『パワフルな走りとラグジュアリーなインテリア』 ベントレー コンチネンタルGTC 2011年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ベントレー > コンチネンタルGTC 2011年モデル

『パワフルな走りとラグジュアリーなインテリア』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費2
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

パワフルな走りとラグジュアリーなインテリア

ベントレーのスポーツモデルであるコンチネンタルGTにはオープンボディのGTCもラインナップされている。クローズドルーフのGT V8が1990万円であるのに対し、GTC V8は200万円高の2190万円の価格が設定されている。

外観デザインは丸型4灯式ヘッドライトがベントレーらしさを表現する。ソフトトップを閉じた状態でもそれなりのカッコ良さが確保されている。そしてオープンにしたときはさらにカッコ良く見えるようにデザインされている。

インテリアのラグジュアリーさは正にベントレーそのものだ。V型8気筒エンジンを搭載するGT V8系のモデルはベントレーのエントリーモデルだが、運転席に座ると、というか運転席のドアを開けた瞬間に驚くようなラグジュアリーな空間が広がっている。これぞベントレーという気分にさせられる。

搭載エンジンはツインターボを装着したV型8気筒4.0Lで、373kW/660N・mという強大なパワー&トルクを発生する。この最大トルクはわずか1700回転で発生する数値なので、走り出した瞬間にはすぐに最大トルクに達している。なので低速域でのトルク感も十分すぎるくらいの分厚さだ。

アクセルを踏み込めばグンという感じで加速していくが、0-100km/h加速がわずか5秒というクルマだから、一般道では踏み込むとすぐに制限速度に達している。このときのエンジンの吹き上がりの滑らかさもベントレーらしいさを感じさせるものだ。アクセルを踏み続けられる状況にあれば、最高速は301km/hに届くという。

オープンボディということもあって、ルーフを閉じていても加速時の音はそれなりに室内に入ってくるが、それは騒音というよりもサウンドという感じだ。

ZF製の電子制御8速ATは相変わらず洗練された変速フィールを示し、クルージングに入ると何速で走っているかが分からなくなる。パドルを操作してシフトチェンジをしたときに使っているギア段が分かる感じだ。

試乗車にオプションの275/35R21のPゼロが装着されていた。やや硬めのしっかりした乗り心地を感じさせるが、電子制御サスペンションによって4段階に切り替え可能なので、街中などではコンフォートモードを選んで走ったら良い。

高級スポーツカーでしかもオープンボディとなると、購入層はごく限られた人になる。そうした人を十分に満足させるだけの仕様や性能が用意されている。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「コンチネンタルGTC 2011年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

コンチネンタルGTC
ベントレー

コンチネンタルGTC

新車価格帯:2252〜2930万円

中古車価格帯:1150〜1818万円

コンチネンタルGTC 2011年モデルをお気に入り製品に追加する <1

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意