『ラグジュアリーを極めたクーペモデル』 ロールス・ロイス レイス 2013年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ

『ラグジュアリーを極めたクーペモデル』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費2
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ラグジュアリーを極めたクーペモデル

ロールスロイスのレイスは2ドアボディのパーソナルクーペである。ロールスといえば、お抱え運転手に運転を任せ、オーナーは後席に乗るクルマというイメージが強いが、自分で運転してドライブを楽しみたいというユーザー向けのモデルも用意されている。ロールスロイスもいずれはSUVもラインナップすると言われているくらいであり、フォーマルユースだけでなくパーソナルユースにも配慮しているのだ。

左右のドアは前側が開いて後ろ側にヒンジが設けられている。そのため開いて乗り込んだとき、ドアの把手が遠くになるので、自動でドアが開くボタンも設けられている。

インテリアはこれぞ高級といった感じの室内空間が作られている。本革シートや木目パネルは当然だが、それも選び抜かれた素材が使われている。見た目も手触りも素晴らしいものだ。後席も用意されていていざというときには後席に大人2人が乗れる空間を持つフル4シーター車である。

搭載されるV型12気筒エンジンは余裕十分の実力を持つ。運転席に乗っているとエンジン音はほとんど聞こえてこない。排気音がわずかに聞こえる程度だ。ロールスロイスには、室内で時計の音しか聞こえないはという“伝説”があるが、それに近いような静かさのある空間である。

それでいてアクセルを踏み込めば極めて力強い加速が得られ、ラグジュアリークーペとは思えないような走りを示す。レイスの車両重量は2tを大きく超えるものの、800N・mに達する動力性能があれば、この重量も苦にしない。ATはDレンジのみでパドルも用意されていないが、そのようなものを必要としないくらいの実力である。

乗り心地がまた素晴らしい。たゆたうようなゆったりした感じの乗り心地は、ほかのクルマでは感じたことがないものだ。

車両本体価格は3333万円で、試乗車にはいろいろなオプションが装着されて4000万円に近い仕様になっていた。


レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「レイス 2013年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

レイス
ロールス・ロイス

レイス

新車価格帯:3490〜3999万円

中古車価格帯:450〜3280万円

レイス 2013年モデルをお気に入り製品に追加する <3

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意