『アナログ時代を彷彿とさせる音』 マランツ PM-14S1 Moonlight Shadowさんのレビュー・評価

2013年10月中旬 発売

PM-14S1

  • HDAM-SA2モジュールを使用したCD専用の入力バッファーと、そのほかのライン入力用の入力バッファーを搭載した、電流帰還型プリアンプ。
  • 「MAS6116」と「リニアコントロール・ボリューム」で高精度なボリューム操作を実現。また、F.C.B.S.により、最大4台までのPM-14S1のボリュームを連動できる。
  • 「コンスタント・カレント・フィードバック・フォノイコライザー」で、低域から高域までサウンドキャラクターが変化しない理想的なフォノイコライザーを実現。
PM-14S1 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥147,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥147,800

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥147,800〜¥147,800 (2店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥240,000

定格出力:90W/8Ω/140W/4Ω 対応インピーダンス:8Ω/4Ω 再生周波数帯域:5Hz〜100kHz アナログ入力:5系統 アナログ出力:2系統 PM-14S1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PM-14S1の価格比較
  • PM-14S1の店頭購入
  • PM-14S1のスペック・仕様
  • PM-14S1のレビュー
  • PM-14S1のクチコミ
  • PM-14S1の画像・動画
  • PM-14S1のピックアップリスト
  • PM-14S1のオークション

PM-14S1マランツ

最安価格(税込):¥147,800 (前週比:±0 ) 発売日:2013年10月中旬

  • PM-14S1の価格比較
  • PM-14S1の店頭購入
  • PM-14S1のスペック・仕様
  • PM-14S1のレビュー
  • PM-14S1のクチコミ
  • PM-14S1の画像・動画
  • PM-14S1のピックアップリスト
  • PM-14S1のオークション

『アナログ時代を彷彿とさせる音』 Moonlight Shadowさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PM-14S1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:119人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
2件
0件
プリメインアンプ
2件
0件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ5
アナログ時代を彷彿とさせる音

ちょうど1年前の5月に購入しました。

果実の じょう嚢まで剥きとり、中身まで覗き見るような音を、広い空間に鏤める、といった定位感が好きだったところ、アナログ時代の 「いかに録音状態が良くても、混沌とした部分は混沌としたまま聞かせ、ひとたび 聞く から 聴く へと意識を変えれば、微細なところまで認識できる」 というような音に戻りたくなったことが理由です。

アナログディスクは名盤も中古で安く売られています。 さりとて、再びターンテーブル、アーム、カートリッジに大枚をはたき、スクラッチノイズにピリピリしながら聴くのも嫌なので、やはり CD。  更に、「以前愛用していた LUXMAN のように、シルキーなベールを纏った音ではなく」 という条件で聴き比べをした結果、この中級機に辿り着きました。

【デザイン】
重圧感がなく、クリーンですっきりとしていて良いと思います。 今、中級品以上はメーター付き というのがトレンドのようですが、肝心の音にとって良いはずがなく、14S1 のブルーライトも購入当初は 「余計なものを」 と思ったものの、見慣れるとなかなか。 でもこのデザイン ・・・ 薄型じゃないと、11S3 のように 瓦(失礼!) になってしまいますね。

【操作性】
聴く前に何度もボリュームを上げ下げしないと気が済まないタチだったので、電子ボリュームは助かります。 操作フィールも自然で、違和感はほとんどありません。 ON にした途端に音場が狭まるトーンコントロールも、 Heart の Alone のように調整が必要な曲もあることから、通常のボリュームノブで加減でき便利です。 BASS : 50Hz±10dB、 TREBLE : 20,000Hz±10dB というのも、ボヤつかず、ダブらずで、効果的な効かせ方が可能です。

【音質】
@真空管以外 A50万円以内 という条件で試聴した限りでは、同じ傾向のアンプはありませんでした。 ふくよかで細かな音まで聴き取ることが出来、どちらかと言えば明るい音調でしょう。 前後、左右、上下への広がりもあり、空間表現は得意な方ではないかと思います。

ひとつ苦言を呈するなら ・・・ 中級機ならもっとマシな電源ケーブルにすべき。 付属のものは廉価品が常ではあるものの、このクラスとしては細過ぎでしょう。
従って、クラスに見合ったケーブルへ交換することによる効果は大きく、ローエンドは下がり、ハイエンドは伸び、見通し良く、ボーカルにも艶が出て、太くリアルな音になります。 恐らくこれが本来の音なのでしょう。 私は、購入したショップで使用されていた AIRBOW KDK-OFC を使っています。

ちなみにこのアンプ、様々な要因があるとは思いますが、極性による変化が激しく、ひとたびコンセント接続を逆にしてしまうと、低音は量感がなくボケてしまい、中〜高音は か細くザラつきます。 これだけ変化があるにもかかわらず、マニュアルには極性のことなど一言も触れられていません。 勿論、付属ケーブルには極性表示などありません。

【パワー】
16帖のリビングでは十分だと思います。

【入出力端子】
スピーカー端子がもう1組欲しいところ。

【サイズ】
他の方も書かれている通り、意外に奥行きがあります。 ラックに入らないケースもあるのでは?

【総評】
実売価格は1年前からほぼ横ばいではあるものの十分こなれていることから、お買い得なアンプと言って良いと思います。 但し、冒頭に書いた 「デジタル・デジタル」 した音が好きな方には物足りないのではないでしょうか。

あと、これはショップの接続環境によるところも大きいとは思いますが、一聴して 14S1 より鮮明に感じるアンプで、実は細かな音が出ていないものが少なくありません。 当たり前のことでしょうけど、アンプ選びは試聴が基本だと実感しました。

レベル
中級者

参考になった58人(再レビュー後:57人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ5
アナログ時代を彷彿とさせる音

ちょうど1年前の5月に購入しました。

果実の じょう嚢まで剥きとり、中身まで覗き見るような音を、広い空間に鏤める、といった定位感が好きだったところ、アナログ時代の 「いかに録音状態が良くても、混沌とした部分は混沌としたまま聞かせ、ひとたび 聞く から 聴く へと意識を変えれば、微細なところまで認識できる」 というような音に戻りたくなったことが理由です。

アナログディスクは名盤も中古で安く売られています。 さりとて、再びターンテーブル、アーム、カートリッジに大枚をはたき、スクラッチノイズにピリピリしながら聴くのも嫌なので、やはり CD。  更に、「以前愛用していた LUXMAN のように、シルキーなベールを纏った音ではなく」 という条件で聴き比べをした結果、この中級機に辿り着きました。

【デザイン】
重圧感がなく、クリーンですっきりとしていて良いと思います。 ブルーライトも購入当初は 「余計なものを」 と思いましたが、見慣れるとなかなか。 でもこのデザイン ・・・ 薄型じゃないと、11S3 のように 瓦(失礼!) になってしまいますね。

【操作性】
聴く前に何度もボリュームを上げ下げしないと気が済まないタチだったので、電子ボリュームは助かります。 操作フィールも自然で、違和感はほとんどありません。 ON にした途端に音場が狭まるトーンコントロールも、 Heart の Alone のように調整が必要な曲もあることから、通常のボリュームノブで加減でき便利です。 BASS : 50Hz±10dB、 TREBLE : 20,000Hz±10dB というのも、ボヤつかず、ダブらずで、効果的な効かせ方が可能です。

【音質】
@真空管以外 A50万円以内 という条件で試聴した限りでは、同じ傾向のアンプはありませんでした。 ふくよかで細かな音まで聴き取ることが出来、どちらかと言えば明るい音調でしょう。 前後、左右、上下への広がりもあり、空間表現は得意な方ではないかと思います。

ひとつ苦言を呈するなら ・・・ 中級機ならもっとマシな電源ケーブルにすべき。 付属のものは廉価品が常ではあるものの、このクラスとしては細過ぎでしょう。
従って、クラスに見合ったケーブルへ交換することによる効果は大きく、ローエンドは下がり、ハイエンドは伸び、見通し良く、ボーカルにも艶が出て、太くリアルな音になります。 恐らくこれが本来の音なのでしょう。 私は、購入したショップで使用されていた AIRBOW KDK-OFC を使っています。

ちなみにこのアンプ、様々な要因があるとは思いますが、極性による変化が激しく、ひとたびコンセント接続を逆にしてしまうと、低音は量感がなくボケてしまい、中〜高音は か細くザラつきます。 これだけ変化があるにもかかわらず、マニュアルには極性のことなど一言も触れられていません。 勿論、付属ケーブルには極性表示などありません。

【パワー】
16帖のリビングでは十分だと思います。

【入出力端子】
スピーカー端子がもう1組欲しいところ。

【サイズ】
他の方も書かれている通り、意外に奥行きがあります。 ラックに入らないケースもあるのでは?

【総評】
実売価格は1年前からほぼ横ばいではあるものの十分こなれていることから、お買い得なアンプと言って良いと思います。 但し、冒頭に書いた 「デジタル・デジタル」 した音が好きな方には物足りないのではないでしょうか。

あと、これはショップの接続環境によるところも大きいとは思いますが、一聴して 14S1 より鮮明に感じるアンプで、実は細かな音が出ていないものが少なくありません。 当たり前のことでしょうけど、アンプ選びは試聴が基本だと実感しました。

レベル
中級者

参考になった0

満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ5
アナログ時代を彷彿とさせる音

ちょうど1年前の5月に購入しました。

果実の じょう嚢まで剥きとり、中身まで覗き見るような音を、広い空間に網羅する、といった表現が好きだったところ、アナログ時代の 「いかに録音状態が良くても、混沌とした部分は混沌としたまま聞かせ、ひとたび 聞く から 聴く へと意識を変えれば、微細なところまで認識できる」 というような音に戻りたくなったことが理由です。

アナログディスクは名盤も中古で安く売られています。 さりとて、再びターンテーブル、アーム、カートリッジに大枚をはたき、スクラッチノイズにピリピリしながら聴くのも嫌なので、やはり CD。  更に、「以前愛用していた LUXMAN のように、シルキーなベールを被せた音ではなく」 という条件で聴き比べをした結果、この中級機に辿り着きました。

【デザイン】
重圧感がなく、クリーンですっきりとしていて良いと思います。 ブルーライトも購入当初は 「余計なものを」 と思いましたが、見慣れるとなかなか。 でもこのデザイン ・・・ 薄型じゃないと、11S3 のように 瓦(失礼!) になってしまいますね。

【操作性】
聴く前に何度もボリュームを上げ下げしないと気が済まないタチだったので、電子ボリュームは助かります。 操作フィールも自然で、違和感はほとんどありません。 ON にした途端に音場が狭まるトーンコントロールも、 Heart の Alone のように調整が必要な曲もあることから、通常のボリュームノブで加減でき便利です。 BASS : 50Hz±10dB、 TREBLE : 20,000Hz±10dB というのも、ボヤつかず、ダブらずで、効果的な効かせ方が可能です。

【音質】
@真空管以外 A50万円以内 という条件で試聴した限りでは、同じ傾向のアンプはありませんでした。 ふくよかで細かな音まで聴き取ることが出来、どちらかと言えば明るい音調でしょう。 前後、左右、上下への広がりもあり、空間表現は得意な方ではないかと思います。

ひとつ苦言を呈するなら ・・・ 中級機ならもっとマシな電源ケーブルにすべき。 付属のものは廉価品が常ではあるものの、このクラスとしては細過ぎでしょう。
従って、クラスに見合ったケーブルへ交換することによる効果は大きく、ローエンドは下がり、ハイエンドは伸び、見通し良く、ボーカルにも艶が出て、太くリアルな音になります。 恐らくこれが本来の音なのでしょう。 私は、購入したショップで使用されていた AIRBOW KDK-OFC を使っています。

ちなみにこのアンプ、様々な要因があるとは思いますが、極性による変化が激しく、ひとたびコンセント接続を逆にしてしまうと、低音は量感がなくボケてしまい、中〜高音は か細くザラつきます。 これだけ変化があるにもかかわらず、マニュアルには極性のことなど一言も触れられていません。 勿論、付属ケーブルには極性表示などありません。

【パワー】
16帖のリビングでは十分だと思います。

【入出力端子】
スピーカー端子がもう1組欲しいところ。

【サイズ】
他の方も書かれている通り、意外に奥行きがあります。 ラックに入らないケースもあるのでは?

【総評】
実売価格は1年前からほぼ横ばいではあるものの十分こなれていることから、お買い得なアンプと言って良いと思います。 但し、冒頭に書いた 「デジタル・デジタル」 した音が好きな方には物足りないのではないでしょうか。

あと、これはショップの接続環境によるところも大きいとは思いますが、一聴して 14S1 より鮮明に感じるアンプで、実は細かな音が出ていないものが少なくありません。 当たり前のことでしょうけど、アンプ選びは試聴が基本だと実感しました。

レベル
中級者

参考になった0

満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ5
アナログ時代を彷彿とさせる音

ちょうど1年前の5月に購入しました。

果実の じょう嚢まで剥きとり、中身まで覗き見るような音を、広い空間に網羅する、といった表現が好きだったところ、アナログ時代の 「いかに録音状態が良くても、混沌とした部分は混沌としたまま聞かせ、ひとたび 聞く から 聴く へと意識を変えれば、微細なところまで認識できる」 というような音に戻りたくなくなったことが理由です。

アナログディスクは名盤も中古で安く売られています。 さりとて、再びターンテーブル、アーム、カートリッジに大枚をはたき、スクラッチノイズにピリピリしながら聴くのも嫌なので、やはり CD。  更に、「以前愛用していた LUXMAN のように、シルキーなベールを被せた音ではなく」 という条件で聴き比べをした結果、この中級機に辿り着きました。

【デザイン】
重圧感がなく、クリーンですっきりとしていて良いと思います。 ブルーライトも購入当初は 「余計なものを」 と思いましたが、見慣れるとなかなか。 でもこのデザイン ・・・ 薄型じゃないと、11S3 のように 瓦(失礼!) になってしまいますね。

【操作性】
聴く前に何度もボリュームを上げ下げしないと気が済まないタチだったので、電子ボリュームは助かります。 操作フィールも自然で、違和感はほとんどありません。 ON にした途端に音場が狭まるトーンコントロールも、 Heart の Alone のように調整が必要な曲もあることから、通常のボリュームノブで加減でき便利です。 BASS : 50Hz±10dB、 TREBLE : 20,000Hz±10dB というのも、ボヤつかず、ダブらずで、効果的な効かせ方が可能です。

【音質】
@真空管以外 A50万円以内 という条件で試聴した限りでは、同じ傾向のアンプはありませんでした。 ふくよかで細かな音まで聴き取ることが出来、どちらかと言えば明るい音調でしょう。 前後、左右、上下への広がりもあり、空間表現は得意な方ではないかと思います。

ひとつ苦言を呈するなら ・・・ 中級機ならもっとマシな電源ケーブルにすべき。 もちろん、付属のものは本体に比べ格下なのが普通であるものの、これだけ細く、頼りない電源ケーブルは見たことがありません。 アンプが悲鳴を上げそうです。 従って、クラスに見合ったケーブルへ交換することによる効果は大きく、ローエンドは下がり、ハイエンドは伸び、見通し良く、ボーカルにも艶が出て、太くリアルな音になります。 恐らくこれが本来の音なのでしょう。 私は、購入したショップで使用されていた AIRBOW KDK-OFC を使っています。

ちなみにこのアンプ、様々な要因があるとは思いますが、極性による変化が激しく、ひとたびコンセント接続を逆にしてしまうと、低音は量感がなくボケてしまい、中〜高音は か細くザラつきます。 これだけ変化があるにもかかわらず、マニュアルには極性のことなど一言も触れられていません。 勿論、ケーブルには極性表示などありません。

【パワー】
16帖のリビングでは十分だと思います。

【入出力端子】
スピーカー端子がもう1組欲しいところ。

【サイズ】
他の方も書かれている通り、意外に奥行きがあります。 ラックに入らないケースもあるのでは?

【総評】
実売価格は1年前からほぼ横ばいではあるものの十分こなれていることから、お買い得なアンプと言って良いと思います。 但し、冒頭に書いた 「デジタル・デジタル」 した音が好きな方には物足りないのではないでしょうか。

あと、これはショップの接続環境によるところも大きいとは思いますが、一聴して 14S1 より鮮明に感じるアンプで、実は細かな音が出ていないものが少なくありません。 当たり前のことでしょうけど、アンプ選びは試聴が基本だと実感しました。

レベル
中級者

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「PM-14S1」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
繊細な音質です。  4 2019年9月2日 09:54
初めて購入したマランツアンプ  5 2018年5月2日 00:51
PM8004からのアップグレード  5 2017年1月7日 02:10
黒澤映画のリアリズムと嘘  5 2016年7月10日 10:44
アナログ時代を彷彿とさせる音  5 2016年5月15日 13:28
しっかりとした音の出るアンプです  5 2016年5月1日 12:00
満足です!  5 2016年4月19日 22:46
癒しを求めて  4 2015年4月2日 10:32
透明感のある音です。  5 2015年3月29日 00:09
父ちゃんに 贅沢極まる逸品  5 2014年7月30日 19:45

PM-14S1のレビューを見る(レビュアー数:13人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PM-14S1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PM-14S1
マランツ

PM-14S1

最安価格(税込):¥147,800発売日:2013年10月中旬 価格.comの安さの理由は?

PM-14S1をお気に入り製品に追加する <127

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意