『携帯音楽再生機としてあるべき姿』 SONY NW-F887 (B) [64GB ブラック] 0と1の迷い人さんのレビュー・評価

2013年10月19日 発売

NW-F887 (B) [64GB ブラック]

ハイレゾに対応したAndroidウォークマン

NW-F887 (B) [64GB ブラック] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
記憶容量
カラー
  • ブラック
  • ホワイト

記憶媒体:フラッシュメモリ 再生時間:35時間 インターフェイス:USB2.0/Bluetooth NW-F887 (B) [64GB ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]の価格比較
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]の店頭購入
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]のスペック・仕様
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]の純正オプション
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]のレビュー
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]のクチコミ
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]の画像・動画
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]のピックアップリスト
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]のオークション

NW-F887 (B) [64GB ブラック]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年10月19日

  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]の価格比較
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]の店頭購入
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]のスペック・仕様
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]の純正オプション
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]のレビュー
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]のクチコミ
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]の画像・動画
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]のピックアップリスト
  • NW-F887 (B) [64GB ブラック]のオークション

『携帯音楽再生機としてあるべき姿』 0と1の迷い人さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-F887 (B) [64GB ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
2件
20件
イヤホン・ヘッドホン
7件
13件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン3
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性3
携帯音楽再生機としてあるべき姿

前モデルF805との比較で。

【デザイン】
前モデルよりも一回り大きくなったが、デザインはまぁ前モデルのマイナーチェンジっぽい。

【携帯性】
こちらも前モデルとそんなに変わらない。ちょっと大きくなっただけで胸ポケにはちゃんと入る。

【バッテリ】
まだ使い始めではあるが前モデルよりも長くなったなというのは実感できる。

【音質】
前モデル比較で若干クリアさとパワーが増しながらもスッキリしたと感じる。前モデルでは多少コッテリに感じたメインで使用しているMOMENTUM On-Earとの相性もよくなった印象で低音もボーカルも力強くノリも良くなっており、この音が好きな人は多そうな印象。『行くところまで行った人』でなければ付属イヤホンでも十分に良いと感じる筈。ハイレゾ音源導入時にでも好きなヘッドホンなりを追加すればいいだろう。個人的にはレンジは狭いがBAタイプのHBA-30のほうが好きな音に感じた。まぁ音質なんて好き好きなのだが、
現時点では林檎製品よりも個人的には圧倒的にいい音と感じる。
しかしパワーが増したと言っても手持ちのQ701を鳴らせるレベルではなく、低能率ヘッドホンにはやっぱりポタアン追加が必須に思う。あとノイズキャンセルは使わないので無評価で…
据置型ならいざしらず、今現在のポータブル機として音質を評価するならこれ以上ないくらいの十分。


【操作性】
操作性が何より一番進化した。と言うか音楽プレーヤーとしてあるべき姿に戻った。
いちいち取り出さなくてもブラインドで操作出来るのはほんとうに有難い。
コレが買い換えた最大の理由。SONYさんの策略にバッチリ嵌ってしまった…

【付属ソフト】
前モデルから全く使っていないので評価なし。

【拡張性】
OS面では前モデル同様Android機なのでソフト面の拡張性はスマホとなんら変わらない。しかしハード面においてデジタル出力ができるようになったことが一番のポイント。しかし、欲を言えば外部メディア対応にして欲しかった。ハイレゾ音源を持ち歩くなら64GBでもあっという間に無くなりそう。次期ZXシリーズには出力端子を含む外部拡張性は某社AKシリーズ並には最低限して欲しいところ。1年更新で新製品を投入というサイクルで考えるなら次期モデルあたりで装備するのかな。ZXが外部メディア対応なら迷わず年末を待ったのに…個人的に現状ではFで十分。

【総評】
前モデルはAndroid搭載でFLAC対応ということで購入したものの、FLACファイルはMP3比で3倍くらいの容量を必要とするため正直16GBでは少なすぎた。もう一つ、決定的に不満だったのは音飛び。
ながら聴きでは必ず途切れていたのだが、このモデルでかなり解消してきた。とはいえブラウジング時のながら聴きはやっぱりたまに飛ぶが…飛びがあると音楽に浸れない…
今回はハイレゾ対応、DSEE HXでのアップサンプリング再生、物理プレーボタン装備ということに魅力を感じて1年未満の買い替えになったが、前モデルの16GBの反省から最大容量の64GBを選択。外部メディアが使えない以上コレしか選択がなかったが、年末には少々お高いが128GBのZXが出るので、据置型メインではなくポータブルプレーヤーがメインの方はZXまで待つのもありかな。
なんにせよ前モデルはやや音楽向きの小さく非力なタブレットという印象だったが、今モデルはちゃんと音楽プレーヤーになって戻ってきたという印象。まだ改善して欲しい点はいろいろあるがとりあえず今はコレで良しとしよう。

追記
ハイレゾ再生してみて評価をプラス修正。
手持ちの24bit/176KHzの音源で試したところ問題なく再生できており、ハイレゾらしい低ノイズでありながらも非常に高い解像感が十分表現できており素直にイイ!と感じた。ハイレゾ音源再生中は曲名の下にHRマークが出るのでちゃんと再生していますよというアピールもある。コレは昨今の高級ヘッドホンブームからの流れに乗ってハイレゾ普及に一役買いそうな予感がする。実はあまり期待していなかっただけに良い意味で裏切られた。今まで据置型の特権だったものをポータブルで体験出来るなんてとても贅沢なFシリーズだな、ということで満足度を5に修正。
総評でも書いたがこうなるとやっぱり不満点はストレージ容量と音源の少なさ。
SONYさん、先ずはコンテンツの整備を速やかにヨロシク!!

ジャンル
クラシック・オペラ
ロック
その他

参考になった6人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン3
携帯性3
バッテリ4
音質5
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性3
携帯音楽再生機としてあるべき姿

前モデルF805との比較で。

【デザイン】
前モデルよりも一回り大きくなったが、デザインはまぁ前モデルのマイナーチェンジっぽい。

【携帯性】
こちらも前モデルとそんなに変わらない。ちょっと大きくなっただけで胸ポケにはちゃんと入る。

【バッテリ】
まだ使い始めではあるが前モデルよりも長くなったなというのは実感できる。

【音質】
前モデル比較で若干クリアさとパワーが増しながらもスッキリしたと感じる。前モデルでは多少コッテリに感じたメインで使用しているMOMENTUM On-Earとの相性もよくなった印象で低音もボーカルも力強くノリも良くなっており、この音が好きな人は多そうな印象。『行くところまで行った人』でなければ付属イヤホンでも十分に良いと感じる筈。ハイレゾ音源導入時にでも好きなヘッドホンなりを追加すればいいだろう。個人的にはレンジは狭いがBAタイプのHBA-30のほうが好きな音に感じた。まぁ音質なんて好き好きなのだが、
現時点では林檎製品よりも個人的には圧倒的にいい音と感じる。
しかしパワーが増したと言っても手持ちのQ701を鳴らせるレベルではなく、低能率ヘッドホンにはやっぱりポタアン追加が必須に思う。あとノイズキャンセルは使わないので無評価で…
据置型ならいざしらず、今現在のポータブル機として音質を評価するならこれ以上ないくらいの十分。


【操作性】
操作性が何より一番進化した。と言うか音楽プレーヤーとしてあるべき姿に戻った。
いちいち取り出さなくてもブラインドで操作出来るのはほんとうに有難い。
コレが買い換えた最大の理由。SONYさんの策略にバッチリ嵌ってしまった…

【付属ソフト】
前モデルから全く使っていないので評価なし。

【拡張性】
OS面では前モデル同様Android機なのでソフト面の拡張性はスマホとなんら変わらない。しかしハード面においてデジタル出力ができるようになったことが一番のポイント。しかし、欲を言えば外部メディア対応にして欲しかった。ハイレゾ音源を持ち歩くなら64GBでもあっという間に無くなりそう。次期ZXシリーズには出力端子を含む外部拡張性は某社AKシリーズ並には最低限して欲しいところ。1年更新で新製品を投入というサイクルで考えるなら次期モデルあたりで装備するのかな。ZXが外部メディア対応なら迷わず年末を待ったのに…個人的に現状ではFで十分。

【総評】
前モデルはAndroid搭載でFLAC対応ということで購入したものの、FLACファイルはMP3比で3倍くらいの容量を必要とするため正直16GBでは少なすぎた。もう一つ、決定的に不満だったのは音飛び。
ながら聴きでは必ず途切れていたのだが、このモデルでかなり解消してきた。とはいえブラウジング時のながら聴きはやっぱりたまに飛ぶが…飛びがあると音楽に浸れない…
今回はハイレゾ対応、DSEE HXでのアップサンプリング再生、物理プレーボタン装備ということに魅力を感じて1年未満の買い替えになったが、前モデルの16GBの反省から最大容量の64GBを選択。外部メディアが使えない以上コレしか選択がなかったが、年末には少々お高いが128GBのZXが出るので、据置型メインではなくポータブルプレーヤーがメインの方はZXまで待つのもありかな。
なんにせよ前モデルはやや音楽向きの小さく非力なタブレットという印象だったが、今モデルはちゃんと音楽プレーヤーになって戻ってきたという印象。まだ改善して欲しい点はいろいろあるがとりあえず今はコレで良しとしよう。

追記
ハイレゾ再生してみて評価をプラス修正。
24bit176KHzの音源で試したところ問題なく再生できており、ハイレゾらしい低ノイズでありながらも非常に高い解像感が十分表現できており素直にイイ!と感じた。ハイレゾ音源再生中は曲名の下にHRマークが出るのでちゃんと再生していますよというアピールもある。コレは昨今の高級ヘッドホンブームからの流れに乗ってハイレゾ普及に一役買いそうな予感がする。実はあまり期待していなかっただけに良い意味で裏切られた。今まで据置型の特権だったものをポータブルで体験出来るなんてとても贅沢なFシリーズだな、ということで満足度を5に修正。
総評でも書いたがこうなるとやっぱり不満点はストレージ容量と音源の少なさ。
SONYさん、先ずはコンテンツの整備を速やかにヨロシク!!

ジャンル
クラシック・オペラ
ロック
その他

参考になった0

満足度4
デザイン3
携帯性3
バッテリ4
音質4
操作性4
付属ソフト無評価
拡張性3
携帯音楽再生機としてあるべき姿

前モデルF805との比較で。

【デザイン】
前モデルよりも一回り大きくなったが、デザインはまぁ前モデルのマイナーチェンジっぽい。

【携帯性】
こちらも前モデルとそんなに変わらない。ちょっと大きくなっただけで胸ポケにはちゃんと入る。

【バッテリ】
まだ使い始めではあるが前モデルよりも長くなったなというのは実感できる。

【音質】
前モデル比較で若干クリアさとパワーが増しながらもスッキリしたと感じる。前モデルでは多少コッテリに感じたMOMENTUM On-Earとは相性もよくなった印象で低音もボーカルもノリ良く鳴っており、この音が好きな人は多そうな印象。個人的にはポタホンよりも、BAタイプのHBA-30のほうが好きな音に感じた。まぁ音質なんて好き好きなのだが、『行くところまで行った人』でなければ付属イヤホンで十分に良いと感じる筈。ハイレゾ音源導入時に好きなヘッドホンなりを追加すればいいだろう。
現時点では林檎製品よりも個人的にはいい音と感じる。
しかしパワーが増したと言っても手持ちのQ701を鳴らせるレベルではなく、低能率ヘッドホンにはやっぱりポタアン追加が必須に思う。あとノイズキャンセルは使わないので無評価で…

【操作性】
操作性が何より一番進化した。と言うか音楽プレーヤーとしてあるべき姿に戻った。
いちいち取り出さなくてもブラインドで操作出来るのはほんとうに有難い。
コレが買い換えた最大の理由。SONYの策略バッチリ嵌ってしまった…

【付属ソフト】
前モデルから全く使っていないので評価なし。

【拡張性】
OS面では前モデル同様Android機なのでソフト面の拡張性はスマホとなんら変わらない。しかしハード面においてデジタル出力ができるようになったことが一番のポイント。しかし、欲を言えば外部メディア対応にして欲しかった。ハイレゾ音源を持ち歩くなら64GBでもあっという間に無くなりそう。ZXシリーズには出力端子を含む外部拡張性は某社AKシリーズ並にはして欲しいところ。
1年更新で新製品を投入というサイクルで考えるなら次期モデルあたりで装備するのかな。ZXが外部メディア対応なら迷わず年末を待ったのに…個人的に現状ではFで十分。

【総評】
前モデルはAndroid搭載でFLAC対応ということで購入したものの、FLACファイルはMP3比で3倍くらいの容量を必要とするため正直16GBでは少なすぎた。もう一つ、決定的に不満だったのは音飛び。
ながら聴きでは必ず途切れていたのだが、このモデルでかなり解消してきた。とはいえ高負荷時のながら聴きはやっぱり飛ぶが…
今回はハイレゾ対応、DSEE HXでのアップサンプリング再生、物理プレーボタン装備ということに魅力を感じて1年未満の買い替えになったが、前モデルの16GBの反省から最大容量の64GBを選択。外部メディアが使えない以上コレしか選択がなかったが、年末には少々お高いが128GBのZXが出るので、PCメインではなくポータブルプレーヤーがメインの方はZXまで待つのもありかな。
なんにせよ前モデルはやや音楽向きの小さく非力なタブレットという印象だったが、今モデルはちゃんと音楽プレーヤーになって戻ってきたという印象。まだ改善して欲しい点はいろいろあるがとりあえず今はコレで良しとしよう。

ジャンル
クラシック・オペラ
ロック
その他

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「NW-F887 (B) [64GB ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

NW-F887 (B) [64GB ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

NW-F887 (B) [64GB ブラック]
SONY

NW-F887 (B) [64GB ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年10月19日

NW-F887 (B) [64GB ブラック]をお気に入り製品に追加する <380

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意