『最強のサラウンドヘッドホン!』 SONY MDR-HW700DS まこざいるさんのレビュー・評価

2013年10月25日 発売

MDR-HW700DS

  • 世界初(※民生用として)の9.1ch 3D VPT(Virtualphones Technology)を搭載した、ワイヤレスサラウンドヘッドホン。
  • 最大2400MFLOPSの演算能力を持つDSPを2つ用いたプラットフォームを採用し、HDMI入力にも対応。
  • マトリクスデコーダー「DTS Neo:X」「Dolby Prologic IIz」や、デュアルバンド無線伝送方式を採用。
MDR-HW700DS 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥35,555

(前週比:-4,150円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥35,555

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥35,555〜¥47,960 (38店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥40,540 〜 ¥47,960 (全国41店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜25kHz MDR-HW700DSのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • MDR-HW700DSの価格比較
  • MDR-HW700DSの店頭購入
  • MDR-HW700DSのスペック・仕様
  • MDR-HW700DSのレビュー
  • MDR-HW700DSのクチコミ
  • MDR-HW700DSの画像・動画
  • MDR-HW700DSのピックアップリスト
  • MDR-HW700DSのオークション

MDR-HW700DSSONY

最安価格(税込):¥35,555 (前週比:-4,150円↓) 発売日:2013年10月25日

  • MDR-HW700DSの価格比較
  • MDR-HW700DSの店頭購入
  • MDR-HW700DSのスペック・仕様
  • MDR-HW700DSのレビュー
  • MDR-HW700DSのクチコミ
  • MDR-HW700DSの画像・動画
  • MDR-HW700DSのピックアップリスト
  • MDR-HW700DSのオークション

『最強のサラウンドヘッドホン!』 まこざいるさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-HW700DSのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:72人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
4件
179件
イヤホン・ヘッドホン
2件
72件
ホームシアター スピーカー
1件
36件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性無評価
最強のサラウンドヘッドホン!

【デザイン】
PanasonicのRP-WF70と比較しての見解です。当機種は発売から4年経っているとは思えないほど洗練されています。
Panasonicは軽いのは良いがブラスチッキーで安っぽいです。
【高音の音質】
十分に出ているのでは。
やはり当機種はブルーレイ(映画)の為にあると思います。
【低音の音質】
当機種の売りではないでしょうか?
例えば、ヘリコプターの音とか爆発音なんてヘッドホンが震えて痺れます。病み付きになりますよ、マジで。
設定でレベル5にしています。
ブルーレイを観たら当機種の良さが分かると思います。海外ドラマはそれなりです。
いくら5.1chで収録してても、テレビのドラマですから映画に叶いません。
海外ドラマで比較するとソニーとパナソニックではその差は大差ないかもしれないですが、ブルーレイ(映画)だと断然、ソニーです。当機種は映画の為にあると言っても過言ではありません。
PanasonicのRP-WF70とは比較にならない程、音が出ています。Panasonicのは値段なりの音しか出ませんでした。
【フィット感】
パットが厚い分、快適です。
【外音遮断性】
居間で家族が話してるのは聞こえるが、
内容は聞き取れないので大丈夫。
【音漏れ防止】
多分、漏れていると思いますが、迷惑に
なる程ではないと思います。
【携帯性】
持ち歩く人はいないと思います。
【総評】
当機種の次期型はとても気になりますが、
ソニーはワイヤレスサラウンドヘッドホンには力を入れてないらしく次期型が出るかは不明です。4年も経っているのに次期型の噂も出ません。
当機種は完成度が高いので最終型なのかもしれませんね。
現時点でワイヤレスサラウンドヘッドホンで最強です。
今年発売のPanasonicのRP-WF70に浮気しましたが改めて比較してみると音の解像度が全くちがいます。音がとても鮮明でまるで生きているかの用です。
ただ、バッテリーが内蔵型ではなく単4電池でアルカリからeneloopまで使用出来るのでバッテリーが切れたらすぐに交換して使用出来る点は素晴らしいとは思います。
ただ、光出力なんて今時ないです。
低価格のテレビには光出力があんまりないのでは?

そしてノイズについてですが、自分の環境だと近くに無線LANルーターがあるせいか初期設定のオートだと音が途切れたので2.4に固定したら途切れなくなりました。
しかし、後で同じソニー製のサラウンドバーHT-MT300を追加しました。ウーハーとは2.4でワイヤレス接続なので、結局は5に固定しました。

最後にブラビアリンクについてですが、確かにブラビアのリモコンで当機種を操作出来るのですが、初期設定のままだとテレビをオンにすると当機種もオンになる為、当機種を使用しない時など、リンクメニューからオフにしなきゃ駄目など不憫です。
なので当機種の左横のコントロールスイッチをモード2にする事で解決しました。
それにヘッドホンからメニュー画面で設定が観ながら出来るのででブラビアのリモコンよりは使いやすいと思います。バッテリーの残量も分かりますし。

本当に当機種はワイヤレスサラウンドヘッドホンの中で最強だと思います。
センターレベルを6、ウーハーレベルを5にしてシネマモード、マトリックスデコーダはどちらか、コンプレッションはオフにすると最強です。
自宅の環境でホームシアターが設置出来ず、テレビの内蔵スピーカーじゃ物足りなくて映画やドラマ等を大音量で観賞したい方は選択する価値はあると思います。
買って損はしないと思います。

主な用途
映画
その他
接続対象
テレビ

参考になった31人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性無評価
ホームシアターを設置出来ない人へ。

【デザイン】
PanasonicのRP-WF70と比較しての見解です。当機種は発売から4年経っているとは思えないほど洗練されています。
Panasonicは軽いのは良いがブラスチッキーで安っぽいです。
【高音の音質】
十分に出ているのでは。
やはり当機種はブルーレイ(映画)の為にあると思います。
【低音の音質】
当機種の売りではないでしょうか?
例えば、ヘリコプターの音とか爆発音なんてヘッドホンが震えて痺れます。病み付きになりますよ、マジで。
設定でレベル5にしています。
ブルーレイを観たら当機種の良さが分かると思います。海外ドラマはそれなりです。
いくら5.1chで収録してても、テレビのドラマですから映画に叶いません。
海外ドラマで比較するとソニーとパナソニックではその差は大差ないかもしれないですが、ブルーレイ(映画)だと断然、ソニーです。当機種は映画の為にあると言っても過言ではありません。
PanasonicのRP-WF70とは比較にならない程、音が出ています。Panasonicのは値段なりの音しか出ませんでした。
【フィット感】
パットが厚い分、快適です。
【外音遮断性】
居間で家族が話してるのは聞こえるが、
内容は聞き取れないので大丈夫。
【音漏れ防止】
多分、漏れていると思いますが、迷惑に
なる程ではないと思います。
【携帯性】
持ち歩く人はいないと思います。
【総評】
当機種の次期型はとても気になりますが、
ソニーはワイヤレスサラウンドヘッドホンには力を入れてないらしく次期型が出るかは不明です。4年も経っているのに次期型の噂も出ません。
当機種は完成度が高いので最終型なのかもしれませんね。
現時点でワイヤレスサラウンドヘッドホンで最強です。
今年発売のPanasonicのRP-WF70に浮気しましたが改めて比較してみると音の解像度が全くちがいます。音がとても鮮明でまるで生きているかの用です。
ただ、バッテリーが内蔵型ではなく単4電池でアルカリからeneloopまで使用出来るのでバッテリーが切れたらすぐに交換して使用出来る点は素晴らしいとは思います。
ただ、光出力なんて今時ないです。
低価格のテレビには光出力があんまりないのでは?

そしてノイズについてですが、自分の環境だと近くに無線LANルーターがあるせいか初期設定のオートだと音が途切れたので2.4に固定したら途切れなくなりました。
しかし、後で同じソニー製のサラウンドバーHT-MT300を追加しました。ウーハーとは2.4でワイヤレス接続なので、結局は5に固定しました。

最後にブラビアリンクについてですが、確かにブラビアのリモコンで当機種を操作出来るのですが、初期設定のままだとテレビをオンにすると当機種もオンになる為、当機種を使用しない時など、リンクメニューからオフにしなきゃ駄目など不憫です。
なので当機種の左横のコントロールスイッチをモード2にする事で解決しました。
それにヘッドホンからメニュー画面で設定が観ながら出来るのででブラビアのリモコンよりは使いやすいと思います。バッテリーの残量も分かりますし。

本当に当機種はワイヤレスサラウンドヘッドホンの中で最強だと思います。
センターレベルを6、ウーハーレベルを5にしてシネマモード、マトリックスデコーダはどちらか、コンプレッションはオフにすると最強です。
自宅の環境でホームシアターが設置出来ず、テレビの内蔵スピーカーじゃ物足りなくて映画やドラマ等を大音量で観賞したい方は選択する価値はあると思います。
買って損はしないと思います。

主な用途
映画
その他
接続対象
テレビ

参考になった0

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性無評価
ホームシアターを設置出来ない人へ。

【デザイン】
PanasonicのRP-WF70と比較しての見解です。当機種は発売から4年経っているとは思えないほど洗練されています。
Panasonicは軽いのは良いがブラスチッキーで安っぽいです。
【高音の音質】
十分に出ているのでは。
やはり当機種はブルーレイ(映画)の為にあると思います。
【低音の音質】
当機種の売りではないでしょうか?
例えば、ヘリコプターの音とか爆発音なんてヘッドホンが震えて痺れます。病み付きになりますよ、マジで。
設定でレベル4にしています。
ブルーレイを観たら当機種の良さが分かると思います。海外ドラマはそれなりです。
いくら5.1chで収録してても、テレビのドラマですから映画に叶いません。
海外ドラマで比較するとソニーとパナソニックではその差は大差ないかもしれないですが、ブルーレイ(映画)だと断然、ソニーです。当機種は映画の為にあると言っても過言ではありません。が
PanasonicのRP-WF70とは比較にならない程、音が出ています。Panasonicのは値段なりの音しか出ませんでした。
【フィット感】
パットが厚い分、快適です。
【外音遮断性】
居間で家族が話してるのは聞こえるが、
内容は聞き取れないので大丈夫。
【音漏れ防止】
多分、漏れていると思いますが、迷惑に
なる程ではないと思います。
【携帯性】
持ち歩く人はいないと思います。
【総評】
当機種の次期型はとても気になりますが、
ソニーはワイヤレスサラウンドヘッドホンには力を入れてないらしく次期型が出るかは不明です。4年も経っているのに次期型の噂も出ません。
当機種は完成度が高いので最終型なのかもしれませんね。
現時点でワイヤレスサラウンドヘッドホンで最強です。
今年発売のPanasonicのRP-WF70に浮気しましたが改めて比較してみると音の解像度が全くちがいます。音がとても鮮明でまるで生きているかの用です。
ただ、バッテリーが内蔵型ではなく単4電池でアルカリからeneloopまで使用出来るのでバッテリーが切れたらすぐに交換して使用出来る点は素晴らしいとは思います。
ただ、光出力なんて今時ないです。
低価格のテレビには光出力があんまりないのでは?

そしてノイズについてですが、自分の環境だと近くに無線LANルーターがあるせいか初期設定のオートだと音が途切れたので2.4に固定したら途切れなくなりました。

最後にブラビアリンクについてですが、確かにブラビアのリモコンで当機種を操作出来るのですが、初期設定のままだとテレビをオンにすると当機種もオンになる為、当機種を使用しない時など、リンクメニューからオフにしなきゃ駄目など不憫です。
なので当機種の左横のコントロールスイッチをモード2にする事で解決しました。

本当に当機種はワイヤレスサラウンドヘッドホンの中で最強だと思います。
センターレベルを4、ウーハーレベルを4にしてシネマモード、マトリックスデコーダはどちらか、コンプレッションはオフにすると最強です。
自宅の環境でホームシアターが設置出来ず、映画やドラマ等を大音量で観賞したい方は選択する価値はあると思います。

主な用途
映画
その他
接続対象
テレビ

参考になった7

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性無評価
ホームシアターを設置出来ない人へ。

【デザイン】
PanasonicのRP-WF70と比較しての見解です。当機種は発売から4年経っているとは思えないほど洗練されています。
Panasonicは軽いのは良いがブラスチッキーで安っぽいです。
【高音の音質】
十分に出ているのでは。
やはり当機種はブルーレイの為にあると思います。
【低音の音質】
当機種の売りではないでしょうか?
設定でレベル4にしています。
ブルーレイを観たら当機種の良さが分かると思います。海外ドラマはそれなりですが、ブルーレイを観るとヘッドホンが震える位です。病み付きになります。
PanasonicのRP-WF70とは比較にならない程、音が出ています。Panasonicのは値段なりの音しか出ませんでした。
【フィット感】
パットが厚い分、快適です。
【外音遮断性】
居間で家族が話してるのは聞こえるが、
内容は聞き取れないので大丈夫。
【音漏れ防止】
多分、漏れていると思いますが、迷惑に
なる程ではないと思います。
【携帯性】
持ち歩く人はいないと思います。
【総評】
当機種の次期型はとても気になりますが、
ソニーはワイヤレスサラウンドヘッドホンには力を入れてないらしく次期型が出るかは不明です。4年も経っているのに次期型の噂も出ません。
当機種は完成度が高いので最終型なのかもしれませんね。
現時点でワイヤレスサラウンドヘッドホンで最強です。
今年発売のPanasonicのRP-WF70に浮気しましたが改めて比較してみると音の解像度が全くちがいます。音がとても鮮明でまるで生きているかの用です。
ただ、バッテリーが内蔵型ではなく単4電池でアルカリからeneloopまで使用出来るのでバッテリーが切れたらすぐに交換して使用出来る点は素晴らしいとは思います。
ただ、光出力なんて今時ないです。

そしてノイズについてですが、自分の環境だと近くに無線LANルーターがあるせいか初期設定のオートだと音が途切れたので2.4に固定したら途切れなくなりました。

最後にブラビアリンクについてですが、確かにブラビアのリモコンで当機種を操作出来るのですが、初期設定のままだとテレビをオンにすると当機種もオンになる為、当機種を使用しない時など、リンクメニューからオフにしなきゃ駄目など不憫です。
なので当機種の左横のコントロールスイッチをモード2にする事で解決しました。

本当に当機種はワイヤレスサラウンドヘッドホンの中で最強だと思います。
センターレベルを4、ウーハーレベルを4にしてシネマモード、マトリックスデコーダはどちらか、コンプレッションはオフにすると最強です。
自宅の環境でホームシアターが設置出来ず、映画やドラマ等を大音量で観賞したい方は選択する価値はあると思います。

主な用途
映画
その他
接続対象
テレビ

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「MDR-HW700DS」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
最新規格対応が望まれる  4 2019年4月7日 21:53
最高  5 2019年2月10日 21:20
とても良いヘッドホンです  5 2018年9月16日 14:14
手持ちで使用頻度TOP!  5 2018年6月23日 22:05
バーチャルサラウンドヘッドセット買うより断然満足  5 2018年6月16日 18:31
設定  4 2018年5月18日 14:06
最高の音質  5 2018年5月5日 16:02
現時点で最高  5 2018年5月3日 14:23
最強のサラウンドヘッドホン!  5 2017年11月2日 18:15
『MDR-HW700DSと、PS4PROとの接続方法。』  5 2017年10月29日 21:25

MDR-HW700DSのレビューを見る(レビュアー数:54人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-HW700DSのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MDR-HW700DS
SONY

MDR-HW700DS

最安価格(税込):¥35,555発売日:2013年10月25日 価格.comの安さの理由は?

MDR-HW700DSをお気に入り製品に追加する <1713

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意