『購入も運用も超お手軽!C-AFでの野鳥撮影について追記』 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック] はすがえるさんのレビュー・評価

2013年 3月 1日 発売

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]

  • さまざまなアングルから迫力のあるショットが狙える、小型・軽量の超望遠ズームレンズ。高速・静音のオートフォーカス「MSC機構」を搭載。
  • レンズ表面に「ZEROコーティング」を施すことで、ゴーストやフレアを抑え、逆光などの悪条件下でもクリアな描写性能を実現。
  • OM-DやPENシリーズのボディ内手ブレ補正と組み合わせることで、すぐれた手ブレ補正効果を発揮し、快適な超望遠撮影を楽しめる。
M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック] 製品画像

拡大

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥34,907

(前週比:+4,827円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥28,400 (6製品)


価格帯:¥34,907¥48,963 (29店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥63,000

店頭参考価格帯:¥― (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:望遠ズーム 焦点距離:75〜300mm 最大径x長さ:69x116.5mm 重量:423g 対応マウント:マイクロフォーサーズマウント系 M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]の価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]の中古価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]の買取価格
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]の店頭購入
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のスペック・仕様
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のレビュー
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のクチコミ
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]の画像・動画
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のピックアップリスト
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のオークション

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]オリンパス

最安価格(税込):¥34,907 (前週比:+4,827円↑) 発売日:2013年 3月 1日

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]の価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]の中古価格比較
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]の買取価格
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]の店頭購入
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のスペック・仕様
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のレビュー
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のクチコミ
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]の画像・動画
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のピックアップリスト
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のオークション

『購入も運用も超お手軽!C-AFでの野鳥撮影について追記』 はすがえるさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のレビューを書く

はすがえるさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:132人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
322件
レンズ
5件
94件
デジタルカメラ
0件
6件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性4
購入も運用も超お手軽!C-AFでの野鳥撮影について追記
機種不明ヒヨドリなら何処にでも居ますしお手軽です。このレンズで試して欲しい被写体です。
機種不明オナガを夕方に。暗いレンズなので夕方は少し厳しい条件になります。ノートリミング。
当機種メジロ、ノートリミングです。

ヒヨドリなら何処にでも居ますしお手軽です。このレンズで試して欲しい被写体です。

オナガを夕方に。暗いレンズなので夕方は少し厳しい条件になります。ノートリミング。

メジロ、ノートリミングです。

当機種コゲラ、トリミングあり。つまり鳥なら小鳥であろうと十分大きく撮れます。
機種不明220mm付近。大きめの蜂ですがこれが精一杯。ここからトリミングする事になるかと。
当機種ツバメをC-AFで追ってみました。

コゲラ、トリミングあり。つまり鳥なら小鳥であろうと十分大きく撮れます。

220mm付近。大きめの蜂ですがこれが精一杯。ここからトリミングする事になるかと。

ツバメをC-AFで追ってみました。

今春から野鳥撮影を始めてみました。
と言っても都内で仕事の帰り道に撮るだけなので、通勤カバンに放り込めるサイズのレンズというのが絶対条件です。
換算600mmでその条件をクリアしているのはこのレンズ以外にありません。
その時点で私にとっては星5つです。

かっこ内が前の投稿部分です↓
【私は鳥や昆虫を撮る時はAFを追従させないので、本格的な野鳥撮影での使用感は他の方のレビューを参考にしてください。
もともと子供の運動会用に使っていたのですが、小学生の徒競走くらいなら問題なくC-AFで使えるAF速度です。】

追記↓
飛んでいるツバメをC-AFで追いかけて撮ってみました。
少し厳しい感じでした。
AFリミッターが無いのでピント合わせをしている間に高速で飛ぶツバメは違う距離へ移動してしまっているのかも?
まぁツバメはファインダー内に捉え続けるのが難しい被写体なので、撮影者の腕のせいもあると思いますが(^_^;)
ちなみにゆっくりと飛んでいたカラスには問題なかったです。
別の場所のオフィス街で営巣してるツバメが居て、近かったので12-100mm f4 PROで撮ってみたのですが明らかにピント許容範囲のコマが多かったです。
AF速度は後発のレンズより劣るという事でしょうか。

飛翔体を狙う場合は置きピンで運用した方がベターなレンズだと思います。
C-AFで飛翔体を追うならば40-150mm PROにテレコンか、AFリミッターがついてる100-400mmの方が良さそうです。
ただ大きくなりますし、なにより値段が全然違います。
C-AFが全く使い物にならないという訳ではないので、コスパの良さの評価は変わりないです。
↑以上が追記分です。

神宮球場でのナイターでも使用した事があり、ISO3200やISO6400が許容範囲に思える人なら屋外ナイターでも使えます。
小さいので周りの迷惑にならないというメリットがあります。

AF速度以外の不満点をあげるとすれば、テレ端側の解像感が甘くなる点と、
撮影倍率が低いので昆虫撮影には若干使いづらいレンズです。
昆虫撮影に使う場合は接写リング使用か、トリミング前提になると思います。
作例の蜂はキンケハラナガツチバチといってミツバチより大きいですが、画面に対してこの位の大きさでしか撮れません。
もちろん遠い被写体には威力を発揮しますが、とっさに近くの被写体を撮る時に最短撮影距離が長い為に焦る事もあります。
m4/3のレンズは寄れるものが多く、ハーフマクロ感覚や望遠マクロ感覚で使えるズームレンズを常用してる方も多いと思いますが、そういった感覚では使えません。

あとフードも所持しておりますがデカイので外して運用してます。
都内の人通りが少なくない場所で主に撮影してるので、なるべく威圧感を与えたくないというのが理由です…。
今のところフード無しでも問題は感じていません。

多少の不満点があれどコンパクトさとトレードオフでしょう。
鞄の隅にポンと入れられる換算600mmのレンズは唯一無二です。
更に値下げされた事により3万円台前半で購入できる破格の超望遠レンズになりました。
このサイズなら散歩の合間に鳥を撮影するのも苦にならず、
安価なので超望遠域入門のレンズに最適かと思います。
持ち出しも購入も超お手軽です。
3万円台前半のレンズでこれだけ写れば文句はないです。

近年カメラ業界の不振でボディもレンズも高価なものが主流になってきました。
このレンズが何時まで販売されるか分かりませんが、安いうちに手に入れておいた方が良い気がします…。

レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物
スポーツ
その他

参考になった23人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性4
購入も運用も超お手軽!C-AFでの野鳥撮影について追記
機種不明ヒヨドリなら何処にでも居ますしお手軽です。このレンズで試して欲しい被写体です。
機種不明オナガを夕方に。暗いレンズなので夕方は少し厳しい条件になります。ノートリミング。
当機種メジロ、ノートリミングです。

ヒヨドリなら何処にでも居ますしお手軽です。このレンズで試して欲しい被写体です。

オナガを夕方に。暗いレンズなので夕方は少し厳しい条件になります。ノートリミング。

メジロ、ノートリミングです。

当機種コゲラ、トリミングあり。つまり鳥なら小鳥であろうと十分大きく撮れます。
機種不明220mm付近。大きめの蜂ですがこれが精一杯。ここからトリミングする事になるかと。
当機種ツバメをC-AFで追いましたがAFリミッターも無いので少し厳しいです。

コゲラ、トリミングあり。つまり鳥なら小鳥であろうと十分大きく撮れます。

220mm付近。大きめの蜂ですがこれが精一杯。ここからトリミングする事になるかと。

ツバメをC-AFで追いましたがAFリミッターも無いので少し厳しいです。

今春から野鳥撮影を始めてみました。
と言っても都内で仕事の帰り道に撮るだけなので、通勤カバンに放り込めるサイズのレンズというのが絶対条件です。
換算600mmでその条件をクリアしているのはこのレンズ以外にありません。
その時点で私にとっては星5つです。

かっこ内が前の投稿部分です↓
【私は鳥や昆虫を撮る時はAFを追従させないので、本格的な野鳥撮影での使用感は他の方のレビューを参考にしてください。
もともと子供の運動会用に使っていたのですが、小学生の徒競走くらいなら問題なくC-AFで使えるAF速度です。】

追記↓
飛んでいるツバメをC-AFで追いかけて撮ってみました。
厳しい感じです。
AFリミッターが無いのでピント合わせをしている間に高速で飛ぶツバメは違う距離へ移動してしまっています。
カメラが被写体を認識してもレンズ駆動が追いつかないといった印象です。
別の場所のオフィス街で営巣してるツバメが居て、近かったので12-100mm f4 PROで撮ってみたのですが、明らかにピント許容範囲のコマが多かったです。
AF速度は後発のレンズより劣るという事でしょうか。
ちなみにゆっくりと飛んでいたカラスには追いついてました(^_^;)

飛翔体を狙う場合は置きピンで運用した方がベターなレンズだと思います。
C-AFで飛翔体を追うならば40-150mm PROにテレコンか、AFリミッターがついてる100-400mmの方が良さそうです。
ただ大きくなりますし、なにより値段が全然違います。
C-AFが全く使い物にならないという訳ではないので、コスパの良さの評価は変わりないです。
↑以上が追記分です。

神宮球場でのナイターでも使用した事があり、ISO3200やISO6400が許容範囲に思える人なら屋外ナイターでも使えます。
小さいので周りの迷惑にならないというメリットがあります。

AF速度以外の不満点をあげるとすれば、テレ端側の解像感が甘くなる点と、
撮影倍率が低いので昆虫撮影には若干使いづらいレンズです。
昆虫撮影に使う場合は接写リング使用か、トリミング前提になると思います。
あとフードも所持しておりますがデカイので外して運用してます。
都内の人通りが少なくない場所で主に撮影してるので、なるべく威圧感を与えたくないというのが理由です…。
今のところフード無しでも問題は感じていません。

多少の不満点があれどコンパクトさとトレードオフでしょう。
鞄の隅にポンと入れられる換算600mmのレンズは唯一無二です。
更に値下げされた事により3万円台前半で購入できる破格の超望遠レンズになりました。
このサイズなら散歩の合間に鳥を撮影するのも苦にならず、
安価なので超望遠域入門のレンズに最適かと思います。
持ち出しも購入も超お手軽です。
3万円台前半のレンでこれだけ写れば文句はないです。

近年カメラ業界の不振でボディもレンズも高価なものが主流になってきました。
このレンズが何時まで販売されるか分かりませんが、安いうちに手に入れておいた方が良い気がします…。

レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物
スポーツ
その他

参考になった5

満足度5
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性4
購入も運用も超お手軽!これも唯一無二のレンズ
機種不明ヒヨドリなら何処にでも居ますしお手軽です。このレンズで試して欲しい被写体です。
機種不明オナガを夕方に。暗いレンズなので夕方は少し厳しい条件になります。ノートリミング。
当機種メジロ、ノートリミングです。

ヒヨドリなら何処にでも居ますしお手軽です。このレンズで試して欲しい被写体です。

オナガを夕方に。暗いレンズなので夕方は少し厳しい条件になります。ノートリミング。

メジロ、ノートリミングです。

機種不明シジュウカラ、トリミングしてます。
当機種コゲラ、つまり鳥なら小鳥であろうと何の問題もないです。十分大きく撮れます。
機種不明220mm付近。大きめの蜂ですがこれが精一杯。ここからトリミングする事になるかと。

シジュウカラ、トリミングしてます。

コゲラ、つまり鳥なら小鳥であろうと何の問題もないです。十分大きく撮れます。

220mm付近。大きめの蜂ですがこれが精一杯。ここからトリミングする事になるかと。

今春から野鳥撮影を始めてみました。
と言っても都内で仕事の帰り道に撮るだけなので、通勤カバンに放り込めるサイズのレンズというのが絶対条件です。
換算600mmでその条件をクリアしているのはこのレンズ以外にありません。
その時点で私にとっては星5つです。

私は鳥や昆虫を撮る時はAFを追従させないので、本格的な野鳥撮影での使用感は他の方のレビューを参考にしてください。
もともと子供の運動会用に使っていたのですが、小学生の徒競走くらいなら問題なくC-AFで使えるAF速度です。
あと神宮球場でのナイターでも使用した事があり、ISO3200やISO6400が許容範囲に思える人なら屋外ナイターでも使えます。
小さいので周りの迷惑にならないというメリットがあります。

不満点をあげるとすれば、テレ端側の解像感が少し甘くなる点と、
撮影倍率が低いので昆虫撮影には若干使いづらいレンズです。
昆虫撮影に使う場合は接写リング使用か、トリミング前提になると思います。
あとフードも所持しておりますがデカイので外して運用してます。
都内の人通りが少なくない場所で主に撮影してるので、なるべく威圧感を与えたくないというのが理由です…。
今のところフード無しでも問題は感じていません。

多少の不満点があれどコンパクトさとトレードオフでしょう。
鞄の隅にポンと入れられる換算600mmのレンズは唯一無二です。
更に値下げされた事により3万円台前半で購入できる破格の超望遠レンズになりました。
このサイズなら散歩の合間に鳥を撮影するのも苦にならず、
安価なので超望遠域入門のレンズに最適かと思います。
持ち出しも購入も超お手軽です。
3万円台前半のレンでこれだけ写れば文句はないです。

近年カメラ業界の不振でボディもレンズも高価なものが主流になってきました。
このレンズが何時まで販売されるか分かりませんが、安いうちに手に入れておいた方が良い気がします…。

レベル
アマチュア
主な被写体
子供・動物
スポーツ
その他

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]
オリンパス

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]

最安価格(税込):¥34,907発売日:2013年 3月 1日 価格.comの安さの理由は?

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II [ブラック]をお気に入り製品に追加する <1114

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【質問・アドバイス】a
  • 【欲しいものリスト】sosui2
  • 【欲しいものリスト】sosui1
  • 【欲しいものリスト】Sosui
  • 【欲しいものリスト】自作PC

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意