『使いやすくて良いです』 CREATIVE Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2 slow_slowさんのレビュー・評価

2013年 9月下旬 発売

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:外付け インターフェース:USB 出力サンプリングレート:24bit/96kHz 入力サンプリングレート:24bit/96kHz Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2の価格比較
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2の店頭購入
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のスペック・仕様
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のレビュー
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のクチコミ
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2の画像・動画
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のピックアップリスト
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のオークション

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2CREATIVE

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年 9月下旬

  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2の価格比較
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2の店頭購入
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のスペック・仕様
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のレビュー
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のクチコミ
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2の画像・動画
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のピックアップリスト
  • Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > サウンドカード・ユニット > CREATIVE > Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2

『使いやすくて良いです』 slow_slowさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
1件
2件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト4
使いやすくて良いです

5.1チャンネルにも対応していて、サラウンドやエフェクトやイコライザーなど率直に楽しいです。

設定も簡単でおすすめです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト4
DTMでの利用について

DTMでの使用には、ASIOドライバーに対応していることが重要になります(ググってください)。

この商品のクチコミに、この製品のASIOドライバーについて有用な情報があったのでそれに少し補足します。

ググってもらうと分かるのですが、この製品のCreativeのASIOドライバー(バージョン1.0.0)は、出力のみで入力はできません。

つまり、この製品純正のASIOドライバーを使用して、再生はできるけど録音はできません。(藤本氏のホームページで少し解説されていました。興味のある方はご確認ください)

ただ、この製品のクチコミ情報にある、非公式の最新のASIOドライバーを使うと入力ができるようになります(もちろん自己責任)。

しかし、そのドライバーは残念ながら、レーテンシーが大きく、録音のモニターに使うのは困難でした。

結論として、現状の純正のASIOドライバーでは、打ち込みは問題なくできますが、マイクなどを使った音声の録音は一工夫必要ということになります。

しかし、ASIO4ALLを使うと、録音も再生も、まったく問題なく使うことができました。

DTMをやる人は、ASIO4ALLを試してみるといいと思います。かなり相性がいいです。

ASIO4ALLの設定画面のスパナマークから、この製品の詳細を表示して、2xのアウトプットを有効にして使うといいです。インプットは、片方はマイク・ライン入力で、もう片方はステミキです。

念のために書きますが、ASIOについては、ある程度以上の知識は必要ですので、パソコンなどに弱い人や神経質な人は、トライは止めてください。メーカーも正式にASIOサポートはうたっていないようです。

************************

その他の部分については、5.1チャンネルにも対応していて、サラウンドやエフェクトやイコライザーなど率直に楽しいです。

設定も簡単でおすすめです。


【追記】

上記の本製品とASIO4ALLとの組み合わせですが、使えるDAWと使えないDAWがあることが分かりました。

私の環境では、FLStudio, Tracktion, Live, Mulabが問題なく使用できて、Cubase, Studio Oneは、ASIO4ALLのバッファー値を読み取ってくれなくて、レーテンシーは詰められるませんでした。

【追記2】

なお、繰り返しますがこれが問題になるのは、例えばマイクにFLStudio等のDAW上でソフトウェアエフェクトをかけて録音するような場合のみです。

通常のAudacityなどの録音では、ASIOドライバーが無くても全く問題ないことを追記しておきます。

【追記3】

CreativeのASIOドライバーで環境によっては問題ない場合があるとのことです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト4
DTMでの利用について

DTMでの使用には、ASIOドライバーに対応していることが重要になります(ググってください)。

この商品のクチコミに、この製品のASIOドライバーについて有用な情報があったのでそれに少し補足します。

ググってもらうと分かるのですが、この製品のCreativeのASIOドライバー(バージョン1.0.0)は、出力のみで入力はできません。

つまり、この製品純正のASIOドライバーを使用して、再生はできるけど録音はできません。(藤本氏のホームページで少し解説されていました。興味のある方はご確認ください)

ただ、この製品のクチコミ情報にある、非公式の最新のASIOドライバーを使うと入力ができるようになります(もちろん自己責任)。

しかし、そのドライバーは残念ながら、レーテンシーが大きく、録音のモニターに使うのは困難でした。

結論として、現状の純正のASIOドライバーでは、打ち込みは問題なくできますが、マイクなどを使った音声の録音は一工夫必要ということになります。

しかし、ASIO4ALLを使うと、録音も再生も、まったく問題なく使うことができました。

DTMをやる人は、ASIO4ALLを試してみるといいと思います。かなり相性がいいです。

ASIO4ALLの設定画面のスパナマークから、この製品の詳細を表示して、2xのアウトプットを有効にして使うといいです。インプットは、片方はマイク・ライン入力で、もう片方はステミキです。

念のために書きますが、ASIOについては、ある程度以上の知識は必要ですので、パソコンなどに弱い人や神経質な人は、トライは止めてください。メーカーも正式にASIOサポートはうたっていないようです。

************************

その他の部分については、5.1チャンネルにも対応していて、サラウンドやエフェクトやイコライザーなど率直に楽しいです。

設定も簡単でおすすめです。


【追記】

上記の本製品とASIO4ALLとの組み合わせですが、使えるDAWと使えないDAWがあることが分かりました。

私の環境では、FLStudio, Tracktion, Live, Mulabが問題なく使用できて、Cubase, Studio Oneは、ASIO4ALLのバッファー値を読み取ってくれなくて、レーテンシーは詰められるませんでした。

【追記2】

なお、繰り返しますがこれが問題になるのは、例えばマイクにFLStudio等のDAW上でソフトウェアエフェクトをかけて録音するような場合のみです。

通常のAudacityなどの録音では、ASIOドライバーが無くても全く問題ないことを追記しておきます。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト4
DTMでの利用について

DTMでの使用には、ASIOドライバーに対応していることが重要になります(ググってください)。

この商品のクチコミに、この製品のASIOドライバーについて有用な情報があったのでそれに少し補足します。

ググってもらうと分かるのですが、この製品のCreativeのASIOドライバー(バージョン1.0.0)は、出力のみで入力はできません。

つまり、この製品純正のASIOドライバーを使用して、再生はできるけど録音はできません。(藤本氏のホームページで少し解説されていました。興味のある方はご確認ください)

ただ、この製品のクチコミ情報にある、非公式の最新のASIOドライバーを使うと入力ができるようになります(もちろん自己責任)。

しかし、そのドライバーは残念ながら、レーテンシーが大きく、録音のモニターに使うのは困難でした。

結論として、現状の純正のASIOドライバーでは、打ち込みは問題なくできますが、マイクなどを使った音声の録音は一工夫必要ということになります。

しかし、ASIO4ALLを使うと、録音も再生も、まったく問題なく使うことができました。

DTMをやる人は、ASIO4ALLを試してみるといいと思います。かなり相性がいいです。

ASIO4ALLの設定画面のスパナマークから、この製品の詳細を表示して、2xのアウトプットを有効にして使うといいです。インプットは、片方はマイク・ライン入力で、もう片方はステミキです。

念のために書きますが、ASIOについては、ある程度以上の知識は必要ですので、パソコンなどに弱い人や神経質な人は、トライは止めてください。メーカーも正式にASIOサポートはうたっていないようです。


その他の部分については、5.1チャンネルにも対応していて、サラウンドやエフェクトやイコライザーなど率直に楽しいです。

設定も簡単でおすすめです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子5
付属ソフト4
DTMでの利用について

DTMでの使用には、ASIOドライバーに対応していることが重要になります(ググってください)。

この商品のクチコミに、この製品のASIOドライバーについて有用な情報があったのでそれに少し補足します。

ググってもらうと分かるのですが、この製品のCreativeのASIOドライバー(バージョン1.0.0)は、出力のみで入力はできません。

つまり、この製品純正のASIOドライバーを使用して、再生はできるけど録音はできません。(藤本氏のホームページで少し解説されていました。興味のある方はご確認ください)

ただ、この製品のクチコミ情報にある、非公式の最新のASIOドライバーを使うと入力ができるようになります(もちろん自己責任)。

しかし、そのドライバーは残念ながら、レーテンシーが大きく、録音のモニターに使うのは困難でした。

結論として、現状の純正のASIOドライバーでは、打ち込みは問題なくできますが、マイクなどを使った音声の録音は一工夫必要ということになります。

しかし、ASIO4ALLを使うと、録音も再生も、まったく問題なく使うことができました。

DTMをやる人は、ASIO4ALLを試してみるといいと思います。かなり相性がいいです。

ASIO4ALLの設定画面のスパナマークから、この製品の詳細を表示して、2xのアウトプットを有効にして使うといいです。インプットは、片方はマイク・ライン入力で、もう片方はステミキです。

念のために書きますが、ある程度以上の知識は必要ですので、パソコンなどに弱い人や神経質な人は、トライは止めてください。


その他の部分については、5.1チャンネルにも対応していて、サラウンドやエフェクトやイコライザーなど率直に楽しいです。

設定も簡単でおすすめです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
PCゲームを5.1chサラウンドで楽しめる  4 2019年2月23日 11:42
PCの音質がグレードアップしますね  4 2019年2月19日 08:12
相性がある問題  3 2018年12月19日 12:20
ヘッドホン派なので  5 2018年9月23日 20:50
こいつこそコスパ最強  5 2018年1月25日 21:39
特に問題なし  5 2017年5月2日 18:42
使いやすくて良いです  5 2017年1月1日 17:36
音を出すだけならドライバーのインストールは不要でした。  4 2016年9月17日 09:27
とても使いやすい  5 2016年4月26日 02:58
なかなかですね  3 2014年8月8日 18:48

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のレビューを見る(レビュアー数:10人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2
CREATIVE

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年 9月下旬

Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 Pro r2 SB-XFI-SR5R2をお気に入り製品に追加する <83

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[サウンドカード・ユニット]

サウンドカード・ユニットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(サウンドカード・ユニット)

ご注意