『解像感も信頼性も文句無しの金メダル!』 ペンタックス PENTAX K-3 ボディ ゼニヤッタ・モンダッタさんのレビュー・評価

PENTAX K-3 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥76,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

中古
最安価格(税込):
¥35,800 (28製品)


価格帯:¥76,000〜¥76,000 (1店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:2471万画素(総画素)/2435万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:715g PENTAX K-3 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

PENTAX K-3 ボディ の後に発売された製品PENTAX K-3 ボディとPENTAX K-3 II ボディを比較する

PENTAX K-3 II ボディ

PENTAX K-3 II ボディ

最安価格(税込): ¥- 発売日:2015年 5月22日

タイプ:一眼レフ 画素数:2471万画素(総画素)/2435万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:700g
  • PENTAX K-3 ボディの価格比較
  • PENTAX K-3 ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-3 ボディの買取価格
  • PENTAX K-3 ボディの店頭購入
  • PENTAX K-3 ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-3 ボディの純正オプション
  • PENTAX K-3 ボディのレビュー
  • PENTAX K-3 ボディのクチコミ
  • PENTAX K-3 ボディの画像・動画
  • PENTAX K-3 ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-3 ボディのオークション

PENTAX K-3 ボディペンタックス

最安価格(税込):¥76,000 (前週比:±0 ) 発売日:2013年11月 1日

  • PENTAX K-3 ボディの価格比較
  • PENTAX K-3 ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-3 ボディの買取価格
  • PENTAX K-3 ボディの店頭購入
  • PENTAX K-3 ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-3 ボディの純正オプション
  • PENTAX K-3 ボディのレビュー
  • PENTAX K-3 ボディのクチコミ
  • PENTAX K-3 ボディの画像・動画
  • PENTAX K-3 ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-3 ボディのオークション

『解像感も信頼性も文句無しの金メダル!』 ゼニヤッタ・モンダッタさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:60人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
71件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
解像感も信頼性も文句無しの金メダル!
当機種ブリーチバイパスで映える24MP画質のザラザラ感
当機種激しく回転する動きに対応する連写実験
当機種髪の偽色を防げるローパスブラケットの安心感

ブリーチバイパスで映える24MP画質のザラザラ感

激しく回転する動きに対応する連写実験

髪の偽色を防げるローパスブラケットの安心感

当機種肌の生々しさに生唾ゴックン!
当機種フルサイズ級の滑らかなボケ
当機種リアル感ハンパないね

肌の生々しさに生唾ゴックン!

フルサイズ級の滑らかなボケ

リアル感ハンパないね

Ver.1.02にファームアップしたので再レビューします。
バッテリーライフは一日中安心して使えるレベルになっています。

購入後の最初のモデル撮影は仄暗い会場でのノーフラッシュ撮影でした。
確かに暗いシーンではAFが安定して使えるものの画質がノイジーでした。
K-3がポートレートに向かないという印象を持ったのはそのためです。
それで星3個の画質評価をしましたが、K-3の実力はそんなものではなかったのです。
はまった時の24MPの表現力は本当に凄いです。

今回CP+の会場で撮れた写真は臨場感とか立体感というものが伝わってくるようで、今まで撮れたことが無いぐらいの写真が撮れるようになっていました。
動く被写体をテンポ良く捉えられるし、何と言っても連続撮影が快感です。
とてもPENTAXとは思えないキビキビした高速レスポンスで写欲を刺激します。
レンズなら迷わずDA★55mmF1.4とDA★200oF2.8を開放絞りで使うことをお薦めします。
光の条件さえ整えばフルサイズ級の画質が楽に手に入ります。
その他のレンズでも外部ストロボを使えばK-5系を凌ぐ画質評価ができます。
カラーだと気になったノイズも白黒階調のフィルターを通すと味が出ます。
人垣が多くてライブビューでの撮影も多かったのですが、まつ毛にしっかりピントを合わせてくれるAFが実に頼もしい限りでした。
前回の「ポートレートに向かない」という評価はナンセンスであり、むしろ理想的なカメラだったのです。
低感度画質こそが写真の最高品質だし、もう16MPには戻りたくありませんね。
画素ピッチが狭くなったとしてもさらに高画素なセンサーの描写が見たくなりました。
撮影するのが楽しくてこんなにワクワクするカメラは自分史上初めてです。


レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ

参考になった60人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質3
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
カメラ史上最強のリトルモンスター出現!
当機種ハイライト補正でディテールを残しつつ白飛びには強くなる
当機種ISO3200で暗部が破綻した例
当機種27点オートAF-Cの精度は正確で捨てコマ無し

ハイライト補正でディテールを残しつつ白飛びには強くなる

ISO3200で暗部が破綻した例

27点オートAF-Cの精度は正確で捨てコマ無し

僕の場合は常に画質優先なのでローパスセレクターは必要ありません。
別にオフの状態でも偽色やモアレが気になったこともないです。
重くなったと評する人もいますが、実際に使用してみてK-5と全く差は感じられませんでした。
ただメカの進化があまりにも素晴らしいだけに画質という点では残念な印象を持っています。
ダイナミックレンジの狭さが災いして暗部のディテールが破綻してしまうのです。
暗いレンズや暗い室内のポートレイトでは積極的に使いたくないなと感じています。
年寄りはシワが実際よりも目立つし、若い人も肌荒れやアラが目立って若く見えない結果になりがちです。
K-5を下取りにして買ってしまったため、今後は目的に応じてK-01と使い分けることになりそうです。
24Mセンサーになって精細さが増したのが一番の目玉でしたが、画質が落ちたのが一番の問題です。
TAvモードで撮影してみて感度AUTO設定はISO1250が限界かな?というのが正直な感想ですね。
それでも他社の競合機種よりは高画質と感じるので致命的な問題ではないとも言えます。
高感度ノイズは今後のファーム更新で改善されてくるのでしょうが劇的に変わることは期待できません。

データが大きくなり扱いづらくなったのが第2の問題です。
連写機能ばかり使っているせいかバッテリーの持ちも非常に悪く感じました。
この点は最新のファームではかなり改善しているようなので期待してファームアップしようと思います。
連写ばかりしていたら32GBのカードが直ぐにいっぱいになって2枚目のカードに自動的に書き込まれます。
したがってデュアルスロットは必然的な装備だと感じました。
撮影はRAWのみで撮り、ベストショットをボディ内で一括RAW現像して第2スロットにJPEG保存しています。
知り合いにコピーして渡すのにもPC要らずで重宝しているし、カードも取り出しやすくなりました。

K-5では拡張感度のISO80が使えたのですが、K-3はISO100が最低感度になります。
ただしD-Range設定をONにしてもISO100が使えるようになったのでむしろありがたいですね。
お奨め設定は『ハイライト補正AUTOのシャドー補正OFF』です。
暗部を持ち上げて汚くなるよりかは潰してしまった方がメリハリもあって綺麗に仕上がります。

以前の機種では動画を撮るときに音声モニターが出来なかったのが不便でしたが、今回モニターヘッドホン端子が付いたことで外部マイク使用時も安心して撮影できます。
動画切り替えもモードダイアルではなくて独立したレバーになったので静止画撮影時のモード切替の煩わしさも解消しました。

AF-Cを使うなら測距点モードは『27点オート』がお奨めです。
セレクトやゾーンセレクトにすると意図しない時に測距点が動いてしまうのです。
さらに十字キーのダイレクトボタンやカード切り替えボタンも機能しなくなります。
なぜなら十字キーはセレクトの場合にだけデフォルトで測距点移動の方向キーになるからです。
これは操作系に統一性が無くなるので誤操作の要因になっています。
測距点移動は左指でAF-MODEボタンを押しながら右指で方向キーを操作するのが望ましいと思います。
AFボタンの位置も慣れなくて、個人的にはグリーンボタンの右隣ぐらいが良かったです。

K-3で撮影しているとレスポンスの速さや抜群の機能性と洗練された操作性で病み付きになります。
快適すぎて撮影中毒になってK-5には戻れないぐらいの魅力を感じております。
ただし撮影は快適ですが、PCの性能や環境に左右されるため万人にお奨めできるカメラとは言えません。
K-5IIユーザーには買い替えではなく買い増しをお奨めします。
仮にK-5IIsの16Mセンサーを積んでいたならAPS-C最強の性能と絶妙なバランスを合わせ持ったカメラになっていたことでしょう。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ

参考になった26

満足度5
デザイン5
画質3
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
カメラ史上最強のリトルモンスター出現!
当機種ISO3200で暗部が破綻した例
当機種27点オートAF-Cの精度は正確で捨てコマ無し
 

ISO3200で暗部が破綻した例

27点オートAF-Cの精度は正確で捨てコマ無し

 

僕の場合は常に画質優先なのでローパスセレクターは使う必要がありません。
別にオフの状態でも偽色やモアレが気になったこともありません。
重くなったと評する人もいますが、実際に使用してみてK-5と全く差は感じられませんでした。
ただメカの進化があまりにも素晴らしいだけに画質という点では残念な印象を受けました。
ダイナミックレンジの狭さが災いして暗部のディテールが破綻してしまうのです。
暗いレンズや室内のポートレイトでは積極的に使いたくないと感じています。
年寄りはシワが実際よりも目立つし、若い人も肌荒れやアラが目立って若く見えない結果になりがちです。
K-5を下取りにして買ってしまったため、今後は目的に応じてK-01と使い分けることになりそうです。
24Mセンサーになって精細さが増したのが一番の目玉でしたが、画質が落ちたのが一番の問題です。
TAvモードで撮影してみて感度AUTO設定はISO1250が限界かな?というのが正直な感想ですね。
それでも他社の競合機種よりは高画質と感じるので致命的な問題ではないとも言えます。
高感度ノイズは今後のファーム更新で改善されてくるのでしょうが劇的に変わることは期待できません。

データが大きくなり扱いづらくなったのが第2の問題です。
連写機能ばかり使ったせいかバッテリーの持ちも非常に悪く感じました。
この点は最新のファームではかなり改善しているようなので期待してファームアップしようと思います。
連写ばかりしていたら32MBのカードが直ぐにいっぱいになって2枚目のカードに自動的に書き込まれました。
したがってデュアルスロットは必然的な装備だと感じています。
撮影はRAWのみで撮り、ベストショットをボディ内で一括RAW現像して第2スロットにJpeg保存します。
知り合いにコピーして渡すのにもPC要らずで重宝しているし、カードも取り出しやすくなりました。

K-5では拡張感度のISO80が使えたのですが、K-3はISO100が最低感度になります。
ただしD-Range設定をONにしてもISO100が使えるようになったのでむしろありがたいかも?
お奨め設定は『ハイライト補正AUTOのシャドー補正OFF』です。
暗部を持ち上げて汚くなるよりかは潰してしまった方がメリハリもあって綺麗に仕上がります。

以前の機種では動画を撮るときに音声モニターが出来なかったのが不便でしたが、今回モニターヘッドホン端子が付いたことで外部マイク使用時も安心して撮影できます。
動画切り替えもモードダイアルではなくて独立したレバーになったので静止画撮影時のモード切替の煩わしさも解消しました。

AF-Cを使うなら測距点モードは『27点オート』がお奨めです。
セレクトやゾーンセレクトにすると意図しない時に測距点が動いてしまうのです。
さらに十字キーのダイレクトボタンやカード切り替えボタンも機能しなくなります。
なぜなら十字キーはセレクトの場合にだけデフォルトで測距点移動の方向キーになるからです。
これは操作系に統一性が無くなるので誤操作の要因になっています。
測距点移動は左指でAF-MODEボタンを押しながら右指で方向キーを操作するのが望ましいと思います。
AFボタンの位置も慣れなくて、個人的にはグリーンボタンの右隣ぐらいが良かったです。

K-3で撮影しているとレスポンスの速さや洗練された機能性と操作性で病み付きになります。
快適すぎて撮影中毒になり、K-5には戻れないぐらいの魅力を感じております。
ただし撮影は快適ですが、PCの性能や環境に左右されるため万人にお奨めできるカメラとは言えません。
K-5IIユーザーには買い替えではなく買い増しをお奨めします。
仮にK-5IIsの16Mセンサーを積んでいたらAPS-C最強の性能と最高のバランスを合わせ持ったカメラになっていたでしょう。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「PENTAX K-3 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
早く後継機(K3V?)でないかな。  4 2018年11月9日 08:21
やはり良い  5 2018年6月14日 15:14
フラッシュ付の最終型? いい相棒です  5 2018年5月21日 15:59
おけいさん  5 2017年9月19日 01:22
最高のカメラ、最高の相棒  5 2017年9月18日 14:49
コスパの高く、高い性能を持った非常にいいカメラ  5 2017年6月10日 16:01
さすがPENTAX  5 2016年12月18日 00:14
正真正銘「中上級者向き」  5 2016年11月20日 02:04
AWBだけが少し不満  5 2016年11月12日 10:05
良いカメラ!!  5 2016年7月6日 14:53

PENTAX K-3 ボディのレビューを見る(レビュアー数:132人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PENTAX K-3 ボディ
ペンタックス

PENTAX K-3 ボディ

最安価格(税込):¥76,000発売日:2013年11月 1日 価格.comの安さの理由は?

PENTAX K-3 ボディをお気に入り製品に追加する <1034

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意