『HD650の低音と K701の高音が同居するヘッドホン』 フィリップス Fidelio X1 CBA01さんのレビュー・評価

Fidelio X1 製品画像

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:オーバーヘッド 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:10Hz〜40kHz Fidelio X1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Fidelio X1の価格比較
  • Fidelio X1の店頭購入
  • Fidelio X1のスペック・仕様
  • Fidelio X1のレビュー
  • Fidelio X1のクチコミ
  • Fidelio X1の画像・動画
  • Fidelio X1のピックアップリスト
  • Fidelio X1のオークション

Fidelio X1フィリップス

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2013年10月中旬

  • Fidelio X1の価格比較
  • Fidelio X1の店頭購入
  • Fidelio X1のスペック・仕様
  • Fidelio X1のレビュー
  • Fidelio X1のクチコミ
  • Fidelio X1の画像・動画
  • Fidelio X1のピックアップリスト
  • Fidelio X1のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

Fidelio X1のレビューを書く

CBA01さん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:111人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
15件
617件
動画編集ソフト
1件
27件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感2
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1
HD650の低音と K701の高音が同居するヘッドホン

〜〜〜 環境を選ぶヘッドホンで良さを引き出すのが大変ですね。でも、名機。 〜〜〜
今更なのですが、中古で購入したので評価だけしておきます。
元々は PHILIPS のフラッグシップだったらしく品質は高いと思います。
作りも丁寧でチープな感じはしません。

音質を一言にすると
低音派 HD650に近いズンズン
高音派 K701に近いスッキリした伸び
この二つがお互いを邪魔せずに高いレベルで共存している不思議なヘッドホン。
厚みがあるのにスッキリ伸びる高音という感覚が他にはない感覚ですね。

しかし、このヘッドホンは普通に聞いていると評価が低くなりがちかなぁと思います。
というのも環境として分離感が高く、パワーが必要になるみたいです。
音データも分離感が悪いと低音のボワッとした感じが耳障りに感じられ全然良さが判らないのです。


〜〜〜 低音の分離感を簡単に良くする方法 〜〜〜

曲を聞いている最中にヘッドホンを横から手で押さえてみると低音の分離感が少し良くなります。


〜〜〜 パワーや分離感について 〜〜〜

foobar2000というアプリを使うと音の調整がかなり細かく出来るし、foobar2000で調整をすると
他のアプリで音楽を聞いてもその調整が影響するみたいなのです。
(リアルタイムでは変更されず、曲を切り替えたら変更が反映される。)
なので、私はパソコンにMOJOというポタアンを繋いでfoobar2000を入れて音を調整しYoutubeで音楽を聞いています。

但し、foobar2000は導入も大変だし、音の調整も大変です。
フリーアプリですが、自分でプラグインを入れないといけない。
(私はメニューのカスタマイズまでしたので何日か掛かってる。)
その上で音の調整作業があります。
(プラグインが多いので音の調整を出来る自由度は高いが逆に言えばどこを変えたらどうなるか自分で曲を聞きながら体で覚える必要がある。相当に慣れが必要です。)

foobar2000 に 「SoundTouch」「Graphic Equalizer」「Programmable reverb (resampling/...」「Tube Sound」「Loudspeaker Equalizer」「Winamp DSP bridge」
「Dolby Headphone」
といったプラグインを入れて見て下さい。

「SoundTouch」について
何でかは判りませんが
Pitch adjust を +6.75semitones とかにしています。

「Loudspeaker Equalizer」について
駆動力を上げた様な音になります。(私の使っているポタアンはMOJOだから出来るのかも知れない。)
全体の音量を上げないでパワーが上がった様な効果があります。
Equalized loudspeaker を200hz以上 Qtc value(こっちはあまり意味が判ってないかも) も 1.1 とかにしています。他よりも高めの設定で調整しました。
何故かは分かりませんが、Equalized loudspeaker をある程度上げていくと独特のスッキリ感がありました。

「Graphic Equalizer」について
30バンド位あるので普通のイコライザーでは出来ない様なとても細かい調整が出来ます。
ズンズンさせながらもスッキリした音質を狙ったり出来るので是非色々やってみて下さい。
具体例 100 +8.0db  125 +1.9db  160 -7.9db  200 -8.9  250 +1.1db  315 +5.3db  400 -8.2db  500 -12.0db
こんな感じで低音の中でも Uの字を作る様にすると低音の中の低音部と高音部が強調されて輪郭がハッキリするけどスッキリした感じに鳴ります。
逆に音の密度が低くなった感じになったら160や200の所を少し上げて見れば良い。
中音や高音でも同じ様な事が出来ますので上手く自分の好みになる様に組み合わせて見て下さい。
このヘッドホンは分離感を出す為に音の密度を低くする感じで調整していくと私の好みでした。

分離感を上げたりも出来ます。
(@80 や A400〜500 や B1600 を回りよりガンガン下げると分離感が増す。)

他にも色々やってるんだけど、全部書いているとキリがないのでこの辺で。


〜〜〜 総評 (ドンシャリ好きなら一度聞いて欲しい。) 〜〜〜

ゼンハイザー独特な(と思ってた)空気感がこれにもありますね。
HD650を知っている方ならその音に少しだけ角が出来て少しスッキリさせた音質です。
低音のふんわり感が減り高音が大分伸びます。
(HD650の方が音全体がふんわりしているが分離感はHD650の方がある。)

K701を聞いていて高音は好きだけど低音が物足りないと思った時も
一度聞いて欲しいかなぁと思いますね。

コスパはかなり良いです。
中古とは言え1万円そこそこで手に入りました。


〜〜〜 短所 〜〜〜

1.既に書いていますが、環境を選びます。
パワーが必要だし音源も含めて分離感がとても必要です。
環境が整わないと低音がボワッとして ハッキリ言って駄目なヘッドホンって感じです。

2.短所にしますが、音場があまり広くないです。

3.締め付けの強さは良いのですが、頭が大きい人はハマらないのではないかと心配される程に頭頂部に余裕が無い。

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感2
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1
低音好きにオススメ。HD650の空気感に高音が加わった。

〜〜〜 最初に (私の殿堂入り3つ目) 〜〜〜

今更なのですが、中古で購入したので評価だけしておきます。
元々は PHILIPS のフラッグシップだったらしく品質は高いと思います。

長文なので音質のみの評価に絞らせて貰います。

MOJOを使ってのレビューになります。

最後に私の「お気に入りのヘッドホン」を紹介していますのでご参考の上で決めて下さい。

このヘッドホンでのオススメアプリ Shure+再生・JBL_Music(動くかどうかが最大の問題。)・Technics Music App・NePLAYER を使ってのレビューになります。

環境は次の通り
スマホ + MOJO + Fidelio X1 + JBL_Music

私は他のヘッドホンよりも更に音量を上げて音に包まれてる感じで聞いてます。
音量が足りないと(結構爆音にしてる。)低音の分離感・こもり感が気になりますね。


〜〜〜 低音の分離感を簡単に良くする方法 〜〜〜

低音の分離感が気になった時は試して見て下さい。
簡単ですが効果は大きいです。

曲を聞いている最中にヘッドホンを横から手で押さえてみて下さい。

全体(特に低音)がスッキリして分離感が上がります。



〜〜〜 総評 (ドンシャリ好きなら一度聞いて欲しい。) 〜〜〜

やっぱりドンシャリが好きなんだなぁと自分の好みを再確認したヘッドホンです。
大半のヘッドホンはドンかシャリか選ぶ必要があったんだけど、これは 密閉型のドン と AKG風のシャリ が揃ってます。

音に厚みがある上に最後に響きもあるのでアンプもアプリもスッキリ聞かせてくれるタイプにしてないと
低音の分離が悪く聞こえるかも知れません。
(上記の手で押さえる方法を見つけてカナリ評価が上がってます。Shure+再生 でも行けますね。)
MOJO と JBL_Music がピッタリ来ました。

ゼンハイザー独特な(と思ってた)空気感がこれにもありますね。
HD650を知っている方ならその音に少しだけ角が出来て少しスッキリさせた音質です。
低音のふんわり感が減り高音が大分伸びます。
(HD650の方が音全体がふんわりしているが分離感はHD650の方がある。)


音場がやや広く感じる。
(クラシック向けかな)

コスパはかなり良いです。
中古とは言え1万円そこそこで手に入りました。


〜〜〜 短所 〜〜〜

低音から高音まで重厚な音が特徴なのですが、音源によっては全体がもっさりして聞こえる場合が結構あります。
横から手で押さえてみたらもっさり感がカナリ改善されました。


〜〜〜 分離感 〜〜〜

分離感はまぁまぁあります。
ATH-A2000ZやDT990少し負けるかなって位はあります。
分離感が悪い分音の深みが残っている感じ。


〜〜〜 音質と音量バランスについて 〜〜〜

開放型とは思えない位に低音がズンズン出ます。

(良くも悪くも)ベースを結構強く感じる。
ヴォーカルも少し強く出てます。
3K辺りの音が少し弱いかも。(良く言えば刺さり難い。)


〜〜〜 注意点 〜〜〜

頭が大きい人はハマらないのではないかと心配される程に頭頂部に余裕が無い。
今迄のヘッドホンで一番余裕が無い感じ。



ここからはお気に入りのヘッドホン・イヤホンを挙げてますので、試してみてそれでもこのヘッドホンが良いって人ならオススメします。


〜〜〜 お気に入りアプリ 〜〜〜

単語だけ並べときますので気になる方は参考にして下さい。
操作性は無視して音質のみで選んでます。

Win版
TuneBrowser(バージョンで音が変わるので注意)
foobar2000(必要に応じてDSPはDolby_headphone・Tube_sound)

android版
Shure+再生
JBL_Music
Technics Music App


〜〜〜 お気に入りのヘッドホン 〜〜〜

MOJOとヘッドホン(中古も含めて5万円以下)で検討しました。

○分離感やや高・低音・中音重視 全体の音質は温かみがある Fidelio X1 (互角 HD650)
低音の分離感が少し気になるが、AKG風に高音も伸びてるのが私には嬉しい。
ヘッドホンを使い分けない人は HD650 の方が良いかも。
オススメアプリは Technics Music App・JBL_Music・NePLAYER・mysound

○分離感高い・高音・中音重視 まずはヴォーカルがしっかり聞こえます。次にオープン型の中でも更に伸びる高音でありながら全体には若干のしっとりさを残す。 K701
オススメアプリは Technics Music App・Shure+再生・JBL_Music

○分離感高い・高音・中音重視 全体の音質はスッキリ、シャープでヴォーカルと金管楽器が際立つ beyerdynamic T1 (2ndじゃないよ)
オススメアプリは Technics Music App・Shure+再生

○分離感高い・ど真ん中のモニター型 バランス型 モニターという文字通りのモニターヘッドホン。かと言ってつまらない音ではない。 K612 (互角 DT990)
オススメアプリは Technics Music App・Shure+再生・JBL_Music

(初めは分離感が気になるモノもありましたが、エージングで良くなりました。)

ヘッドホン(5万円〜10万円)
この価格帯はコスパを考えるとなかなか推せるモノが見つからないです。
そんな中で一つだけ

○分離感高い・モニター型 音の全部がキラキラした感じですね。他に無い個性。 K812
モニター型というある意味最も個性が出し難いはずの所で音の一つ一つが艶やかでこれほどの個性が出せるのかと価格も納得しました。
オススメアプリは Shure+再生・Technics Music App・JBL_Music

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった0

満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感2
外音遮断性1
音漏れ防止1
携帯性1
低音好きにオススメ。HD650の空気感に高音が加わった。

〜〜〜 最初に 〜〜〜

PHILIPSはヘッドホンを止めてしまったらしいので今更なのですが、中古で購入したので評価だけしておきます。

長文なので音質のみの評価に絞らせて貰います。
MOJOを使ってのレビューになります。
最後に私の「お気に入りのヘッドホン」を紹介していますのでご参考の上で決めて下さい。
このヘッドホンでのオススメアプリ Shure+再生・NePLAYER・Cap_Tune を使ってのレビューになります。

私は他のヘッドホンよりも更に音量を上げて音に包まれてる感じで聞いてます。


〜〜〜 ウリを一言にすると 〜〜〜

PHILIPSが作った開放型です。
このメーカーはどのモデルも低音がズッシリしていて音に深みがあるとの評価をされている方が多かったのですが
その通りだと思います。

開放型とは思えない位の重い低音と伸びのあるスッキリした高音を実現しています。

ゼンハイザーの独特(と思ってた)空気感がこれにもありますね。
HD650を知っている方ならその音に少し角が出来て少しスッキリさせた音質です。
低音のふんわり感が減り高音が少し伸びます。
私の個人的評価ではこちらの方がバランスが取れてて好きです。
また、高音もスッキリした音質ですがギリギリ刺さらない高音が実現されています。
低音がしっかりあるのに高音も重さを残しつつも刺さらないギリギリまでは出ます。

音場が広く感じる。
クラシック向け(曲は選ぶと思うけど)かな
オーケストラの低音は分離感が少し不足気味でも(曲により)欠点に感じませんが、
他のジャンルだと気になります。
(分離感が不足という程不足では無いのですが、分離感が良いとは言えない。)
低音重視の方、HD650が好きだけど高音が不足していると思った方に特におすすめします。
低音がしっかり全体を支えつつも高音の伸びをかなりの所まで出してきてる。
低音が強すぎるって思った方なら Fidelio_L2 を聞いてみて。

分かり難い表現かな・・・。
HD650の音質をATH-A2000Zに寄せていったらこんな感じになるのかな。
ATH-A2000Zの音全体に重くして高音をAKGにしたらこんな感じかも

HD650もATH-A2000Zも新品だと4〜6万程しますが、それに近いモノが中古とは言え1万円そこそこで手に入ります。
コスパは良いです。


但し、アプリも曲も選ぶ必要がありますね。
最初の一つにはオススメしません。


〜〜〜 分離感 〜〜〜
分離感はまぁまぁあります。
ATH-A2000ZやDT990少し負けるかなって位はあります。
音全体が最後を響かせてる感じなのですが、その所為で分離感が悪く聞こえますね。

音の深みが欲しいという方にはピッタリですね。


〜〜〜 音質と音量バランスについて 〜〜〜

開放型とは思えない位に中低音がズンズン出ます。
ゼンハイザーっぽい空気感もあり、HD650と似ていると書いている方が何人か居ましたが納得です。

ATH-A2000Zの面影も少し感じました。
音のバランスは低音がやや強くATH-A2000Zに近いけど
ATH-A2000Zの音のバランスはそのままに
音質を全体に重くして高音をAKGにしたらこんな感じかも
ヴォーカルだけ少し強く出てます。


〜〜〜 注意点 〜〜〜

頭が大きい人はハマらないのではないかと心配される程に頭頂部に余裕が無い。
今迄のヘッドホンで一番余裕が無い感じ。


ここからはお気に入りのヘッドホン・イヤホンを挙げてますので、試してみてそれでもこのヘッドホンが良いって人ならオススメします。


〜〜〜 お気に入りのヘッドホン 〜〜〜

MOJOとヘッドホン合計で予算5〜10万円で検討しました。

出来れば最初に2万円以下位のイヤホンを出来るだけ聞いておく事もオススメします。


〜〜〜 環境 〜〜〜

スマホやパソコンにMOJO(ポタアン)を付けているだけです。
リケーブル等の改変はしていません。


〜〜〜 お気に入りアプリ 〜〜〜

単語だけ並べときますので気になる方は参考にして下さい。
操作性は無視して音質のみで選んでます。

Win版
TuneBrowser
foobar2000(必要に応じてDSPはDolby_headphone・Tube_sound)

android版
NePLAYER
mysound
HF_PLAYER
HR_PLAYER
Shure+再生
JBL_Music
Technics Music App
Cap_Tune
jetAudio+(趣味でBongiovi_DPS)
POWERAMP

(HR_PLAYERはプレイリストを自分で作れませんのでShure+再生で作って下さい。プレイリストが共有されます。)


〜〜〜 お気に入りのヘッドホン 〜〜〜

(中古の購入もあります。)勝手に「音量バランス(高音〜低音)と音質(厚みorスッキリ)」で7つの系統に分け代表を上げてみました。

(ここにはDJ用になる様な超低音のモデルは入れてないです。)
 
○分離感高い・低音・中音重視 全体の音質は温かみがある HD650
オススメアプリは Shure+再生・Technics Music App・Cap_Tune

○分離感高い・低音・中音重視 全体の音質はスッキリ、シャープ ATH-A2000Z
オススメアプリは Technics Music App・Shure+再生・JBL_Music

○分離感高い・高音・中音重視 全体には若干の厚みを残す。 K701
オススメアプリは Technics Music App・Shure+再生・JBL_Music

○分離感高い・高音・中音重視 全体の音質はスッキリ、シャープ beyerdynamic T1(2ndじゃない)
オススメアプリは Technics Music App・Shure+再生・JBL_Music

○分離感高い・モニター型 スッキリなバランス型 DT990
K612ととても近い音。ベイヤーが好きならこちらを
オススメアプリは Technics Music App・Shure+再生・JBL_Music

○分離感高い・モニター型 分厚いバランス型 K712
オススメアプリは Technics Music App

○分離感高い・モニター型 スッキリでど真ん中のバランス型 K612
DT990ととても近い音。AKGが好きならこちらを
オススメアプリは Technics Music App・Shure+再生・JBL_Music


(最初は分離感が気になる機種があるかも知れませんが、エージングで気にならなくなりました。)

主な用途
音楽
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Fidelio X1」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
開放型なのでしかたない  5 2022年6月25日 09:50
HD650の低音と K701の高音が同居するヘッドホン  5 2021年12月11日 21:20
後継機のX2も販売中ですが、X1も味のある良い音を鳴らします☆  5 2016年4月14日 06:54
噂に違わぬリスニングヘッドホン  5 2015年5月27日 09:47
開放型らしからぬ低音  5 2015年3月29日 00:26
ブラームスの交響曲そしてHD650の呪縛からの解放  5 2015年2月24日 21:50
エージング効果大  5 2015年1月9日 09:30
驚愕の逸品  5 2014年10月19日 20:04
暖かみと音抜け  5 2014年8月16日 04:51
評判通りの音質  5 2014年5月31日 11:47

Fidelio X1のレビューを見る(レビュアー数:23人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Fidelio X1のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Fidelio X1
フィリップス

Fidelio X1

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2013年10月中旬

Fidelio X1をお気に入り製品に追加する <119

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意