スズキ スペーシアカスタムレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スペーシアカスタム

スペーシアカスタム のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
スペーシアカスタム 2017年モデル 4.37 自動車のランキング 73 36人 スペーシアカスタム 2017年モデルのレビューを書く
スペーシアカスタム 2013年モデル 4.36 自動車のランキング 68人 スペーシアカスタム 2013年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

スペーシアカスタム 2017年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.32 4.34 60位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.16 3.93 73位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.38 4.13 53位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.25 4.21 94位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.42 4.05 60位
燃費 燃費の満足度 4.20 3.89 60位
価格 総合的な価格の妥当性 3.77 3.88 72位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「乗車人数:2人」で絞込んだ結果 (絞込み解除

ぎいやぁさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

タイトルのとおり本当にいいですねぇ!
契約から納車までの5ヶ月間、待ちに待ちながらたくさんのスペーシアの評価を見て、期待や不安もありましたが、ほとんどいい意味で裏切られました!

はっきり言って、嘘ばっかりじゃんと思いました!

足回りの硬さによる突き上げ?
道が悪くても全然気にならなかったよ!
コーナーでのロールが悪い?
単にスピードの出し過ぎでしょ!
インテリアの特にメーターがチープ?
写真でしか見たことないの?実物はめちゃくちゃカッコいいよ!
アイドリングストップから復帰するときのギクシャク感?
どこが気になるの?
凄い静かだし、むしろ踏み込み過ぎでスタートダッシュするほうがよっぽどストレス感じますけど!

恐らくこういった不満を言う人は運転が荒い人だと思います。
普通に常用域で走ってれば全く不満はありません!

これがあったらなぁと思ったのはUSBポート。
ドアの内張りの収納が少し使いずらいですね!
バックミラーが拍子抜け!なのでデジタルインナーミラー付けてます!

あとは完璧!



乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
福岡県

新車価格
182万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

スペーシアカスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

りょぴぴーさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:249人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
9件
10件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格5


【インテリア】
ここも素晴らしい。
褒めどころ満載です。
この手の軽には中々融合の難しい
スポーティ感×上質感×ラグジュアリー感×高級感満載です。某高級ミニバンみたいといったら大袈裟ですが
角ばった大型フロントシート、分厚い面、座面の大きさはこのクルマの大きなアドバンテージでしょう。
レッドステッチを刺し色としつつスポーティ感が最高です。また、本革シフトノブも主要グレードには標準装備で素晴らしいこだわりな事。新型タントカスタムも主要グレードに標準装備。また、そこにも
レッドステッチが入っている。しかもシフトノブ自体にもだがシフトノブ周辺にもプラスチッキー感は
ゼロ。また、クラス初?コブ付の本革ステアリングを主要グレードへ標準装備している。素材の良さを感じる。
各、ピアノブラックのパーツにも2種類あって
ラメ入りのラグジュアリー感を程よく漂わせるピアノブラックパネルとラメ無しの高級感と上質感を目で見て、触れて感じさせてくれる。ここも素晴らしい使い分けだと痛感した。
また、他車には無い、助手席足元に付いている機構が
丸見えなのも軽あるあるだがこのクルマは見えない様にカバーが付いている。ここら辺もこだわりを感じる。
【エンジン性能】
再レビューはランキングを付けてみます。

ターボ車同士。速いモードに入れての順位。
1位 スペーシアカスタムハイブリッドターボ
→パワーモード
1位に差を付けられて

2位 エヌボックス カスタムターボ
→イーコンオフ
2位に大きな差を付けられて

3位 新型タントカスタムターボ
→パワーモード

スペーシアカスタムターボの場合はパワーモードでも
シングルトルクアップモードとダブルトルクアップモードが存在する。
シングル→エンジントルク、CVTのトルクアップ
ダブル→シングルに加えて、モーター、ISGの出力トルクアップ
シングルモードでも他車を頭一つ抜き出た走りをするがダブルトルクアップモードに入ればもう他車は
付いてこれない。

通常モード時のランキング 同じくターボ車同士

物の見事に速いモード時と変わらない順位でした。笑

【走行性能】
静粛性ランキング
(ウィンドウ全窓締め切りが全車条件として揃えて)

1位 スペーシアカスタムハイブリッドターボ

2位は1位と凄く僅差です!!!惜しいぞ!エヌボ!
2位 エヌボックス カスタムターボ

3位 新型タントカスタムターボ
全体的に僅差! 1位と2位と3位!

全体的に、ほぼ互角かと!
ただ、ランキングの審査条件に入れてないですが
スペーシアカスタムハイブリッドの場合は
アイドリングストップの再始動が素晴らしい!
→マイルドハイブリッドなのでそれで当然かもですが。
ただ、ここでビックリしたのがエヌボックスカスタム。マイルドハイブリッド無しにしてはアイドリングストップの再始動が中々静かだった。
ホンダさんはその点、凄くテストを繰り返したのかと思えばちょいと感動を覚える。

だが、悪い意味でビックリしたのが新型タントカスタム。ダイハツらしいエンジン音とアイドリングストップ再始動音。こういう所でクルマとしての基本性の
古さ、ダメさを感じる。

スペーシアカスタムハイブリッドは当たり前として見る人も居るだろうけどもここはエヌボックス カスタムに大拍手をプレゼントしたい。
【乗り心地】

ステアリングフィールもパワステの味付けも
クイックなステアリング裁きをしても華麗にかわしてくれクルマ自体が人間の操作に付いてくる感触が
もろに伝わって来たのがスペーシアカスタムハイブリッド。直進安定性、俊敏なステアリング反応、タイヤの接地感、ちゃんとカーブも踏ん張れるのも
スペーシアカスタムハイブリッドだと感じた。
タイヤ4つがちゃんと路面にへばりついて走行している、操っている感覚も流石ハーテクト、テクトを搭載したスペーシアカスタムハイブリッド。

車体の剛性感、強さはスペーシアカスタムハイブリッドも新型タントカスタムも物凄く高次元に実現されていた。ただ、ハーテクトテクト、DNGAなどの
技術が無い割にエヌボックス カスタムも上記の2車に
猛従しているので感心した!
その一方で新型タントカスタムはDNGAが期待外れな気がしなくも無かった。
スペーシアカスタムハイブリッドはちょいと
スポーティでクイックな印象。多少シビアな環境で使用しても大丈夫そうなくらい少し固め。ポジティブに捉えればタフ、ギアの言えるかも?
変わって新型タントカスタムはふんにゃりした印象しか無かった。段差を乗り越えた後も少しは
揺れた感じが続く。
その丁度真ん中がエヌボックス カスタムでした。
乗り心地はエヌボックス カスタムが位置付け的にも
丁度真ん中なだけあって優れている。
【総評】
しっかりと比較した上で好みによりけりですがそれでも決めきれない人は値引き等も重要になってくるかと。。。
私的には1番がスペーシアカスタムハイブリッドターボが2番目がエヌボックス カスタムターボ、3番目が
新型タントカスタムターボでした。

ご覧いただきありがとうございます!

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
東京都

新車価格
182万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

スペーシアカスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった51人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

evansonさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
4件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格4

ボンネットは左右こんな感じで貼ってます

左のライト側は5mmのクッションシートに対して

右は更に3mmのクッションを追加しました

最低グレードのGSを1月に納車、通勤で約1年半18000km程乗ってます。

エクステリア:悪顔に魅かれました。見る角度によって表情が変わりますが、着座位置からの対向が一番カッコいいです。
 パッと見以外で気になる部分ですが、ボンネットの向かって右側が気持ち浮きます。 ボンネットとライトの隙間を計れば分かり易いかと思います。
 原因はボンネットのロックが向かって左に寄っているのと、ヒンジが華奢なせいかと思われます。
 それを調整ゴムで矯正しようとすると、空きすぎてガタつくか、逆にきつくすると、ボンネットのグリル部分下端(Sマーク上ではなく下の所までがボンネットパーツです)が、押し出されて出っ歯状になります。
 まぁ半年経ったんで気にならなくはなりましたが、マイチェンする時は、ボンネットロックをセンターに、気持ち奥気味に改良してほしいです。


*2019/8/15追記

ボンネットのズレがやっぱり気になったので修正することにしました。使用したものは100均の耐震クッションジェルシートとフェルト系のクッションシールです。
まず画像2と3の様にヘッドライトユニット奥の上部に5mmのフェルトシールをカットして貼ります。
次に5mmのジェルシートを半分にカットして重ね、合計10mmの厚みにして、くっつかないように台紙シートに載せたまま、先程のフェルトシールの上に載せて、ボンネットを閉めてジェルシートを画像1の様にボンネット裏にくっつけます。
この状態で左右に15mmのスペーサーが噛んでいるんですが症状は変わらず、右側に更に画像3の茶色い3mmのフェルトを追加して、運転席側18o助手席側15oでようやく左右同じ高さになり、出っ歯も治りました。個体差あると思うので、数値は参考程度にして下さい。

ジェルシートはトランク下のパンク修理キットの入ったスチロールケースを納めてる底の鉄板にも貼ると、段差とかで発生する低温の響きが治まります。消音アイテムとして気になるところに貼るといいですよ。

あと、サンシェードは、吸盤なしでサンバイザーを当てがう芯入りタイプなら、幅130cmx高さ70cmのものがいいです。60cmだとかなりギリギリで買い替えました。

追記以上


インテリア:ピアノブラックです。少しラメって非常に綺麗です。勿論傷つきやすいです。ダッシュボードは納車後即全面ガラスコーテイングしまくりをお勧めします。ええ、ドアのスイッチ部分もまとめてやっちゃってください。
 内側のドアノブが開け閉めの時気持ちいいですよ。トランクモチーフの恩恵です。ニギニギしてやって下さい。
 GSのシート生地は汚れやすいので、レザーっぽいシートカバーを買っておいた方がいいです。座布団等のクッションは、乗り降りで非常に不便でした。

エンジン性能:NAでも大人しく走る分には問題ありません。が、駐車場から道路に出る時に、狭い車間に割り込みしようと急発進急加速とかは不得意です。
 急な登坂とかは、モーターとパワーモードでどうにかなります。でも普通車が後ろからせっついて来たら素直に譲ってあげてください。その方が心と燃費にいいです。
 高速も80〜100kmなら普通に出ます。軽にそれ以上求めてはいけません。

走行性能:ハイト系にしては、カーブで頑張ってる感じです。ハーテクトの車体で軽いせいか、ブレーキの効きもいいです。

乗り心地:音も静かですが、アスファルトの荒れた路だと吸収しきれなくなるみたいです。

燃費:納車直後の冬にAC入れっぱなしと不慣れのせいで16、AC切ってた春は24、熱くなってきたので夏はAC入れて20程度
 CVTの特性知らずに踏むと、速度も出ずに燃費だけが悪くなります。エンジンの回転数を常に1500~2000で抑える感じで、
 エンジン音だけ高いのに力足りないなと思ったら、一度アクセルを戻して踏み直してみるといいです。

価格:最低グレードで自動ブレーキ付いて170万、高いっちゃ高いですが、夏直前の今、も一個グレード上げてでも、サイドの断熱
ガラスが欲しいと強く感じました。

最後に一言、メーターのインフォは平均燃費にしておくと、節約思考になって、結果燃費が上がりました。
鞭打てば頑張ってくれるのでしょうが、労りの心で接することをお勧めします。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
香川県

新車価格
160万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

スペーシアカスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった26人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

川崎のケーズさん

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:1371人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

参考までに2019年3月のそれぞれの登録台数を追記しました。

Nボックス26418台(前年比98.4%)
スペーシア台18848(前年比100.7%)

【当初のレビュー】
販売絶好調のこの2台をくらべてみました。
スペーシアカスタム:XSターボ(2WD)
Nボックスカスタム:GLターボ(2WD)

【エクステリア】
アルファード風の大きなメッキグリルのスペーシアに対しNボックスはシーケンシャルウインカー(流れる指示器)を採用したソリッドなグリルは好き嫌いが別れるところ。

両方ともLEDヘッドライトが標準だが、プロジェクタータイプのスペーシアに対しNボックスはリフレクター式?なので端から見るとキラキラして綺麗だ。
またスペーシアはスーツケースを意識したデザインということで、ボディサイドに大きなキャラクターラインが入ってるのが特徴。

【インテリア】
両者とも質感はかなり高い。
ダッシュボードの上に配された小ぶりのメーターのNボックスに対し、スペーシアは円形の中に立体的な3眼メーターでかなり見やすい。

シートも両方とも高級感があるが、スペーシアはステアリングとシートに赤のステッチが入っておりスポーツマインドをくすぐられる。
ただ助手席のダッシュボードはスーツケースを意識したデザインがゆえに逆に上に物が置きづらくなってしまってるので、せっかくの大きな空間がもったいない。

【サーキュレーター】
スペーシアは天井にサーキュレーターが付いており、広い室内空間隅々まで風を行き届かせるようになっていた。
ちなみにエアコンの風が直接吹き出す訳ではないらしい。

【オーディオ】
両方ともオーディオレス。
スペーシアは6スピーカーが、Nボックスは最初から8スピーカーで前席はもちろん後部座席にもツィーターが付いているのでわざわざスピーカーを買う必要がない。
全方位モニターが必要ない人なら、市販の8インチハイレゾナビにすると純正8インチナビより10万円ぐらい違ってくるので、その分でETCやドライブレコーダーを付けるという手もあるだろう。

【エンジン性能】
Nボックスはアクセルを踏み込んだ最初エンジンがうなるが、スペーシアはかなり静か。
アイドリングストップもスペーシアはモーターで復帰するので違和感はほとんどない。

【走行性能】
ターボだけありどちらもよく走るが、スペーシアはターボにプラスしモーターがアシストするので坂道も軽快にかけ上がる。

【自動運転(運転支援)】
スペーシアは一定の速度での自動運転だが、Nボックスは前車を追従するタイプ。
なのでこれはNボックスに軍配があがる。

【乗り心地】
しなやかな乗り心地のスペーシアに対しNボックスは柔らかい。

ちなみにタイヤはスペーシアがブリヂストンのエコピア。Nボックスがダンロップのエナセーブで両方とも純正用だった。

【燃費】
これが一番差を感じたところ。
信号の多い都内、約3キロを2人乗車エアコンオフで坂道を取り入れ試乗。
スペーシア:16.3km/L
Nボックス:13.2km/Lだった。
スペーシアがハイブリッドとうたってるのもうなずける。

【その他の装備】
自動ブレーキ、ハイビームアシスト、パドルシフト、ヘッドアップディスプレイ、LEDフォグランプ、ステアリングスイッチ、後席両側パワースライドドア、後席両側パーソナルテーブル、ワンタッチウインカー(レバー1回の作動でウインカーが3回点滅)

【価格】
車体価格でスペーシア178万に対しNボックス189万。
あと出しジャンケンな分、スペーシアの方が10万ぐらい安く設定されている。

【総評】
178万の車体価格をどう思うかは価値観の違いで異なるだろうが、
ターボエンジンでよく走り、ハイブリッドで燃費もよく室内も静かで広くて維持費も安いとくればヘタなコンパクトカーよりかはコスパは高いと言えるだろう。

レビュー対象車
試乗

参考になった120人(再レビュー後:59人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

move009さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:48人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
33件
バイク(本体)
0件
25件
スマートフォン
0件
8件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費3
価格5

納車から3ヶ月近くが過ぎ、当初えくぼに見えたものが、少しアバタにも見え始めたので、再度レビューをします。

【エクステリア】
横から見ても,後ろから見ても,好感度が高い。初めて見たとき,ダイハツタントに似ているなあと思ったが,快適性を軽自動車に追求すれば,当然似てくるのだろう。
ただし,フロントグリルは頂けない。軽自動車であるのに,かなり背伸びした,力を入れすぎたデザインという印象が強い。私のような年配者には,このクルマを選択するのに勇気が必要だった。人からは、笑ゥせぇるすまんの「喪黒福造」みたいだと言われる。このグリルが改善されれば,国内トップクラスの軽自動車であると言えると思う。

【インテリア】
ハイブリッドXSターボは,室内が黒で統一され,シートにはアクセントとして赤いステッチが入っている。それなりに良いのだが,以前乗っていたタントはベージュ系で,これに比べればやや室内が暗い印象がある。
少しでも明るくするため,フロアマットは純正ではなく,赤いステッチの入った社外品を購入した。
ホンダNボックス,ダイハツウェイクと,いずれにするか検討したが,装備を比較すると,スペーシアの圧勝。Nボックスはフロントガラスが狭く,メーター類が競り上がっており,前方の視認性が悪い。また,後方のクオーターウィンドが狭く,後方の視認性も悪い。
ウェイクは,ダイハツ社の特徴だが,クルーズコントロールが無いのが最大の難点。これがあるとないとでは,高速走行時の快適性が大きく異なる。そのため,以前乗っていたタントには,社外品のスロコンをつけていた。ただ、タントと比較したら、やはり窓の大きさや視認性では劣ると思う。
また、運転席周りの各種スイッチの配置がいただけない。高速で急に減速せねばならないとき、ハザードランプを点灯させるが、いざという時、押しにくい位置にある。また、その他のスイッチも、扱いづらい。スズキ自動車には、もう少し人間工学的な研究をしていただきたいと思う。

【エンジン性能】
高速に良く乗るので,ターボ一択だった。グリルのデザインから,本当はカスタムにしたくなかったが,ターボはカスタムにしか無かった。エンジン性能そのものも,こんなものかと思うが,もう少しアクセルの反応が良ければと思う。以前乗っていたタントやムーヴのターボと比較して,反応が鈍い。燃費を良くするため,スズキはあえてアクセルの反応を鈍くしているのだろうと思う。
しかし,パワースイッチを押せば,ダイハツと同等となるので,特に問題とは思わない。

【走行性能】
やはりクルコンは最高。NボックスのようにACCがつけば万全だろうが,軽自動車にそこまで求めていない。これで充分だと思う。
ハンドルスイッチが設定されており、使いやすい。車外品(PIVOT)を使っていた時は、スイッチがどうしても使いづらい位置にあったので、その点ではずいぶんと活用しがいがある。
信号待ちからスタートするとき,エンジンストップ車特有の,不愉快なエンジン始動音もなく,静粛そのもの。
また,初めてパドルシフトの車に乗ったが,エンジンブレーキも使用しやすく,満足している。
ただし,タントよりハイトなため,高速走行時,横風にはハンドルを取られがちとなるので,少し恐い思いをしたことがある。
その後、久しぶりにタント・ターボに乗ってみたが、やはりこちらの方が落ち着いて運転できる。そのクルマの持っている特質なんだと思う。

【乗り心地】
最近の自動車はどれをみても、これが軽自動車かと思うほど,乗り心地に優れていると思う。かつての軽自動車と比較して室内の広さや質感にも優れており,小型の普通車を購入する意味が思い当たらない。
スズキ車は他社より50キロは軽量なので,乗り心地がやや落ちるかと思っていたが,そうでもなかった。充分満足できるレベル。

【燃費】
現在の所市街地走行が主で,通算の燃費は18キロ/l 。かなり良い方では無かろうか。今後まだ伸びることを期待している。
やはり,ハイブリッドが効いている?
・・・・そう思っていたが、12月に入ると、燃費ががくっと落ちた。みるみる生涯燃費が下がっていく。高速を長距離クルーズしたとき、同じコースでタント(ターボ)は20キロ/Lであったが、スペーシアは少し速度を落として運転したにもかかわらず、かろうじて18キロいくかいかないか。ハイブリッドと軽量車体のメリットがみられない。

【価格】
これだけ装備を揃えれば,この価格になっても仕方ないと思う。ホンダやダイハツと比べて,これでもか,という位に装備がついている。他についていればなあ,と思う装備は,ACC位?
スペーシアの装備に比較すれば,Nボックスは高すぎると感じる。値引きも渋く,購入意欲が減退してしまった。

【総評】
スズキ車に乗るのは初めてで,クルマの製作に対する意欲を感じた。今までは,スズキを検討したこともあったが,営業担当者の反応や対応が他社と比べてイマイチで,購入意欲に水を差されっぱなしだった。
ずっと以前の話だが,アクアの査定をお願いしたところ,担当者に無視されたことがあった。それ以来,スズキ車は今後,絶対に買わないと決めていたが,この新型を見て,冷やかすつもりでディーラーに出掛けたところ,スペーシアの素晴らしさに惚れ込んでしまった。
ダイハツは営業担当者の対応に対するアンケートなどが後日送られてきたが,スズキもやってみては,と思う。

Nボックスは走行性能と,もうひとつ,イメージ先行で売れている車で,これに対し,スペーシアはパレットのイメージを引きずった,その地味な存在やネーミングゆえに,負けていると思う。総合的に見て,最もすぐれた軽自動車は,スペーシアであると感じている。

今回,スペーシアを購入して,満足度は90点。総合的には満足度はかなり高いといえるが、最初とくらべて、少しずつアバタが見えてきた、というのが正直なところ。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年10月
購入地域
大分県

新車価格
182万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スペーシアカスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった37人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

独身貴族候補さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:60人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
10件
スピーカー
2件
4件
AVアンプ
1件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格5

ちょうど1年前に1世代前のカスタムZを新車で購入しました。その前もスズキ車に乗っていましたが特にスズキ車のファンではなく、車だけで選ぶならホンダのN-WGNカスタムが欲しいと思っていました。この車を選んだ理由は、契約したスズキ車の正規店が家から裏道で繋がっていてほぼノンストップでたどり着けるという立地条件の良さと、接客の良さから「次もこの店で買おう」と決めてスズキ車のラインナップの中から選びました。
接客についてはいろいろ書き込みがあるので全ての店が良いとは言いませんが、私が契約した店の接客は「付かず離れず」という感じの営業トークでそれなりに良かったですよ。車の総合評価「4」は不満があるわけではなく、期待値に対して手堅く基準点を得ているのに加えて、これまで何のトラブルや機器不良を起こしていない点を加味して評価しました。車は買って終わりの家電ではありませんので、欲しいと思う車は二の次でどの店なら信用できるかで選びました。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
千葉県

新車価格
149万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

スペーシアカスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヘロッチさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
6件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

駐車場で直ぐに探せる様にとアクティブイエロー

ディーラーさんに頼んで交換してもらったパネル(勿論実費)

悪戦苦闘の末になんとか自力取り付けしたリヤLEDリフレクター

【エクステリア】
カスタムのフロントグリルのデザインの良し悪しは別にして、結構コストがかかってそう。
グリルの黒く見えてる部分は黒めのブラックメッキ。
車全体がどっしりと構えてる感。
ヘッドライトがカッコイイ。フォグランプ廻りはタントカスタムっぽいかな?
リアは、先代のデザインを上手く受け継いで、どこから見てもスペーシアという感じ。
納車前からリアリフレクターをLEDタイプに交換しようと思い、パーツを取り寄せておいたのを交換したら尚更良くなった。
【インテリア】
Nボックスorスペーシア?どっち?で決め手になったのがこれ。
遊びゴコロがあってオシャレ。尚且つシートの座り心地がスペーシアの方が自分好み。
Nボックスは、見た目と触り心地は良かったんだけれど柔らかな座り心地が好みで無かった。
ただ、全席アームレスト。これはスペーシアにも欲しかった。
スペーシア標準車のアイボリーとブラックの2トーンカラー内装が気に入ってしまったので、敢えてカスタム用のブラックパネルをわざわざ標準車用に交換。お気に入りです。
何よりヘッドアップディスプレイ。良いですね。
【エンジン性能】
まだ全開にした事が無いのと、powerボタン押すだけで普通に抜け出せる力があるので特に問題無し。
巡航時の静かさは良い。
100キロの流れから120キロの流れに入るのにもアクセルひと踏みで入れるので特に不満無し。
絶対的な数値はともかく日常的に使う分には必要にして充分過ぎるかと。
【走行性能】
今までシフトダウンするかアクセルをぐっと踏み込んで走ってた登り坂がアクセルに足を乗せてるだけで登って行ったのには
最初驚いた。CVTとモーターの組み合わせの本領発揮?
【乗り心地】
納車後300キロも走行しないうちにル・マンVに履き替えているので参考程度に。(エア圧2,5。)
悪路だと流石に後ろがドタバタする感は有る(4WDだからというのも有るかも)
良路だと今までに無い感じでヒターっと。シルクの上を何ちゃらって言う感じに近いかも。
【燃費】
高速100kオートクルーズで往復(三重⇔青森)2400キロで16キロ前後(2人乗車エアコンON)
普段街乗りで16~20キロ。(アイドリングストップOFF。エアコンON。)
特に燃費走行等を心掛けてる訳では無いのでこの程度でも十分満足。
これでもワンボックス系よりは良いんじゃ無いかな?と。
【価格】
装備とか考えれば妥当だと思います。
【総評】
路面が荒いアスファルトだとタイヤ音がルーフの辺りでこもる。
ルーフにもEKスペースみたいに消音材の貼り付けをするべき。それでも車内は結構静かな部類に入るかと。
リヤガラスもIRカット仕様にして欲しい。
リヤシートにもアームレストが欲しい。
シートを傾けた時にふくらはぎを支えてくれるフットレスト仕様のシートが有ったらなぁ(笑)
アダクティブオートクルーズ搭載だと更に商品力アップ。
ウインカーランプはザクの目ん玉が光ってる様で個人的には流れるウインカーよりもコッチ。
乗り心地は硬過ぎず柔らか過ぎず丁度良いと思う。
全方位モニターは今のところパナソニック一択なので、スズキ純正ディーラーオプションのドラレコとリヤフリップダウンモニターのメーカー統一が出来無いのは如何なものか。操作性に関して問題が有ると思う。
ディーラーオプションでフロントグリルのSマークをイルミネーション仕様にしたが、結構暗くならないと判りづらい。さりげなさ過ぎる感が無くもない。
アイドリングストップ&ゴーは秀逸。
ハイビームアシストもきめ細かく切り替えてくれて、思わず有難うと言いたいぐらい。
パックソナーは全方位モニターと連動してて結構敏感に反応してくれる。
ヘッドアップディスプレイとナビが連動してるのも良いですね。
アダクティブクルーズとヘッドアップディスプレイ、どちらかしか選べないと言われたら迷う事無くヘッドアップディスプレイですね。

細やかな不満点や希望有れど、週末疲れて会社に帰って、早く自宅に戻って一杯と思いながらも車のドアを開けてシートに座ると、何故か出来るだけ遠回りをしてドライブがてら帰宅の途につきますね。。エンジン切った後にHUDでスコアを確認しては、もう少し自重しようとは毎回思うのですが、「See you〜〜〜〜」で癒されます。
良い車だと思います。
買って満足してます。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
三重県

新車価格
194万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スペーシアカスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった45

このレビューは参考になりましたか?参考になった

gozira1220jpさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
1件
もっと見る
満足度2
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地5
燃費3
価格1

前車のオデッセイRCが大きく買い物その他で不便なため鬼嫁の希望で致し方無くケロヨンに買い替え、普段通勤で毎日使用しているのが鬼嫁なので致し方無し!それに過去車は全て私が選んでいたので今回は私に選ばせろ!!と鬼嫁意見!まさか逆らう訳には行かず泣く泣くオデを手放す(多分私への怨み)一件目のデーラーはダイハツで商談では私はダンマリほぼ営業マンのペースで商談が進行該当車種はキャンバスで私がこの車有り得ないと言う顔をわざとしていたので嫁が察し早々と引き上げ二件目のスズキ自販、ここでもダンマリを決め込んで色々なオプションの話まで進行ここでも営業マンのペースで進行していたのですがダイハツに比べると営業の当たりが非常に好感度が有り鬼嫁もついつい引き込まれ8インチナビ・360°モニター・メキッキパーツと進み気が付けば230万近くになりオイオイと言った感じでデミオやフィットより高いやんケ〜と思いつつそれでもダンマリを最後まで通す(無言の抵抗)サイドエアーバックとカーテンエアーバックと嫁は混同していたらしくカーテンエアーバックはターボ車のみの設定と契約2週間後に判明、急遽グレード変更、営業曰く納車が遅れるとの事でしたが私的には一日でも長くオデに乗りたかったのと鬼嫁にささやかな抵抗がしたく納車まで65日掛かりました


【エクステリア】
軽車の世界は全く判らず興味も無い、鬼嫁の権限が絶大で致し方無く購入したのですがどの角度から見ても軽自動車と言う括りになりどれもこれも一緒と言うイメージ

【インテリア】
質感は悪くないと思うがフロントガラスとサイズの制約か運転席に座っていると土管の中に座っている印象、また助手席側の引き出しタイプの物入れは思いつきり吹いた!食器棚かよ!と思わず叫んでしまった

【エンジン性能】
トルクが薄すぎる!坂道では思い切り踏み込んでしまう、全ての面で余裕が無い

【走行性能】
超静か!!軽の世界がこれほどまでに進化していたのには驚き

【乗り心地】
オデッセイより良いかも(平坦な道限定)但しコーナーでは頭がふらつく、これだけ車高が有るのだから致し方無し

【燃費】
過去も今後も車に燃費云々言う気は全く無し

【価格】
高い高すぎる

【総評】
色々工夫されているのが随所に見られる、改めて軽車の世界は進歩しているのが肌身に判る、ただ私自身どれだけこの車になじむかまた愛着が持てるか未だ疑問、前車オデのスタイル・質感・性能が私にドンピシャだったので今はトホホと言う感じ

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年5月
購入地域
大阪府

新車価格
182万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
15万円

スペーシアカスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dobarinさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

【エクステリア】
 個人的には嫌いではないです。ただ背の高いモデルはどれも似たり寄ったりのデザインなのでパッと見で見分けがつかないとまでは言いませんが個性に乏しい感じはします。

【インテリア】
 スーツケースがモチーフだということで、お洒落で、気の利いた収納がたくさんあります。女性には大変うれしいのではないでしょうか?ただ車にあまり物を載せないという方には特に必要という装備ではないと思われます。
 リアのサーキュレーターは本当にいい装備だと思います。特に広い軽自動車はこれから必須アイテムかなと思いました。後ろに子どもを乗せたり、多人数乗車が多い方には快適なアイテムとなるでしょう。
 
【エンジン性能】
 最近の軽自動車は凄いですね。パワー感は全く問題なしです。エンジンの音もジェントルかつ静かでいいです。
  

【走行性能】
 走り出した瞬間から、軽さの恩恵を感じました。またコーナーリング性能は背の高い車とは思えないほどよくできています。後だしなのもあると思いますが、ワゴンRスティングレーよりも断然よかったです。ここはN-BOXカスタム・タントカスタムよりも勝っている点ですね。

【乗り心地】
 以前の軽自動車と比べれば格段によくなっていますが、やはり軽自動車感は否めません。特に段差はもう少し頑張ってほしいところでした。やはり軽特有のドンという突き上げは気になってしまいました。

【燃費】
 余裕で20キロ以上は出るのではないでしょうか?燃費サイトでは、やはりワゴンRスティングレーよりも良い燃費を達成している方が多く見受けられます。本来なら軽いワゴンRの方が燃費が良いはずなのですが・・。制御の関係でしょうか?熟成されてる感じがします。
 
【価格】
 決して安くはないでしょう。N-BOXカスタムは高いと言われますが、装備の充実度を考えれば、決して高くはないでしょう。オプションでスペーシアも同価格になってしまう可能性は高いです。

【総評】
 仲良くなったセールスさんのお店で2度にわたり割と長距離で試乗させてもらいました。最初はスペーシア単体で、2度目はN-BOXカスタム試乗直後に乗せてもらいました。
 最初に乗ったときは、足回りの出来の良さ・燃費・軽い車体など、大きくスペーシアに傾きかけましたが、ホンダセンシングの魅力、2度目に乗った時の質感の違い、装備でN-BOXカスタムを買ってしまいました。
 足回りは結構、気にする方なので今でもこの点はスペーシアの方がいいと思います。もちろん、N-BOXの足回りも背の高い車の中では優秀です。全体的にはスペーシアカスタムの方が扱いやすくいいと感じた次第で、部分的にはN-BOXの足回りがいい場面もあります。
 ただ同日試乗の日、乗り心地が断然違ったのです。とにかく段差のいなし方はもはや軽の域を超えています。快適な室内はN-BOXが一枚も二枚も上手です。そして、価格は高いのですが、バックカメラやETC車載器なども標準装備されており、ホンダセンシングまで入ると価格差はないに等しいものかと判断しました。
 燃費もスペーシアの方が断然良いと思われます。今のところ所有のN-BOXも20キロ前後といったところですが、スペーシアなら22〜23はいくのではないかと?これも買うかを決める要素なるかと思います。
 何かと比較される車ですが、どちらを選んでもとりあえず満足できると思います。価値観の点で上記情報がみなさまのお役に立てば幸いです。
 

レビュー対象車
試乗

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

唐津のおじさんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

【エクステリア】顔つきがタントに似ているという人もいるがそんな似ているとは思わないけどね。車体の色は当初ホワイトにしてたのですが、生産ラインに乗ってなかったのでメタリックにチェンジしました。(注文後3カ月になりました。)
ちょっと地味かな?とも思ったんですが非常に気に入っています。今度、正面グリルをメタリックに変更します。

【インテリア】全体的にはまずますだけど、運転席側の収納が少ない。ドアポケットも薄いのであまり役には立たないです。
HUD(ヘッドアップディスプレー)は「燃費モード」にしていると運転していてけっこう楽しいんでます。ワイパーが時間調整式間欠ワイパーではないのが残念。(今どきの最上位グレード車にはすべて標準装備と思ってた)パナソニックの8インチナビは正直言って高いわりに使い勝手・操作性が良くない。テレビやアラウンドビューの画質もかなり粗く残念。ハイビームアシストが付いてるみたいだが切り替わっているのかよくわからない。

【エンジン性能】基本的にハイブリッドといってもオマケ程度のバッテリーだから、アイドリングストップ以外はエンジン音は常に聞こえてくる。でも軽自動車ってアクセルを踏み込むとエンジンが唸りながら発信するイメージだったけど、あまり気にならないのはハイブリッド?のおかげかも高速でも全然問題なく元気に走ってくれます。オートクルーズもっパドルもしっかりついてます。(通常ほとんど使用することはありません。)


【乗り心地】初めての軽自動車ですが、乗り心地もまずます。へたなコンパクトカーよりよっぽど良い。シート位置が高いせいか腰痛にならないのが非常に良い

【燃 費】走行距離現在約800km。納車から1ヶ月の平均燃費はメーター値で現在18.4km/l。満タン法だと20.5km/lです。   街乗りが多く都市高速・高速道路をもっと利用すればもう少し燃費が伸びるのでは?と思っています。

【価 格】けっこう高いと思う。(初めて軽自動車を購入したのですがけっこう高いのに驚き)

【総 評】総合的に見てほぼ満足。いい車だと思うよ。カミさんも気に入ってくれてる様子。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
福岡県

新車価格
182万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

スペーシアカスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

shokichiiiさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

3月19日に契約して4月29日に納車したので納期は1ヶ月と10日でした。

パレット時代から好きでやっと買えたのでとても満足してます。値段も見積もり250万overでしたが、購入価格は230万切りました。複数ディーラー周りましたが3月時点では殆どいいところ10万ちょっとの値引きだったのでかなりディーラーさんが頑張ってくれたと思います。(※下取りなし、オプション約40万円分)

乗り心地も良くて、ヘッドアップディスプレイやサーキュレーターはとても便利です。走りもターボ車だけやって良いです!

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
福岡県

新車価格
182万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
10万円

スペーシアカスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:484件
  • 累計支持数:9211人
  • ファン数:22人
満足度3
エクステリア2
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格2

軽自動車のスペーシアカスタムと普通自動車のソリオを比較すると、買わない理由もいろいろあります。

【エクステリア】
どこかで見たことある前から見たときのデザインはかなり微妙です。オーナーとしてのプライドが気になりますね。

【インテリア】
リヤシートはロングスライドするし、それなりに良く出来ていますが、軽自動車のワンボックスタイプは幅と高さがバランスが良くないと感じるので星3つです。

【エンジン性能】
ターボはそれなりにパワーはありますが、デミオクラスのコンパクトカー程度のものです。ターボなら星3つ、ターボ無しは星2つです。
ターボ無しは、パワー不足感がありました。

【走行性能】
この車高にしては意外と良いですが、軽自動車のワンボックスとしては悪くないというレベルです。
価格を考えるなら星3つです。

【乗り心地】
これも、スズキらしく悪くない感じです。
これも価格を考慮すると星3つですね。

【燃費】

【価格】
カスタムはやはり、普通のソリオが買えるほど高いです。それが問題だと感じますね。
クルマの中身を比べたら普通の値付けのソリオより割高に感じるので星2つです。

【総評】
価格や使い道の近いソリオと比較してみました。

室内空間はどうしても幅方向にせまいスペーシアは座席に座ると、幅方向に窮屈感があり、視覚的にも安定感が足りません。そのあたりがソリオだと適度な幅があり本当に広々です。

安全性においても、スペーシアの場合、例えばソリオのような普通車と比較するとワンランク下の安全性しかないといという事実は、NASVAの公的な安全性テストでも明らかです。

高速道路での安定感や安全性においても、スペーシアではソリオと比べたらワンランク下のレベルに留まります。スペーシアクラスの軽自動車が高速道路を走るこのタイプの軽自動車を見かけることが珍しくありませんが、個人的にはスペーシアで高速道路走行は避けたいですね。

個人的にはこのクルマとソリオを比べたら、ソリオを選ばない理由は税金が2万くらい高いこと以外に見つかりませんが、それはクルマ全体にかかる費用からすれば微々たるものです。

あくまで個人的評価ですが、上記の室内空間や安全性、走行安定性などでソリオを100点としたとき、スペーシアカスタムのそれぞれの評価は70〜60点といったところでしよう。

価格は同程度なのでスペーシアカスタムを選ばない理由はいくらでもありそうですね。スペーシアカスタムを買うならソリオがおススメです。

レビュー対象車
試乗

参考になった46人(再レビュー後:44人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ネット見ろさん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:424人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5
   

新型スペーシアカスタム

   

【エクステリア】
凄くカッコよくって、先代カスタムよりもカッコいいです。これなら欲しくなります。
【インテリア】
かなりすっきりとインテリアになりましたが、凄く見晴らしも良く凄くいいです。
【エンジン性能】
マイルドハイブリッドなので、かなり静かに走ります。アイドリングも静かなので、文句なしです。
【走行性能】
ノーマルで走っても、パワーモードで走行しても静かです。
【乗り心地】
かなり良いです。背が高いですが、凄く良い印象です。
【燃費】
試乗の為、無評価とされていただきます。
【価格】
試乗車した車には、DSBS・全方位モニターカメラパッケージ・オプションナビが付いてました。 かなり高いと思いますが、妥当と感じました。
【総評】
新型スペーシアカスタムの試乗車があったので、試乗しましたが、間違えなく新型スペーシアカスタムは、かなり素晴らしい車です。
ナビは、標識とかも見て教えてくる凄くいいですね。
あと後ろにも安心があるので、満足できます。

レビュー対象車
試乗

参考になった53

このレビューは参考になりましたか?参考になった

日本住みのかたさんさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:922人
  • ファン数:2人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

早速試乗したのでレビューさせていただきます。N BOX カスタムターボとの比較です。

【エクステリア】
ちょっと他社さんの車に似てるところがありますが、個性的でかっこいいです。
サイコロのようなボディ形状は見てて楽しいです。

【インテリア】
先代より質感はかなり向上しています。
扱いやすさ、触り心地、座り心地、見た目などすべての面において進化してます。
ここは、N BOX カスタムと同等の質感と感じました。
後席のシートアレンジのしやすさは圧倒的に向上しています。
室内空間もライバルと同等になりました。視界も先代より、よくなり運転のしやすさはハイト系で一番です。

【エンジン性能】
ターボモデルというだけあって、加速は必要十分です。N BOX のターボと加速性能は同等です。
ジャトコの副変速CVTからアイシン製のCVTに変更され、レスポンスが向上してます。
ふだん普通車に乗ってる人でも遅く感じることはあまりないと思います。ダウンサイジングを考えているのであればターボをオススメします。

ちなみに、モーターアシストはCVTやターボラグの補いとして利用している気配がありました。

【走行性能】
後輪が沈み込んで若干ながらふらつくN BOX カスタムと比べるとワンランク上ですね。
路面に吸い付いてくれるのが好印象。
横風や路面のギャップがあるところでもスペーシアは他のライバルより安心して走れました。
走行性能を犠牲にしたくないのであればスペーシア一択です。

【乗り心地】
路面からの大きな振動等はN BOX と同等です。
ただ、エンジンノイズや路面からの小さな振動はスペーシアのほうが若干よく感じました。
路面からの騒音のみに関してはN BOX が少し静かです。ですから、総合的に同等レベルです。

【燃費】街乗りでほぼコンディションを同じにし、4WDの比較です。('数値はメーター読み)

新型スペーシアで22.5km/L(12月中旬)

同上カスタムターボで20.8km/L(12月中旬)

先代スペーシアで23.2km/L(12月中旬)

タントカスタムNAで18.5km/L(11月上旬)

ソリオで22.8km/L(12月中旬)

ソリオHV(FF)で28.0km/L(12月中旬)

N BOX で20.4km/L(10月中旬)


先代よりカタログ燃費はボディ拡大やフィーリング重視、副変速CVTの廃止等で5%ほど悪くなりましたが、実燃費は変化してないように捕らえられます。
他のライバルよりも相変わらず実燃費が高いですね。あと静かな再始動、そしてEV走行が出来たりと、圧倒的に最新です。

【価格】
先代カスタムとあまり変化はありませんがこの値段ならソリオなどを考えてみるのもいいかもしれません。
N BOX シリーズと比べると装備差を考えても確実に割安です。
こだわりがなければGSがお買い得です。

【総評】
N BOX がFMCをして、スペーシアやタントが古く感じましたが、スペーシアも昨日FMCを行い、トータルの完成度はN BOX よりも高くなりました。
車自体の完成度は同等ですが、価格という価値を含めるとハイト系ではスペーシアが一番ですね。
カタログを見ると、なぜかN BOX に魅力があるように感じてしまうのですが試乗するとスペーシアはそれ以上の魅力があるように感じます。
最近話題の安全装置に関しては、前方はN BOX がリード、後方はスペーシアリードです。

購入の際は、ぜひ両車を試乗してほしいです。
スペーシアのノーマルモデルのレビューも今からするので参考になれば嬉しいです。

レビュー対象車
試乗

参考になった120

このレビューは参考になりましたか?参考になった

デジデジマンさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:129人
  • ファン数:80人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
147件
プリメインアンプ
1件
117件
その他オーディオ機器
0件
62件
もっと見る
満足度5
エクステリア無評価
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格5

2017年2月に納車されました カスタム Z2WDターボです

【エクステリア】
それぞれ好き好きが ありますので 無評価です カッコいい とは 思ってますが・・・

【インテリア】
収納部はたくさんあり 大変 使い易いです

【エンジン性能】
前車 マーチからの乗り換えですが 加速は こちらが早い アイドリング・ストラップからのエンジン再起動も ショック無し・静かでビックリしました 

【走行性能】
加速が良いので ついスピード・オーバーになりがちですが 一般市街地では 他車に まったく遅れをとりません ターボにして良かったです
試乗も ノン・ターボと比べましたが 段違いです 高速道路で100km/毎時は 楽勝ですね ただ 背が高いので 横風には振られやすいです

【乗り心地】
小口径タイヤですので 普通車並とはいきません ポンポン上下動はありますが あまり フワフワさせると 車高がありますので
カーブ時 ロールが大きいと思いますので まぁ 妥当ではないでしょうか

【燃費】
まだ 新車ですので 暖気運転を長めにして 加速が良いので アクセル ボカボカ吹かして 時速100km速度したりしても
12km/Lは 走ります ゆっくり安全運転では 20kmくらいは 伸びる感じはします


【価格】
まぁ こんな モンでしょう

【総評】
不満は ほとんどありませんが エアコンの液晶表示が 視認性が悪い サングラスなどかけてると ほとんど見えない
スピードメーターなどは 大変 視認性が良いので それ並とは 言いませんが 改良を望みます

デュアル・カメラ式自動ブレーキ車なんですが スバル・アイサイトに採用されている 接近後方車両 感知レーダーが欲しいとこです
高齢者には 特に(若年者にも)大変 安全な装備と思います 大概 事故は 車線変更時が 多いですから(死角で)

運転席からの 周囲の見晴らしは 大変良いです 安全運転には 大事なポイントと思います

アラウンドビュー・モニターのために DOPのナビではなくて MOPナビになっちゃいましたが 使い勝手は 普通で 高価な大手ナビとはいきません
ゼンリンの市街地地図搭載のものが良かったのですが 拡大しても 個々の住宅の地図は表示されませんでした・・が 値段もありますので こんなモンでしょう

軽自動車としては 良い選択と思います 

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
静岡県

新車価格
159万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

スペーシアカスタムの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格帯を見る

スペーシアカスタム
スズキ

スペーシアカスタム

新車価格帯:160〜194万円

中古車価格帯:20〜252万円

スペーシアカスタムをお気に入り製品に追加する <264

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意