『大伸ばしの展示会用写真も可能な高画質。』 SONY サイバーショット DSC-RX100M2 こだわり屋のマコトおじさんさんのレビュー・評価

2013年 7月 5日 発売

サイバーショット DSC-RX100M2

  • 1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載したデジタルカメラ。あらゆる焦点距離ですぐれた描写性能と美しいボケ味を両立する。
  • 撮影スタイルの自由度を拡げる可動式チルト液晶モニターや、システムアクセサリーを装着できる「マルチインターフェースシュー」、「マルチ端子」を搭載。
  • NFCを搭載しているため、撮影時や撮影後にワンタッチでスマートフォンと連携し、撮影画像を簡単に転送できる。
サイバーショット DSC-RX100M2 製品画像
最安価格(税込):

¥56,007

(前週比:+3,007円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥57,876

イートレンド

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥22,440 (32製品)


価格帯:¥56,007〜¥74,676 (25店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥56,007 〜 ¥56,895 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2090万画素(総画素)/2020万画素(有効画素) 光学ズーム:3.6倍 撮影枚数:350枚 サイバーショット DSC-RX100M2のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

サイバーショット DSC-RX100M2 の後に発売された製品サイバーショット DSC-RX100M2とサイバーショット DSC-RX100M3を比較する

サイバーショット DSC-RX100M3

サイバーショット DSC-RX100M3

最安価格(税込): ¥55,900 発売日:2014年 5月30日

画素数:2090万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 光学ズーム:2.9倍 撮影枚数:320枚
  • サイバーショット DSC-RX100M2の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M2の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M2の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX100M2の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX100M2のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX100M2の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX100M2のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX100M2のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX100M2の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX100M2のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX100M2のオークション

サイバーショット DSC-RX100M2SONY

最安価格(税込):¥56,007 (前週比:+3,007円↑) 発売日:2013年 7月 5日

  • サイバーショット DSC-RX100M2の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M2の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M2の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX100M2の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX100M2のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX100M2の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX100M2のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX100M2のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX100M2の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX100M2のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX100M2のオークション
ユーザーレビュー > カメラ > デジタルカメラ > SONY > サイバーショット DSC-RX100M2

『大伸ばしの展示会用写真も可能な高画質。』 こだわり屋のマコトおじさんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

サイバーショット DSC-RX100M2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
11件
レンズ
4件
0件
タイヤ
2件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感3
大伸ばしの展示会用写真も可能な高画質。
当機種我が家の番犬 コロ
当機種近所の梅 (散歩撮り)
当機種福寿草の里の紅白梅 (地元で散歩撮り)

我が家の番犬 コロ

近所の梅 (散歩撮り)

福寿草の里の紅白梅 (地元で散歩撮り)

当機種過ぎ去りし時 (廃園の保育園跡)
   

過ぎ去りし時 (廃園の保育園跡)

   

画質はカメラのセンサーサイズで決まるそうです。
コンデジのセンサーは、1/2.3型、1/1.75型、1型、1.5型、APS-C、そしてフルサイズまであります。
普通のコンデジは、1/2.3型です。画素数は1800万画素など普通にあります。このようなコンデジの画質はパソコンのピクセル等倍が見た目に厳しく、それでも最高A-4までは伸ばせる様です。
こちらのRX100M2は、1型です。画素数は2020万画素。パソコンのピクセル等倍が見た目に満足出来るレベルで、最高A-3伸びまで伸ばせる様です。価格コムでの、姉妹機のRX100M3についてのある方のレビュー投稿では、RX100M3で撮影し、全紙まで伸ばしても画質は問題なく良いとの事。写真クラブの展示などで他の作品(一眼のAPS-Cでの撮影写真)と比べての話です。

私は1/2.3型のDSC-WX500を下取りに、RX100M2を購入しました。他に、ニコン35Tiと言う、35mmフルサイズフィルムのコンパクトも一緒に出しました。前はフィルムのコンパクトは普通にフルサイズでした。レンズが良い高価でハイスペックなコンパクトなら普通に画質も良かった。

こちらのRX100M2は、コンパクトだがコンデジでは大き目の1型センサー使用なので画質は良いとの事。本体サイズはソニーの1/2.3 型とほぼ変わらず、重さは少し重いが300グラムを切っています。

こちらのカメラは2020万画素で35mm換算の28〜100mm3.57倍ズーム(取説には3.6倍とあります)です。
1000万画素に設定すると、光学ズーム3.57倍100mmまでは画質低下なし。全画素超解像ズームと言ういわゆるデジタルズームで5.1倍142.8mmまでは画質低下なし。それより上の10倍280mmまでは画質低下はわりと少ない。取説を見て設定するとこうなります。
1000万画素設定では1型センサー全部の画素数のほぼ半分の画素数で撮影出来るが、2020万画素までの画素数を最大限使用して5.1倍までデジタルズームした場合は画質低下(使用画素数の低下)がないのだと思います。高画素数なセンサーのトリミングズームならば多少のトリミングまでは同じ画素数(1000万画素設定の場合)が使用でき、画質的に割と有利と言えるでしょう。その上の5.1倍超えから10倍280mmまでのデジタルズームをすると画質低下が始まり、最高10倍で500万画素分の画質になるかと思います(この辺は詳しく調べていませんが)。

取説によると、1000万画素でA-3 まで伸ばしがOKで、2020万画素でA-3 伸びまで伸ばしがOKとの事です。
先程のRX100M3のユーザーの話を元に、やや拡大解釈すれば1000万画素でA-3伸び、2020万画素で全紙まで伸ばしが可能かと思います。
以上の事をまとめると、1000万画素設定で28〜142.8mmまで使用ならA-3伸びや半切までの小写真展などには出せる。2020万画素設定で光学ズームのみの28〜100oまで使用ならば全紙(全倍)までの大型作品提出にも対応可能な画質レベルです。

このカメラは普段持ち歩けるサイズ重量なので、地方の祭り、通りすがりで発見した人々の生活の姿や風物詩、自然風景などの撮影に活かしたい。作品提出の撮影の際はほとんどの人が一眼で撮るのが普通ですが、このカメラで撮った写真での作品提出なども今後実際にやって見たいと思います。

 ◎以下、RX100シリーズの個人的評価。
1、M1は価格がこなれていて全くお買い得と言える。1型センサーが売りのRX100入門機。
2、M2は、背面照射型のセンサーでM1より暗さに強いのが良い。値段もM1に少し上乗せ位で済む。広角側の28mm止まりは我慢。
3、M3の液晶ビューファインダーは戸外の明るい場所で見やすそうで良い。ただ24〜70mmは望遠側が不足。M2より値段が高い。
4、M4の、アイセンサーフォーカスと言うのだったか、瞳にピントが合うのはすごく良い。だが70mmまでのポートレートでは望遠側が不足。85mm以上ないとボケ味が今一で見た目が冴えない。M3より値段がもっと高い。
5、M5は値段がかなり高い。世界最速フォーカス(コンデジ中)と言うのだったかは凄い。

◎最後に…ソニーやキャノンなどで、35mmフルサイズのハイスペックなコンデジも出ていますが、価格も最高レベルでまだ当分は買えない感じです(笑)。大きなセンサーがカメラ製造上高く付くのでしょうかね、価格は20万円越えとかのレベルと思います。

《カメラテストの写真を掲載》作品はまだ出来ていませんが、このカメラで撮り始めた写真を数枚掲載しました。良い写真はこれから先撮れるかも(笑)です。3枚目の紅白の梅の写真は2千万画素設定で撮りました。

レベル
ハイアマチュア

参考になった8人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感3
大伸ばしの展示会用写真も可能な高画質。
当機種我が家の番犬コロ フラッシュ使用
当機種近所の梅 散歩撮り
当機種福寿草の里の梅 散歩撮り(逆光手かざしのフード) 

我が家の番犬コロ フラッシュ使用

近所の梅 散歩撮り

福寿草の里の梅 散歩撮り(逆光手かざしのフード) 

画質はカメラのセンサーサイズで決まるそうです。
コンデジのセンサーは、1/2.3型、1/1.75型、1型、1.5型、APS-C、そしてフルサイズまであります。
普通のコンデジは、1/2.3型です。画素数は1800万画素など普通にあります。このようなコンデジの画質はパソコンのピクセル等倍が見た目に厳しく、それでも最高A-4までは伸ばせる様です。
こちらのRX100M2は、1型です。画素数は2020万画素。パソコンのピクセル等倍が見た目に満足出来るレベルで、最高A-3伸びまで伸ばせる様です。価格コムでの、姉妹機のRX100M3についてのある方のレビュー投稿では、RX100M3で撮影し、全紙まで伸ばしても画質は問題なく良いとの事。写真クラブの展示などで他の作品(一眼のAPS-Cでの撮影写真)と比べての話です。

私は1/2.3型のDSC-WX500を下取りに、RX100M2を購入しました。他に、ニコン35Tiと言う、35mmフルサイズフィルムのコンパクトも一緒に出しました。前はフィルムのコンパクトは普通にフルサイズでした。レンズが良い高価でハイスペックなコンパクトなら普通に画質も良かった。

こちらのRX100M2は、コンパクトだがコンデジでは大き目の1型センサー使用なので画質は良いとの事。本体サイズはソニーの1/2.3 型とほぼ変わらず、重さは少し重いが300グラムを切っています。

こちらのカメラは2020万画素で35mm換算の28〜100mm3.57倍ズーム(取説には3.6倍とあります)です。
1000万画素に設定すると、光学ズーム3.57倍100mmまでは画質低下なし。全画素超解像ズームと言ういわゆるデジタルズームで5.1倍142.8mmまでは画質低下なし。それより上の10倍280mmまでは画質低下はわりと少ない。取説を見て設定するとこうなります。
1000万画素設定では1型センサー全部の画素数のほぼ半分の画素数で撮影出来るが、2020万画素までの画素数を最大限使用して5.1倍までデジタルズームした場合は画質低下(使用画素数の低下)がないのだと思います。大画素数のセンサーのトリミングズームの強みと言えるでしょうか。フィルムだってサイズが大きければプリントの際のトリミング時には画質的には有利です、同じ原理。
しかしその上の5.1倍超えから10倍280mmまでのデジタルズームをすると画質低下が始まり、最高10倍で500万画素分の画質になるかと思いますが、この辺は詳しく調べていないので私の予想です。

取説によると、1000万画素でA-3 まで伸ばしがOKで、2020万画素でA-3 伸びまで伸ばしがOKとの事です。
先程のRX100M3のユーザーの話を元に、やや拡大解釈すれば1000万画素でA-3伸び、2020万画素で全紙まで伸ばしが可能かと思います。
以上の事をまとめると、1000万画素設定で28〜142.8mmまで使用ならA-3伸びや半切までの小写真展などには出せる。2020万画素設定で光学ズームのみの28〜100oまで使用ならば全紙(全倍)までの大型作品提出にも対応可能な画質レベルです。

このカメラは普段持ち歩けるサイズ重量なので、地方の祭り、通りすがりで発見した人々の生活の姿や風物詩、自然風景などの撮影に活かしたい。作品提出の撮影の際はほとんどの人が一眼で撮るのが普通ですが、このカメラで撮った写真での作品提出なども今後実際にやって見たいと思います。

 ◎以下、RX100シリーズの個人的評価。
1、M1は価格がこなれていて全くお買い得と言える。1型センサーが売りのRX100入門機。
2、M2は、背面照射型のセンサーでM1より暗さに強いのが良い。値段もM1に少し上乗せ位で済む。広角側の28mm止まりは我慢。
3、M3の液晶ビューファインダーは戸外の明るい場所で見やすそうで良い。ただ24〜70mmは望遠側が不足。M2より値段が高い。
4、M4の、アイセンサーフォーカスと言うのだったか、瞳にピントが合うのはすごく良い。だが70mmまでのポートレートでは望遠側が不足。85mm以上ないとボケ味が今一で見た目が冴えない。M3より値段がもっと高い。
5、M5は値段がかなり高い。世界最速フォーカス(コンデジ中)と言うのだったかは凄い。

◎最後に…ソニーやキャノンなどで、35mmフルサイズのハイスペックなコンデジも出ていますが、価格も最高レベルでまだ当分は買えない感じです(笑)。大きなセンサーがカメラ製造上高く付くのでしょうかね、価格は20万円越えとかのレベルと思います。

《カメラテストの写真を掲載》
作品はまだ出来ていませんが、このカメラで撮り始めた散歩撮り写真を数枚掲載しました。良い写真はこれから先撮れるかも(笑)です。最後の紅白の梅の写真は2千万画素設定で撮りました。

レベル
ハイアマチュア

参考になった0

満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感3
大伸ばしの展示会用写真も可能な高画質。

画質はカメラのセンサーサイズで決まるそうです。
コンデジのセンサーは、1/2.3型、1/1.75型、1型、1.5型、APS-C、そしてフルサイズまであります。
普通のコンデジは、1/2.3型です。画素数は1800万画素など普通にあります。このようなコンデジの画質はパソコンのピクセル等倍が見た目に厳しく、それでも最高A-4までは伸ばせる様です。
こちらのRX100M2は、1型です。画素数は2020万画素。パソコンのピクセル等倍が見た目に満足出来るレベルで、最高A-3伸びまで伸ばせる様です。価格コムでの、姉妹機のRX100M3についてのある方のレビュー投稿では、RX100M3で撮影し、全紙まで伸ばしても画質は問題なく良いとの事。写真クラブの展示などで他の作品(一眼のAPS-Cでの撮影写真)と比べての話です。

私は1/2.3型のDSC-WX500を下取りに、RX100M2を購入しました。他に、ニコン35Tiと言う、35mmフルサイズフィルムのコンパクトも一緒に出しました。前はフィルムのコンパクトは普通にフルサイズでした。レンズが良い高価でハイスペックなコンパクトなら普通に画質も良かった。

こちらのRX100M2は、コンパクトだがコンデジでは大き目の1型センサー使用なので画質は良いとの事。本体サイズはソニーの1/2.3 型とほぼ変わらず、重さは少し重いが300グラムを切っています。

こちらのカメラは2020万画素で35mm換算の28〜100mm3.57倍ズーム(取説には3.6倍とあります)です。
1000万画素に設定すると、光学ズーム3.57倍100mmまでは画質低下なし。全画素超解像ズームと言ういわゆるデジタルズームで5.1倍142.8mmまでは画質低下なし。それより上の10倍280mmまでは画質低下はわりと少ない。取説を見て設定するとこうなります。
1000万画素設定では1型センサー全部の画素数のほぼ半分の画素数で撮影出来るが、2020万画素までの画素数を最大限使用して5.1倍までデジタルズームした場合は画質低下(使用画素数の低下)がないのだと思います。大画素数のセンサーのトリミングズームの強みと言えるでしょうか。フィルムだってサイズが大きければプリントの際のトリミング時には画質的には有利です、同じ原理。
しかしその上の5.1倍超えから10倍280mmまでのデジタルズームをすると画質低下が始まり、最高10倍で500万画素分の画質になるかと思いますが、この辺は詳しく調べていないので私の予想です。

取説によると、1000万画素でA-3 まで伸ばしがOKで、2020万画素でA-3 伸びまで伸ばしがOKとの事です。
先程のRX100M3のユーザーの話を元に、やや拡大解釈すれば1000万画素でA-3伸び、2020万画素で全紙まで伸ばしが可能かと思います。
以上の事をまとめると、1000万画素設定で28〜142.8mmまで使用ならA-3伸びや半切までの小写真展などには出せる。2020万画素設定で光学ズームのみの28〜100oまで使用ならば全紙(全倍)までの大型作品提出にも対応可能な画質レベルです。

このカメラは普段持ち歩けるサイズ重量なので、地方の祭り、通りすがりで発見した人々の生活の姿や風物詩、自然風景などの撮影に活かしたい。作品提出の撮影の際はほとんどの人が一眼で撮るのが普通ですが、このカメラで撮った写真での作品提出なども今後実際にやって見たいと思います。

 ◎以下、RX100シリーズの個人的評価。
1、M1は価格がこなれていて全くお買い得と言える。1型センサーが売りのRX100入門機。
2、M2は、背面照射型のセンサーでM1より暗さに強いのが良い。値段もM1に少し上乗せ位で済む。広角側の28mm止まりは我慢。
3、M3の液晶ビューファインダーは戸外の明るい場所で見やすそうで良い。ただ24〜70mmは望遠側が不足。M2より値段が高い。
4、M4の、アイセンサーフォーカスと言うのだったか、瞳にピントが合うのはすごく良い。だが70mmまでのポートレートでは望遠側が不足。85mm以上ないとボケ味が今一で見た目が冴えない。M3より値段がもっと高い。
5、M5は値段がかなり高い。世界最速フォーカス(コンデジ中)と言うのだったかは凄い。

◎最後に…ソニーやキャノンなどで、35mmフルサイズのハイスペックなコンデジも出ていますが、価格も最高レベルでまだ当分は買えない感じです(笑)。大きなセンサーがカメラ製造上高く付くのでしょうかね、価格は20万円越えとかのレベルと思います。

レベル
ハイアマチュア

参考になった1

満足度5
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感3
大伸ばしの展示会用写真も可能な高画質。

画質はカメラのセンサーサイズで決まるそうです。
コンデジのセンサーは、1/2.3型、1/1.75型、1型、1.5型、APS-C、そしてフルサイズまであります。
普通のコンデジは、1/2.3型です。画素数は1800万画素など普通にあります。このようなコンデジの画質はパソコンのピクセル等倍が見た目に厳しく、それでも最高A-4までは伸ばせる様です。
こちらのRX100M2は、1型です。画素数は2020万画素。パソコンのピクセル等倍が見た目に満足出来るレベルで、最高A-3伸びまで伸ばせる様です。価格コムのRX100M3のある方のレビュー投稿では、RX100M3で撮影し、全紙まで伸ばしても画質は問題なく良いとの事。写真クラブの展示などで他の作品(一眼のAPS-Cでの撮影写真)と比べての話です。

私は1/2.3型のDSC-WX500を下取りに、RXM2を購入しました。他に、ニコン35Tiと言う、35mmフルサイズフィルムのコンパクトも一緒に出しました。前はフィルムのコンパクトは普通にフルサイズでした。レンズが良い高価な方のコンパクトなら普通に画質も良かった。

こちらのRX100M2は、コンパクトだが大き目の1型センサーですので画質は良い。本体サイズはソニーの1/2.3 型とほぼ変わらず、重さは少し重いが300グラムを切っています。

こちらのカメラは2020万画素で35mm換算の28〜100mm3.57倍ズーム(取説には3.6倍とあります)です。
1000万画素にすると、光学ズーム3.57倍100mmまでは画質低下なし。全画素超解像ズームと言うデジタルズーム5.1倍142.8mmまでも画質低下なし。1000万画素設定では1型全部のセンサーより少ないセンサー数で撮影出来るが、2000万画素までのセンサー数を拡大使用して5.1倍までデジタルズームするので画質低下がないのだと思います。高画素センサーのトリミングズームと言えるでしょうか。その上の5.1倍超えから10倍280mmまでのデジタルズームをすると画質低下が始まり、最高10倍で500万画素分の画質になるかと思いますがはっきりは分かりません。

取説によると、1000万画素でA-3 まで伸ばしがOKで、2020万画素でA-3 伸びまで伸ばしがOKとの事です。
先程のユーザーの話を元に、やや拡大解釈すれば1000万画素でA-3伸び、2020万画素で全紙まで伸ばしが可能かと思います。
2020万画素で光学ズームの28〜100oまでは使用しても全紙までの作品提出には問題なし。1000万画素で28〜142.8mmまでもA-3伸びや半切までの小写真展などには出せる画質レベルです。

このカメラは普段持ち歩けるサイズ重量なので、地方の祭り、通りすがりで発見した人々の生活の姿や風物詩、自然風景などの撮影に活かしたい。作品提出の撮影の際はほとんどの人が一眼で撮るのが普通ですが、このカメラで撮った写真での作品提出なども今後実際にやって見たいと思います。

 ◎以下、RX100シリーズの個人的評価。
1、M1は価格がこなれていて全くお買い得と言える。
2、M2は、背面照射型のセンサーでM1より暗さに強いのが良い。値段もM1に少し上乗せ位で済む。
3、M3の液晶ビューファインダーは明るい所で見やすそうで良い。ただ24〜70mmは望遠側が不足。M2より値段が高い。
4、M4の、アイセンサーフォーカスと言うのだったか、瞳にピントが合うのはすごく良い。だが70mmまでのポートレートでは望遠側が不足。85mm以上ないとボケ味が今一で見た目が冴えない。M3より値段がもっと高い。
5、M5は値段がかなり高い。

◎最後に…ソニーやキャノンなどで、35mmフルサイズのハイスペックなコンデジも出ていますが、価格も最高レベルでまだ当分は買えない感じです(笑)。大きなセンサーがカメラ製造上高く付くのでしょうかね、価格は20万円越えとかのレベルと思います。

レベル
ハイアマチュア

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「サイバーショット DSC-RX100M2」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

サイバーショット DSC-RX100M2のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

サイバーショット DSC-RX100M2
SONY

サイバーショット DSC-RX100M2

最安価格(税込):¥56,007発売日:2013年 7月 5日 価格.comの安さの理由は?

サイバーショット DSC-RX100M2をお気に入り製品に追加する <1882

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意