『見た目に反した真面目なヘッドホン。』 beats by dr.dre BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White] ええねんさんのレビュー・評価

BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥13,800

(前週比:-700円↓) 価格推移グラフ

価格帯:¥13,800〜¥13,800 (1店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥13,800 〜 ¥13,800 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]の価格比較
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]の店頭購入
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のスペック・仕様
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のレビュー
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のクチコミ
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]の画像・動画
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のピックアップリスト
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のオークション

BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]beats by dr.dre

最安価格(税込):¥13,800 (前週比:-700円↓) 登録日:2013年 9月26日

  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]の価格比較
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]の店頭購入
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のスペック・仕様
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のレビュー
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のクチコミ
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]の画像・動画
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のピックアップリスト
  • BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のオークション

『見た目に反した真面目なヘッドホン。』 ええねんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:215人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
101件
イヤホン・ヘッドホン
4件
60件
レンズ
5件
37件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性5
見た目に反した真面目なヘッドホン。

パッケージングはApple方式。豪華な箱に梱包されています。

カバーと蓋を開けること3回、やっとキャリングポーチに入った本体とご対面。

最下層は取説・保証書・各種ケーブル、ACアダプター、カラビナが収納されています。

各種アクセサリー類が充実しています。ケーブルの束ね方がApple流。

MacBook Proの盤上にて。Mac製品とは相性が良さそう♪

NC充電残量インジケーター。5段階白色LED表示がクールで格好イイ\(^O^)/

beats by dr.dreのヘッドホンはこれで2台目。初めて購入したのはmixrのホワイトでした。完全に見た目で衝動買いしましたが、音は制動の効いていないボワついた低音域が全体を支配し、中高音域が完全の抑え込まれてしまった音でした。On-Ear(以下OE)でキツい側圧。私は一般成人男性より頭が大きいと自覚しておりますが、この側圧のキツさは1時間も音楽鑑賞するのに苦痛なくらいでした。回転式イヤーカップに頑丈な作り(その為側圧がキツい)、低音重視の設定は完全にDJ仕様だと痛感させられました。今回は現在メインで使ってるULTRASONE SignatureProがカスタムオーダーヘッドホンケーブル製作の為不在で、手持ちでSENNHEISER MOMENTUM On-Earがありますが、やはりOEは耳介が痛くなるので、何かOver-Ear(以下OV)のヘッドホンで2-3万程度でSignatureProが帰ってくるまでの代替機になるのがないかと思い探したところ、またbeats by dr.dreのヘッドホンに目が止まりました。気に入ったポイントはまた見た目ですが、店頭で試聴したところ今までのbeatsの音とは想像が違ったので、これは使えると思い購入に至りました。(SignatureProが帰ってきてもサブ機で活躍して貰います)

参考までに私の音楽鑑賞環境です。
iMac(Audirvana Plus)→NA-11S1(USB DAC)→HPA出力→studio V2

USBケーブルはaudioquest DIAMONDでBuspower-proを用いて安定化トランス式ACアダプターから電源供給しています。iMacの電源はアイソレーショントランス、NA-11S1の電源はアイソレーションレギュレーターと2系統に分けております。
音源は主にAppleLosslessでAudirvana Plus(ver 2.0.12)のライブラリーに読み込んでAudirvana Plusのプレーヤーで再生。同じくハイレゾ音源・DSDネイティブ再生にもAudirvana Plusを用いております。主に聴く音楽のジャンルは洋楽のロック、ポップス、ジャズが多いです。

【デザイン】
予算も予算なので、まず見た目で決めました。この価格帯ですとかなりプラスチッキーな質感の製品が多いですが、このstudio V2も全体的にプラスチックで覆われ質感は前のmixrの方が良かったかもしれませんが、そんな中でも上手くデザインでプラスチック製でもそれなりの質感を出しているところに企業努力を感じます。全色ともポリッシュのプラスチックなので一番指紋などが目立たなさそうなホワイトを購入しました。Apple傘下に入り、自分もMac使っている所為かホワイトに惹かれたのもあります。

【高音の音質】
これが一番驚いた印象です。beats by dr.dreのヘッドホンは所詮低音ホンという印象をある意味良いかたちで裏切ってくれました。このstudio V2はある程度高域が出ています。見通しはあまり良くなく、解像度・表現能ともに優れている訳ではありませんが、以前所有していたmixrと比べると格段に良くなっています。思わぬ誤算で、試聴した時は「おっ」と思いました。高域に煌びやかさこそありませんが、このヘッドホンの全体としてのバランスを保つ為に重要な役割をしていると思います。これは新たにBeatsが独自に開発したDSP、Beats Acoustic Engine(BAE)を搭載した影響もあるかと思います。

【低音の音質】
これも以前は制動の効かない低音域で抑え込まれてしまっていた、中音域が充実して聞えます。ただ、これもあまり見通しは良いと言えず、解像度・表現能はあと一歩というところでしょうか…でも値段の割には十分健闘しているとは思います。そして、定番の低音ですが、以前の機種から比べると、格段に良くなっています。低音の量感は十分、でも肝心の中高音域を侵す事はありません。低音域はやはり輪郭がボワついてやや制動も緩い感じがしますが、これはbeats by dr.dreのヘッドホンの良い所?個性?としていいと思います。

【フィット感】
これはOVということもあり快適です。先述の通り私は一般成人男性よりも頭が少し大きいと自覚しておりますが、側圧・頭頂部圧も程よく何時間も装着していても疲れません。イヤーパッドはこの価格帯としては質がよく、モチモチとしていて感触も良好です。

【外音遮音性】
このstudio V2にはNoise-Canceling(NC)機能がついています。が、効果はおまけ程度としたほうが良いでしょう。BOSEのNC機能が如何に優れているかが良く分かります。そして、このNC機能は無音時にホワイトノイズを発生させ、常時ON状態で任意にON/OFF出来なく、プラグが機器に挿りっぱなしだと常時ON状態が続きバッテリーが無くなってしまうという難点を抱えています。

【音漏れ防止】
フィット感の良いイヤーカップで尚且つ密閉型のヘッドホンなので、常識的なボリュームであればあまり漏れる感じはありませんが、如何せん室内での音楽鑑賞用途で購入しましたので、実際のところポータブルでの使用ではどの程度音漏れするかは分かりません。

【携帯性】
私はポータブルで使用する予定が無いので何とも評価し難いですが、スライダーとヘッドバンドの部分でちょうど左右とも折り畳めるようになっており、専用の小型ポーチに収納可能です。なので、ちょっとしたバッグを持っていれば持ち運びは容易だと思います。

【総評】
旧beats by dr.dreの音を知っている人は賛否が分かれるかもしれませんが、より万人向けに真面目にチューニングされたと思います。これが新しいbeats by dr.dreのサウンドチューニングの方向性かもしれません。それでも、beats by dr.dre特有の低音域を活かしのは良い点だと思います。決して高次元ではありませんが、低中高音域を万遍なく鳴らし、NC搭載と価格の縛りがありながらもここまでのヘッドホンとしての完成度に持っていけた企業努力は賞賛すべきだと思います。SignatureProの代打として購入しましたが、これはこれで個性があり面白いヘッドホンだと思います。見た目のデザインとは裏葉に、音質はブランドのアイデンティティーを感じますし、限られた予算内でのNC搭載や可搬性等の機能性は見た目に反した真面目に造り込まれたヘッドホンで、CPは決して悪くないと思います。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質3
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性5
見た目に反した真面目なヘッドホン。

パッケージングはApple方式

蓋を開ける事2回、やっとハードシェルキャリングポーチに入った本体とご対面

最下層は取説・保証諸・各種ケーブル、ACアダプターが収納されています

各種アクセサリー類。充実しています。ケーブルの束ね方がApple流。

MacBook Proの盤上にて。Mac製品とは相性が良さそう♪

NC充電残量インジケーター。5段階白色LED表示がクールで格好イイ\(^O^)/

beats by dr.dreのヘッドホンはこれで2台目。初めて購入したのはmixrのホワイトでした。完全に見た目で衝動買いしましたが、音は制動の効いていないボワついた低音域が全体を支配し、それで完全に抑え込まれた中・高音域。On-Ear(以下OE)でキツい側圧。私は一般成人男性より頭が大きいと自覚しておりますが、この側圧のキツさは1時間も音楽鑑賞するのに苦痛なくらいでした。回転式イヤーカップに頑丈な作り(その為側圧がキツい)、低音重視の設定は完全にDJ仕様だと痛感させられました。今回は現在メインで使ってるULTRASONE SignatureProがカスタムオーダーヘッドホンケーブル製作の為不在で、手持ちでSENNHEISER MOMENTUM On-Earがありますが、やはりOEは耳介が痛くなるので、何かOver-Ear(以下OV)のヘッドホンで2-3万程度でSignatureProが帰ってくるまでの代替機になるのがないかと思い探したところ、またbeats by dr.dreのヘッドホンに目が止まりました。気に入ったポイントはまた見た目ですが、店頭で試聴したところ今までのbeatsの音とは想像が違ったので、これは使えると思い購入に至りました。(SignatureProが帰ってきてもサブ機で活躍して貰います)

参考までに私の音楽鑑賞環境です。
iMac(Audirvana Plus)→NA-11S1(USB DAC)→HPA出力→studio V2

USBケーブルはaudioquest DIAMONDでBuspower-proを用いて安定化トランス式ACアダプターから電源供給しています。iMacの電源はアイソレーショントランス、NA-11S1の電源はアイソレーションレギュレーターと2系統に分けております。
音源は主にAppleLosslessでAudirvana Plus(ver 2.0.12)のライブラリーに読み込んでAudirvana Plusのプレーヤーで再生。同じくハイレゾ音源・DSDネイティブ再生にもAudirvana Plusを用いております。主に聴く音楽のジャンルは洋楽のロック、ポップス、ジャズが多いです。

【デザイン】
予算も予算なので、まず見た目で決めました。この価格帯ですとかなりプラスチッキーな質感の製品が多いですが、このstudioも全体的にプラスチックで覆われ質感は前のmixrの方が良かったかもしれませんが、そんな中でも上手くデザインでプラスチック製でもそれなりの質感を出しているところに企業努力を感じます。全色ともポリッシュのプラスチックなので一番指紋などが目立たなさそうなホワイトを購入しました。Apple傘下に入り、自分もMac使っている所為かホワイトに惹かれたのもあります。

【高音の音質】
これが一番驚いた印象です。beats by dr.dreのヘッドホンは所詮低音ホンという印象をある意味良いかたちで裏切ってくれました。このstudio V2はある程度は高域が出ています。見通しはあまり良くなく、解像度・表現能ともに優れている訳ではありませんが、以前所有していたmixrと比べると格段に良くなっています。思わぬ誤算で、試聴した時は「おっ」と思いました。

【低音の音質】
これも以前は制動の効かない低音域で抑え込まれてしまっていた、中音域が充実して聞えます。ただ、これもあまり見通しは良いと言えず、解像度・表現能はあと一歩というところでしょうか…でも値段の割には十分検討しているとは思います。そして、定番の低音ですが、以前の機種から比べると、格段に良くなっています。低音の量感は十分、でも肝心の中高音域を侵す事はありません。低音域はやはり輪郭がボワついてやや制動も緩い感じがしますが、これはbeats by dr.dreのヘッドホンの良い所?個性?としていいと思います。

【フィット感】
これはOVということもあり快適です。先述の通り私は一般成人男性よりも頭が少し大きいと自覚しておりますが、側圧・頭頂部圧も程よく何時間も装着していても疲れません。イヤーパッドはこの価格帯としては質がよく、モチモチとしていて感触も良好です。

【外音遮音性】
このstudioにはNoise-Canceling(NC)機能がついています。が、効果はおまけ程度としたほうが良いでしょう。BOSEのNC機能が如何に優れているかが良く分かります。そして、このNC機能は無音時にホワイトノイズを発生させ、常時ON状態で任意にON/OFF出来なく、プラグが機器に挿りっぱなしだと常時ON状態が続きバッテリーが無くなってしまうという難点を抱えています。

【音漏れ防止】
フィット感の良いイヤーカップで尚且つ密閉型のヘッドホンなので、常識的なボリュームであればあまり漏れる感じはありませんが、如何せん室内での音楽鑑賞用途で購入しましたので、実際のところポータブルでの使用ではどの程度音漏れするかは分かりません。

【携帯性】
私はポータブルで使用する予定が無いので何とも評価し難いですが、スライダーとヘッドバンドの部分でちょうど左右とも折り畳めるようになっており、専用の小型ポーチに収納可能です。なので、ちょっとしたバッグを持っていれば持ち運びは容易だと思います。

【総評】
旧beatsの音を知っている人は賛否が分かれるかもしれませんが、より万人向けに真面目にチューニングされたと思います。これが新しいbeatsのサウンドチューニングの方向性かもしれません。それでも、beats特有の低音域を活かしのは良い点だと思います。決して高次元ではありませんが、低中高音域を万遍なく鳴らし、NC搭載と価格の縛りがありながらもここまでのヘッドホンとしての完成度に持っていけた企業努力は賞賛すべきだと思います。SignatureProの代打として購入しましたが、これはこれで個性があり面白いヘッドホンだと思います。見た目のデザインとは裏葉に、音質はブランドのアイデンティティーを感じますし、限られた予算内でのNC搭載や可搬性等の機能性は見た目に反した真面目に造り込まれたヘッドホンで、CPは決して悪くないと思います。※商品のパッケージングはApple傘下に入る前からAppleみたいな層板状のパッケージで本体・アクセサリーに辿り着くまでいくつも蓋を外す必要があります。新品の臭いがApple社製品と同じでした(笑´∀`)。

主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
猿にもわかるいい音  5 2017年12月21日 20:04
いいんじゃないんですかね?  4 2017年7月20日 18:25
評判は悪いけど結構イイ感じ  5 2017年3月24日 22:00
音質に拘りのない私でもガッカリの製品。  2 2016年11月24日 18:10
Fuckin perfect!!  5 2016年8月18日 00:52
beatsは残念  1 2016年5月28日 20:15
耐久性が低いのが難点  3 2016年5月1日 02:34
5000円の他社ヘッドホンにも劣る品質  1 2016年4月16日 10:56
ありそうでない万能型ヘッドフォン  4 2016年3月26日 23:07
昔はビーツ信者でした  1 2016年2月28日 23:36

BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のレビューを見る(レビュアー数:26人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]
beats by dr.dre

BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]

最安価格(税込):¥13,800登録日:2013年 9月26日 価格.comの安さの理由は?

BT OV STUDIO V2 WHT MH7E2PA/A [White]をお気に入り製品に追加する <67

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意