PM-14S1 レビュー・評価

2013年10月中旬 発売

PM-14S1

  • HDAM-SA2モジュールを使用したCD専用の入力バッファーと、そのほかのライン入力用の入力バッファーを搭載した、電流帰還型プリアンプ。
  • 「MAS6116」と「リニアコントロール・ボリューム」で高精度なボリューム操作を実現。また、F.C.B.S.により、最大4台までのPM-14S1のボリュームを連動できる。
  • 「コンスタント・カレント・フィードバック・フォノイコライザー」で、低域から高域までサウンドキャラクターが変化しない理想的なフォノイコライザーを実現。
PM-14S1 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥240,000

定格出力:90W/8Ω/140W/4Ω 対応インピーダンス:8Ω/4Ω 再生周波数帯域:5Hz〜100kHz アナログ入力:5系統 アナログ出力:2系統 PM-14S1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PM-14S1の価格比較
  • PM-14S1の店頭購入
  • PM-14S1のスペック・仕様
  • PM-14S1のレビュー
  • PM-14S1のクチコミ
  • PM-14S1の画像・動画
  • PM-14S1のピックアップリスト
  • PM-14S1のオークション

PM-14S1マランツ

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年10月中旬

  • PM-14S1の価格比較
  • PM-14S1の店頭購入
  • PM-14S1のスペック・仕様
  • PM-14S1のレビュー
  • PM-14S1のクチコミ
  • PM-14S1の画像・動画
  • PM-14S1のピックアップリスト
  • PM-14S1のオークション

PM-14S1 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.77
(カテゴリ平均:4.55
レビュー投稿数:13人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.84 4.38 -位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 4.77 4.15 -位
音質 臨場感、音質の良さ 4.85 4.56 -位
パワー 最大音量の大きさ 4.70 4.52 -位
機能性 機能が充実しているか 4.61 4.27 -位
入出力端子 端子の数 4.39 4.28 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.45 4.33 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

PM-14S1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:中級者」で絞込んだ結果 (絞込み解除

のるとんさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:151人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
6件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
4件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ5

環境は
cdプレイヤー marantz SA15s2
アンプ marantz PM14s1
スピーカー B&W PM1
です。PM14s1の前は同じマランツのPM8004を使っていました。

自宅でまだ30時間程度しか通電していませんが、PM8004と比較するとかなり音質が向上していることを実感できます。例えばクラシック音楽を聴くと、音場が前後方向に広がり、ダイナミックレンジがかなり上がっているのが分かりました。(こんなに音の強弱があったんだと気付かされました。)
PM1が元々鳴らしづらいスピーカーってこともあると思いますが、今まで聞こえなかった音が鮮明に聞こえるようになり、色々なCDを掘り出しては聞いています。笑

低域〜中域にかけてはそんなに個性がなく、薄いと感じました。(もう少し中低域が厚い方が音楽としては楽しめるかなぁ)

高域は少しわざとっぽさを感じてしまいます。キレイと言えばキレイなのですが、少し着色があるかと。(それがmarantzの個性でもあるんだと思いますが)

中域の押し出しや密度で言えば、一緒に比較試聴したLuxmanの505uxの方が強めに感じました。marantzの方が音場がスピーカーの奥に展開するイメージでした。

最後の最後までLuxmanと悩みましたが、marantzの方がネット最安値よりもかなり値引きできたので、即決しました。

レベル
中級者

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ルーフctrさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
10件
スピーカー
2件
5件
プリメインアンプ
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
音質5
パワー5
機能性4
入出力端子4
サイズ5

新たに自作した電磁波除去システム

PMー14S1に装着した状態

背面パネルのアースは3箇所になりました

   

夕暮れ時のマランツもいいですね

   

購入して丁度一年、経ちました、CDPはSA−14S1,SPはCM6s2、他にはSW、DSW−55XG等、前レビューで項目別評価、基本的なセッティングについては書きましたので今回は深化したセッティングとオーディオに対する私見を書いてみたいと思います。私のセッティングの考え方はトランジスタアンプの音を真空管アンプのように引き伸ばし古い録音の悪いCDを何とか聞けるようにしたいというもので、これはベルデン・ケーブルに元々豊富に含まれる倍音成分を金属製制振ボードとアースに依る電磁波のクリーン化,インシュレーターの制振効果で引き出す事により達成できました。トランジスタと真空管のいいとこ取りです、さらに残響音がよく伸びるのでより広い音場も獲得しました。しかしこれらの結果は、いわば脳のα波を刺激する気持ちのいい音で、生音(リアリティ)とは違うことです、そこで今回はアンプのセッティングを見直しリアルな音を目指します。CDPの上に乗せているマグネシウムボードをヒントに自分なりにアレンジした電磁波除去システムを自作してみました。まず手頃な大きさの鉄板を5枚、用意し(作例では縦100mm横50mm厚み1・6mmです)、四隅にドリルで2・5mmの穴をあけ3mmのタップでネジ山を切ります、次に直径3mm長さ6mmのプラスねじを用意して付属品のワッシャーにベルデン8460を半田付けした線材を10本用意します、それらをネットワーク状にネジで繋ぎ、最後尾の線材には鰐口グリップ(小)を半田付けします、大きさはアンプの天板とほぼ同じです。念の為ナットと鉄板は半田付けしてあります、このデザインは脳神経細胞のネットワーク構造(見取り図程度ですが)にヒントを得たものでアンプの通風口をふさぐのを最小限に抑えつつ天板全体をカバーし、さらにプレートがフレキシブルに移動できるので電磁波が多く発生しそうな場所をピンポイントでカバーできます、しかも安上がりです、最後に錆止めのためにプライマーとプラカラーで調合したマランツ・ゴールドを吹き付けて完成です。肝心の音質ですが、凄いですビックリします、アンプの値段が10万円上がったようです。音の一粒、一粒に今まで聞こえなかった新しい音がコーティングされたようで、粒立ちがよく、まるでパラパラのチャーハンです。具体的にはエレキギターが倍音が3つ位重なりビーンがバイインとなり音色も変わります、感電しそうです。アコースティックギターは目の前で弦を弾く感じが僅かな音圧と共に伝わり、低音は重低音とは異なり、ふっくらと地を這うような床に霧が立ち込めているようで、マランツらしからぬ、まるでマッキントッシュのようです(スミマセン、ちょっと言い過ぎました)金属音は外付けのスピーカーが鳴ってるようにリアルです、ボーカルはCM6は今一つの印象がありましたがハリが出てきました。音場もより深くなりクイーンのウィー・ウイル・ロックユーの大人数で床を踏み鳴らす人は20人から50人に増えてます、予想以上のリアルな音質になりました。しかしながら、もともと私のセッティングで得られた音はサラウンドのような作りもので、リアルさとは相容れないものがあり、現実と非現実が混じり合い、ねじれ、軋み合い不思議な音響空間を構築します。これは黒澤明の映画の世界に通じるものがあります。・・・さて第二次大戦後ヨーロッパの映画界でネオ・リアリズム運動が盛んになります。これはカメラをスタジオから野外に持ち出し戦後の焼け野原でたくましく生きる人々をリアルに描こうというもので、ドキュメンタリーとドラマの融合を試みた作品群であり、黒澤明にも大きな影響を与えました。しかし日本の巨匠としては珍しくアクション映画を得意とするこの監督はリアリズムを目的ではなく手段として用いたのです。つまり黒澤映画のストーリーは絵空事の作り話なのですが撮影手法にリアリズムを持ち込み説得力を持たせようとしました。例えば小道具の衣装、刀、鎧などを骨董品のように古びさせ、マルチ・カメラ(遠、中、近の3台のカメラを同時に回す)によりセットの城の炎上シーンを火災現場の生中継のように撮り、侍同士の対決シーンでは、わざと遠く離れた場所から超望遠レンズで引き寄せて撮り、まるで目の前で大男が斬り合いをしてるようなド迫力の映像をモノにしたのです。このように作為的な誇張したリアリズムでハリウッドのスケールの大きなアクション映画に対抗しようとしました。・・・さて人間の視覚はカメラと違い見たい物しか見えません、同じように人間の聴覚も聞きたい音しかきこえないのです。ならばおいしい音を作為的に誇張してリアルにし、要らない音はバッサリ切り捨てた方が聴くのが楽しいオーディオになるのではないでしょうか?強調と省略、これこそが今のオーディオに必要な要素だと思います。(ただし、ケーブル類はプロ用に限ります)

レベル
中級者

参考になった8人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Moonlight Shadowさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:126人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
2件
0件
プリメインアンプ
2件
0件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ5

ちょうど1年前の5月に購入しました。

果実の じょう嚢まで剥きとり、中身まで覗き見るような音を、広い空間に鏤める、といった定位感が好きだったところ、アナログ時代の 「いかに録音状態が良くても、混沌とした部分は混沌としたまま聞かせ、ひとたび 聞く から 聴く へと意識を変えれば、微細なところまで認識できる」 というような音に戻りたくなったことが理由です。

アナログディスクは名盤も中古で安く売られています。 さりとて、再びターンテーブル、アーム、カートリッジに大枚をはたき、スクラッチノイズにピリピリしながら聴くのも嫌なので、やはり CD。  更に、「以前愛用していた LUXMAN のように、シルキーなベールを纏った音ではなく」 という条件で聴き比べをした結果、この中級機に辿り着きました。

【デザイン】
重圧感がなく、クリーンですっきりとしていて良いと思います。 今、中級品以上はメーター付き というのがトレンドのようですが、肝心の音にとって良いはずがなく、14S1 のブルーライトも購入当初は 「余計なものを」 と思ったものの、見慣れるとなかなか。 でもこのデザイン ・・・ 薄型じゃないと、11S3 のように 瓦(失礼!) になってしまいますね。

【操作性】
聴く前に何度もボリュームを上げ下げしないと気が済まないタチだったので、電子ボリュームは助かります。 操作フィールも自然で、違和感はほとんどありません。 ON にした途端に音場が狭まるトーンコントロールも、 Heart の Alone のように調整が必要な曲もあることから、通常のボリュームノブで加減でき便利です。 BASS : 50Hz±10dB、 TREBLE : 20,000Hz±10dB というのも、ボヤつかず、ダブらずで、効果的な効かせ方が可能です。

【音質】
@真空管以外 A50万円以内 という条件で試聴した限りでは、同じ傾向のアンプはありませんでした。 ふくよかで細かな音まで聴き取ることが出来、どちらかと言えば明るい音調でしょう。 前後、左右、上下への広がりもあり、空間表現は得意な方ではないかと思います。

ひとつ苦言を呈するなら ・・・ 中級機ならもっとマシな電源ケーブルにすべき。 付属のものは廉価品が常ではあるものの、このクラスとしては細過ぎでしょう。
従って、クラスに見合ったケーブルへ交換することによる効果は大きく、ローエンドは下がり、ハイエンドは伸び、見通し良く、ボーカルにも艶が出て、太くリアルな音になります。 恐らくこれが本来の音なのでしょう。 私は、購入したショップで使用されていた AIRBOW KDK-OFC を使っています。

ちなみにこのアンプ、様々な要因があるとは思いますが、極性による変化が激しく、ひとたびコンセント接続を逆にしてしまうと、低音は量感がなくボケてしまい、中〜高音は か細くザラつきます。 これだけ変化があるにもかかわらず、マニュアルには極性のことなど一言も触れられていません。 勿論、付属ケーブルには極性表示などありません。

【パワー】
16帖のリビングでは十分だと思います。

【入出力端子】
スピーカー端子がもう1組欲しいところ。

【サイズ】
他の方も書かれている通り、意外に奥行きがあります。 ラックに入らないケースもあるのでは?

【総評】
実売価格は1年前からほぼ横ばいではあるものの十分こなれていることから、お買い得なアンプと言って良いと思います。 但し、冒頭に書いた 「デジタル・デジタル」 した音が好きな方には物足りないのではないでしょうか。

あと、これはショップの接続環境によるところも大きいとは思いますが、一聴して 14S1 より鮮明に感じるアンプで、実は細かな音が出ていないものが少なくありません。 当たり前のことでしょうけど、アンプ選びは試聴が基本だと実感しました。

レベル
中級者

参考になった61人(再レビュー後:60人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひもくりさん

  • レビュー投稿数:41件
  • 累計支持数:225人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
15件
2件
プリメインアンプ
5件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ4

【デザイン】
マランツ製品は総じてデザインが良いと思います。

【操作性】
本体の操作はマニュアルをさらっと読むだけで分かるぐらいに出来ています。
マランツ製のCDプレイヤーを持っている人ならリモコンの操作も大体分かると思います。

【音質】
ヴォーカルの帯域は男性、女性どちらも良いです。高音域は変に強調されて聞こえないので自然な感じです。
スピーカーの高域特性がそのまま出ると言えると思います。
中域の表現は良いです。といっても楽器の音の分離がよいかというと普通です。
低域も良く出ているのですが、ベース音の輪郭やバスドラムのアタック感は少し弱いような気がします。
音の広がりはあるのですが、音の臨場感やライブ感はオンキョーのA-9000Rと比べて一歩少ない感じです。
どちらかと言うとCDプレイヤーの音がそのまま出る感じで、少しモニター調の音作りのアンプといった感じです。
もっと良いCDプレイヤーと組み合わせる必要があると思いました(現在はSA-8003を使用しています。)

【パワー】
回路のことは分からないですが、パワーは十分あると思います。

【機能性】
私は一台しか所有していませんが、バイアンプ構成などアンプを最大4台まで繋げるので機能性はあるのではないかと思います。部屋が散らかると思いますが...。

【入出力端子】
たくさんあって使い切っていないです。

【サイズ】
高さがそれ程無いので、オンキョーやDENONプリメインアンプに比べて威圧感がなくて良いです。

【総評】
スピーカーを選ぶのも大切ですが、マランツのアンプやCDプレイヤーは質実剛健というかわりとかっちりとした出音だとおもいました。音質でも評価したように、アンプ自体はモニター調のような気がします。その中で音の広がりがあるのは素晴らしいと思いましたが、私のシステムの場合、もっと美音を求めようと思うならCDプレイヤーをSA-14S1などDACにバーブラウンの1792Aを上手く使いこなしているものに変えてやらなければならないと思いました。
SA8003とかSA8005だと音の広がりはあるのですが、人工的な音といった感じはします。

レベル
中級者

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

garaPさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
7件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ4

【デザイン】
とても重厚で高級感があります。見た目からしていい音しそうです。
【操作性】
困ることなく快適に操作できます。
【音質】
スピーカーにDALI IKON6 MK2を使用していますが、とても立体的で涼しさを感じる音です。
音場も広くどちらかというと高音をきれいに鳴らす機種かと思います。
【パワー】
十分です。
【機能性】
十分です。
【入出力端子】
こんなもんでしょう。
【サイズ】
少し大きめです。そして今まで使ってきた機種とは比べ物にならないくらい重たいです。中身が詰まっているからかな。笑
【総評】
DENONの2000REと迷いましたが、試聴した結果こちらになりました。どちらもいいところがあるのですが、マランツの音場の広さ、立体感、ゆったり聴けることが決め手になりました。
購入して良かったです。

レベル
中級者

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

PM-14S1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PM-14S1
マランツ

PM-14S1

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年10月中旬

PM-14S1をお気に入り製品に追加する <115

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意