再検討するしかなさそうです。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ
その他

参考になった22

満足度4
デザイン5
画質5
操作性2
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
画作り自由自在のカメラ

再レビューです。
(前レビューが消えるのでしょうか・・・分からないので以下に残しておきます。)
※残そうとしましたが2500文字を超えていたようで書き込めなく、削除して更新してみます・・・

先日料理撮影に於いて、”今まで撮ってきた設定”でいつも通り撮影したところ
別のカメラマンが撮影したお写真と比較されて、「美味しそうに見えない」と、お叱りを受けました。

その見せて頂いたお写真は、赤く色かぶりを起こし、暗く、黄色茶色い感じの写真で
どう見ても色は悪いのですが、見せるべき食材部分だけを見ると、そう言う色の中にもシズル感があり
それが何か分かるインパクトのあるお写真でした。

私のは、色こそ実物再現+ややコントラストを高めに。見せるべき食材までの被写界深度を確保した
ごく当たり前の構図でテンプレート的なお写真で、具材の位置もうまく指示が出来ておらず、
見方を変えると別の具材に見えかねないものになってしまいました。

そこで、撮り直しをさせて頂く事になり、その日はその食材はネタ切れで後日足を運びました。

前日に何度もその別カメラマンの撮ったお写真を眺め、いったい何が違うのか、料理の名前は明かしませんが
やっぱり鮮やかでキレイな色味のパキパキ系の私の写真に比べ、色は来たないもののしっとりした質感を確保でき
また、具材の位置関係も特徴を出すべき部分が全面で強調されていましたので、今までやってきた設定を捨てて
完全新規でピクチャーコントロールからホワイトバランスの関係を徹底的に見て行きました。

結果、私のダメ出しを受けた写真の良いところを残しつつ、別カメラマンのしっとり感と色艶、色味の傾向を再現でき

私もいつも撮ってるものとはまた違った味のあるお写真をその時撮ることが出来ました。

このD610と言うカメラ。

ホントに自分が出そうと思ってる細かいところまで自由自在に画作りが出来ます。

頭に描いた物/想像した物を自由に形として出せる、身体の一部のようなカメラです。

また、私は広告写真家ですので、私にとってのファインダー内の構図はある意味イラストレーターでDTPをやり始めるようなものです。

どこにどのような文字を乗せたら伝わる物になるか、被写体はどのように強調させたりポージングの手の位置などを持って行けば、インパクトのあるポスターになるか。

大きく明るい視野率100%のファインダーは、私の想像力を掻き立てます。

5メートル級の看板、A0、A1、A2でポスターを作ったりするのにD610を使いますが、必要十分に耐える画質を持っており
大きくしても小さな文字も境界がはっきりしていて非常に高精細です。

フルサイズ2400万画素と言うのは、まさに丁度いいスペックだと私は思います。

まだまだ現役。今から買っても全然時代遅れでも無ければ、逆に素晴らしい画質と現場における信頼性に驚き手放せなくなるでしょう。




レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
室内
スポーツ
その他

参考になった20

満足度4
デザイン5
画質5
操作性2
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
仕事用で使っています。

【デザイン】
無駄のない大きさで良いと思います。
これくらい大きくないと、しっかりと構えられません。

【画質】
ほぼ文句なしの画質を出せます。
特にこれ以上を求めることも無いかと思います。

【操作性】
D610に対する最大の不満点は、軍艦部液晶に露出計が無い事。
そして、ISO感度の設定ボタンをカスタマイズできないこと(Fnボタンに割り当てられないこと)です。
野外で歩き回って撮影する際、(ポートレートや人物撮影、物件)撮る場所によって光の量が違いますので
その都度設定を変えます。その際にinfoボタンを押すか、一度ファインダーをのぞく必要があり
ファインダーをのぞくと、スタッフや同行している構成作家に「試し撮りしますか?」と勘違いを起こします。
もちろん試し撮りはしますが、まずはISOをどこまで下げて、必要な被写界深度を確保しつつ、シャッタースピードをどのくらいにするかというのを常に設定しますので、(大体現場の明るさを目視してフォーカスポイントを見定め、ほぼ分かるようになりましたが)、これをinfoを押したり、ファインダーをのぞかず設定したいです。
また、このクラス(D7000シリーズ含む)は、ISOが左手一番下なので、カメラ前部のFnボタンでファインダーをのぞいたまま、構えを崩さず変更できると良いと感じています。
逆に、エントリーのD3200はISO感度変更がとてもやりやすい位置にあります。
この二つの事を改善してくれれば、このカメラは私にとってニーズを満たした最高の仕事道具になると思います。
800シリーズやD一桁は軍艦上にありますよね。
私にとってのカメラは、趣味ではなくお金(報酬/利益)を生み出すための道具ですので、写真の仕事であまり予算を取れない為、この辺の機種には手を出せません。

【バッテリー】
3本を使いまわしていますが、よほどの長時間連続撮影でもない限り、1本でも使い切ることはありません。
例えば、朝8時からコンスタンスに移動しながら20カットほど撮影。これだけで日が暮れますが1メモリ〜2メモリ減る程度です。1カットで10枚前後、試し撮り3〜7枚程度は撮ります。
料理撮影や商品撮影などはライブビューを使いますが、ライブビューだと非常に発熱し、連続的に撮影していて約3時間以内に約1本無くなります。私の中では許容範囲です。

【携帯性】
私は女性ですが、女性でも首が疲れることはあまりありません。(撮影はさすがに疲れますが・・・)
サブ機にOM-Dもぶら下げていますが、問題なしです。
カメラ用リュックにもちょうど治まり、この大きさがちょうどいいですね。

【機能性】
ややアンバーに被ることが有るので、これをWBで微調整しますが、AWBがもう少し優秀か、色のみ微調整を操作する工程が多いので、もっと簡単に素早く調整できるような機能を追加してほしいです。
また、AF範囲がとにかく狭いですので、AFロックをかけることに慣れていないと、かなり苦戦するカメラです。
また、モデルさんをあまりずっと待たせたくないですし、モデルさんによってはその一瞬で表情が変わる方がいらっしゃいますので、AFロックをしている間にこれを逃すと言う場合もあり、とにかくAF範囲をもう少し広く撮ってほしいな・・・と切実に思います。被写体が時に中央部が多い撮影だけを行うには問題ないと思いますが・・・
AF範囲の狭さで現場対応力が欠けると言っても過言ではないですね・・・

【液晶】
この大きさでこのクオリティが限界でしょうね・・・これ以上求めても仕方がないと思いますし、やはり細部のチェックはパソコンを使います。(拡大してピンずれや手振れ、被写体ぶれを確認するには必要十分です。)

【ホールド感】
私の手には少し大きく、指が最後まで届きません。(指先がボディに着きません)
ですが、これくらいの大きさでないと、男性では使えないと思うので、まさか女性用サイズのこのクラスなんて求めません。

【総評】
D610の画質やピントの性能は素晴らしく、当面まだまだ現役で使えそうです。
今でD600から交換でD610になりましたが、丁度使い始めて約1年になります。
その後新機種が続々と登場しましたが(D5300、Df、D3300、D4s、D810、D750)
このD610がこれらの機種に劣っているとは思わず、買い替えることなんてまずありません。
コストパフォーマンスから考えてもD750は確かに魅力的ですが、現在使っているD610からお金を足してまで買うだけの価値は無く、今からの購入であっても5万円強安いことは大変なコストパフォーマンスの良さを感じます。
浮いた5万円に少し(2万〜4万程度)足せば、かなりのクオリティを持つレンズが1本買えますので、その方がD750を買うより私は有意義だと思います。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
室内
スポーツ
その他

参考になった7

 
 
 
 
 
 

「D610 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
いまさら中古で購入したのですが これ とても使いやすいです  5 2020年11月18日 16:24
光学的ファインダーがいいんです  5 2020年5月22日 19:09
全体的に良い機種かと思います。  4 2020年5月5日 10:22
フルサイズですが、軽量小型で旅行のお供に是非。  4 2020年4月1日 12:46
6年経つと色々見えてきます。  4 2019年10月8日 07:02
ボディ単品が安い。  4 2019年8月28日 21:32
コスパ最高  5 2019年4月6日 07:55
D600から代替  4 2019年4月5日 20:44
Aiレンズ活用の為に購入  5 2019年3月12日 18:53
安いけど良く考えて買いましょう  4 2018年11月11日 16:33

D610 ボディのレビューを見る(レビュアー数:95人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

D610 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

D610 ボディ
ニコン

D610 ボディ

最安価格(税込):¥91,500発売日:2013年10月19日 価格.comの安さの理由は?

D610 ボディをお気に入り製品に追加する <1081

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意