『GXRからGRへ乗り換え』 リコー RICOH GR 似非家電芸人さんのレビュー・評価

2013年 5月24日 発売

RICOH GR

ローパスレスのAPS-Cセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ

RICOH GR 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥29,900 (12製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画素数:1690万画素(総画素)/1620万画素(有効画素) 撮影枚数:290枚 RICOH GRのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

RICOH GR の後に発売された製品RICOH GRとGR IIを比較する

GR II

GR II

最安価格(税込): ¥70,000 発売日:2015年 7月17日

画素数:1690万画素(総画素)/1620万画素(有効画素) 撮影枚数:320枚
  • RICOH GRの価格比較
  • RICOH GRの中古価格比較
  • RICOH GRの買取価格
  • RICOH GRの店頭購入
  • RICOH GRのスペック・仕様
  • RICOH GRの純正オプション
  • RICOH GRのレビュー
  • RICOH GRのクチコミ
  • RICOH GRの画像・動画
  • RICOH GRのピックアップリスト
  • RICOH GRのオークション

RICOH GRリコー

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年 5月24日

  • RICOH GRの価格比較
  • RICOH GRの中古価格比較
  • RICOH GRの買取価格
  • RICOH GRの店頭購入
  • RICOH GRのスペック・仕様
  • RICOH GRの純正オプション
  • RICOH GRのレビュー
  • RICOH GRのクチコミ
  • RICOH GRの画像・動画
  • RICOH GRのピックアップリスト
  • RICOH GRのオークション

『GXRからGRへ乗り換え』 似非家電芸人さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH GRのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

似非家電芸人さん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:193人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
36件
レンズ
2件
10件
デジタルカメラ
3件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
GXRからGRへ乗り換え
機種不明花弁にピントが合うまで何回もやり直し…
機種不明曇天ガラス越しのオート撮影
 

花弁にピントが合うまで何回もやり直し…

曇天ガラス越しのオート撮影

 

【デザイン】

質感が…という意見もありますが、触れば判るので気に入らなければ購入対象ではなくなりますよね。
個人的に長期間に渡ってデザインをキープしている点を非常に評価しています。
マグネシウム製ならではの冷たい感覚と見た目以上に軽く感じることも評価したいです。

【画質】

独特ですね。
これはPENTAXにもRICOHにも言えると思います。
現在は一つの会社ですし、GXRとの絡みを踏まえてRICOHらしいと言った方が適切でしょうか。
同じような場面でも撮る度にどこか違った色になったり、
それでいてハマると素晴らしい解像感だったり、
この辺りは好き嫌いが出るかもしれません。

【操作性】

まだまだ不慣れですが、GXRからの乗り換えで戸惑ったのがフォーカスポイントの移動でした。
オートモードでもADJレバーを押すとAFターゲットの移動が出来たのが出来なくなっているとか…。
ただ、とにかくパッと出してパッと撮るのは格段に楽になりました。
親指AFボタンやフロントダイヤル、MYセッティングなど、慣れていけばまだまだ操作性は向上しそうです。

【バッテリー】

使い切っていませんが公称の数値からみて300枚は超えていて欲しいなぁと思います。
新しく発表されたGR2は同じバッテリーで320枚ですからね。

【携帯性】

まさにこれが目当てで買ったようなものです。

FUJIのX-E1も使用しますし、
より携帯性を求めてNikon1 J4もあるのですが、
やはりポケットからパッと出して…の場面では
レンズバリアー付きコンパクトデジタルのアドバンテージは高く、
しかも、その枠を超えた画質や機能を兼ね備えているとなると物欲が抑えられませんでした。

【機能性】

素人の私には使いこなせない機能が沢山あると思いますが、
レンズが替えられない一眼レフと言っても良いのではないでしょうか?
豊富な設定や自分なりのカスタマイズなど、機能は必要十分です。
Wi-Fiや携帯との連携をしない私には特に。

【液晶】

元々以前からRICOHの液晶は十分に綺麗でしたが、
更に精彩さが増しているのは嬉しいです。
晴天の屋外ではどのみち見辛くなるのも理解の上です。

【ホールド感】

GXRも手に馴染んだのですが、
GRも程良くホールド出来ます。

どちらかと言うと手が大きい方ですが片手でそれなりに操作可能です。
これ以上大きくなると携帯性を失いますし、
小さくなると指が余計なボタンに触れそうになります。
それでいて電源ボタンも手探りでサッと押せてしまう配置などよく出来ていると感じます。

【総評】

GXRが製造中止になったのをキッカケにRICOHのカメラに触れるようになり、
GRレンズの描写、特にA12 50mm macroは素晴らしいレンズユニットでした。
それを手放してでもGRに移行したのはやはり旅ログ的用途ではGXRですら大きく感じるという点です。

保管場所や金銭面の余裕があれば手元に残して置きたいカメラでしたが、
乗り換えたことを後悔はしていません。

マクロに関しては今回浮いた分のお金でメイン機用のマクロレンズを購入すれば良いのですし、
そもそもGR自体が10pまで寄れるので静物ならそこそこ使えるし程良くボケも楽しめます。

あえて欠点も書いておこうと思います。
暗所やマクロ時のAFは弱いです。
「GXRよりはマシになった」程度でピント抜けもしばしば。
ファームで改善されると嬉しいのですが…。

問題はGRが今後も良き相棒となるのかどうか?
個人的には大切にしていきたい所ですが、
まずはちょっと触ってみた所感を残してみました。

レベル
初心者
主な被写体
風景

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「RICOH GR」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH GRのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

RICOH GR
リコー

RICOH GR

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年 5月24日

RICOH GRをお気に入り製品に追加する <1403

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

monoka
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意